デノン(Denon) Denon カナル型イヤホン ハイレゾ音源対応/デュアルドライバー ブラック Ah-C820-Bk – 確かに音は凄い良い

高音が抜群に透き通ってる。低音は特に強くはない。フツー。ケーブルや接続部等の耐久性はよさそう。装着感はひどい。悪い。デュアルドライバーの恩恵はあるだろうけど、そのぶん重心も外に行くしケーブルの重さも加わってもうどうしようもない。じっとしてないととれちゃう。寝ながら、高音の綺麗な曲を聴くならいい。EDMとか聴くならもっと安物でいいかなって感じです。.

通勤時使用としてメリハリのある重低音を期待して購入しました。iphon10+ポタアンで聞いていますが、最初から期待以上の音質で大変満足です。私の場合、complyのイヤーピース使用で装着感も全く違和感なく、遮音性も問題ありません。高級感もあり、コスパに優れたカナル型イヤホンだと思います。.

カナル式で付けてて不快にならないのは始めてです前使ってた6000円前後ぐらいのカナル式のやつとは比べ物になりません・・・ここまで変わるのかって正直ビビりましたでもさすがにヘッドホンほど迫力はありませんがカナル式では十分ですでもカナル式としては致命的な音漏れが少しするのが残念です音は星5ですがそこだけは残念なので星1個マイナス前使ってたカナル式ではwindowsの音量10で音楽プレイヤー音量最大にしても音漏れしませんでしたがwindowsの音量3で音楽プレイヤー音量最大で普通に音漏れてくる・・・ヘッドホンの音漏れが嫌だから買ったのにそこだけは残念です.

イヤホンの購入で失敗する事が度々あるんですけどこのイヤホンは低音域が高くクリアな低音と中高音が鮮明に伝わってきます。低音重視の私には最適です。重低音というかずっしり来る音質はソニーが優れていますが長時間聴くと疲れてきますがこちらの製品は隅々迄綺麗な音質で良いです。ただイヤーパッドが耳にしっくり来ないというか、耳に合うまでちょっと時間がかかりました。それさえ除けば音質はハイレゾなので凄く良いです。.

音質は欲を言えば高音の抜けが、もうしかしあればですが、基本的にはかなり満足です。2万円オーバーのbluetoothイヤホンも所有してますが、比べ物になりません。やっぱりbluetoothはまだまだだと感じます。みなさんがおっしゃるほど装用感は悪くありません。ただコードの重さが長時間の使用にどんな影響があるかは、もう少し使ってみてになります。.

以台灣價格來看,透過亞馬遜購買完全是物超所值,但記得要先run開,前後差頗多,另外run時記得要間隔,以免過熱受損.

Eイヤホンにて4~5万以下のイヤホンをなんとなく試聴していたところ、現在メインで使っているue900sやwestone w40との程よい違いをもっていたのが本機でした。w40などは低音出ている方ですが、やはりba型の低音なのでダイナミック型の低音とは異なるタイプです。ここ3年ほど(ue900sが出てから)イヤホンはba型しか聞いておらず、ダイナミック型を聞いても籠りがちな音に納得できずにいました。しかし本機、ah-c820は比較的ダイナミックの中でもクリアな部類に聞こえました。また、ie800なども聞いたのですが持っていったa45では鳴らしきれていないのかやけにこもって聞こえてしまい(低音の出方は綺麗でした)、感度やインピーダンス的にも鳴らしやすい本機を選びました。この鳴らしやすさはスマホとの相性も良さそうですね。個人的には鳴らしにくいまま出してもらったほうが嬉しかったですが. . また、イコライザーなどの影響は受けやすいです。低音を強調して曇っているタイプのイヤホンとは違い、輪郭のある音に空気感が合わさった感じでしょうか短い時間に断続する低音と低音の分離は苦手なイヤホンですね(ue900sと比べてですが)散々言われていた装着感の問題は幸い自分とは関係なく、sonyのハイブリッドイヤーピースmでしっかり聞けています。モニターライクなイヤホンと使い分けて使うと面白いと思います。追記低インピーダンスの影響か、音割れ寸前の音にあるバリのようなノイズがよく聞こえてしまいます。良くも悪くも悪い音源が分かりやすいです。.

長年ah-c710を使っていましたが、断線してしまったので、とりあえず評判の良い(そしてお手軽価格な)ワイヤレスを試しました。でも、全然ダメ!ワイヤレスの軽量感以外に良いとこ無しで、1ヶ月ちょっとで戻って来てしまいました。開封してコードの太さと頑丈な作りに驚きましたが、期待通りの音質に大満足!本当はdenonワイヤレスイヤホンが欲しかったんですが、amazonでの評価がいずれも微妙だったので今回は見送りました。とは言え時代はワイヤレス。このah-c820が壊れる頃には、高評価のdenonワイヤレスイヤホンが登場していることに期待します。.

利点と欠点

メリット

  • 音はいい、しかし大きな問題あり → 夏場は改善

  • 求めていた音 装着感に少々難あり

  • 自分史上最高の商品です!

デメリット

イヤーピースを問わず、耳にフィットしたときの低音の出方は凄まじいです。単に量が多いだけでなく、確りとした質を伴っています。バンドのゴリゴリしたベースの音もクラシックの包まれるような深く柔らかな低音も明確に描き分けます。また、ズンッとしたスピード感のある衝撃波のような重低音も確り再現されるので、アクションものの映画やアニメを観るのも楽しいですよ。さて、ここまで低音のことばかりでしたが、全体の音に目を向けるとこれがまた良いのです。まずはクリアな高音。量は若干少なめですが本当に綺麗にスッと然り気無く鳴ってくれます。無理してキンキンシャカシャカしたり、あるはずの音が聞こえないなんてことは皆無です。次に中音域。ボーカルが映えます。男女ともに。決して中音もりもりのかまぼこ特性ではないのですが、なんとも心地よい包まれるような鳴り方です。男声は力強く、女声は色っぽい。最後、極め付きは音の繋がりの滑らかさです。低域再生を推す他社製品では、低音だけが独立した鳴り方をしていて中~高音と雰囲気に統一感が無かったり、低域と中域の間の帯域が弱く響きに欠けるなんてことがあると思います。この製品にはそれらがありません。各帯域非常に滑らかかつ自然に繋がりをもって鳴ります。お陰で響きが自然かつ綺麗です。低音がちゃんと鳴る自然な音色のイヤホンをお探しの方にイチオシしたい製品です。同価格帯の他社製品と比べ優秀で、丁寧に設計されている製品だと感じました。ちなみに、エージングの効果も感じられるイヤホンです。再生時間が70時間超えたぐらいから音が変化します。全体のバランスと特徴はそのままに、より見通しの良い音になりますよ。変化も安心して楽しめる製品です。.

ボーカルをまったり聴きたいならc720でもいいかもしれませんc820はデュアルドライバーで無理なく楽器の音が出る副作用としてどうにも楽器が前景化してしまう好きな歌声に包まれて移動中ちょっと間寝入りたい、みたいな感じで長らくc710を使っていたのですがc820だと足が勝手にリズムを刻んでしまう…これはいけない….

耳から外れやすいし、コードも絡みやすい。音質は値段なりのもので、期待以上のものはありません。.

好みの音です。価格も納得いきます。.

まだ使い始めたばかりです。耐久性があるかどうかがポイントですが.

耳に優しくフィットして、音質も良好です。ケーブルも高価な物を使用してるようです。.

Rha ma750から乗り換えました。denon ah-c820は過去につかってきたどのイヤホンよりも好みの音です。バランスもよく、こもってもいなく、音量も良い。ただ、個人的にはフィット感がイマイチでした。ma750はしっかり耳をふさぐように装着できましたがc820ではイヤーピース部分が内側に向いていないので耳に入れるというよりは耳に乗せるような装着方法になりました。もちろん耳の形には個人差もありますので一概に悪いとは言えません。lrはそのままで上下をひっくり返して装着(耳にかけるような形に)することでうまく耳穴にはめ込むことができました。見た目はダサくなりますがこれで聞こえる音も良くなりました。フィット感さえ問題なければ過去最高のイヤホンでした。いつか他の機種も試してみたいと思います。.

下位モデルでは一基搭載の11. 5㎜ダイナミックドライバーを、本機は片耳ごとに二基対向配置して、両手ビンタの要領でパワーのある音を鳴らしてくれます。確かに低音型ですが、そこは老舗デノンの最上位機、ショボいドライバーを無理矢理ブーブー・ボワボワさせて、中高域を台無しにするような安っぽさとは無縁。濁らず豊かで明瞭な低音が、上の音域を犠牲にしていません。フィッテングに関しては、耳の穴に垂直に挿すのは間違いで、すぐに外れます。写真のように筐体の黒い部分を耳甲介にしっかり乗せ、ノズルが自分の鼻の方向を向くように挿すのが正解です。また、ケーブルの丈夫さに自信があるようで、メーカー公式twitterでシュア掛けも推奨してます。ホメてばかりだと胡散臭いので注意点も。ウレタンイヤーピースはフィット感と引き換えに高音を少し減衰させます。一方シリコンイヤーピースは、余り耳に深く挿さる筐体ではないので、耳にフィットし、隙間もなく潰れもしないジャストのイヤーピースを選ぶのに手間取るかもしれません。また、曲によってはシリコンでは減衰しない高音の強さのせいで聴き疲れするかもしれません。私の場合はスパイラルドットとazla sednaearfitを試し、高さがある分だけ装着が安定する後者に落ち着きました。高級化・高額化が青天井のイヤホン界ですが、マニアでない一般の方で「イヤホンに2万はちょっと…」という方は多いと思います。そういった方に「買って良かった」と思わせるイヤホンだと思います。【追記】見た目は…ですが、シュア掛けいいです(写真)。格段に安定しますし、自分の場合、筐体のノズルも外耳道に素直に入り、イヤーピースの変形が改善されたのか中高音もよりヌケが良くなりました。.

このイヤホンは、黒いハウジングを耳介に当てるようにして、耳道を塞ぐようにすることが大切。ちゃんと装着できれば、芳醇な低音、過不足ない中高音を堪能できます。.

特徴 Denon カナル型イヤホン ハイレゾ音源対応/デュアルドライバー ブラック Ah-C820-Bk

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • 圧倒的な低音再生を実現するデュアルエアーコンプレッションドライバーを搭載
  • ハイレゾ対応
  • 11.5mmダブル・エアーコンプレッション・ドライバー
  • デュアル・ダイレクトケーブル
  • アルミ/ABSハイブリッド防振構造ハウジング
  • デュアル・アコースティック・オプティマイザー
  • 耳にジャストフィットするデザイン
  • Comply製イヤーピースTX-500
  • 4サイズのシリコン製イヤーピース(XS/S/M/L)
  • 簡単に収納できる新開発キャリングケース

メーカーより

拡大表示

低音再生の究極を目指して開発されたインイヤー最上級モデル

圧倒的な低音再生を実現するデュアルエアーコンプレッションドライバーを搭載

ダイナミック型イヤホンの最上級モデルとして低音再生の究極を目指して開発されました。

特許取得の新方式「デュアル・エアコンプレッション・ドライバー」を搭載。

コンパクトなハウジングの中に、2基の11.5mmドライバーを対向配置して2倍の振動板面積を確保。圧倒的な量感と超低域までのクリアネスを兼ね備えています。

AH-C820の仕様

  • 形式: ダイナミック型
  • ドライバー: 11.5 mm x 2 ダブル・エアーコンプレッション・ドライバー
  • マグネット: ネオジウム・マグネット
  • インピーダンス: 16 Ω
  • 感度: 115 dB / mW
  • 最大入力: 250 mW
  • 周波数特性: 4 – 40,000 Hz
  • 質量: 10.4 g( ケーブルを除く)
  • ケーブル: 1.3 m OFC 線(アジャスター付)
  • プラグ: 3.5 mm 金メッキ ステレオミニプラグ (ストレート型)
  • 付属品: 取扱説明書、シリコンイヤーピース (XS/S/M/L)、キャリングケース、ケーブルクリップ

拡大表示

低音再生の常識を覆す新しいドライバー

11.5 mm ダブル・エアーコンプレッション・ドライバー2基を対抗配置。ダイナミック型ドライバーを対向配置することで2 倍の振動板面積を実現。

圧倒的な量感と超低域までの クリアネスを兼ね備えた、低音再生の常識を覆す特許 取得の新方式ドライバー。

純度の高い高音質サウンドを実現する

2 つのドライバーそれぞれに専用のケーブルをダイレクト に接続し、純度の高いサウンドを実現するデュアル・ダイ レクトケーブル。

線材にはOFC を、シースにはしなやか さと優れた耐久性を備えるメッシュ被覆を採用。

不要な振動を抑えて、ハイレゾ音質の透明感を伝える

ハウジングには質感の高いアルミダイキャストとABS 樹 脂を用いたハイブリッド構造を採用。不要な振動を抑え、 透明感の高いサウンドを実現します。

音圧バランスを調整するアコースティク・オプティマイザー

ドライバーの前後の音圧バランスを調整することによっ て、振動板のピストンモーションを最適化するアコース ティック・オプティマイザーを搭載。ハウジングの前方、 後方それぞれに1 つのポートを設けることで2つのドライバーの動作を最適化しています。

耳にジャストフィットするデザイン

移動中でも外れにくいエルゴノミック・デザイン を採用。

耳に自然にフィットし、長時間のリスニングでも快適な付け心地。耳穴の大きさに合わせて選べる4 サイズのシリコンイヤーピースを付属しています。

優れた遮音性のイヤピースを装備

Comply製イヤーピース TX-500を搭載。

優れた遮音性と装着感に定評があるComply のイヤーピースを標準装備し通勤・通学中に気になる音漏れを防ぎます。

左から「AH-C820」「AH-C720」「AH-C620R」

Presented by Phile-web

AV/オーディオ/ガジェット情報サイト

『Phile-web(ファイル・ウェブ)』

(http://www.phileweb.com)

による商品レビュー。

Phile-web(ファイル・ウェブ) プロによる商品レビュー

デノン初のハイレゾ対応イヤホン

「AH-C820」「AH-C720」「AH-C620R」は、デノン初のハイレゾ対応イヤホン。それぞれデノンらしいサウンドを実現するための独自技術を採用する。一方で、各モデルが単なる価格レンジの違いにとどまらない個性を備えることも特徴だ。

ラインナップは、上からAH-C820/AH-C720/AH-C620Rと連なる。いずれもカナル型イヤホンで、親しみやすいデザインに仕上げている。再生周波数帯域の高音域側が40kHzに到達する“ハイレゾ対応”。デノンとしては初のハイレゾイヤホンだ。

AH-C820は、力強い低域が鮮やかに立ち上がる。なめらかな空気の押し出し感と、自然につながる中高音域とのバランスも良い。グルーヴに優しく身を包まれながら、身体の芯に音が染み込んでくるようだ。

上原ひろみの「Wonderland」などは、ややもすれば過度に押し出し感が強調されてしまいがちだが、本機は聴き疲れしない。解像感が高くクリアなのに、粒立ちやフォーカス感ばかりをむやみに前へ出さない。ナチュラルさを重視したチューニングが奏功しているのだろう。

AH-C720は、C820に比べるともう少し低音の切れ味を重視したチューニングに仕上がっている。ボーカルやメロディ楽器の明瞭度も上がり、全体に高域の粒立ちや広がりも強く感じる。解像感が高く、中音域はエネルギーの押し出し感が鮮やかなので、ハイレゾ音源を聴くとその魅力がわかりやすく伝わる。

AH-C620Rは、C720のサウンドを基準として、あとわずかに中音域寄りにぐっと密度を高めたようなチューニング。様々なジャンルの楽曲を楽しく聴かせるオールラウンドプレーヤーだ。原田知世の『September』では、ボーカルの耳あたりが柔らかく、余韻がふわっと肌を撫でるように包みこむ。オーガニックな声の女性ボーカルによくマッチした。

  • 文:山本 敦
  • 執筆日:2016年9月7日
  • 元記事URL:http://www.phileweb.com/review/article/201609/07/2201.html

皆さん色々書かれているとおり、音は非常に良いと思う。これまで、同じぐらいの価格のゼンハイザーのカナル型を使っていたが、高音から低音まで、全体的にグレードの高い音がする。但し、ひとつ大きな問題がある。それは静電気がすごいこと。今は2月だが、歩きながら聴くと、静電気でパチパチという音が絶え間なく聞こえ、そのうち、耳にも痛みを感じるようになり、とても付けていられない。ダメもとで、イヤピースの材質を変えてみたが、全く改善せず。ケーブルに、一般的なラバー系でなく、金属製のワイヤを使用していることが原因ではないかと想像している。これは、耐久性を高めるためとのメーカーの説明だが、一方で、ホームページに静電気対策のことが書かれているため、問題と認識はしていると思われる。ゼンハイザーは冬場に使用しても、こういう問題は全く無い(冬場のドイツは静電気が酷いが、恐らく、ドイツでも問題ないだろう)。denonは音の作り込みに拘った結果、静電気のことまで気が回らなかったのか?細部を作り込む日本のモノづくりと、トータルでの満足感も見るドイツとの違いが、こういうところにも現れているのではないか?と、評論家っぽく言いたくもなった。メーカーには、次期モデルの際、是非この点を見直して頂きたい。そうすれば、製品の満足度は格段に上がるし、5つ星をつけていい製品と思う。メーカーの自己修正能力に期待したい。今回買ったイヤホンは、とりあえず冬場は封印し、静電気の起きにくい季節になったら、活躍してもらうことにする。================================================================6月、初夏のころになったので再レビュー予想通り、静電気は全く無くなり、音の良さだけが残った。やはりこの製品を買って良かったと満足したので、星を1つ追加。冬場は、コードがナイロンのダウンの表面に触れていたため静電気の原因になっていたのでは?と思い当たり、次の冬には、コードをコートの内側にすることで静電気が防げるか、試してみたいと思う。.

音場はちょっと狭く、解像度もそこそこですが、さすがの2ddで音圧があり、全音域とても元気で良い音が鳴り響きます。ウレタンよりシリコンイヤーピースが好きなので付属品を使ってましたが、sednaearfitに替えたところ高域の聞こえがよくなり、更にグレードの高い音に生まれ変わりました。ケーブルは若干硬めですが取り回しはそこまで悪くないです。フィット感は人によっては合わない形状してますが、イヤーピース長めのを使用すれば、耳から外れることは無いと思います。長期保証も付けたので末永く付き合って行けそうです。.

音はすごく良かったが、正直高音はあまり好きではなかった。シャリシャリ音が強いイメージ。低音も想像より出ていていいと思う。さ行の音が強いかなぁ…。高音が苦手で大きい音で聞く人は注意した方がいいと思う。ベースも聞こえるし、裏のピアノも聞こえたから申し分なし.

今までに2000円〜6000円のイヤホンを6本ほど所有してましたが、そろそろ10000円超えの納得のいくものが欲しくてレビュー評価の高いah-c820を購入。さっそく商品が届き、ワクワクしながら開梱。なるほど片耳に線が2本あるが気にはならない程度の太さ。さてさて装着しますか・・ ん? はまりが悪い・・ 付属のイヤーピースを全て試したが全滅。商品説明には「移動中でも外れにくいエルゴノミック・デザイン を採用。耳に自然にフィットし、長時間のリスニングでも快適な付け心地。耳穴の大きさに合わせて選べる4 サイズのシリコンイヤーピースを付属しています。」とあるがどれもフィットせず。レビュー通りだ。とりあえず音を聞いてみた。さすが老舗の denon 感動的な低音ではないか。よくぞここまで完成された低音を創り出してくれた。中高音域の音もなかなかいい感じ。どっちつかずのイヤホンが多い中、ah-c820 はどの音域も犠牲にしないバランスの優れた商品と言える。さて、問題のイヤーピースがフィットしない件だが、 シュア掛けだとかなりフィットはしてくれる。シュア掛けは余り好きではないが、この際仕方ない。ケーブルの断線には気を付けるべきだろう。.

価格以上の良いイヤホンですね。.

Tastes differ but if you like previous denon canal earphones (or other earphones with distinctly v-shaped sound), this is a great continuation of the lineage.

イヤホンは1万もしない中華の安物ばかり使っていたのですが、臨時収入があった為前から気になっていたこちらを購入してみましたが…なんと言っていいか…売りの低音にも驚きましたが、ハーモニー感?倍音成分?兎に角ハモった音がとても気持ちよく聴こえてくる事に感動しました。イヤホンヘッドホン好きな癖に、今迄ハーモニーなんて気にして音楽を聴いていなかったって事になりますが、そういう人間が感動するのだから相当良く考えて作られているのだと思います。お勧めです!しかし、独特の形状をしているので購入前の試聴というか試着?は必須です。.

★3です、着け心地(個人差あり)が良ければ★5だったんですけど。音質良いと思います、低音も良いと思います、性能面では満足です。(fps等シューターに向いてるかは不明です)ゲームでも音楽でも動画でもボーカル聞き取りやすいです。ですが着け心地はどうかといわれると、同じカナル型でも耳掛け出来るものに比べるとちょっと耳がつかれるかも。.

音質は問題なし耳にフィットしないと言われてましたが私には合いましたイヤーピースは付属の物の方がいい感じですね.

Ahc-620ragが価格の割に非常に良い音だったので「ならば上位モデルはどうなのか」が気になりだして購入。ケーブルは太目のしっかりしたもので表面に樹脂皮膜が施されています。写真だと分かりにくいですね。耐久性はありそうですが柔らかさが若干犠牲になった感は否めません。シェア掛けしやすい、むしろシェア掛けの方がしっくりするとの意見が多いですが私の場合はどちらでもフィットしました。ただ、通常の掛け方のほうがしっくり収まりましたのでこのあたりはこれまでの使用経験や好みによるところが大きいのだと思います。音は低音の再現が素晴らしく、ズンドコではない上品な響き中~高音は細かい音もきちんと聞けるのに長時間聴いても疲れることはありません。全域で620よりもさらに綺麗な響きになっていました。ポタアン経由、或いはdap接続だと特に差が出ますね。スペック的にはわずかな差でしたが体感するとその差は大きかったです。そしてその差は価格差以上といっていいでしょう。iphone直刺しならリモコン機能が便利ですので620は大いにアリですが同じボリューム設定で差し替えて聞くと820の方がより大きな音で再生できました。こだわるならやはり820の方が文字通り音(を)楽(しむ)ことができます。.

バランス良く低音まで出ます。欲を言えば高音の抜けがもう少し。.

中高音よりかつ低音の抜けの良いイヤホンでしたがエージングが効いてくると高音(サ・タ行など)が刺さり始めます。ボーカル物をメインに聴く人にはちょっと扱いづらいイヤホンかもしれません。付属のコンプライは捨てずに取っておきましょう。それくらい刺さります。.

久しぶりに音質にこだわったイヤホンを購入。fiio q1 markⅡに繋いで使用しました。宣伝文句の通り低音がいい味を出しています。主観ですがクリアな感じもするので、ジャズとかは不向きなジャンルかもしれません。低音が良いながらもクセはそんなにないので聴きやすいです。ほかの方のレビューにもあるように、イヤーピースについては耳との相性が間違いなくあります。イヤホンとともにazlaのsednaearfitを購入しましたが、これにより問題なく使用できるようになりました。.

通学のため購入させていただきました、クリアな音質でいいと思います.

音は価格相応にいいと思いますがコードが太いです。人にもよると思いますが私はランニング時にも使いたかったのですが重いのですぐ耳から落ちます。.

すごく良いですね。自分はそこまで音質にこだわりませんがとても良いと思います。デザインもシンプルでカッコいいです。.

ウォークマン(nw-a45)ユーザーとしてハイレゾにこだわりたく、これまでエレコム(ehp-ch1000)、フィリップス(she9730)と使用し、それぞれ満足できる音で、とにかく高いコストパフォーマンスに納得してきましたが、更に上のレベルを確かめたい思いが強くなり、ウェブ記事などを検索していた中でdenonに惹かれました。近隣の量販店ではこの機種を視聴できる店がなく(ガラスケース内から出してもらうのが面倒だったので)、最後はアマゾンの割安感のみで購入決定したため、大きな不安感、少しの後悔もありましたが、結果は大、大、大満足です。ネット記事などでは、高齢化とともに耳の感度も低下するので、ハイレゾにこだわっても意味が無いかのような記事もあり、事実、これまでの機種ではそれほど大きな変化を感じることが無かったのも正直な感想でしたが、これは初めて使った瞬間から、高音部のクリアさや、丁度よい低音の響きに驚くとともに、クラシック、ポップスに関係なくこれまで気付かなかった音の広がりも感じました。様々な音域が自然に耳に入って来る感じで、高音の伸びや低音の響きといっても、決してドンシャリ系ではありません。夏はコードの鬱陶しさから、jblのワイヤレス(duetmini)を使っていましたが、denonを聞いてしまったら戻れなくなりそうです。その位、音質に差があります。あくまでも、自分個人の耳に対しての音質評価ですが、史上最高の商品です。※ ☆一つ減にしたのは、コードがデュアルでしっかりした作りのため固めであることに加え、y部分が長いため、すこし邪魔に感じるところからですが、言い換えれば耐久性は高いとも言えます。.

初めてこのイヤホンを使用した時鳥肌がたちましたそれは私が求めていた音にガッチリと当てはまっていたからです低音が強く、ボーカルも曇らないかつ刺さらないそしてこの迫力本当に購入して良かったと思えました感謝しますdenonさんしかし、装着感に少々難がありますシュア掛けをすればまったく問題なくフィットしてくれるのですが、私は少々シュア掛けが苦手なのでどうにかフィットしてくれるイヤーピースがないものかと色々試してみました・jvcのspiral dot音は大変良い しかし耳から外れやすいシュア掛けする場合ならおすすめ・コンプライ音が好みならおすすめシュア掛けでなくても耳から外れにくい・final e type私が最終的にたどり着いたのがこのイヤーピースですシュア掛けをしなくても耳から外れることがなくなりました最後に耳の形は人それぞれ違ってくるので、このイヤホンの場合は特に実機での装着感の確認をおすすめします.

Ah-710の後続機ということで期待大で購入しました。ah-710にはその良さがありますがとにかく断線が激しく五年以内で4本は買い換えています。今回は保証もつけられることだし、プラグ回りもいい加減改善されていることを願ってます。クリアさはそのままです!とても澄んでいて音が綺麗。低音重視なので当たり前ですが若干音程は低めです。迫力はこのシリーズで断トツですし、全体的に深みや広がりを感じました。はじめのうち高音域はきつく刺さるように突き抜ける印象。中音域は落ち着いて聴こえます。低音から高音までとにかくクリアで、音質もかなりよいです。私は低音重視のイヤホンはあまり好みではありませんが、音のクリアさと中高音域の伸びの良さが素晴らしすぎて迫力と美しさにうっとりします。同じ価格帯やそれ以上のものでも(ファイナルの五万くらいのイヤホンも試したことがありますが比べ物にならない)このイヤホンにはかなわないほどです。最初に付いている低反発のイヤーピース。個人的にはあまり好きではありません…。音があまりよくなくなるからです。シリコンの方が音がより引き締まり、クリアに感じます。シリコン製のイヤホン収納ケース付き!とてもよいと思います。箱型より持ち運びにも便利。.

シュアーの535(赤いやつです)を使っていましたが今はゴミです。音質が、というより道具として使い物にならず他を探してたどり着きました。それほどのマニアではないので参考にならないとは思いますが、そんな私でもこのc820の低音の出方は分かりやすいと思います。価格以上の満足感が得られました。.

10評価訂正初期のイヤピースtx-500ですが付属の交換用(denon製?)の方が個人的には装着感も音質も向上した様に感じましたので評価4から5へ訂正します。ただしah-c820wワイヤレスの方ではイヤピースが5種類あるのにこちらは3種類のみワイヤレスでロングタイプが2種追加なのか意図が良くわからない点疑問を呈しておきます。≪当初4評価≫他のレビューにもあったように音質はとてもこの値段にして満足できます。高音から低音域まで解像度と全体のバランスがとても良いと感じられました。残念ながら装着は今一つ耳にヒィットしません。その点が☆-1としました。.

 ずっと楽器を吹いていたことがあり、クラシックやジャズなどアコースティックな音のクオリティーを欲しています。他の方も書いていらっしゃいますが、響きに深みがあり、低音も音圧ではなく響きで聴かせていると思います。難点はこれも他の方が書いていらっしゃるとおり、装着が安定しないことです。「シェア掛けが良い」との指摘を受けてやってみましたが、確かにこれが一番良いようです。コードが丈夫過ぎなような…。座ってゆっくり聴くのが良いですね。.

ベスト Denon カナル型イヤホン ハイレゾ音源対応/デュアルドライバー ブラック Ah-C820-Bk レビュー

This entry was posted in イヤホン and tagged . Bookmark the permalink.