パイオニア(Pioneer) Pioneer STEEZ 密閉型カナルイヤホン ホワイト SE-D10C-W – 超良い

商品名と型番は異なりますが、結論としては同社製のbass head se-cl721と同じ製品のようです。具体的には、φ9mmのダイナミックドライバーとその搭載構造を含めて出力周波数特性や音圧などのスペックが同じです。この製品を選ぶ際のポイントは、姉妹機se-cl721とのデザイン違いと小売価格差にあると思います。また、2時間程度の鳴らし込みでも十分本領を発揮してくれるイヤホンでお勧めです。【低音域】音像は緩めですが、塊感のある低音は9mmドライバーとは思えない音圧を発します。価格が千円程度高いオーテクのcks55xと購入に迷う低音の質感の良さがあります。また、鳴らし込むことで重低音の響きも生まれてきます。【中高音域】音像はクリアながらも、基本的にウォームな傾向の鳴り方です。また、高音の刺激の少なさがむしろ長時間のリスニングや聴き心地の良さを求める人には向いていそうです。【ヴォーカル】聴き込んでいくと温かみの中にも艶と深みが伝わってくることが実感できます。意外にもballad系が楽しめてしまいました。【装着感】付属のイヤーピースはあまり良質とは言えませんが、特に不満が出るレベルではありません。【外音遮断性/音漏れの少なさ】どちらも及第点です。さらなる向上に期待したい人には、complyのtシリーズがお勧めです。【その他】姉妹機のse-cl721との外観上の違いは、カラーリングと分岐部のデザインだけです。また、もう少し音質と装着感の改善を求めたい場合は、オーテクのファインフィットイヤーピースへの交換を勧めます。装着感の向上はもちろんのこと、音の締りが良くなります。ちなみに所有しているcl721はファインフィットに交換して聴いているので、こちらはあえて付属のイヤーピースのままにしています。なぜか、聴くほどに★5つに近づく満足感があります。.

ニンテンドー3ds ll用に買ったのですが、スマホで音楽聴くのにも使っています。高音も低音もちゃんと出て好みの音です。ジャックの部分もしっかりしている上にゴムで凸部分もあるので抜き差しがし易い。コードも他の製品と比べると若干太めなのも良い。超お気に入りです。.

耳の小さい人は向きません。文字稼ぎ、文字稼ぎ、文字稼ぎ、文字稼ぎ.

ケーブルが硬すぎて耳からイヤホンが飛び出る。季節的にマスクを使用しているので今は問題ない。音は標準的です。.

価格のわりに低音が利いてていい、イヤフォンチップも問題ない。.

音はイイのだがすぐに壊れる。アマゾンでこのイヤホンを買うのはもう4回目です・・・。音がいいので壊れてもまた同じものを買うのですが、もう少し頑丈に出来てたらなあ、と思います。.

・コードが100均のものと同等で、手触りも悪く、すぐに断線しそうな感じです。・音は全体的に篭っています。これだったらもっと安いイヤホン買っても同じかなと思います。・届いた時に、イヤホンチップ(?)やコードに汚れが付いていました。返品されたものを確認せずに再出荷したのでしょうか?.

低音・高音もガシャガシャせず気持ちよく出ます。お値段の割に良い仕事してます。壊れたらまた次もコレを使うと思います.

利点と欠点

メリット

  • 音はいい
  • 値段不相応
  • バランスが良い

デメリット

特徴 Pioneer STEEZ 密閉型カナルイヤホン ホワイト SE-D10C-W

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • ノイズキャンセリング:非対応
  • サラウンド:非対応
  • 最大入力:100 mW
  • 重量:5 g

ベスト Pioneer STEEZ 密閉型カナルイヤホン ホワイト SE-D10C-W レビュー

This entry was posted in イヤホン and tagged . Bookmark the permalink.