ナインウェーブ ninewave インナーイヤーヘッドホン NW-STUDIO PRO シルバー XNIW551129 – 中低音が歪む

カナル型のイヤホンが嫌いで、このような普通のインナーイヤーのイヤホンのいろいろな機種を使ってきましたが、かなりレベルの高い機種だと思います。非常に音の立ち上がりがよく、しゃっきりとした気持ちい音です。低音は重たく、高音もかなり伸びていますが耳障りではありません。曲・ソースによってはボーカルがやや薄れ気味になるのが欠点といえますが、基本的にはかなり楽しく音楽を聞けるイヤホンです。付属のイヤーパッドは非常に分厚いです。そのせいか耳に引っ掛かり易く、購入時に付いて来たものは非常に外れやすかったですが、無料配布して頂いた改善品では大幅に外れにくくなりました。イヤーパッド不使用時の音は、解像度は高いですが高音寄りすぎてあまりバランスのいい音とは思えませんでしたし、また耳に当たる部分の滑り止めもないのですぐ耳から外れてしまいます。本体の高音よりの音に分厚いパッドを付けて音のバランスを取り、またパッドの摩擦で装着を安定させる物となっているので、イヤーパッド使用は必須であると考えます。追記:イヤーパッドはどうやら一度外れ癖がついてしまうとその後ずっと外れやすくなってしまうようです。改善品でも結局そうなってしまいました。今はwのパッドの方で使っています。.

夜、音楽を聴いたり、ゲームをするのに使っています。まだ子供が小さいので、外からの音も聞こえるようにと、インナーイヤーを使っています。使用感は良く、また高級感もあり個人的には満足しています。ちなみにこれまでも同じものを数年間使っており、断線で使えなくなったため買い直しました。またしばらくお世話になるつもりです。.

ここ数年はポータブルオーディオはインナーイヤータイプばかり使っていたので、最初は多少違和感を感じましたが、疲れなくていいですな。自分の感覚だと、ヘッドホンに近い音質だと思いました。ハイエンドからローエンドまでわりとしっかり出ている感じ。とくにミュージカル系の曲で、音声や歌が聞き取りやすく感じました。.

旅行先でヘッドフォンが断線し代用品として購入しました。音を聴いて愕然。低音はボワボワ、高音はペナペナ。確かに低音はよく出ているし音の解像度も明確だとは思うが、ピアノの音がシンセサイザーに聞こえるようでは意味がない。これで聴くなら聴かないほうがマシというレベル。実際、耐えられなくなって即日、他のヘッドフォンを購入した。結論。音楽を聴くには向きません。他にどういう使い途があるか知りませんが。この製品は国内でサウンドチェックしているそうだけど、音楽を再生してサウンドチェックするべきでしたね。.

このイヤホンを最初に手にして驚いたのが、線の細さですね。断線しやすそうだと思ったので根本を補強しました。見た目が多少悪くなっても、断線するよりかはマシだと思います。それで、本題の音質についてなんですが、文句の付けようがない素晴らしい質だと思います。高低のバランスもいいし何より解像度が高いです、感動モンですわ(笑)あと、音漏れについてですが、普通に音漏れはします。インナーイヤホンですもの。音漏れはしてくれていいと思います。カナル型のように密閉されると、音漏れはしないものの音が籠もります。それが嫌でインナーイヤホンを買いました。こいつは大切にこれからも使わせて頂きます。.

廉価版のnw-studioを不注意で壊してしまい、上位版の本機に乗り換えた者です。本機は装着具合によって音質が激変するため巷の評価が大きく割れており、かなり損をしているような気がします。一般的な音質評価は他の方のレビューに譲るとして、タイトルのようにさらに良くする方法があります。付属のイヤーパッドの代わりに社外品のイヤーチップを装着すると、本機の真の実力が発揮され、驚くこと請け合いです。以下、簡単にレポートいたします。流用するのはオーディオテクニカのath-chx7という機種に付いているイヤーチップです。(サプライとしてer-chx7の型番で取り寄せることができます。サイズはあつらえたようにピッタリで全く問題ありません。)[. ]これによって音の耳道への伝達効率を良くするとともに、耳への密着性を増して低音の漏れを防ぐことができます。カナル型のイヤーピースのように耳道に押し込むタイプとは異なるため、インナーイヤー型の良さである開放感は損なわれません。それでいて聴感上の低域・高域共に特性が大きく向上します。実行する際の注意点としては、以下のようなものがあります。1)サイズと色の指定ありサイズはmとs、色は黒と白があります。取り寄せの際に指定してやる必要があります。(価格は一組¥600程度です。サイズはmで概ね間に合うと思いますが・・・)2)装着方向に注意を払うこと↑のサイトの画像も参考に、開口部の方向に注意して取り付けてください。耳の形には個人差があるので、適宜微調整してください。3)音量に注意!伝達効率が大きく向上するため、イヤーパッド装着時より音量が上がって聴こえます。これまでより再生装置のボリューム位置は下げ気味に。以上です。蛇足になりますが、本機の真の実力を耳にすることになると思います。興味のある方は、ダマされたと思ってお試しあれ。.

最高音質のイヤホンだと思います。音質については他の方のクチコミを参考にしてください。僕もikaさんと同意見です。聴き疲れのしない、気持ちのいい音がします。低音もインナーイヤーとは思えないくらいよく出てると思います。価格的に考えても、普通のproより安くてお得です。カナルが苦手な方はぜひ検討してみてください。コストパフォーマンスはかなり高いと思います。また、ナインウェーブに当製品のことで問い合わせたことがあったのですが、サービスの対応も非常に親切で丁寧でした。きちんとしたものづくりをしている信頼できるメーカーだと感じました。あと、アルミ製のボディはひんやりして気持ちいいです^^.

購入後、今エージング中です(30時間ぐらい)装着感は個人差があると思いますので、きちんと乗っからないと低音が抜けてしまうと感じるかもしれませんが、それはすべてのイヤフォンの宿命ですね。それを除けば音質はかなりクリアーでフラット同価格帯モデルでは驚くレベルのコストパフォーマンスではないかと思います。ちょっと比較するにはと言われるのを承知で書きますが、カナル型の代表モデルといわれる10Proも所有しているのですが、私はこれには装着感に問題がありつつ使用してきました。10Proの独特の音場はやはり好きですが、NWのほうが透明度が高くこの点を評価しておりまして、私としてはメインしたいと思っているところです。あとは音漏の問題がありそうなので使える場所が少し限定されるかもしれませんし 耐久性もやや線が細く、不安が残るなと思いつつまあ価格が適度に安いので許容範囲かとなと思ってます。これに耐久性、音漏れ、ケーブル交換ができたりすれば文句ないのですけど  低音が弱いとはまったく感じませんが、低音大好きな人には向かないかもしれません。視聴環境はWAVでとりこんで imod –>phpa-03b (オペアンプ交換済)です。値段が安いとは言え、それなりの視聴環境で良さが実感できるイヤフォンだと思います。.

利点と欠点

メリット

  • 社外イヤーチップを着けると、さらに化けます!
  • イヤーパッドは必須
  • 会社と製品に問題あり。

デメリット

試した時に音楽ではなくラジオを聞いていたんですが、djがすぐそこにいる気がしてビックリしました。bgm越しに聞こえるトークの輪郭がクッキリしてる(わかります?)と感じて、不思議な体験でした。こんな小さなイヤフォンのどこにそんなパワーが?.

購入してから一年以上が経ち、途中、イヤホンでは有名なサイトで酷評されたりして、放置していた時期もありました。そして、よく言われるように、装着方法で音が変わり安定しない。私も色々向きを変えたりして、苦労(っていう程でも無いが^^)しました。やっと正解?を見つけたような気がするので、書き込んでみます。みなさん、「インナーイヤーヘッドホン」と言うことで、とにかく耳の中に収めて色々向きを変えて頑張ります。私もでした。ところが、このイヤホンのサウンドホールの位置をよく見てください。下半分から音が出てきます。つまり、耳の中に収めるというより、耳穴に引っかけて、サウンドホールが耳の穴の近くに来るイメージで装着します。いままで苦労が嘘のように、普通に良いサウンドで聴けます。分厚い低音がイヤホンとは思えません。ただし条件があって、純正のようなちょっと厚いイヤパッドが必須です。軽く引っかけるように装着するので、耳穴での安定と、上側からの音漏れを抑制するためです。この装着方法を発見してから、使用頻度が格段に上がりました。購入予定の方はもちろん、既に所有している方も一度試してみてください。ご参考まで。.

今まで、機器に付属にヘッドホンしか使った事がありませんでしたが、興味があり買ってみました。20000円の上限でいろいろなレビューを参考にこれにしてみました。予想以上に低音が響く感じがあり、高音も良く通っていると感じました。価格相応なのかどうかは、私の知識ではなんとも言えませんが、この商品の満足度は非常に高いと思っています。デザインも質感もよく、プレミアムな感じがあります。.

他の方のレビューを見て購入しました。商品写真だとイヤーパッド(スポンジ)がない状態なのでそのままで聞いてみたがダメダメで付属パッドをつけたら結構大きくなって耳のおさまりが悪い、音も全然良いと思わない。他社イヤーパッド小さめをつけてみたら耳のおさまりが良いが音はさほど良いと思わない。そこで気が付いた 耳穴に対する角度で音が全然違う そこでj純正パッドに戻す(外れやすいため両面テープで縁を固定)外耳道に対してできるだけ直角なるようにつけると・・・音大変良く解放感が素晴らしい 純正イヤーパッドがこんな重要な役割とは思っていませんでした。 オーテクのath-ad100xより解放感はある。装着に難があって外れやすいので動き回る状況では使いづらいが 慣れてしまえばカナル型よりつけやすい 音漏れは当然ある。しかしつけたまま会話が出来るぐらい耳穴をふさいでない。また耳穴の負担がない、これはとても良い、当方耳穴が弱いので・・・この聞こえ方に出会って幸せを感じる。.

高価格帯がカナルタイプに押されオープンエアーインイヤーホンが発売されなくなってから久しいですが、このnw-studio proはその高価格帯に投入されただけでなく音に関しても一目置くだけのハイエンドイヤホンでした。最近耳穴奥まで挿入するタイプのカナル型が多く、聴いていて耳穴が疲れて痛くなる機種も結構あってちょっと違うものが欲しいと思っていた時にe☆イヤホンのpc配信番組で社長自らこのイヤホンを紹介されていたのを思いだし、淡い期待を持ちつつ購入。一見普通のオープンエアーのインイヤーホンでやや大ぶりな本体ですが、とりあえずウォークマンに溜めているロスレス音源を再生して聴いたときにこれがオープンエアで出せる音なのかとホント耳を疑いたくなる音質でした。過去発売直後に分厚く大きめの専用イヤーパッドの製造ミスで評価を落とした商品でしたがパッケージに白いシールで封印されているものはすでに対策品になっています。また旧製品をお持ちの方でもhpから交換イヤーパッドが送られるので心配ないです。さて本腰を入れて聴きこんでいくとすべてのレンジで籠りや付帯音のない非常にクリアな音を再生していることが実感できます。またオープンエアといえど低域も含めしっかりとバランスよく出ていてシングルba並みのすっきりしてよく伸びる中高域を体感できます。低域はかなり厚みがありつつ中高域の音と干渉することなく解像度の高い聴きやすい音なのは理想の技術を形にできたおかげ。オープンエアはどうもという方でもしっかり装着できれば納得できる音質です。付属品も充実していて専用のイヤーパッドが本体装着分を含め3ペア、延長ケーブルに標準ステレオプラグアダプターが同梱されパッケージにもなっているお洒落な専用ポーチに入って販売されています。結構ものが入るので便利です。1000円ほど安いホワイトカラーバージョンはポーチや付属の同梱品が省かれるのでどうせ買うならこちらを選んだ方がお得です。.

カナル型は耳の穴が痛くなるので苦手です。オープンエアで良い物を探していてたどり着きました。樹脂製のフェイクでないアルミの本体がひんやりと、冬は冷たいです(笑)。静かな家の環境で聞いてびっくり。ボーカルの息遣いや、背後の音など、オーディオシステムで聞くと判るような音が聞こえてきます。ただし!当然ながらオケ物等では音が割れますし、パイプオルガンの最低域なども同様(笑)それは本体が小さいので仕方ありません。得意な音はボーカル、弦楽器などだと思いました。弦のかすれ音などは頑張って再現してくれています。.

ナインウェーブのサイトに記されている電話番号にはいつかけても誰も出ません。メールアドレスも、送信しても返信はありません。2個買って両方初期不良があったので説明書の指示通り保証書をつけて返送しましたが2か月間放置されています。音はいいのでそれでもよかったら購入をお勧めします。.

ボーカルがやや薄れ気味になるのが欠点といえますが・・・・・と記入されている方がいますが、全くその通りだと思います。価格を考えれば損した気分です。現在は使用することもなく、価格が安い他メーカーの製品を使っています。そちらの方が音質は良いと感じています。.

視聴せずにユーザーレビューなどを参考に購入しました。正直良さが分からずしばらく放置してました。別の愛用のイヤホンが断線したためコレを引っ張り出し聞いてます。この商品の特長の放射孔が偏心している部分、耳の穴に引っ掛ける角度によって聞こえ方が違ってきます。ある程度ボリュームを上げると(ipodtouchの目盛で6割以上)音が活発になります。以上の使い方のコツがわかって、この商品の良さがわかりました。あと付属のイヤーピースはすぐ外れてしまいます。今は両面テープで固定して使ってます。一言でいうと良い音だけど多少コツのいるイヤフォンです。.

ほかの方のレビューにもあるとおり、音をそのまま表現している感じです。5年ほど前の、オーディオテクニカ同級品からの買い替えだったのですが、かなり満足です。カナル型が苦手な方にオススメですね。.

すぐに壊れてしまいました。内部断線がないか購入時に確認してみましょう。.

レビューをみて、今時カナル式でもなくかつ評価が高いってとこにひかれてコレクションがてら中古で購入しました。中~高音はレビューどおり澄んだいい音しました…が中低音にかけてひどい歪みがでます。iphone直差しで使用していますが、いままでカナル式では聞いたことのないほどの歪みです。初期不良かと思い他の新品も聞いてみましたが一緒でした。ジャンルはクラブもの、アコースティック、ロックと幅広くきいていますが、クラブもののキック、タム等はかなりの確率で歪みます。あと他のレビュアーの方も言っていますが、不自然が音がするように思います。録音によるのかもしれませんが、タムの音等を聞くと歪みが乗るせいかエフェクターをかけたような音がします。そのため原音再生にはほど遠いかと思います。かなりジャンルを選ぶイヤホンなのではないでしょうか。日本のメーカーであまり知られてはいないため頑張ってほしいのですが、純粋に音だけ評価で星二つで。ちなみに私が所有のイヤホンはクリプシュx10、オンキヨーie-hf300、ゼンハイザーie800、moshi audio vortex、オーテクath-ckm1000等です。参考になればと記載しておきます。.

最初にチャイコクスキーのヴァイオリン協奏曲を聞いたとき、コンサート会場にいるような錯覚に陥り感動しました。ヴァイオリストは、ジュリア フィシャでsacd盤です。あと メーカーさんにお願いしたいのが、付属のスペアパットが、大きすぎて耳に装着しても すぐに 着脱するので 一回り 小さい方が 安定します。私は オーデオテクニカのer-40で問題を解決しました。ケースはとても斬新なデサインで気に入っています。.

高解像度だから、何を聴こうかと・・・・・。音域の広い楽曲でということでルドルフ・ケンぺス指揮ミュンヘン・フィルの《ヨハネス・ブラームス 交響曲第1番ハ短調 op. 68》jvc xrcd24盤を。あまり期待していなかった。多くのイヤーフォンも同じようなキャッチコピーだから、その程度だろうと。waveでも充分驚きの拡がり感だったが、プレイヤー直聴きだと録音ホールの空気感まで聴きとれそうで、耳への装着感さえなければホールにいるのかと錯覚しそうだった。ここまでの解像度だと帰って残念でならない。この機構のオーバーヘッドタイプがないことが、次に期待すればよいのだろうか。それから装着感という点ではイヤーパッドの装着が不安定なことがマイナス材料だと思う。改善を期待。まぁ、合格点というところか。.

付属イヤーパッドが着いた状態だと自分の耳には合わずかなり圧迫感があります。パッドを外すとスカスカ‥‥音は評判通り良いと思いますが使うには他社パッドを探すなどちょっと工夫が必要かと思います。.

こちらの低価格モデル(proではない方)を使っていましたが、安くなっていたので思い切って購入しました。プレイヤーが白なのでやはりこちらの色の方がよく合います♪まだ使用期間が浅いですが、低価格モデルとの感じた違いを述べたいと思います。付属のパットをつけると低音は増すのですが、全体的にこもってしまい、こちらは無い方が好みに感じました。パット無しでも低音は十分に感じます。しかし少しズレやすくなってしまいます。あと金属部分が直接耳にあたるので非常に冷たいです。できれば前の様にパットありで使いたかったのでそこが残念です。重たいのも気になりました。音質はやはりこちらの方がレベル高く感じましたが、前記した通り短所もありますので価格等も考えこの評価にしました。.

これで三度目の購入です。二回とも、突然、片方の音が聞こえなくなったトラブルが原因です。イヤフォーンの接続部の強度不足と思います。それでも、他でない音の良さ(クリア度)でまた、購入してしまいました。.

数年前に購入してレビューを書かずにいましたが、注意喚起の為にあえて記述します。購入して数ヶ月でイヤホンとケーブルの接触部分で接触不良が発生。↓購入して1年未満であるため会社にメールで問い合わせ↓無視され無回答。音質は値段相応ですが、品質と会社に欠陥があるようです。最悪です。このメーカーの製品は今後買いませんし、オススメもしません。.

希望より弱いね…ボーカルはわざと高音にしてるけどホントは高音の延びは弱い。低音の量が少なくないが、散らばっている。ボーカルは聴いてみればいいですが、高音の時やっぱりちょっと頭の中でぶんぶんと音を立てる…あと空間感、高さはまだいい、広さは全くないです。やっぱこの値段はここまでなのか…まぁ寝る時用だからこれ買ったんだが、平日ではer4sが愛用ですので、耳は甘やかされすぎたたな….

普通のproから色が変わって付属品が省略されただけのように見られている感がしますが、もう一つイヤーパッドの形状が全く異なるという変化点があり、ここが非常に大きいと思います。普通のproは独特の非常に分厚く大きいパッドでしたが、wの方は普通の市販のイヤーパッドと変わらない、よくある薄い形状になっています。厚みが薄くなった分スポンジの密度は非常に濃いです。他では見たことが無いくらいです。イヤーパッドが変わったことでかなり性格が変わっています。普通のproに比べて明るくくっきりした音になりました。もともとの音の立ち上がりの良さがより引き立ったと思います。低音の重さは流石に普通のproの方に軍配が上がりますが、パッドの密度があるおかげでwの方も十分なレベルはあります。アタック感はwの方が良く感じられます。音色の差は好みによるかとは思いますが、扱いやすさや装着感も考慮して、私はこちらのパッドのほうが好きです。余談ですが、このwの付属パッドはsennheiser mx880につけてみたら低音の重心を一段低くしてくれてとても良かったですが、creative aurvanaairにつけてみたらただ篭っただけでした。難しいものですね。.

ベスト ninewave インナーイヤーヘッドホン NW-STUDIO PRO シルバー XNIW551129 買い取り

This entry was posted in イヤホン and tagged . Bookmark the permalink.