パイオニア(Pioneer) Pioneer ワイヤレスヘッドホン SE-DIR2000C – 購入時の参考に

良い点は何と言ってもとても爽やかな音質。聴いていて実に気持ちが良い。ドルビーヘッドフォンに対応しているのもなかなか良い。それと、コードレスは一度使うともう元には戻れないくらい便利。残念だった点は前後のサラウンド感がさほど感じられないこと。これはバーチャルサラウンドの宿命か。リアルで5. 1システムを組んでいるが、どうあがいてもリアルには勝てそうにない。総合的には、●とは言ったものの、バーチャルながらも夜間に気兼ねなく5. 1でdvdを楽しめるようになった●ドルビーヘッドフォン対応●コードレス●トランスミッターにヘッドフォンを掛けるだけで充電が始まる●カッコ良いデザインこの5点で満足感はかなり得られる。.

買ってよかった一番のヘッドフォンでした。それほど重くありませんし、ワイヤレスですが赤外線なので無線lanとの混信も心配ありません。音とびは全くありませんでした。たまに寝転んで見ているときに、誤って右耳の辺りのボリュームに触れてしまい大音響になってビックリすることがありますが。.

前のモデル se-dir1000 を使っていましたが、故障したので買いかえました。使ってみて感じたことを書きたいと思います。まず音質に関してはほとんど同じでした(文句なしにイイです)。次にヘッドホンに付いているボリュームですが、大きくなり使いやすいのですが、軽い為ちょっと触っただけでも動いてしまい、音量の調節がしづらいです。充電は前モデルはコードをヘッドホンに繋げるのに対し、本体に置くだけで充電できるので便利です。また、一番便利だと思ったのはリモコンです。便利なのですが1〜2秒押さないと反応しない欠点があります。あと塗装面保護シールというのが付いているので必ず貼って下さい。本体の両側面に貼るものですが、これを貼らないとヘッドホンに付いた汗等の汚れで塗装面が腐食します。最後にここまで読んでいただき、ありがとうございました。長文失礼しました。.

値段が値段だけに、購入するまでしばらく悩みましたが、もっと前に買えばよかったです。聴いていてストレスを感じない音質で、コードレスというのも本当に便利です。これで、家族に気兼ねなく、音楽や映画が楽しめます。.

リモコンが便利モンコタツから出なくていい 充電中でも別のデジタル赤外線方式のヘッドフォンが使えます 置いてるだけで迫力の存在感がある 数値は割愛します 〇悪い点も 他の充電池や乾電池も使えるが 送信機で充電出来るのは専用充電池で 他の充電池は充電出来ない 〇側圧が緩いのでヘッドフォンのズレを直す時に音量ツマミに触れて音量が上がりビックリする 以上 発売から年月が経過してるが今だに最強ではないでしょうか.

私は本機を購入するまで、松下の上位機を使用しておりました。コードレスといえど低音はスカスカ、高音はシャリシャリ。まさしく取ってつけたような人工音だったのですが本機はどうでしょう。ヘッドフォンである事を感じさせないようなクリアで奥行きのある音質。重音も非常によく出ており、初めて聴いた時は何処から音が出ているのか分からずに思わずヘッドフォンを外したほどです。詳細な音響調節が出来るので、あらゆるメディアの自分の好みに合った音を出す事ができ、トランスミッターも比較的重量感があり、ケーブル接続時にも不便がないです。通常の使用法で音が途切れるような事もありません。先代機とは違い、入力端子に光2系統、同軸1系統、さらに光出力1系統というのも非常に便利です。充電も楽で、まさに非の打ちどころなく、あらゆる状況に対応できる素晴らしい製品でした。初期出荷製品はhitachiとの様々なバグがあった様ですが、今は改良されているので問題ないようです。.

実は私、これを買う前ろくに下調べもせず最寄の電気店で某s社のサラウンドヘッドフォン(12,000円ぐらいだった)を衝動買いして大失敗した事があります。あまりに悔しかったのでネットを中心に色々と勉強していたらこの機種が良さそうだという結論に達し、つい最近購入しました。(他に無線デジタルのsonyのds6000やonkyoのav1等も検討したが、同じ2. 4ghz帯を 使用する無線lanやワイアレスマウス・ゲームコントローラとの干渉が気になった)★外観高級感が漂っていて良い感じ。★音質高音は非常にクリアで心地よく綺麗に抜けていき、安っぽいシャリシャリ感も無い。低音はパンチがしっかり効いて引き締まった印象で全体として品がある感じ。また、デジタルなので赤外線コードレスにありがちなホワイトノイズも皆無。★サラウンドドルビーホーン3段階、プロロジック2など、音楽・映画・ゲームなど用途や好みに合わせて細かく音場感を再現できる。もちろんdtsにも対応、地デジのaacもok。★av機器との連携豊富な入力端子を備えているのでdvdプレーヤーとゲーム等、複数機器との同時接続が可能(いちいちケーブルを繋ぎ変える必要が無い)。光スルー出力もokで、更に他の有線ヘッドフォンを繋ぐことまでできる。★装着感コードレスで単三電池が2個入っておりやや重いのだが、重さの割りに締め付けは若干緩め。ただ長時間着けていても耳が痛くならないのは良い。★リモコンが付属これが結構重宝する。座ったまま音質を調整できるのが良い。★ボリューム調整ヘッドフォン右上部のツマミを廻して調整するのだが、このツマミが何かの拍子にちょっと触れただけで簡単に動いてしまい、いきなり大音量でビックリ!・・・唯一不満な点。色々書きましたが、何はともあれとても満足しています。2年も前にこんな商品が発売されてたとは知りませんでした。現在販売されているコードレスヘッドフォンの中では最強じゃないでしょうか。ま〜価格もそれなりにしますが。。。.

いつ壊れてもいいように初代と合わせると4台持っています。この時期のパイオニアに戻っていつか復活することを祈っています。.

利点と欠点

メリット

  • 買ってよかった
  • とても良い製品です。
  • 爽やかな音質。

デメリット

無線式が良いと思いsonyのds7000を使用したのですが、ゲームにしか使えない音質でがっかりしていました運良く2000cを手に入れて使用したのですが素晴らしい当初、音質が駄目だったら、有線のヘッドフォンを繋いで使おうと思っていましたが、付属のヘッドフォンで十分楽しめますバイオニアさんはこの機能を保ったまま、3000cを作らなかったのか?良い点・ヘッドフォンの音質的は1万円クラス・リモコン付き・入力光 x 2 、アナログ x 1・有線ヘッドフォン端子付き(ドルビーヘッドフォン対応)・ドルビーヘッドフォン・電池に市販品が使える(エネループ可)・本体に高級感がある・開放式なので、蒸れにくく外の音も聞こえるので、長時間の使用も楽悪い点・音量調節のボリュームが軽すぎる(うっかり触れてしまう→音量最大)・エネループだと本体では充電不可.

気になった点を記載いたします。下記の(1)が気になったので初期不良として交換してもらったのですが、交換後も変わらなかったので仕様だと考えられます。(1)ヘッドフォンの電源on/offについてこのヘッドフォンは、左耳部分の傾きによって電源がon/offされる構造になっています。この電源on/off時、「ブチッ」というノイズが入ります。店頭購入の際はこのノイズが許容範囲であるか確かめてからの購入をおすすめします。(2)耳あて部分の傾きで鳴る音左耳部分を傾けると、電源とは関係なく部品的に「カラン」という小さな金属音がします。これは初期不良交換前よりも後の方が音が大きくなっていることから、製品の固有差であると思われます。(3)装着時の感触具体的なパーツの名前はわかりませんが、頭のてっぺんを押さえつけ部分のパーツ、あれの強さに製品の固有差があります。初期不良交換前は装着時にゆるい感じがしたのですが、交換後はしめつけられる感じがしました。上記以外に気になるところはなく、非常に快適に使わせていただいています。購入時の参考にしていただければと思います。.

ヘッドホンを何回増設しても使い物にならなくなります。少し頭を動かしただけで電源が入りなおしてその度に音が途切れるので不愉快極まりないです。2回以上増設していますが全て同じ症状。はっきり言って買ったことを後悔しています。.

 “うおおおおう!”ps3でガンダム無双のオープニングを聞いていた友人の叫びです。“後ろから音が聞こえるよ!” はじめて聞く人は驚きます。それくらいの臨場感です。 薄壁1枚しかない下宿暮らしなので、スピーカーは使えないので購入しました。隣人はウーファーをガンガン利かせてジャズ聞いてますが、そういうバカ…いや、音楽にこだわるひとにもおすすめしたい。ただ、重低音を利かせると全体がくぐもった音になるのは彼らを納得させるには不利なのかもしれません。.

大音響でサラウンド・・・近所迷惑を考えると、そうもいかないので、こういうものは重宝します。それに・・・音質も素敵です。ヘッドフォンも、長時間していても疲れず、助かります。赤外線なので、障害物に弱いのが難ありですが、無線ではない分、電波周りの混線の心配がないのが良いかと。2chも疑似サラウンド化してますので、いろんな作品を改めて見たくなってきます。TrueHDとか、7.1には対応していないのは仕方がないですが、BDP−LX52との相性も良いので、重宝しています。.

いままでHDDレコーダーやDVDプレイヤーについているデジタル音声出力はまったく使うことなく、980円ぐらいのヘッドホンをテレビにつなげて普通に音声を楽しんでおりました。でも、最近はよく映画館で映画を見ることも多くなりあの映画館の音響を家庭でも少しでも楽しみたいと思うようになって、まず最初に考えたのがホームシアターセットの購入でしたが、あの大音響は近所に迷惑になりそうなのであきらめました。でも、そのときにデジタルコードレスヘッドホンというものがあるということを知って店の人に聞いたら電波式と赤外線伝送の二種類があると言われて通常電波式のほうが高いのですが、この商品は赤外線にもかかわらず電波式よりも高かったのでそれだけ音がいいんだろうなと思って少々高かったのですが、思い切って購入しました。で、初めて家のHDDレコーダーにつなげて聞いた時はものすごく感動しました。こんなに音がいいものなのか、今まで普通に聞いていたのはなんだったんだろうと思いました。もっと早く買っておけばと後悔しております。この商品は買って損はないと思います。.

私はおもにゲームをするために使用しています。映画などの映像に集中している時は気になりませんが、静かな場面や、音楽を聴くにはホワイトノイズが気になるのが欠点です。このホワイトノイズは赤外線方式のため、部屋の赤外線を拾っているのかなと思ったので有線で直接接続して使用してみたのですが、特に変化はありませんでした。また、側圧は少し強く受信機と電池のため重いのが難点です。(これくらいはないと重さのためずれてしまうかもしれませんが)あとは、状態を示す赤いランプの上の文字が見にくくてよく見ないと状態が分かりにくいです。良いところはちゃんと5. 1chと分かるように鳴らしてくれます。また、同価格帯のサラウンドヘッドホンと比べてもcpは良いと思います。もちろん実際視聴できる方は視聴された方が良いと思います。特に装着感などは人によって結構差があると思います。.

音楽用に買ったが、映画等でも使っている。全体的にはほぼ満足。装着感も、私はとくに問題を感じない。受信可能範囲も、取説の保証範囲よりはるかに広く、部屋や設置場所にもよるだろうけれど、うちではトランスミッターの真横まで行っても音が途切れない。もっとも気になっていた音質は、やはり有線ヘッドホンには及ばないが、不満というほどでもない。ただ、サラウンドに関しては、ソースによって相性がだいぶ異なる。とくにlpレコード時代の音源の多くは、サラウンドにすると音が硬く無愛想な感じになり、強い違和感を覚えるので、普通の2chステレオモードの方がいい。スタジオ録音とライブ録音でも、モードによって良し悪しが変わる。その辺の相性を細かく把握できるまで慣れて、ソースによってモードの選択が即座にできるようになれば、より快適な道具になるという期待はある。星5つは少し甘いかもしれないけど、まあ、いいか。.

【購入条件】・音が良くてコードレスであること・コードレスは非圧縮デジタル赤外線伝送方式であること(他の無線機器との緩衝を避けるため)・光デジタル接続が、2系統以上可能なこと・サラウンド機能があること【良かった点】・音質については文句無し!(比較対象:audio technica ath-ad700)・グランツーリスモ5(PS3)が最高!(←サラウンド効果で、車内に居るかのような感覚でゲームがプレイ出来た)。・オープンタイプヘッドホンなのに、低音が良く出る。・ヘッドホンで音量調整出来るのは、殊の外便利!【悪かった点】・ヘッドホンの金属部分や、イヤーパッドが当たる本体部分などが錆びる。・ヘッドホンが重い〔350g(電池含まず)〕。6時間程度の連続使用で休憩が必要だった。・ヘッドホン出力端子は、色々なノイズが乗ってくる。無音デジタル・ゼロではノイズが出ないし、コードレスヘッドホンでもノイズがでていないので本当に残念(“サラウンドユニットとして使用できる”だけに、本当に残念)。・毎日4〜12時間程度の使用で、6年目でヘッドホンユニットにビビリ音発生。もう少し持って欲しかった。【参考(消耗品代)】・スピーカー(1ケ) ¥4,900・イヤーパッド    ¥  800・電池(1ケ)    ¥1,500.

特徴 Pioneer ワイヤレスヘッドホン SE-DIR2000C

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • タイプ:ヘッドバンド, ステレオ/モノラル:ステレオ, 構造:開放型, ノイズキャンセリング:非対応
  • サラウンド:対応, ワイヤレス:赤外線, インターフェース:ピンプラグ/デジタル
  • 周波数帯域(L):10Hz, 周波数帯域(H):24000Hz

地上波デジタルに対応したという事なので、先代モデルのse-dir1000cから買い替えをしてみました。そこで簡単に1000Cと比較してみると、デザイン、充電方法、地上デジタル対応の三点のみの改良でした。特に音質自体には変化はありませんので、その辺を期待して買い替えを行うのなら先代のse-dir1000cで十分だと思います。音質はDTS機能のDVDを再生したときにはビックリする位、臨場感を味わう事が出来ます。あと、デジタルコードレスなのでノイズはほとんど有りません。以前にアナログの機種も所有していたのですが、比べ物にならない位です。弱点を挙げるとしたら、ヘッドホン事態の重量です。コードレスなので仕方のない事なのかもしれませんが頭を動かしたりすると、固定が甘いせいか、すぐに前か後ろにずれてしまいます。あと、アームとイアーの接点の部分の問題だと思うのですが、これも頭を動かすとギシギシ音がしてしまいます。同じ姿勢でDVDなり音楽を鑑賞するというのなら特に問題無と思います。音質の面では先述の通り文句無しの一品だと思います。.

ベスト Pioneer ワイヤレスヘッドホン SE-DIR2000C 買い取り

This entry was posted in イヤホン・ヘッドホン本体 and tagged . Bookmark the permalink.