デノン(Denon) Denon カナル型イヤホン ハイレゾ音源対応 シルバー Ah-C720-Sr – 音はとても良いが品質管理に問題があるのでは。

この製品はイヤホンジャックの部分とイヤホンの分岐点に金属のパーツがついています。自分が購入した物ではこの金属パーツが外れていました。返品で来た物も外れていました。ゴム製の部分のパーツに対し、金属を接着剤でつけただけの構造になってます。購入している方もよく見てみてください。おそらく接着剤のようなものがはみ出していると思います。交換返品できたものも外れているとなると生産過程での品質管理に問題があると言わざるを得ません。音は値段相応に出ているのでとても惜しいです。残念な買い物でした。.

今回はあくまで、ah-c710を使ったことのある方に向けたレビューになります。こちらのah-c720は、まさにc710の後継機という印象でした。長らくc710を愛用していましたが、他の方も述べられている通り、音のイメージはそのままで、低音(バンドサウンドであれば、主にバスドラム辺り)がc710よりも聴き取りやすくなったと感じました。もちろん、その低音が大きすぎたり、邪魔したりなどはなく、あくまでc710が更に進化した音と言っていいと思います。ちなみに、同系統であるc620は、このc720を値段の分だけ質を下げた印象でした。この辺はお財布との兼ね合いかと……。そして、c820の方ですが、こちらは触れ込み通り、低音重視となっていました。全体的にc720よりもクリアな気はしましたが、c710に慣れてしまっていた私には、むしろ、低域が強すぎて高域中域に物足りなさを感じてしまいました。低音が好きな方には良いかもしれませんが、c710が好きだった方にはオススメできないかもしれません。以上の点を踏まえても、c710を愛用していた方はそのまま乗り換えて、何も問題はないと思います。あとはc710と同じ価格帯になれば、文句無しなんですが(笑).

Denonのマークの部分が金属になっていて某家電量販店でもちろん新品で買って、その金属のふちに傷が入っていた。工業製品に当たり外れがあるのは承知しているがそこそこ高い買い物だったので残念。そこまで細かい傷を気にする?とおっしゃるかと思うが例えば大手の自動車メーカーt社、h社、n社なら絶対に流してはいけないレベルの傷。音に関してはすごくクリアでいい感じです。エイジングしたらさらに良くなりそうなので楽しみです。自分だけハズレを引いた?.

予算の都合でc820ではなく、こちらにしました。ようやくエージングが完了したのでよく聴く音楽を聴き比べてみました。エージングは不要とか気のせいとおっしゃる方もいますがエージング前と後では、聞こえる音が全然音が違います。まず聞こえる楽器の音が増える、粒感が増す、広がりが出る。特に中域〜高域にかけての音が聞き取りやすくなりました。特にドラムシンバルのクラッシュやライドの音がハッキリ聞き分けできるようになっていました。買ってすぐの音は本当にどこか気持ち悪くて、このまま聞いているのが嫌だなぁと思っていたくらいです。違いをハッキリさせるために、あえてエージング途中の音は聞かずに我慢しました。元々低音は粒感もあってまぁまぁいい感じでしたが、低音はもちろん中域〜高域が特に広がりを見せてくれるようになったのでこれを買ってよかったと思います。嫌なシャリ感もなくて気持ちのいい音に仕上がりました。オーディオマニアでもなんでもないので、音質よりも音の聞き分けを意識ながら聞く癖があります。そこまで意識せずとも、気軽にエージング前の不満なところはしっかりと覚えておいて完了後の音と聴き比べてみてください。できるだけ各パートの音(好きな楽器だけでも)に注意すれば明らかな違いに気付くと思います。女性の方へ。ダミーヘッドマイク使用の耳攻め系にはイマイチかと思います。エージング後も変化が感じられませんでした。ダミヘの臨場感もそれなりにありますが、息を吹きかけられてもこのイヤホンではあまりゾワッとしませんw.

いままでiphoneに付属したイヤホンを使ってきて、壊れたり紛失した時も数千円ぐらいの価格のイヤホンを使ってきたのだが、今回初めて一万円超えのイヤホンを買ってみた。同じぐらいの価格帯のものを何種類かの店頭で試聴した中で、いちばん音がクッキリとしていて、低音もあって、しかも伸び伸びとした音だなと感じたこのモデルを購入。それにしてもカルチャーショックですね。今まで聴いてきた音楽が曇ったサングラス越しだったような印象。ハイレゾ音源というのに興味があって、イヤホンが悪くては意味がないと思ってこれを買ってみたのだが、別にハイレゾ音源でなくとも、前から聴いていたmp3でもcdでも、今までとまったく音の印象が違ってくる。目立つ音に隠れてぼんやりしか聞こえていなかった音や、ボーカルのちょっとした息づかいやニュアンスの違いにいまさらながら気づく。朝晩の通勤で毎日使っているが、同じ曲を聴いていても、時々新しい発見がある。付属のコンプライのイヤーピースは音漏れがないし外の音も聞こえにくいので電車通勤にピッタリで、これも気に入っている。ちなみに、付属のホルダーがあまり好評でないようだが、私はけっこう使いやすくて気に入っている。色は地味だが、別にこれを人に見せるものでもなく、イヤホンをまとめやすい。.

この前の前の機種のc-700を使用していましたが、今回購入した孫?機種た低音も出るし気に入りました、さすかdenon、いい感じです。.

値段相応というのはこのことでしょう。値段に見合った機能、またはそれ以上かもしれません。今まで使っていたもののケーブルが、ちぎれそうになっていたので新しい物を探していました。このケーブルだったら、ちょっとやそっとでは傷みませんね。音も最高だし。他の方が書いているカサカサ音はどういうことかなぁ、私は感じませんでした。イヤホンのシリコンもサイズがいろいろあり、音漏れも防げそう。今までのファンにも、私のようなクラッシックを愛する人間にも、バイオリンの音色が今までより更に磨きがかかり使っていただきたいです.

最初に届いたものはパッケージの箱の梱包のシールも外れてなによりジャック部分のリングが外れていましたので交換をお願いしました。そして届いたものはパッケージの箱が折れて曲がってましたが箱にきっちりシールもあり商品にも問題ありませんでした。もしかして最初に送って来たものは返品されたものをチェックして再び販売してるのではないでしょうか?音に関してはdenonの商品は毎回、新品時はペラペラでエイジングが必須でしたが最初に届いたものも 高音がやたら尖っていてエイジングでなんとかなるのかなと思ってたのですが交換品は なぜか高音の尖りも少なく、最初からバランスの取れた音になっていました。前モデルのah-710もお気に入りでしたがそれよりもさらに鮮明で深みのある音になってとても気に入ってます。.

利点と欠点

メリット

  • 音はとても良いが品質管理に問題があるのでは。
  • イヤピースは初めから着いてるものがオススメ。
  • もういいかな

デメリット

このイヤホンは「ザー」という音がでかくて静かな曲やラジオなどには不向き。あと、線の分かれ目部分がすぐに破けて銅線がむき出しに。.

【デザイン】オーソドックスと言うべきか、外観からは派手さはないです。ケーブルは太めで耐久性もありそうです。【高音の音質】どちらかと言うと、メタリックな高音寄りの音質傾向という感じがしました。【低音の音質】高音ほどの主張はありませんが、それでも深みとパンチがある低音と感じですか。【フィット感】付属のイヤーチップがジャストフィットです。【外音遮断性】問題なし。【音漏れ防止】それなりにありますね。【携帯性】普通と言うべきか。【総評】前任c710はかなり評価が高かったようですが、上位機種c820からはだいぶ音の傾向を変えてきたようで、少し残念のような気がしました。.

今回denonのイヤホンは初めてでしたが、レビューも良かったのでこのモデルを購入しました。レビュー通り、音のバランスも良いし、ケーブルも頑丈そうで、長く使用したい製品に出会えました。不具合のレビューがありましたが、私のは大丈夫でした。その後改善されているのかもしれません。.

音質に関して、さすがに1万円を超える製品なだけにどの音域も過不足なく出ています。低域は深く、高域は多少荒くもよく伸びています。中域が少し遠いように感じますが、これは好みの問題と思います。ただ、このイヤホンは空間表現が苦手なように感じます。音が耳のそばから離れず、前に出て来ません。これは私にとって非常に重要で、音楽を楽しめるかどうかを左右する部分でもあります。この部分ではまだゼンハイザーやakg、fostexなどに一日の長があるように感じます。.

初めから着いてるイヤピースはとても遮音します。オーバーイヤーのヘッドホンをかぶってるような暖かさを耳に感じます。sonyの同じ価格帯のものは音にキレがありますが乾いた感じで、denonのこれはピアノがまろやかでいろいろな音がきれいに聞こえます。音楽をずっと聞いていたいヘッドホンのようなイヤホンだと思いました。追記:google play musicを久しぶりに課金して洋楽ポップを聞いてますが心が弾むようでとても楽しいです。いい音がなってます。追記:amazonのイヤピースの商品解説に「comply製イヤーピース tx-500を搭載。」とありますがおそらくtx400の間違いです。t500を取り付けることもできますがコンプライのhpにもt400と表記してあり、あやまってt500を買いましたがはめ込み具合が浅くなります。t400を買いましょう。装用感、音がとても良いです。.

Ah-c710を通勤時にブチ壊してしまったため後継機のこちらを試聴無しに購入。音質は悪くないが、それ以前に公称130cm(実測138cm)のケーブルが長すぎて使いづらい。しかも今回のウリである新ケーブルは太くて固いため何かに巻きつけることも出来ず、ケーブルを垂らしたまま通勤時に使用すると事故断線を招きそうで怖い。ケーブル分割タイプも選べると良かったのに。もう一つ、個人的な感想だが、こんな豪華なパッケージは不要。豪華な割に構造が悪くて、中で留め具からイヤーピースが外れていたらしく開けた時にポロポロとバラ撒いてしまってlサイズを片方紛失してしまった。外から見えない部分だし、スリーブから中身を引出す時にはくれぐれもご注意を。2018. 13追記ケーブルを覆っている固い被膜が硬化してジャックの根元で折れた(割れた)。何が「丈夫な…」だ。嘘つき。1年もたなかった。そのため、角度によりノイズは入るし誤作動はするし、完全な断線まで時間の問題。★-12018. 1追記サポートに問い合わせたところケーブル破損は保証対象とのことなので新品交換してもらった。対応は迅速で満足。でも同じ製品である以上、時間経過でケーブル被膜は硬化するだろうしジャックのアルミの筒部も同じ様に外れてしまう気がする。(以前使っていたah-c710の方が音質品質共に良かった)この懸念を問合せ時に電話で伝えたところ「ロットによってはそういう場合も…(ゴニョゴニョ)」と言っていたけど大人の対応で突っ込まないコトにした。.

本製品を購入しました。音は他の方が書いている通り良いと思います。しかし、物理的な製品としてのクオリティが低いようです。他の星1のレビューにもある通り、イヤホンジャックと先別れ部分のアルミの筒が外れやすいです。かっちりハマる構造にはなっておらず、アルミの筒をプラスチックのパーツに接着剤でとめているだけです。3度製品を交換してもらいましたが、その後同一の事象が発生しました。結果、返品の対応をすることとなりました。ショップのサンプルも破損しているものがあり、ツイッターやネット上のブログにも同一の事象が報告されています。購入される際は、こういった不具合があることを認識した上で購入することをオススメします。以上.

イヤホンに払う価格はこれくらいと、夫々絶対的な価格帯を持って居るのではないだろうか。 少なくとも私はそうであった。 そして、通常のイヤホンの3倍から4倍程度の価格帯のこのイヤホンは、どのような音を聞かせてくれるのか、正直なところ耳にあてるまで半信半疑だった。 しかし、耳に入れ、スイッチを入れた途端、その澄んだ音、奥行き感のある音に驚いた。 この小さなイヤホンを耳に入れているだけなのに、広い空間で音を聞いて居るように感じる。どれどれと、従来使っていたイヤホンを再度耳に挿すと、そこから聞こえるのは、トンネルを通じて聞こえてくるような音だった。 え?、こんな音で満足していたの、とびっくりしてしまった。 正に、別物、異次元の音。 価格だけのことはあると、至極納得。.

Jvc ha-fx700を長い事使用しております。ウッドにはウッドの音の艶やかさがありますし、それが好きなんですが。今回ah-c720を50時間ほど鳴らし、聞いてみましたところ、解像度の高さ、明瞭さ、音場の広がりに素晴らしいほどの豊かさを感じました。大野雄二のジャズが好きでよく聴きます。ハイノートのトランペットも、ベースの低音も無理がなく、このイヤフォンで存分に楽しむことができます。.

特徴 Denon カナル型イヤホン ハイレゾ音源対応 シルバー Ah-C720-Sr

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • 迫力の低音、鮮烈な高音、ダイナミック型のスタンダードモデル
  • 11.5mmダイナミック型ドライバー
  • アルミ/ABSハイブリッド防振構造ハウジング
  • 耳にジャストフィットするエルゴノミック・デザイン
  • 遮音性と装着感に優れるComplyTM製イヤーピースTX-400
  • 4サイズのシリコン製イヤーピース(XS/S/M/L)
  • 簡単に収納できる新開発キャリングケース

メーカーより

拡大表示

迫力の低音、鮮烈な高音、ダイナミック型のスタンダードモデル

低音イヤホンの定番としてロングセラーのAH-C710の後継モデル

音質的なアップグレードに加え、ケーブルのシースにしなやかさと優れた耐久性を備えるメッシュ被覆を採用しました。

カラーはシルバーとブラックの2色。

AH-C720の仕様

  • 形式: ダイナミック型
  • ドライバー: 11.5 mm
  • マグネット: ネオジウム・マグネット
  • インピーダンス: 16 Ω
  • 感度: 110 dB / mW
  • 最大入力: 250 mW
  • 周波数特性: 5 – 40,000 Hz
  • 質量: 8.6 g( ケーブルを除く)
  • ケーブル: 1.3 m OFC 線( アジャスター付)
  • プラグ: 3.5 mm 金メッキ ステレオミニプラグ (ストレート型)
  • 付属品: 取扱説明書、シリコンイヤーピース (XS/S/M/L)、キャリングケース /、ケーブルクリップ

AH-C710後継機にふさわしい低音がなるイヤホン

ネオジウムマグネットを搭載した11.5mmのハイレゾ対応ダイナミック型ドライバーを搭載。

重厚な低音以外にもキレの良い高音もきちんと鳴らすイヤホンなので、全帯域に渡って高解像度なサウンドを実現しています。

透明感の高いサウンドを実現する

ハウジングには質感の高いアルミダイキャストとABS樹脂を用いたハイブリッド構造を採用。

不要な振動を抑え、透明感の高いサウンドを実現します。

不要な振動を抑えて、ハイレゾ音質の透明感を伝える

ドライバーの前後の音圧バランスを調整することによって、振動板のピストンモーションを最適化するアコースティック・オプティマイザーを搭載。

ケーブルタッチノイズを軽減する

ケーブルを弾性素材で支えることにより、不快なケーブルタッチノイズの伝わりを軽減するラジアルカスケードダンパーを採用。

耳にジャストフィットするデザイン

耳に自然にフィットし、長時間のリスニングでも快適な付け心地。

移動中でも外れにくいエルゴノミック・デザインを採用。耳穴の大きさに合わせて選べる4サイズのシリコンイヤーピースを付属しています。

優れた遮音性のイヤピースを装備

Comply製イヤーピース TX-500を搭載。

優れた遮音性と装着感に定評があるComply のイヤーピースを標準装備し通勤・通学中に気になる音漏れを防ぎます。

便利な付属品

シリコンイヤーピース (XS/S/M/L)

キャリングケース

ケーブルクリップ

左から「AH-C820」「AH-C720」「AH-C620R」

Presented by Phile-web

AV/オーディオ/ガジェット情報サイト

『Phile-web(ファイル・ウェブ)』

(http://www.phileweb.com)

による商品レビュー。

Phile-web(ファイル・ウェブ) プロによる商品レビュー

デノン初のハイレゾ対応イヤホン

「AH-C820」「AH-C720」「AH-C620R」は、デノン初のハイレゾ対応イヤホン。それぞれデノンらしいサウンドを実現するための独自技術を採用する。一方で、各モデルが単なる価格レンジの違いにとどまらない個性を備えることも特徴だ。

ラインナップは、上からAH-C820/AH-C720/AH-C620Rと連なる。いずれもカナル型イヤホンで、親しみやすいデザインに仕上げている。再生周波数帯域の高音域側が40kHzに到達する“ハイレゾ対応”。デノンとしては初のハイレゾイヤホンだ。

AH-C820は、力強い低域が鮮やかに立ち上がる。なめらかな空気の押し出し感と、自然につながる中高音域とのバランスも良い。グルーヴに優しく身を包まれながら、身体の芯に音が染み込んでくるようだ。

上原ひろみの「Wonderland」などは、ややもすれば過度に押し出し感が強調されてしまいがちだが、本機は聴き疲れしない。解像感が高くクリアなのに、粒立ちやフォーカス感ばかりをむやみに前へ出さない。ナチュラルさを重視したチューニングが奏功しているのだろう。

AH-C720は、C820に比べるともう少し低音の切れ味を重視したチューニングに仕上がっている。ボーカルやメロディ楽器の明瞭度も上がり、全体に高域の粒立ちや広がりも強く感じる。解像感が高く、中音域はエネルギーの押し出し感が鮮やかなので、ハイレゾ音源を聴くとその魅力がわかりやすく伝わる。

AH-C620Rは、C720のサウンドを基準として、あとわずかに中音域寄りにぐっと密度を高めたようなチューニング。様々なジャンルの楽曲を楽しく聴かせるオールラウンドプレーヤーだ。原田知世の『September』では、ボーカルの耳あたりが柔らかく、余韻がふわっと肌を撫でるように包みこむ。オーガニックな声の女性ボーカルによくマッチした。

  • 文:山本 敦
  • 執筆日:2016年9月7日
  • 元記事URL:http://www.phileweb.com/review/article/201609/07/2201.html

音的には十分気に入っって数台購入して使っているが、メカ的によわいのか? 現在使用中は最後の1台。 使い方に問題はあるのか? ベッドで睡眠中に聴いているが頭の重さでメカ的の壊れる、具体的には音は出るのだが少し荷重がかかると異音(パッコン;缶が凹む音のよう)が出てしまう。全体的にもっと小さく挿入感がないくらいの形状になればありがたい。また、音質的にはもっと低音のキレ、高温はツイーター機能も追加されればコスト的的にアップしても買いたい、.

ヤマハeph-100を長年愛用しています。たまには違う機種を使ってみようとデノンah-c720を購入しました。(2016年10月25日レビュー最終追記)14日のレビュー後も、しばらく音楽を鳴らしっぱなしにすることを何度か繰り返しました。何時間鳴らし込みをしたのかは分かりませんが、驚くことに激変しました!まともに音楽が聴けるようになりました。鳴らし込みで、こんなに変化を感じたのは初めてです。振動版に異物でも付いていたのが、ポロリととれたんじゃないかと思ったくらいの変貌ぶりです。薄々だった中低域もしっかり出るようになりました。ハードでシャープでダイナミックなサウンドは迫力満点で、実に音楽を楽しく聴かせてくれます。これならば星2つから星5つに評価を変更します。(2016年10月14日レビュー追記)最初のレビューの後、ミニコンポにつないで鳴らしっぱなしにして3日経過後のレビューを追記します。鳴らしていた音源は特にエージングに特化したものではなく、いつも聴いている音楽です。かなり変化はありました。依然としてハイ上がりですが、刺さりはほぼ解消しました。極端に薄かった中低域は少し改善されました。刺さりが解消されたせいで、隠れていた音がよく聴こえるようになったのかもしれませんが、ヤマハでは聴こえなかった細かい音が驚くほどよく聴こえるようになりました。ギターのピッキングの微妙なニュアンスの違いなど、とてもはっきり聴こえてきて感動してしまいます。数日の慣らしでかなり良くなりましたが、ハイ上がりで硬質という音の傾向は変わりません。中低域の薄さは、ヴォーカルが血の気が失せたようになってしまいます。これは今後使い込んでいっても大きく改善されるような事はないような気がします。ヤマハよりも解像感に優れ、繊細微妙な音をしっかり聴かせてくれるイヤホンですが、現状の音では星2つの評価に変わりはありません。高評価されている方もいらっしゃるので、私と相性が悪かったんでしょうね。残念。。。(以下、最初のレビュー)本体の質感はプラスチッキーで値段相応というか、それ以下という感じです。イヤピースは付属品の中で耳に合うのがあったので、とりあえずはそれを使っています。ケーブルのタッチノイズはヤマハ(かなりノイズが大きくうるさい)と比較すると、動き回ってもそれほど気にならないレベルです。再生機器はリニアpcmレコーダーのソニーd100、オリンパスls-11、dapのアイリバーak120。音楽は60年~80年代のジャズ・ロック・ポップス等が中心です。鳴らして驚きました。極端なハイ上がりで耳に刺さってきて、中低域は極端に薄く、その下の低音域はしっかり聴こえてくるという非常に奇妙な音です。イヤホンを耳から10㎝ほど離したときのようなシャカシャカしたような音に、低音を足したような感じといえばイメージできるでしょうかね。音場はヤマハと比較すると広くて、音像は小さいです。どの再生機器でも多少の違いはあれど、同じ傾向です。とりあえず音楽を鳴らしっぱなしにして放置しました。3日間ほど放置した後に聴いてみると、猛烈なハイ上がりから普通のハイ上がり程度になり、刺さりは少し軽減されました。しかし中低域が薄いのは相変わらずです。全体的に硬質なバキバキの音で、2~3曲聴くと疲れてしまいます。装置との相性が悪いのかもしれません。正直、買って失敗したな~と思いました。もう少し使ってみて再度レビューを追記します。.

ちょっとカサついた感じもしますが、全体にキレのいい音だと思います。高域はもう一歩で刺さりそうですが、寸止めで踏みとどまりつつよく伸びていると思います。低域は量感じゅうぶんながらキレがよく、モッサリしたりこもった感じがせず、気に入っています。中域はドンシャリになることなく、必要にしてじゅうぶん出ていると思います。音場は広くもなく狭くもなく、定位感も悪くありません。ハイレゾ音源は空気感がよく出て、臨場感たっぷりに聴こえて満足しています。少し残念な点があるとしたらフィット感です。最後までどちらにするか悩んだshure se215spはハウジングが耳にピッタリ収まるのですが、ah-c720はその点やや心許ない感じです。まあこれは人によるのだと思います。でも、se215spは音にこもったような感じがつきまといましたが、ah-c720はクリアに感じたのが決め手になりました。あと、onkyo e700mとも迷ったのですが、高音はe700mにやや分があったものの、低音はah-c720のほうが圧倒的でしたし、スイッチとマイクがe700mには付いていますがぼくはiphoneで使うわけではないのでah-c720に決めました。.

音質、線自体の耐久性、長さはちょうど良い主体品は申し分ない!しかし接続部分は180度なので、多分半年で壊れるでしょう、90度がよかったんですが、購入前に仕様の確認出来ませんでした。附属の新型コード巻きが全然使えずすぐ捨てました。品質は最高ですが、サイトでの説明が見辛いのと、ゴミ付属には困りました。購入した物は捨てて、90度曲がっている物を捜します。.

長いこと、denonのah-c250を使っていました。音のバランスが良く、とても気に入ってました。私がテキトーに粗く扱っていたせいかケーブルの二股部分が折れ曲がってしまい、それでもセロテープを巻いて少し情けない格好でしばらく使ってましたが、いよいよ全体的にぼろぼろになってきたのでこのc720を新たに購入しました。結果的に買って最高に良かったです。このc720は衝撃的なぐらい音がストレートでクリアな印象です。低音がグイグイ迫ってくるし、高音はスッキリとクリアに聴こえて気持ちイイです。主に使っているプレイヤーはスマホのxperiaですが、ボリュームを3つぐらい下げても充分なぐらいパワフルにもなります。これにくらべるとc250はひとつうすい幕をかけたようにマイルドな感じです。まだc250も好きなので自宅では使ってますが、通勤とか外では完全にこのパワフルでクリアなC720を手放せなくなりました。ベースはこうでギターはこうだったのか、この英語はこう言ってたのかと、聞きなれた音楽の細かな音までどんどん耳に入ってきます。メインのアーティストだけでなく、コーラスとかエンジニアとか、音楽に関わるひとたちみんなのこだわりとか、情熱を、ひしひしと感じられるような気がしてきます。.

今まで数千円のイヤホンしか使ってなかったのですがはじめて一万円以上のイヤホンに手を出しました。周りから不安を煽られ心配でしたがいざ聞いてみると音がキメ細かく目を閉じると宇宙を思い描けるような高音質でした!ピアノ等の低音がズシっと響くのも魅力の一つです。みなさんもぜひ使ってみてください!!.

遮音性が高く、音は重低音などに片寄らず全体の音をしっかりと出してくれます。…が、サー…というホワイトノイズが少々気になります。なのでホワイトノイズを除去するものも同時に用意するといいのではないかと思います。.

ハード面が弱いです。コードは固く丈夫ですが、その分 根元が非常に折れやすいです。パソコンに繋げるには十分ですが、スマホなどに使っているとすぐに折れて中が見えそうになります。音質はdenonのah-c710kの方が好きでした。低音がもっと強く出ると良かったです。聴きやすい音ですが値段の割には合わないと思います。.

前にn20を買ったことがあってこの価格帯ならまあこんなもんかとおもっいたのですが見事にn20が断線したのでこちらを購入。いや、違いますね!これにはビックリn20もよくレビューなど見る限りは凄く良さげな商品な感じなのですが、やはり新しいものは違いますね。素人なので音質については良いとしか言えませんが、迷っているなら買っても損はしない商品だと思います!参考までに.

ずっとc710のファンで、壊れるごとに買い替えてました。これに慣れると、ほんとにこのイヤホン以外使わなくなるんですよね笑さて、後継機のc720ですが、低音強いのにボーカルもよく聞こえて、高音もきれいという710の特徴はそのままに、全体的にグレードアップしたように感じました。特に低音のドシンとくる量と質感には圧倒されます。値段は高くなりましたが納得です。ほんとに曲を聴くのが楽しくなります。上位機種のc820も視聴しましたが、あちらはフラットな感じがします。音場が広く高音質なのは間違いないけど、他社のものと変わらなく聞こえて面白くない…。断然こっちがいいです。また710の問題点だった細く壊れやすいケーブルも、しっかりしたものに改善されてて安心しました。何年持つのか期待です。c710持ちの方や、ロック・ポップをよく聴く方にオススメ。.

ワイヤレスの便利さに惹かれ、外出時や仕事しながら音楽を聴くときは最近安価になったbluetoothのインイヤーのヘッドホンを愛用しているのですが、ちゃんと音楽と向き合って聴きたい時のために、ワイヤードのいい音のインイヤーホンもほしいと思い、評判が高いデノンのベストセラーのc710の後継機であるc720を購入しました。正直言って、次元が違う音で驚きました。音の艶や、音のくっきりとした実体感は、今まで私が使っていたような安価なヘッドホンとは段違いです。特にボーカルや管楽器の存在感は今まで体験したことのないものでした。ボーカルが入ったアコースティックなジャズを聴くと実に気持ちいいです。他の方が書いているように低音も非常に良く出ていますが、わざとらしく強調されている感はなく、自然に良く鳴っているというイメージを持ちました。ハイレゾの音源を聴くとハイもローも伸びてくるので圧巻、という感じになります。さらに立体感が出てきて、シンバルなどの高音がリアルです。低音もさらに下まで自然に再生され、かなろ音楽に没入でき付属してくるコンプライのイヤーチップもフィット性が高く快適で、長時間使っていても耳が痛くなりません。ノイズも遮音してくれるのでこれならノイズキャンセリングもいらないなと思うほどです。ケーブルも太くて絡まりにくく、しなやかで扱い易い点もいいと思います。最近の扁平のケーブルは好きになれませんが、こちらはいい音がしそうで高級感もあります。その反面、ケースは便利ながら高級感はないです。これから持ち歩いて外で聴くのが楽しみです.

【デザイン】安っぽくなくていい【音質】低音から、高音までかなり質が高いですハイレゾ音源だと、凄まじいです【フィット感】最高【遮音性】コンプライだと、外の音はほぼ聞こえません.

ベスト Denon カナル型イヤホン ハイレゾ音源対応 シルバー Ah-C720-Sr レビュー

This entry was posted in イヤホン and tagged . Bookmark the permalink.