パイオニア(Pioneer) Pioneer 密閉型ヘッドホン SE-M280TV – パイオニアフアンとして

メーカーさんには申し訳ないが勧められません。篭もり、低音寄りにしてしまう音、定位の無さ、加えてパッドが蒸れる為、ちょっと難しいです。デザイン、取り回し、装着感、篭もり、鳴り方の傾向などの面から、レビュワーとして勧めるだけの責任を取れないと感じております。出来る事ならm380やm380dv、m570を勧めます。.

フィト感がとても良く音響.価格帯も良く頭部えのささえも良く大変気に入りました。.

音質重視の方であれば全く購入候補にならないヘッドホンだと思います。ただし、5mのコード、モノラル・ステレオの切替スイッチ、手元ボリュームなどはモノラルテレビで使うには便利ですので、一昔前の片耳イヤホンの進化版だと割り切って使えれば買っても後悔はしないでしょう。長時間の使用では耳は暑くなりますが、疲れるほどではありません。ところでこのヘッドホン、ウォークマン(nw-e005)に繋げてみましたがこんなものでもウォークマン付属のヘッドホンより遥かにマシな音を出しました。.

同価格帯のヘッドホンより音がモワモワと籠もっており、あまりいい印象を受けません。密閉型のデメリットで、長時間使用すると耳が蒸れてしまうのも少し。メーカーさんには申し訳ありませんが、外箱の通りのスペックはないとみていいと思います。よって、音楽を聴く為に購入することにはあまりお勧めできません。これを購入するのであれば、他の製品を買うのをお勧めします。(同メーカーのm390など単純にテレビなどを視聴するのであれば…程度です。.

利点と欠点

メリット

  • パイオニアフアンとして

  • 音が籠もり気味

  • 勧められない

デメリット

特徴 Pioneer 密閉型ヘッドホン SE-M280TV

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • ノイズキャンセリング:非対応
  • サラウンド:非対応
  • 最大入力:1200 mW
  • 重量:225 g

ベスト Pioneer 密閉型ヘッドホン SE-M280TV レビュー

This entry was posted in オーバーイヤーヘッドホン and tagged . Bookmark the permalink.