パイオニア(Pioneer) Pioneer 密閉型カナルイヤホン ホワイト SE-CL531-W – 音質は最高!! しかし.

音が軽い。pioneerのブランドに騙されてはいけない。サンクスで売っている高音質イアフォンの方がマイナーでも遥かに迫力のある音がでる。絶対に買わない方が良い。金の無駄。.

音質もいいですね大きい音でも割れもなくスピーカーみたいに聞こうと思っても聞けますw(かなりイヤホンに悪いですが)これは値段の割には最高ですねいい買い物をしました^^.

商品説明よろしく確かに低音が凄く響くし、密閉されて外音が遮断されるのですが…。合いませんでした。気になる点。・デザインのためであろう中心の細長いなにかが、長時間の使用で耳に痛みを与える。・風呂上がりなど、耳の湿度が高いと装着途中に圧力がかかり過ぎて鼓膜が痛くなる。・一晩聴きながら寝ただけで右耳が聞こえなくなってしまった。最後は私の寝相のせいと言われたら世話が無いですが、少なくとも私には合いませんでした。酷評っぽくしたくは無いのですが、前2つの痛みが洒落にならなかったので一月弱使用して気付いた点を書きました。.

型落ち品ですが、性能まあまあなのでお得でした。いろいろ活用してます。.

この製品は、イヤーピースを変えると化けます!密閉過ぎてピチピチと鼓膜が悲鳴をあげたため放置していましたが、昨年末に入手したビクターの低反発イヤーピースを付けて試したら…変わりました。嫌な圧迫が無くなりました。元々ドンシャリ系のモデル、iphone5sはイコライザオフでも充分聞けます。ヴォーカルや楽器の定位もそこそこ良く、満足してます。.

パイオニアは重低音なサウンドが聴けるから良いと思い購入しました。音量は他のメーカー品から比べて大きいです。しかしカバン等に入れて持ち歩く場合取り出した時に、高い確率で絡まり、解くのに時間がかかってイライラした事が何度もあり、現在は携帯する事は全くなくなりました。また歩きながら聴く場合コードの擦れる音が目立ちます。他に「サー」というホワイトノイズが発生しますので静かな音楽を聴く方や音にこだわる方や耳が良く聞こえる方にはあまりお勧めできません。.

高音がキレイによく聞こえ、デザインも気に入ってます。しかし、コードの材質のせいか、コードの擦れ音が大きい気がします。再生音量が小さい場合、首を少し動かすだけでも聞こえ、今後の対策に期待です。なお、プラグはl字とありますが、l字よりは少し鈍角です。.

結構当たり外れの大きい製品ですね。自分が購入した物は2日で壊れました。他の方のレビューにも書いてありますが. . でも近所の電化製品店では一押し商品として売られてました(ビックカメラ)。でも音質はさすがpioneerって感じです。当たればコストパフォーマンスも最高ですし、素晴らしいイヤホンだと思います。ですが外れれば・・・私などの二の舞です。そこに気を付けてご購入してください。.

利点と欠点

メリット

  • 音質は最高!! しかし.
  • やめましょう
  • 良い物をリーズナブルにスピーディーに!

デメリット

今までに使用したインナータイプのヘッドホンのなかでベストのコストパフォーマンスでした。.

まず、音が悪いという訳ではないということは説明しておきます。 自分的には音は悪くないと思います。使っていてまあまあ気に入っていました。 しかし、酷いのが耐久性 いわゆるまったくといっていいほど長持ちしません。 正直ここまで保たないイヤホンは初めてです。 最初買ってから5日で片耳が聴こえなくなり、かなりショックでした。 でも保証書があったのでお店に頼んで無料で交換してくれたので助かりました。 しかしまた1ヶ月程度で片耳が聴こえなくなりました 自分的にはそんなに乱暴に扱ったりはしていないのに壊れたので少なくとも自分には合いませんでした。 なのでオススメはしません 特にイヤホンを付けながら寝たりする方は自分の様にすぐ壊れるので別のイヤホンを買うことをオススメします。.

これこそ私がずっと探していた物。価格の事を考えると最高の音質です。(まぁ、価格なりのもんですが)4か月以上使い込んでますが最高です。価格面等、ほぼすべてにおいて最高です。ただ、これの本当の音を楽しむにはちゃんとイヤホンチップのサイズを合わせるのと、エージングをするという作業が必要です。しかし元々私はヘッドホンばかりを買いあさって比較していた身なので実はイヤホンの事はあんまり分かっていません。なので参考程度にお願いします。ヘッドホンでは同メーカー「hdj-2000」がお勧めです。.

ベスト Pioneer 密閉型カナルイヤホン ホワイト SE-CL531-W レビュー

This entry was posted in イヤホン and tagged . Bookmark the permalink.