ソニー(SONY) SONY 密閉型ワイヤレスヘッドホン ハイレゾ音源対応 Bluetooth対応 ブラック MDR-1ABT/B – 実際に聞き比べすることが大切です。

少し職場で動き回るもので、bluetooth対応、かつ、有線にもなり、音も良い、このヘッドホンがかなり満足です。.

ふだんはhd700を使っていますが、この商品はそれと比べても満足できる商品と思います。bluetoothと有線、且つ密閉とオープンと言ったカテゴリーの違いはあるものの、三万円代のヘッドフォンで動きの制約から解き放たれた上でこの音質を楽しめるなら十分でしょう。.

Bluetoothヘッドホンは、同じsonyのbtn-200を所持してました。価格とバッテリー持ち、それなりの音質で気に入っておりました。しかし、4月7日より手持ちのwalkman a-16がldac対応になった為、こちらを試聴の上購入しました。感想は、なんというか……もう至高の付け心地とシックなデザインbluetooth接続でも有線時と殆ど変わらない音質。ワイドレンジ(やや低音不足?)で、音場の広さ至れり尽くせりな感じです。殆どと申しましたが、やはり有線時の方が更にワイドレンジになり圧縮音源で、イコライザを弄らなくても充分音にのめり込めます。もうすでに1aを持ってる方はbluetoothが付いただけなのであまり魅力を感じないかもしれないですが本製品はbluetoothと有線、どちらも高音質で楽しめるということですね。さらに、mdr-1シリーズを持っていない方(自分もそうでした)は、その装着性、デザイン、機能性、スペックに脱帽ものかと思われます。あと購入の決め手になったのがバッテリーの持ちです。btn200は40時間連続再生可能でしたが、本製品も30時間と、ハイスペックながらも、長寿命ということで魅力的です。発売してまだ間もないため価格変動があるかもしれませんが後々の候補としても十分オススメできますね。勇気を出して40,000円出しましたが後悔は全くしていません。末永く本製品を愛していこうと思います。.

ポイントがたまっていたのでヨドバシカメラにて購入しました。目玉であるブルートゥースコーデックである「ldac」については、自分の持っているウォークマンa16の4月のアップデート待ちです。なので残念ながら音についてはまだ評価できませんので取りあえず星は4個です。前モデルのmdr-1rbtmk2と比べて外見はパッと見変わらないように見えますが、usb端子の位置とか有線ようのジャックの位置、nfcのタッチ位置が右耳側になるなど結構変更されています。音量コントロールなどはタッチセンサーになっているのですが音量を変えたいのに曲を止めたり送ったりしてしまいます。慣れればちゃんと使いこなせるようになるかもしれませんが1rbt-mk2の物理キーの方が自分は使いやすかったですね。.

自宅に自作のデスクトッブpc、タブレットpc surface pro3、スマートフォンxperia z5を持ってます。ひと月ほど前に、スマートフォン用にmdr-ex750apを購入して音質的には満足してましたが、自宅で長時間音を楽しむのには密閉型ワイヤレスヘッドフォンが欲しいと思いmdr-1abtを購入しました。注文時に心配していたことがだんだんと分かってきましたのでレビューを入れておきます。・mdr-1abtとmdr-100abn/bでどちらが良いか。→現在の価格はどちらも3万5000円程度でほぼ同じか、少しmdr-1abtの方が安いです。mdr-1abtにはノイズキャンセラーが無いですが、ワイアレスなしの基本性能でmdr-1aとmdr-100aの比較では、mdr-1aの方が上位機種で、聞き比べても明らかにわかる程度にmdr-1aの方が低音、高音とも音が良く出ている感じです。また、mdr-1aの方が装着感が柔らかくて好きです。実際に使ってみて、気になるほどのノイズは無く、ノイズキャンセラーは必要ないかも、と思います。・bluetoothが使えないとき、有線での利用ができるか。→ヘッドフォン側の電源offで、付属のケーブルで有線ヘッドフォンとして使用できます。ケーブルは、「専用」と書いてありますが、普通の「オスーオス」ケーブルなので、延長も可能です。【後日追記】ここで「専用」というのは、ハンズフリー機能を利用するための「専用」なので、単なるオーディオケーブルとして使うのなら延長も可能ですが、延長するとハンズフリー機能は使えなくなるかも知れません。・ワイアレス時に音飛びしないか→xperia z5では、ごくまれに音飛びしましたが、surface pro3では全く音飛びしません。要するに接続相手によるみいなので、調整できればxperia z5でも飛ばなくなるのではないかと期待してます。【後日追記】xperiaのミュージック>設定>オーディオ設定>ワイヤレス再生品質で、音質優先と接続優先が選択できるので、接続優先で音飛びしなくなりました。もともと音源はcdなので、聞いてわかるほど音質に変化はありません。音飛びの原因としては、電波がbluetoothとwi-fiとで2. 4ghzで衝突している、複数のタスクを起動していて、メモリの空きが足りなくなっているなど考えられるので、調整できる場合も多いと思います。もしも音飛びしたら、まずwi-fiを止めてbluetoothだけで接続してみることをお勧めします。・ワイアレス時に音質が劣化しないか→劣化するなら、この製品選ばないです 有線のmdr-1aと同等の良音質です。・ペアリングは簡単か→xperia z5はnfcで簡単につながります。surface pro3も、bluetoothの画面でmdr-1abtを選択するだけでつながります。簡単にペアリングはできました。・複数端末での接続の切替は簡単か→mdr-1abtに限った話ではありませんが、ケーブルで接続した場合はどの端末と接続しているのか一目瞭然ですが、無線の場合、nfc接続した時、最後にnfcで接続した機器ともう一度nfcでタッチすると接続が切れます。mdr-1abt側にはモニターが無く、パワーランプの点滅でしか接続していることがわかりません。mdr-1abtには、8つまでペアリングの相手を登録できますが、複数の端末で使う場合、どことつながってるのかわからなくなりがちです。スマホだけでなく、nfc機能が無いpcなどのヘッドフォンとしても使いたい場合、切替するのに、ちょっとした慣れが必要です。有線接続でも使えるので、使い始めてから、接続先の切替方法などの使い勝手を調べる必要があります。・タッチセンサーは使えるか→右側がタッチセンサーになっていて、不意に触れると音楽が停止してしまったりしました。少しなれる必要がありそうですが、ヘッドフォン側で音量調整や一旦停止ができるので、結構便利です。スマホと接続中に電話があった場合にも、ハンズフリーで電話に出れるらしいです。マイクがついているのは、購入するまで知りませんでした。もちろん、音量や選曲などはスマホやpc側のアプリでも操作できます。・pc用のbluetooth 4. 0 usbアダプタは何が良いか→ldacは、sony製品しか対応してないのが現状なので、私は自作のデスクトップpc用に安くてapt-x対応の「サンワサプライ bluetooth 4. 0 usbアダプタ(class2) mm-btud44 」を購入しました。mdr-1abtは当然apt-xにも対応してますのでご安心を。cdやdvd等の音源ならldacでなくてもapt-xで十分な高音質です。・ワイアレスは便利か→それは、最高に便利です。ケーブルごちゃごちから解放されますからね。電池の持ちがかなり良いようなので、こまめに充電しなおす必要は無いです。毎日使用していても、週に一回寝る時に充電する感じで使用してます。また、充電中は電源が入らないのでbluetoothは使用できませんが1時間の充電で数時間ワイアレス使用できるので、実質的に全く問題ないです。.

色々なレビューを見てから購入しました。確かにワイヤレスヘッドホンでは文句のない音質だと思います。ただ、その音というのはハッキリし、クリアで高い音でも綺麗に聴こえる音であり、重低音を期待している人にとっては物足りないものだと思います。今回このヘッドホンを買うにあたりbeats studio wirelessと比べていたのですが悩みに悩んだ末、値段とお店の勧めもあり、こちらのヘッドホンを買うことにしました。今も使用しながらこのレビューを書いていますが、やはり自分とっては低音部分が物足りない所がありもう一度買い直してみようかな…と、思っています…。重低音がズンズン響くヘッドホンが欲しい方はもう一度考えて直してみてはいかがでしょうか。スピーカーから出てくる「音」は本当に好みだと思います。ネットで商品レビューを見るのも大切ですが、今一度どの音が好みなのかハッキリさせ、実際に家電量販店などに行きしっかり聞き比べした方がいいですね。買ってから音が思ったのと違ったりするのは遅いですから笑。このレビューを見てる方は慎重に考えておられると思います。決して安い買い物ではありません。私のレビューが参考になれば幸いです。.

聴き始めて2年が経過した者です。もともとイヤホンはma750、se215、ヘッドホンはmdr-xb-920を使っていましたが、ステップアップで購入しました。mdr-xb-920は失敗作だったこともあり、視聴した際の驚きは素晴らしいものでした。この価格では文句なしだと思います。iphoneでの使用なので、無線時ではaac、圧縮音源での使用になりますが、有線も無線もほぼ遜色ない音質を提供してくれます。mdr-1abt:ma750=6:4ぐらいの個人的な好みですが、やはりヘッドホンですから、空間再現力が圧倒的です。x japan silent jealousyのドラムの音がよく響いています。1度、友人のxperiaで、残酷な天使のテーゼ(24bit,192khz)を聴かせてもらいましたが、さすがハイレゾヘッドホン、真価を発揮しました。耳も痛くなりませんし、バッテリー持ちも良い。悪いところが見つかりません。.

高音、低音ともにしっかり出てます。聞き疲れしないですが鳴らすとこはしっかり鳴らしてくれます。繊細な音も拾ってくれ、音の広がりも大きいので曲に没頭できます。動画を見る際のbluetoothの遅延も少ないので音ゲー用途以外なら万能でしょう。最初からこれ買ってればよかったです。.

利点と欠点

メリット

  • 文句なしです。
  • 素晴らしい音質をノーケーブルで楽しめる
  • カッコいい!

デメリット

私は中古で12000程で購入しました。bluetoothの商品の中ではかなり音質は良い方だと思います。低音から高音までしっかり鳴らしてくれます。ただヘッドホン自体が少々重いので慣れるまではきついかもしれません。メガネ使用でも30分ほどは痛くならない程度のパッドです。ただ人によっては中のスピーカーに耳が当たって痛い場合があるので購入する前に試聴をおすすめします。.

初めて値の張るモノを買おうと思い、色々とヘッドホン専門店に伺って、直接、音を聴かせて頂き、買いました。他のレビューにもある通り、私の聴くジャンルはどうしても低音域よりも高音域の音が多い為、高音域の音に強い事が凄い助かってます。では、低音域について弱いのかというとそうでもないです。再生機側の設定が高音域、低音域を同時に強める様な設定がないだけなのかと感じました。私はウェークマンを使用していますが、低音域の設定を強めれば、低音域の音に対して表現が強まるので、そこは設定次第なのかと思われます。悪い点としては、非常に個人的で高かった事もあり、雨の日に使用することに躊躇してしまう点でしょうか…また接続がnfcに対応している為、bluetooth初心者でも接続が非常に簡単です。さらにマルチ接続が可能なので、ウォークマンと携帯の同時接続を行い、通常はウォークマンで音楽を聴き、電話が掛かってきた場合に携帯との接続に切り替え、会話を行うなどのが動作の切り替えが非常にスムーズでストレスが少ないと感じました。.

一つ機能面を評価したいと思います。最初は物理ボタンの方が使い易いかも、と思いましたが、それは単なる慣れの問題でした。慣れれば、タッチ操作の方が軽くて良いです。これの真価を評価するには、ボタンを押さずとも軽く触るだけでできる便利さが実感できるまで使うしかない、かも知れません。.

これはあくまでも私の個人的感想です、誤解なきように! 人によりいろいろな感じ方があると思いますので。満足度:  ヘッドホーンコード以外は満足です。(もう1本3m位のも付属してほしい)デザイン:  私の音楽ヒアリングの目的、屋内用ではちょっと小さいが最近はこんな物でしょうか。携帯playerと据置タイプのアンプの両方をねらったのか大きくなく小さくなく中途半端ですなあ・・・  その為かブラック色ですが価格のわりに安ぽくみえます。ヘッドホーンは音質ということで我慢。音 質: いい音です、ボーカル、jazz、classic,オールokです。youtubeでclassicコンサート会場のアップされたのを聴くと聴衆の拍手など遠近感もでています。ソース(音源)、アンプ等機器類にもよりますが高音域から低音域までよくでています。低音域はアンプにパワーのある方がズーンとくる低音域をよく再生し音を拾いますね。pioneeravアンプ、teacアンプ以外はシャープで透明感ある音です。低音が物足りないと云うコメントも見受けられますが、再生する音源、アンプのパワーに関係あるのかも?ヘッドホーン自体では低音に特別なチューニングはしてないと思います。素直に再生音源、接続機器の性能を引き出すヘッドホーンだと思います。 低音が強調されて中域の音が被り消されることがない。昔のソニーヘッドホーンのようにサ行が刺さるような音が無く心地よく長時間でも疲れません、この価格帯では音質は合格です。付属品:  ワイアレスということは分かるんですが、ヘッドホーンコード・・・これ何! と言う感じ。安っぽいよ、デスクトップpcのマウスやキーボードのコードより細い。5~6千円代のmp3プレーヤーのコードか?、只の付け足しコードと思われても仕方ない。いい音はしてるが、コード比較できないので。また、長さが足りない最低2m~3mは欲しい、これを見るとbluetooth携帯player用のヘッ ドホーンだから仕方ないと思うが、sonyのwebページにもこのヘッドホーンかけてウォーキングしてるような画像はないですしね・・・うっかり身体動かすと短いためサイドデスク上の接続機器を引っ張り抜けたり、機器を落とすことままあり。屋内では機器を手で持つか、机上の目の前に置くしかない。屋内で据置アンプで聴く者のことも考えてコードは携帯時用と屋内用と長短2本は付けてほしいですね。仕方ないのでteacai-301daをpcのモニタ前に置いて聴いている。3万円超える価格なのだから・・・もう1本3mを付けてほしい。      再生ソフト: jriver media center21 for linux debian8(jessie)64bit試聴音源: youtube mussic      hello ・  set fire to the rain ・ don’t you remember (adele) schumann ( khatia buniatishvili)    cafemussic jazz cd sacd mahler symphonie no. 4 (grmmophon boulez)     verdi requiem第三楽章 (emi pappano)     bruckner symphonyno. 7 (philips ozawa)     beethoven violin sonatasno. 9 (gidonkremer marthaargerich) brahms violin concertos (sony hilary hahn) 接続機器:       (usb接続):pcにbluetoothがないので有線で)       1. 自作desktoppc (asus/b150 pro gaming)+teacai-301da   2. 自作desktoppc +audinsthud-mini        3. 自作desktoppc +pioneeravアンプ   (vsa-ax5ai)         4. 自作desktoppc +sabasonicdsd(usb audio dac)* もう一つは、desktoppcマザーボードasrock fatal1tygamingh97で同じ構成でusb接続で試聴。  総 評:コードの件無ければ5星、4星半て言うとこですね。jazzなどでは音の定位感も  はっきりでている。  pcにbluetooth付けてないので、ワイアレス関係は無評価。.

冬場のイヤーマフの役割も兼ねてヘッドホンを買ったが、手袋をしていたらタッチ操作が出来ず不便だった。それ以外は良い。音も良い。.

Mdr-1aとポタアンを外でも使っていたのですが、やはりコードが邪魔なのと荷物になるということでこちらを購入。早速a10と接続してみました。ldac(標準)でもapt-xより明らかに音が良かったです。ldac(高音質)は素晴らしいの一言です。ワイヤレスでハイレゾ音源をほぼ不満なく鳴らしてくれます。1aはクラシックからアニソンまでどのジャンルもそつなく鳴らしくれますがこの機種はクラシックやジャズのような楽器メインの曲よりもボーカル曲が得意な気がします。j-popやアニソンをメインで聴く方はおすすめでしょうか。次に有線で聴いてみましたが、これはちょっとがっかりしました。ldac接続よりも明らかに音が悪い。エージングの問題かもしれませんが、すべての音域が籠っている感じです。これでハイレゾを初めて聴いたら、「ハイレゾって大したことないじゃん・・・」と感じるかもしれません。まあこの機種を有線メインで購入する方はいないとは思いますが・・・タッチセンサーコントロールですが、とても快適です。最初はなかなか思うように動作さすことができませんが、数回やれば慣れます。ワイヤレスでハイレゾに近い音でリスニングが出来るということで、買ってよかったと思います。.

私の所有ヘッドフォンの中でお気に入りはt1 2ndと、t5pと、コレです。最近はハイレゾ志向で高音を強調する傾向がありますが、このヘッドフォンは過度に強調することもなく、若干マイルドに聴こえます。そこがポイントです。最近の、ハイレゾマークを取得するために高音を強調する流れはよくありません!!!低音は楽器のギターやドラムなどの音がドゥンとカッコよく響いて聴こえます。ややマイルド+低音の響きで、解像度は高額のものと比べて落ちるのですが、その分長く聴きやすく疲れにくいです。mdr-1をお店で聴いたとき低音が多すぎて触手が伸びませんでしたが、abtはそういったこともなく、長く使える良作だと思います。.

有線で評価している人のほとんどは無線で聴かないとソンしている。無線だと太鼓系にエネルギーを感じ、弦に艶があり、聴き込んでいるxperia z4 の320kbpsのmp3の曲がうまれかわる。この差はmp3とハイレゾの差より何倍もあるように感じる。 これは、s-master hxが優秀だからだけでなく、ldacによって十分な音楽データが運ばれて、s-master hxで増幅し1abtで鳴らすまでの工程が、sonyの技術によって1abtの性能を最大限まで引き出すよう総合的にセッティングされているからだと推察します。だからaptーxだとデータ欠損部分まで増幅され、ldacと比べるとそかが我慢できないことになる。 これ以上を求めた場合、xperia z4では有線でも無線でもハイレゾとmp3との差はごく僅かしかないことを考えると、ハイレゾを生かしきれるような有線環境、つまりDAPなどが必要になるのは明らかで、自分にはそれがどれなのか分からない。過去レビューとかにはa10/20だと無線の方が良いとあるので、やっぱりソニーのnw-wm1aとかですか。持っている方教えて下さい。.

Bluetoothが使えるヘッドホンを探していてこの製品に辿り着きました。バッテリー駆動時間が長いことを重視して決めました。長時間使用していても疲れない、心地よい音を出してくれます。右のヘッドホンの外に触れるとボリュームや、前後の曲の切り換えが出来て便利です。値段が高いこと以外は満足しています。これは仕方ないかな。マイナス点は、ペアリングしていても一度電源をoff、onして接続中であっても音が出ません。都度、「削除」再度「ペアリング」が必要です。星4つとしました。.

特徴 SONY 密閉型ワイヤレスヘッドホン ハイレゾ音源対応 Bluetooth対応 ブラック MDR-1ABT/B

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • 最大入力:100mW
  • タイプ:ヘッドバンド, ステレオ/モノラル:ステレオ, 構造:密閉型, ノイズキャンセリング:非対応
  • サラウンド:非対応, ワイヤレス:Bluetooth, インターフェース:ミニプラグ(3極)/Bluetooth
  • 周波数帯域(L):4Hz, 周波数帯域(H):100000Hz

1年半使っての感想購入して1年半たってのレビューだ。自分はmdr-10rからの乗り換えだったが、正直最初は低音の不足を感じた。使い込んでいくうちにエージングが進んで音が綺麗に聞こえ、バランスもよく音場の広さがよく表現されていると感じた。今節を以って感じることは、やはりソニーの中上級モデルとして素晴らしい音を生み出しているなといったところか。総合的に見て、本機の長所と言える所は、その音質と装着性だろう。もちもちのイヤーパッドは、メガネの存在感すらかき消し、音漏れの軽減と疲れにくさを生み出している。アームの部分のパッドも質感よく、ハンガーで跡が着かないように気をつけている。色合いも良く、アーム伸縮機構のアルミの感じや全体的なシルバー塗装も素晴らしい。短所としては、330gという重さやドームの部分の境目といったところか。10rあら乗り換えた時、慣れに時間が掛かったことは、重さの変化だったと思う。また、その重さに起因する装着時の重心バランスが、1aとの大きな相違点だと思う。1aは、装着時の重心が頭の内部、丁度耳と耳を直線で結んだ時の中点って感じなのだが、本機では、カップの中に重心がある感じで、左右の重いのがアームで固定されてる感じだ。これは慣れるまで暫く掛かると思われる。また、イヤーカップの平面の縁に結合ラインが見えるので、自分は気にならないが質感が気になる方もいるだろう。また、1年半使用しているとアームとユニットとの可動部分が流石にギシギシ言ってきた。ldacと内臓アンプの性能は、やはりウォークマンとの有線接続時よりは劣るが、ipodとかiphoneとの接続なら有線接続よりも良い音だろう。ちなみに有線無線どちらも個人的にはウォークマンa20シリーズよりもf880シリーズの方が優れていると思う。新型a40には更に良い無線処理を行ってほしい。.

先代がmdr-1rbtだったのでそれとの比較です。音は確かに良くなっている。ここはみなさんが絶賛してるとおりで、音圧・音の深みともに、無線でハンズフリー通話にも使えてしかもNFC接続可能という商品の中では、 群を抜いて良品です。音だけは。でも気に入らないのはタッチセンサーになってしまった操作部。mdr-1rbtの物理ボタンが最高のユーザビリティを持っていただけに、こんな実験途中の商品を三万円以上払って掴まされた腹立たしさは尋常じゃない。この操作性の極端な悪さゆえ、総合的に、無線でハンズフリー通話にも使えてしかもNFC接続可能という商品の中では、 最低の商品です。買う人は充分に見当してからが良いでしょう。この商品に期待できるのは音だけです。以上。.

これまでbluetooth接続でaptx対応のmdr-1rbtmk2を使用していましたが、今回、ldac対応のmdr-1abtを購入しました。wm−a17のdsee hxをオンにしてmdr-1rbtmk2のaptx接続とmdr-1abtのldac接続の音を聞き比べるとcdのロスレス音源の再生で顕著な差を感じます。mdr-1rbtmk2では従来通り録音の音源だなと感じられる音がしますが、mdr-1abtではリマスターした新しい音源のような全く別の音に変化します。dseeの効果を初めて実感できました。このヘッドフォンを購入する方が使用する音楽プレーヤーはldac対応のwm−a10/20かxperia z4/5だと思いますが多分、音楽プレーヤーとmdr-1abtの内蔵アンプとdacの性能差だと思われますがwm−a17にmdr-1abtをbluetooth接続して聴いた場合と有線で聴いた場合、明らかに有線接続の音が悪く感じます。mdr-1abtはポタアンを内蔵しているヘッドフォンとも言えるでしょう。ハイレゾ対応イヤフォンとしてxba-a2も持っていますが有線接続の音がbluetooth接続のmdr-1abtの音に比べてやはり悪く感じます。wm−a10/20、xperia z4/5とmdr-1abtだけでこの音が聴けるなら、自宅のハイレゾ対応コンポも出番が無くなりそうです。これ以上の音を求めるなら金に糸目を付けないオーディオ教の信者にならないと無理かも、音に対するコストパフォーマンスは最高です。敢えて難点を言うとスイッチがタッチセンサーになった事で、タッチセンサーに手が触ると意図せず一時停止になったり曲送り、曲戻しになる点が不便です。.

某電気店系通販で、レビュー評価やソニー製品であることを信頼し、試聴せずに購入。音を聞くまでは多少不安もありましたが、買って大正解。iphone5sで使用していますが、大変良い音で鳴ります。音質はマイルドで聞き疲れしません。高音も低音も音の輪郭がきちんとしています。ケーブル無しの方が付属ケーブル挿しで聴くよりも良い音で、ワイヤレス使用を前提にチューニングしてあるようです。こんなに良い音を出すワイヤレスヘッドフォンが作られたことを考えると今後はワイヤレスが主流になっていくことでしょう。側圧や付け心地も、つけていることを忘れるくらい快適です。使い方も、その都度ペアリングが必要とのレビューもありますが、実際に使用してみたところ、lphoneでは、一度ペアリングしてしまえば、ヘッドフォン側の電源をオンにすれば接続されますので、毎回ペアリングする必要もありません。高額ですが、音楽を良い音で聴きたい、かつケーブルの拘束から解放されたい人には値段なりの価値があると思います。.

普段はakg、オーテク、jvcなどの3万前後の有線ヘッドホンを用途によって使い分けています。bluetoothヘッドホンが欲しくなり、2ヶ月ほど情報を集めたり現物を見に行ったりしました。結果、スマホがxperia zxというのもあり、ldac付きに絞りました。1000xと悩みましたが、1abtの音の方が好みだったのでこちらに決めました。40mmハウジングなので少しパットは小さめですが、オーバーイヤーという事もあり装着感はかなりいいです。涼しい場所なら長時間装着していても苦痛にならないと思います。tvやタブレット、スマホ、pcに接続しましたが、やはりldacが使えるスマホが断トツに音がいいです。実は数年前に有線の1aを購入したのですが、音が気に入らなかったのとオンイヤーが合わず売却した経緯がありまして。。。少し不安だったのですが印象として1abtは音がよく分離していると思います。低音強調タイプですがキレが良く、中高音も綺麗に聴こえます。classic以外なら何でもイケる感じがしました。(classicなら1000xの方が向いていると思います。)唯一の不満点は、ケーブルの挿入口が特殊な形状なので、専用ケーブルか端子の上が5ミリほど細くなっているものしか使用できません。本体が高価なので、もう少しユーザー寄りの親切設計でもいいと思いますが。。。まぁ、これだけ音が良ければケーブルを使う事もほとんど無いと思いますが。。。1000xが発売になり旧型の印象はありますが全く別物なので、低音強調の元気な音が好みの方は十分満足出来ると思います。.

欲しかった商品でデザインもよくとても使いやすく気に入ってます。.

音が良いのは当然ですが、長時間でもつけれません。これって重要ではないでしょうか?.

初めてワイヤレスのヘッドホンを買いました。ワイヤレスだけあってコードの絡みとか無いので良いです。私から目線の評価ですが、音質に関してですが思ってたよりは低音少ないという印象です。普段はイヤホンを使用しておりこちらもsonyさんの製品を使用させていただいております。extra bassシリーズのmdr-xb90ex/bです。こちらの方がカナル型イヤホンという事もあると思いますが低音が強い気がします。良いイヤホンなのでイコライザをうまく活用すれば好みの音、良い音が出ます。一方今回のこのmdr-1abtは前者と比べると少し怠っているかなと感じました。まだ、音慣れしてないだけかもしれませんが、ある意味低音と高音のバランスは取れているのかもしれません。決して悪くはないと思います。イコライザを、うまく調整してあげれば良い音が出るかもしれません。見た目や触り心地はすごい高級感たっぷりです。bluetoothという最大の特徴が生かされているとおもいます。まだ、届いたばかりの率直な感想ですが参考になればと思います。〜追記〜youtubeなどの動画を視聴するとたまにタイムラグが発生します。普通にオーディオとして聴くときも最初がラグが発生することがあります。自宅主に使ってたもんですからわからなかったですが、電車で使ってみたら周りの音は割と聞こえることがわかりました。遮音性はそこまで高くないと思います。.

アンプを使わずにスマホやデジタルオーディオプレイヤーで音楽を聴いている人には良いです。ジャックの接点やケーブルでの劣化がほぼ無いので、明らかに有線の1aよりもクリアに聴こえます。伝送経路のコストがかからず安価にかなりの高音質を楽しめますね(^^).

個体差はあるだろうけど、私の場合は一日2時間程度の使用で10日間(20時間)はバッテリーが持ちます。カタログ表記の30時間には及ばないけど、これだけスタミナがあれば十分です。プレイヤーはウォークマンnw-a25を使っていますが、こちらもバッテリーの持ちがとてもいいです。スタミナの有る物同士で長時間音楽を聴くことができるのがイイです。で、bluetoothヘッドホンの良さは、有線のイヤホンなんかと違って、コードの絡みを直す手間から解放されるということや、ついうっかり手や腕がコードに引っかかり、耳からイヤホン外れてしまうということが無いということ。また、有線の場合はコードが揺れて服に当たったりすることで不快な音が伝わってくることもありますが、bluetooth接続のヘッドホンでは、当たり前ですが、それがないのもいいです。音楽に集中できます。このヘッドホンの音に関して言えば、ノイズも無く、まるで有線のヘッドホンを利用しているような感覚に囚われます。低音も十分に響きます。ただ、残念ながらハイレゾ音源と普通の音源とを区別することは、私の耳ではできません。pcにインストールしているmedia go 経由でmoraに行ってはハイレゾ音源の曲を購入しては聴いているのですが・・・・・。そうは言ってもmoraでは大好きなthe isley brothersのハイレゾ音源のアルバムをすべて買って聴いています。ところで、このヘッドホンは装着していても全然、耳が痛くならないですね。私の場合はメガネをしているのですが、それでも圧迫感はありません。また、真冬の今、これを着けて外を歩くと、耳が冷たくならないですからいいですね。あと何気に、ウォークマンとのnfc接続が利用できるのがいいです。ワンタッチで接続できたり接続を解除できたり。音量調整、曲のスキップ、一時停止、再生などがヘッドホン側できるのも大変よいです。ウォークマンとの相性も抜群です。手持ちのスマホであるxperia z ultraでこのヘッドホンを利用すると、nfc接続や音量調整などの反応が遅いですが、ウォークマンではタイムラグはほとんどないです。.

地下鉄や新幹線で移動することが多いので、ノイズキャンセリングにこだわって色々試しましたが、これだけいい音なるとノイズキャンセリング機能はいらないと思う。外の音が気にならない。特に、ウオークマン + ハイレゾ録音 環境だと、素晴らしい。充電状態が、本体だけで確認できたら、私にとって本当の5点。.

あくまで素人の個人的感想。イヤホン派でずっとshureを使用してきた。途中mdr-ex1000も使ってみたが装着感が嫌で戻り。手持ちプレーヤーと音源のハイレゾ化に伴いイヤホンもと思いxba-a3を買うがやはり装着感と『こんなもんか?』な音で戻り。いっそヘッドホンか!と思い、試しにmdr-10rを・・・音篭ってる・低音盛り過ぎ・安っぽい。納得いかず評判の良いpanaのhd10を購入。『すばらしい!、なんて綺麗に鳴るんだ』。確かに少々重いがコスパ最高!。と、思っていたが某量販店でmdr-1aの視聴があったので聞いてみたら・・・あらあら・・・いいじゃん、やっぱ値段?。んで思い切ってどうせならldac搭載のこっちを購入。最初は『やっぱ低音盛り過ぎ』と思っていたが100時間後くらいから収まったというか丸くなったというか、バランス良くなった。hd10は綺麗に鳴ってるが、綺麗すぎて音がどこか薄っぺらく感じていた。mdr-1abtはそこを埋めてくれた。さらにldacでワイヤレス・ハイレゾ。自分にとって今のところ言うこと無し。重量もhd10とほぼ同じはずだがバランスが良いのかパッドが良いのかワイヤレスだからか、mdr-1abtの方が軽く感じる。少々値は張るが個人的にはオススメできる一品だと思う。.

買ってすぐ、片方からしか音が出なくなりました。レビューが高く安心して買いましたが、ヘッドホンケーブルがとても安っぽく耳パッドも破けてしまいました。.

基本的に、音質は良くbluetoothもスムーズで再生中も何も問題ありません。ヘッドホン本体で停止、曲送りなどが出来るのも便利で活用しています。ただ欲を言うと、そこに早送りなどの機能もあればなお良かったです.

ウォークマンladc、pcaptxだとかなり良い音がしますiphoneだとスカスカの音しか聞こえない、、、ケーブルを指して聴くよりも、ladcのwirelessのほうが音が綺麗なのは予想外でした.

ベスト SONY 密閉型ワイヤレスヘッドホン ハイレゾ音源対応 Bluetooth対応 ブラック MDR-1ABT/B レビュー

This entry was posted in オーバーイヤーヘッドホン and tagged . Bookmark the permalink.