ソニー(SONY) Sony 密閉型ノイズキャンセリングヘッドホン Mdr-Nc200d – 使用約1ヶ月です。

Bose(quietcomfort3-s)と、この商品、それにオーディオテクニカの製品(ath-anc7b)を家電量販店で試しに使用してみてこの製品をチョイスしました。私は普段音楽を聴くわけではなく、職場(騒音源:人の足音や話し声など)において耳栓以外に騒音を遮断する方法に用いようと購入しました。自宅で試しに用いてみると、確かに周囲の音は遮蔽できます。音質については、ipadで使用する分には申し分がないと思います。ただ、音質にこだわりを持っている方は試してみることをおすすめします。とりあえず使用した感想状況:自室でエアコンの吹き出し音を消したくて使用した使用した結果:ターゲットとなる音は消えたが、右の耳にかすかなホワイトノイズが聞こえる。       音楽を聴いているときには、ホワイトノイズは全く気にならない。状況2:ダイニングでtvを視聴している状況で使用使用した結果:周囲の音は完全に遮蔽されないモノの、それなりに静かな環境を手に入れられる。       周囲の音があり、ホワイトノイズは全くきにならない。参考になれば幸いです。.

まずこのイヤーパッドが密閉型ではなく、必ずしも皆さんの耳を覆えるものではないことに注意してください(少なくとも私の場合)。耳の大きさが男性女性でどの程度違うのか分かりませんが、まず私が男で普通のサイズであるとして使用感を報告します。まずイヤーパッドは座布団のごとく凹みがなく耳と同じようなサイズのため、耳たぶに乗っかる形になります。耳は起伏があるので当然イヤーパッドの間に隙間が出来、ここから雑音が入るのでノイズキャンセル機能が効いているかあまり実感できませんでした。これまでsonyのノイズキャンセリングヘッドホン mdr-nc60を使用しており、本製品よりキャンセル値は低いのですが、密閉型なので実感としては全く違いました。また耳の起伏に乗っているせいなのか1,2時間ほどで耳たぶが痛くなりました。音に疲れるのではなく、イヤーパッドにです。公式サイトにはイヤーパッドは柔らかく疲れないとありますが、あくまで耳にフィットする方にかと思います。持ち運びはmdr-nc60と比較すると約2分の1までにたためますが、イヤーパッド自体が元々小さい事をお忘れなく。個人的には星3つですが、耳にフィットする人によっては4つ、5つになる製品。簡単にポチるものではないな、改めてヘッドホンは店頭で試すものだと再認識しました。.

電源を消して(まちがいなく)、たたんで、カバンにしまったつもりが、あとで取り出してみたら電源ランプがつきっぱなし(!)で一日で電池がなくなってしまった、ということが一度や二度ではなく起こりました。多分、カバン内で別のものに触れたり、たたんだ状態で左右のユニット同士が擦れあったりした拍子に電源ボタンがついてしまうのだと思います。(付属の専用ケースは面倒なので使っていません。)電源スイッチの位置がよくないです。耳にかけた状態でも、外した状態でもわかりにくい場所にあるし、上述したように、ひょんなことで電源が入ってしまう。あと、ノイズキャンセリングが始まるときの「ピピッ」という音は不要です。2段階のノイズキャンセリングを切り替えるボタンも不要。ふとした拍子にさわってしまい、「ピピッ」という音とともに音楽が途切れるとイラっとします。正直、2段階の違いは私にはまったくわかりません。音質については、低音を物足りなく感じます。.

通勤用に購入。主に60〜80年代のロックを聴いています。約3カ月使用しました。【良いところ】○ノイズキャンセリング機能は抜群 本を読みながら音楽を聴いていると降車駅を乗り越してしまうことも。 nc機はこれが3台目ですが、一番性能が優れています。○値段が安い この値段でこの音質・nc性能なら文句ありません。○眼鏡をかけていてもok フレームのデザインにもよるのでしょうが、自分の眼鏡には問題なしでした。【イマイチなところ】●耳にかかる圧力がキツい 自分の頭が大きいせいか、長時間の視聴は厳しいです。 しばらくティッシュの箱にかませて、改善……されたかも?●電池の燃費 エネループを使用していると1週間分の通勤は持ちません。 こまめな充電か予備電池の準備をすれば問題なし。とまぁ、思いついたことを書いてみましたが、mdr-nc200dのおかげで通勤が楽しくなりました。.

ヘッドホンは持ち歩くときに邪魔になるかと購入を躊躇っていたのですが、これはたたむと手のひらサイズに小さくなって、鞄のなかにあってもかさばらないです。音楽を聴いてなくても、交通量の多い路上を歩くときや電車のホームなどでうるさい音を遮断してくれて耳に優しいです。ノイズキャンセリングしていなければ、装着していても外の音は聞こえますし、うるさい音を和らげてくれます。.

ソニーの高度な音響技術により、98. 2%の雑音をキャンセル…というのだが、イヤーパッドが耳を覆う型ではなく外耳に押し当てる方式なので、98%雑音が聞こえなくなるのか?というとやや疑問を感じます。とはいえ、私の体感では80〜90%の雑音抑圧(恐らくイヤーパッド周りから漏れてる分があるに違いない…)ですが、線路脇(線路から部屋まで距離5〜10m)の我が家の眼前を通過するキハ261形特急形気動車の騒音…というより大爆音が、微かに聞こえるという程度にまで抑圧できるのは驚きです。音質は良好。ただし入力が無いか無音の場合、かすかにホワイトノイズが聞こえます。音楽が掛かっていたり、大爆音を抑圧してる場合は気になりません。ただし電池の持ちが宜しくありません。単4アルカリ乾電池1本で、電池の連続稼働時間は20時間少々しかないので、単4アルカリ電池を沢山買うか、単4ニッケル水素充電池にした方が良いでしょう。折り畳みが出来て携行に便利と書いてありますが、それほど小さい訳ではありません。便利か否かは所有してから各自で判断願います。【利点】 ・高い雑音抑圧力(鉄道用大出力ディーゼルの爆音も気にならなくなる程度に抑圧) ・折りたためば割と小さくなる(ウェストポシェット程度か?持ち運び用ソフトケース付属) ・音質良好。不自然なドンシャリ感は小さい。【欠点】 ・無音時の白色雑音(ノイズキャンセルヘッドホンの宿命?) ・乾電池の使用可能時間が長くない(消費電力の問題) ・イヤーパッドのあたりが強い。長時間掛けていると耳が痛くなる  (ヘッドバンドの長さを長めにすると若干改善できる) ・折りたためて携行に便利、という割には大きい。お勧めですが、好みが割れる事になろうかと思います。【まとめ】私は、キハ261形特急形気動車の大出力ディーゼル機関2基合計920馬力(4両のスーパー宗谷基本編成全体では7基3220馬力という大爆音すら、苦にならないレベルにまで抑圧する強力なノイズキャンセルに感動したので、5点満点で7点(満点を突破する位感動した)。ただし電池の持続力とイヤーパッドの圧力が不満なので各1点減点して5点満点の5点とします。.

少し小さいめの密閉型ヘッドホンです。ipadと一緒にロシアに持っていきます.

なかなか良い商品でした。ソニ-の製品なので手持ちのウオ-クマンfとは相性もいいので音も使い勝手もよろしい。.

利点と欠点

メリット

  • 軽い、圧迫感が少ない。
  • 騒音抑圧特性に感動
  • NCONはNCだけでなく音が広がり明瞭な音質に

デメリット

到着してから約30時間ほど使用しての感想を書かせていただきます。まずメインのノイズキャンセリングですが、かなりの効果が実感できます。正直これを着けて外を出歩くのは危険かと。音質のほうも、値段相応の音を出してくれている感じです。個人的にはクセのない、万人受けするような音に感じられ、低音、高温ともに過不足なく出ている印象です。後は装着感、半端なくイヤーパッドが柔らかいです。正直凹凸のないパッドを見たときは不安だったのですが、付けてみると見事に耳の凹凸に合わせてフィットしてくれました。そういう点では私の耳にあっていたんでしょうかね。総合的に見て大変素晴らしい製品で、原価の2万数千円だしてでも手に入れる価値はあると思いますから、いい買い物だと思います。.

多少のノイズキャンセリングの効果はあるのでしょうが,音漏れがひどすぎます.コレじゃ電車で使っていても迷惑でしょう.多少高くてもボーズのにしたほうがいいかもしれません..

はじめてノイズキャンセリングヘッドフォンを買いました。仕事上、飛行機や電車での移動が多く、数年来いろいろ探していましたが、値段と性能のバランスから決めました。ipod nanoとの組み合わせでもっぱらjazzをメインに聞いていますが、結論は大満足です。ノイズキャンセリング(nc)は3モードあり、飛行機騒音低減モード、電車バス騒音低減モード、生活騒音低減モードがあるのも便利です。ncoffでもヘッドフォンとして使えますが、nconの方が、周囲騒音が低減するだけでなく音が広がり輪郭がハッキリと明瞭な印象になりますのでヘッドフォンとしての音質的にnconで聞くことをオススメします。予備の単4電池を付属のケースに忍ばせておくこと必須です。.

これまでsonyのノイズキャンセリングヘッドホンを3機種、直前に使っていたmdr-nc60が痛んできたので、買い替え用に検討しましたが、音質の悪さに閉口し、最終的にはパッシブの密閉式ath-es10を選択しました。まず、低音が全然出ないし、高音もベールがかかったようなくぐもった音です。どうしてもノイズキャンセリングが必要な方に、やめろとは言いませんが、地下鉄の中くらいでは、よくできた密閉式のヘッドホンで十分に音楽を楽しめます。.

ノイズキャンセリング機能はそこそこだと思いますが、ヘッドフォン性能そのものが極めて普通でものたりません。高音のキレがあるとか、低音の伸びが良いということもなく。.

電池のもちが悪い。ノイズキャンセリングの効果もそこそこの感じです。.

以前は「bose quietcomfort 15」を使っていました。しかし、一度床(カーペット)に落としてしまった時に、アームの付け根がボキッと折れ…このmdr-nc200dに買い替えました。(bose quietcomfortシリーズは、アーム部分の折れが多いようです…)「bose quietcomfort 15」は、電源を付けると、冗談抜きで、スーーッと周囲の音が無くなります。特に、大きな換気扇の音が完全に消えた時は、感動しました。しかしながら、「mdr-nc200d」は、そこまでスーーっと消える感覚がありません。ただし、mdr-nc200dの「aiノイズキャンセリング機能」はかなり使えます。最初、ピピッという音がなってから、周囲の音を分析…、3秒ほどでノイズキャンセル機能が働き、結構な騒音も小さくしてくれます。本格的な無音を求めるのであれば、「bose quietcomfort 15」。小さな音を求めるのであれば、「mdr-nc200d」をお勧めします。【コストパフォーマンス】 mdr-nc200d >> quietcomfort15 【boseは価格が倍くらいします】【ノイズキャンセリング性能(環境音)】 quietcomfort15 >> mdr-nc200d 【boseは本当に無音になります】【ノイズキャンセリング性能(会話)】 quietcomfort15 > mdr-nc200d 【そもそも会話は抑えられる程度です。過度の期待は×】【ホワイトノイズの少なさ】 quietcomfort15 > mdr-nc200d 【ホワイトノイズは本来集中力を高める音なので、鳴ってても気になりません】【携帯性】 mdr-nc200d >> quietcomfort15  【nc200dは折りたたむとかなり小さくなります】【耐久性】 mdr-nc200d >>>> quietcomfort15  【boseの折れやすさは異常です】【操作性】 mdr-nc200d >> quietcomfort15  【装着時のボタンの押しやすさは断然nc200dです】【外で着けた時の見た目】 quietcomfort15 >> mdr-nc200d  【nc200dは小さいけど厚みがあります】【付属品】  quietcomfort15 = mdr-nc200d 【どちらも必要十分です】【デザイン・高級感】  mdr-nc200d >> quietcomfort15 【boseは見た目はちゃちいです】【装着時の疲れにくさ (耳)】  quietcomfort15 >> mdr-nc200d  【nc200dの押さえられ感は仕方ないかと】【装着時の疲れにくさ (頭)】  quietcomfort15 >> mdr-nc200d  【boseはたまに着けてるのを忘れます】【動いた時のズレにくさ】  quietcomfort15 > mdr-nc200d  【nc200dは構造上仕方ないです】【電池の持続性】  mdr-nc200d > quietcomfort15  【体感的ですが】【音質】  mdr-nc200d >> quietcomfort15  【boseは音が軽すぎます…音楽を聴くならmdr-nc200dを選ぶべきです(ただし音質は3000円イヤホン程度)】総合的にみると、性能はbose製品が上ですが、その分価格が高いですし壊れてしまっては元も子もないので、私は「mdr-nc200d」をお勧めします。アームが折れにくいboseの最新ncヘッドホンが出れば、boseに戻る予定です。あと、mdr-nc200d装着時の耳や頭の疲れは、最初は「ちょっと痛い」と思っていましたが今では慣れてしまいました。とはいえ、つむじ付近に時々違和感を感じるので、やはり改善の余地はあると思います。携帯性や、本体・ケースの質感は、さすがsonyです。そこは完全にboseを上回っていますし、低価格帯のncヘッドホンを追求している点は、非常に評価できます。.

以前は某アメリカメーカーのncヘッドホンを使っていましたが、持ち運び、特に海外に持って行くときに嵩張り、その割に通電ノイズがあったり、故障すると大きな出費になるようなので、この商品を選びました。外界の騒音にあわせてncが掛かるので合理性があると思います。また、密閉式でなく「乗せている感じ」なので苦しくありません。もちろん軽量ですし、キャリングケースもコンパクトで気の利いたデザインです。.

通勤用にノイズキャンセルヘッドホンを過去20年位使用、現在オーバーヘッド4種類(全てノイズキャンセル型)、ウォークマン付属のインナー数種類、そのほかにノイズキャンセルでは有りませんがシュアーSE215、オーディオテクニカATH−CKM99を常用しています。良い音以前に(5段階評価 シュアーSE215を4として )1. 満員の地下鉄の遮音性・・・3 2. つり革につかまっていても邪魔にならない・・・23. 周囲への音漏れ・・・34. ケーブルを擦る音・・・56. 歩行時の耳に響く雑音7. 風切音の無いこと・・・2そして音質ですが不快な音はしません。能率が低いのでボリュームは少し上げ気味に。今までのノイズキャンセルと比較してすっきりした低音、そして圧迫感の少ないそこそこに広い音場感はインナー型と比較になりません。但し音質だけを云々するならこの価格ですからノイズキャンセルではない物をお勧めします。 通勤時に使用しての問題点は電池はアルカリ型がお勧めです、充電池はすぐ切れてしまいます。装着し直したりする時にノイズキャンセルモード切替のスイッチを押してしまう(数秒感音が出ない)。超満員電車では装着しているとやはり邪魔になります。.

一日約4時間、ほぼ毎日使用して一ヶ月目のレビューです。まず、ノイズキャンセリング機能ですが優秀ですね。世の中がこんなに雑音に満ちているとは思いませんでした。機能をオンとオフにしたあとの世界がかなり違います。次に音質です。使い始めは、高音は弱いです。個人的には低音が好きなので一向に構わないのですが、そう感じました。その後半月ほど経ってからは、部品が馴染んできたのか高音もよくなりました。これについては驚きでした。そこまで期待していなかったもので・・・次に装着感ですね。初めてこのタイプを使ったので違和感があったのですが今ではこちらのほうがよく感じます。暑い日は蒸れるので耳の辺りに汗をよくかくかたは向かないかもしれません。電池の使用についてですが少し煩わしいです。2日ほどで充電池が切れてしまいますので結構ハイスピードですね。でもできることなら、使い捨ての電池よりも充電池をおすすめいたします。最後に、音漏れについてですがこのヘッドホンは静かな場所で使うにはむいていないと思います。静かな場所では音漏れしますね。周りがうるさいと気にならないのですが。自分から音が漏れているのではないか。と不安になることはよくありましたがそんなときは、一旦外して首にかけてみて音がすごく聞こえるようでしたら漏れていて周りに聞こえていると思ったほうが良いですね。聞こえなければ雑音にかき消されて、周りには聞こえていないでしょう。電車によく乗るかたでしたらおすすめですね。それと、どのヘッドホンにも言えることですが同じ値段ぐらいのポータブルアンプを使用すればもっとよくなります。アンプについては実際に試してみて好みのものを探してみるといいかもしれませんね参考になればと思います。.

ベスト Sony 密閉型ノイズキャンセリングヘッドホン Mdr-Nc200d 買い取り

This entry was posted in オーバーイヤーヘッドホン and tagged . Bookmark the permalink.