ソニー(SONY) Sony ノイズキャンセリングヘッドホン Nc600d Mdr-Nc600d – BOSEの購入をお考えなら・・・。

ノイズキャンセルがしっかり外の音を遮断する。walkmanで聞くと良い。.

Tv cmでのひとめ惚れです。スイッチをonすると少し廻りの音が遠くなり自分の廻りの空間が広がります。空調音などはほぼ100%近くカットしてくれます。このあたりの音に関するキャンセリング適性が高いようです。音楽を乗せるとほとんど廻りの音は気にならなくなります。音質に関しては低音域を拾ってくれて音に奥行きを感じます。カフェなどの読書に最適で効率が上がっています♪.

Bose社の商品をお考えならば、間違えなく、ソニー(NC600D)の方が高性能でしょう。音質も2ランク上ですね。.

〈音〉 完璧とは言えないでしょうが、音質やノイズキャンセリングは期待通りでした。〈使い心地〉 残念だったのは、ヘッドホンの締め付けが強く、長く使っていると、耳というか、頭が痛くなってしまうことです。 特に、このヘッドホンはがっちりとした作りですし、イヤークッションが細い作りで接地面積が狭いので、その他のヘッドホンと比べても圧力が高いのかなと思います。 この感覚には、個人差があるのだと思いますので、大抵の方は問題ないのかも知れません。 ヘッドホン左の下部には、装着する方向に見て手前に電源コードの差込口があり、カバーが付いています。ここにacアダプタ、若しくは乾電池からの電源コードを差し込みます。詰り、コンセントから内蔵電池に充電するにも、乾電池で動作させるにも、同じ差込口を使うようになっています。 2種類の電池が使えるというのは便利かも知れません。 装着する方向に見て、電源ジャックの奥に、ヘッドホンジャックがあります。ですから、電源コードと同時に繋ぐと、ヘッドホン左から2本のコードが伸びる風になります。 但し、乾電池からの電源コードは、音のコードと接着されていて、実質的に、1本のコードがヘッドホンから伸びる風になります。 乾電池を入れるパックは、単3電池を2本ということもあって、やや体積があるので、普段は内蔵電池を使うのが便利です。 acアダプタは、頭でっかちなので、差し込んだコンセントの横に空間が必要です。外の機器のコンセントプラグと物理的に干渉しないか、注意が必要でした。でも、これは延長コードを使えば問題ありません。 内蔵電池の残量が少なくなったり、無くなる時に、警告音が鳴ります。前者は電子音がピッピッピと断続的に、後者はピーと数秒間鳴ります。この電子音はつんざくような非常に大きい音で、不快でした。細かい部分ですが、配慮がされていないように思います。 考えてみれば、内蔵電池はリチウムイオン電池なので、メモリー効果がないと言われているようです。ですので、通常は電池を使い切るのを待たずに、習慣的に充電すれば、この音も聞かずに済むのかも知れません。 総じて、完成度は高いと思いますが、工業製品には違いないので、個人差には注意が必要です。 不安な方は実際に試着してみることをお勧めします。 boseの競合機種のように、お試し利用ができると理想的なのかも知れません。.

Ncヘッドフォン独特なのか知りませんが、音がこもっている気が・・・。boseのtriport oe を普段使っているのですがメーカーが違うから音も違うんですかね。まぁnc能力は悪くはないと思います。確かに空調の音などが軽減されます。ただ全く無くなるわけではないので・・・単に雑音から逃げたいって方には耳栓かイヤーマフをオススメします。ちなみに付け心地はちょっと押さえつけられるかなって気がしますがすぐ慣れました。三日ほどで。.

大きな騒音がある場所で使用しています。スイッチを入れると、騒音は小さくなります。ただ、ノイズキャンセリングの特性上どうしても小さな雑音が残ってしまいます。外の音をモニタできるスイッチもあるので、一時的に話を確認したいときなどに使うと便利です。長時間の使用はつらいですが、一時的に音の大きなところにいって何かをするときには役に立ちます。.

以前所有していたので、レビューします。1.音質正直好みの分かれる音だと思いました。少し籠もっている感じもしますが、個人的に好きな方向性の音でした。2.qc効果qc15とqc2の中間くらいの感じでしょうか。ソニーのノイズきゃんセリング特有のサーという音があり、気になったのを覚えています。3.付け心地耳にすぽっと入る形で付け心地は良かったと思います。ただ、締め付けが少しきついため、長時間の装着はきついかもしれません。4.質感大変質感は高いと思います。現在発売されているqcヘッドホンの中で一番なのでは無いでしょうか。当時個人的には全体的に好感が持てました。ただ、発売から結構経ってしまったので最新のc15などと比べると見劣りする部分もあると思います。また、オーバーヘッドタイプのqcヘッドホンがソニーから後続で出ていないこともあり、値段が下がっていないので、それをどう取るかは個々の判断になるのでは無いでしょうか。.

まずいい所は他の方がおっしゃる通りです。一ヶ月前に一個目を購入しました。締め付けが少々強いとは思いますが長時間使用していても不快になるほどでは無いです。それもノイズの低減、スピーカーからの音漏れをより防ぐための仕様だと思います。家の中で使用するヘッドフォンとしては最適なものとして重宝していたのですが使って一ヶ月で左側から「キィーン」という高周波のような音が頻繁に出始めました。ヘッドフォン側のラインの接続を触ったり側面を指で触れるとさらに大きな音で聞こえます。そして数日前に同じものを買ったのですが今度は電源を付けても電源ボタンのランプが点滅して消えて電源が付きません最初は電力不足かなと思い充電したのですが充電が終わっても、同じく付きません。非常に機能がいいので今回の件、とても残念でなりません。正直、お金を出して送られてきたのが鉄の塊だと思うと交換じゃなく返金してもらいたい気持ちです。.

利点と欠点

メリット

  • これはいい。
  • こういう物と割り切れば…
  • 数年間使用してみて。【2014/1に編集】

デメリット

皆さんおっしゃっているとおりなんか音が変ですね。スピーカーの出力をマイクが拾ってループさしてしまっている要はハウリング処理がうまくいってないような・・・。同社製の他のncヘッドホン・イヤフォンではこんなことなかったのですが。nc性能は流石に新しいだけあって優秀です。今までncってエンジンとか空調とかそういう低音騒音向けと思ってましたがこいつはそれ以外の中音域の音も結構消してくれますね。ncヘッドフォンでよく話題になるホワイトノイズも自分の耳では測定限界以下キーンという耳鳴り(錯聴?)の方が大きいです。音質については先ほど言ったとおり変なエフェクトがかかってしまっているので評価不能です。声なんか露骨に聞こえにくいですのでこれでずっと音楽聞くのは自分は耐えられません。その他の点をあげるとncとは逆に外部の音を増幅するモニタ機能が地味に便利。ncをオフにして普通のヘッドフォンとして使うモードはありません。側圧は丁度いい感じで長時間着用でも疲れない(自分は眼鏡着用ですが痛くないです)。バッテリーは乾電池の方がよかったのですがまあ軽さを優先した結果でしょう。単体でも十分に持ちますし、単三2本を使う追加電源みたいなのも付属します。付属品は他にケーブルが長、短2本、各種変換用ピンジャック、ちょいデカ目のacアダプタそれから本体と付属品をまとめて入れられる割とコンパクトな持ち運びケースです。nc性能か音質か、みなさんそれぞれ求めてる比重が違うと思いますので一度sonystyle専門店等で視聴を行ってから購入を決定されることをお勧めします。.

機内で使うと最高に静かになりリラックスできます、電車で使うのもいい。勉強にもいいかもしれません。.

ノイズ低減効果は素晴らしいと思います。”こもっている”という評価が多いですが、こもって聞こえるというか、少し音像にリバーブが掛かったような感じに聞こえる…ような気がしてます。元々ヘッドフォンとして無理のある構造ですから、普通のヘッドフォンと比較して不利な面があるのは仕方が無いと、多少は目をつぶってます。音質は自分的にはモニター系の音が好きなんですが、boze程では無いですが、少しlow上がりです。この辺は用途を考えると妥当かと思います。総じて満足ですが、電池の持ちで☆4つです。.

飛行機に乗る時用に購入しました。いつも飛行機に乗ると眠りが浅く、だるさが残っていたばですが、これを着けて寝たらバッチリ寝れて疲れも残らなかったです!.

今まではboseのquietcomfort2を使っていたけど、毎日使っていてぼろぼろになっちゃったので、新しいのにと思いquietcomfort15かこれか悩んだが、デジタルノイズキャンセリングというキャッチーな言葉に迷わされて購入(笑)結果としては大満足。ノイズキャンセリング機能はboseのほうが全体的に消すのに対して、sonyのキャンセルは低音を中心に消えている感じ。ただ、パターンが選べるので、結構重宝します。(全域にわたってキャンセルを有効にするモードだと、boseのほうがキャンセル量が大きな感じがします)音質的には、boseが低域を引っ張って気持い音楽を聞かせるのに対して、sonyのヘッドホンは全域にわたってクリアな感じ。なので、どちらが良いともいえない感じがしました。(好みの問題)個人的には、きれいに聴かせてくれるsonyのヘッドホンも満足です。ただ、boseもsonyもノイズキャンセリング機能付きのヘッドホンにしては音質が良く大変満足です。(昔はboseのヘッドホン以外音質悪くてちょっとって感じだったけど、かなり進化した感じ♪)欲を言えば、せっかくキャンセルのパターンが選べるんだから、強さも選べたらよかったのになーとも思いましたが。あと、ノイズキャンセル特有のホワイトノイズはどちらもありますが・・・外使用しか考えていないので、特に問題ないレベルです。部屋の静かな環境や静かな図書館とかで使うなら、ノイズキャンセリングにする必要もないですしね・・・.

Mdr-nc500dを持ってましたけど、新世代の600dにしてみました。音は同じように聞こえますが、充電はもっと持つと思います。.

_ノイズキャンセリングヘッドフォンとしては装着感がイマイチで音漏れがあり、オーバーヘッド型なのに包み込む感じがほとんど無い。そのせいか、ノイズキャンセリング効果も体感上、一世代前のに感じます。スペック上のノイズキャンセリング効果はboseより高いと思いますが装着感からトータルで考えるとboseの方が静かに音を楽しめます。sonyのカナル式デジタルノイキャンに満足していた自分には拍子抜けの商品でした。.

Dncを侮っていました。世界が変わります。数年前と比べて、ncのイヤホンやヘッドホンの数は増えて、手軽に楽しむことが出来るようになりました。…が、やはりdncとは違いますね。まだまだこの子でイケます。nc独特のこもり具合は、イコライザ設定でどうにか出来ました。この子の唯一の弱点は、バッテリーが切れた時、音楽が聴けないお荷物になること。dnc無しで良いから、普通のヘッドホンとしての働きが欲しかったですね。.

ノイズキャンセリング性能も、音質も、すばらしいです。デザインも好きです。そういう意味では私的にはパーフェクトなヘッドホンです。音楽を聴く上で、静寂というのは大事だとつくづく思いました。いつも聴いていた音楽が、よりはっきりより美しく聴こえるようになりました。nc600dが出たのが2009年、webで読んだ開発者インタビューを読むと、今ではデジタルノイズキャンセリングの際のdspの消費電力をかなり低減することに成功して最近の製品ではそのチップを使っているようなので、nc600dのような高級機にもそろそろそのチップを採用して、軽い単四乾電池1本だけで長時間動くようにしていただけたらなお素晴らしいと思います。だいぶ後に出たnc200dはすでにそうなっているようなので…。nc200dも、ノイズキャンセリング性能、音質、デザイン、いずれもすばらしいと思いましたが、もし長時間装着することが多いなら、よりイヤーカップの大きいnc600dがベターだと私は思いました。それから、欲を言うと、表面は「つや無し」の方が好きです。現在の「つや有り」も悪くはありませんが、それなりに値段のするヘッドホンなので、高級感を出したかったのかもしれませんが…。.

ベスト Sony ノイズキャンセリングヘッドホン Nc600d Mdr-Nc600d 買い取り

This entry was posted in イヤホン・ヘッドホン本体 and tagged . Bookmark the permalink.