ソニー(SONY) SONY スポーツ向けワイヤレスイヤホン 防滴仕様 Bluetooth対応 マイク付 ブルー MDR-AS600BT/L – メーカーもの

思ったよりも、電池も長持ちで助かります。少し重さが気になりますがそれでもお気に入りの商品です。.

お手頃感あってとても良い買い物でした♪ 余分なパッケージはエコな観点から除外しても問題ないと思います。補償とかの観点からすると微妙なところではあるけれど、価格次第では検討してみないと損かもしれません.

Bluetoothの割にはそこそこ音質も良くてバッテリーの持ちもあまり気にしなくていいので気楽に使えていいですねただ、思っていたよりは軽めではありますがそれなりの大きさと重さはありますしイヤーピースも品質がいい訳ではないので他の方が書いているようにしっかりホールドされて何をしても落ちないというのはちょっと言い過ぎかもしれませんイヤホンで1番したくないというか本末転倒な作業だと思われる別途イヤーピースを買ってそれでどうなるか、という事をしないといけなさそうなのが残念ですがそれさえ満たされれば満足できそうなので期待を込めて星は4つにしました.

2年ほど前に購入当時のワイヤレスイヤホンの中でも電池の持ちがよく、音質も良かったので購入しました。イヤホンの先のゴムの部分が通常のソニーのイヤホンに比べて長く出来ているので、しっかりフィットして周りの音を遮断しクリアな音がでます。低音もしっかり出て、言うこと無しでとても気に入っていました。しかし、重大な欠点が有りました。イヤホンの先が非常に取れやすいということです。かばんから取り出す度に外れてしまうので、毎回ポーチにしまい無くさないようにものすごく気をつけていたのですが、片方なくなってしまいました(t^t)sがちょうどよかったのですが、しょうがないのでmで使っていたのですが、一瞬の気の緩みでまた無くなってしまいましたorz個人的にイヤホンで一万オーバーはとても奮発したと感じているので、ショックも大きいです。先の形状が普通よりも長くなっているので無くしても簡単に買い換えることができません。高かったけど、この際最新のものに買い換える事にしました。すごくいい商品なので残念です。.

メーカーの公表値は、音楽を聴いている状態で8.5時間電池が持つということでしたが、試してみると9.5時間持ちました。ワイヤレスなので自由に行動することができます。とても軽いので外出時にも扱いに困ることはなさそうです。.

コンセプトは悪くないが製品として駄目という、悪い意味でsonyらしい商品である。bluetoothアンテナの搭載位置に明らかに問題があり(r側本体上部。下部にしてればまだマシだったのでは?)腰ポケットに入れた状態だと高頻度で音が途切れる。胸ポケットでも部屋で静かに聞いてる分には途切れることはないが、歩いてるだけでそこそこの頻度で途切れる。致命的に近いのがマイクを本体後部(耳の後ろ側)に設けてることで、環境音が大きいとろくに機能しない。おそらくデザイン上の問題だろうが、前に付けていれば問題にはならなかった筈である。またスポーツ用を歌う割にケーブルの材質に難があり、走ったりすると接触音が大きい。デザインの為に機能を犠牲するという商品開発はいい加減やめてほしい。.

ワイヤレスイヤホンは中国メーカーの物を使用していましたが、ランニングをしていて耳から外れ踏んでしまって壊れてしまったのでこちらの商品を購入しました。この商品、確かに中国メーカーの商品のに比べれば割高感がありますが、私は値段の価値があると思います。箱を開けての第一印象ですが、イヤホン本体の作りがしっかりしており、安っぽさは全く感じませんでした。また、写真ではデザインも少し奇抜な印象でしたが実際に手に取るとそんなに違和感は感じませんでした。私がこの商品にして一番よかった取ると感じたのは、耳へ装着した際のフィット感です。今まで使っていたイヤホンは走っていてズレたり落ちそうになっていましたが、この商品はしっかりと耳にフィットするようにサポーター?のような物がついており、しっかりホールドされて激しく頭を振ってもズレたり落ちたりはしませんでした。音質の事はよく分かりませんが、ランニング中に使用する分ならば全く問題ないと思います。スポーツ用イヤホンでしっかりとホールドする物をお探しの方なら満足するかと思います。.

よくレビューで動いても外れないとありますが普通にランニングすれば耳から外れます。運動しない人が作ったのかなと思います。音や防水等はソニーの製品でとても満足できるのですがスポーツ用のイヤホンで耳から外れやすいとそれだけで使えないです。コードの長さも中途半端で一番邪魔になる長さだと感じます。.

利点と欠点

メリット

  • 3年たった今でも愛用しています。
  • 使い勝手は良いが
  • 音質気にせず通勤で音楽聴くくらいには

デメリット

一年間使用した結果を書きます。良い点・操作が簡単・ボタン数が少なくシンプル・音も気になる点は無く良好悪い点・ケーブルが首に引っ掛かり易くて邪魔・イヤーピースがすぐ外れる・イヤーピースを無くすと使用不能になる結論として、首から下げているときにイヤーピースが上着の襟や腕を動かした際に袖に当たるとすぐ外れますイヤーピース紛失=使用不能に直結するだけにこれは、日常的な使用に耐えられる製品とは言えないと感じました。対策品が出ていないようなら、今ならより新しい製品や他の製品が出ているので、そちらの購入を検討することをおすすめします.

20イヤーピースと耳当て部品の組み合わせがイマイチでしっくり来ない。ケーブルはうなじやシャツの襟に引っ掛かり、イヤホンが外れる。ケーブルをまとめる部品もない。2018. 5最近は通勤用としている。カバンから出すとき、耳当てごとイヤーピースが取れて紛失するので写真のようにイヤーピースのみで聞いている。不安定さが増すが、走らなければなんとかいける。.

重さがイヤホン部分に集中しているので長時間つけると耳が痛くなってくるので普段使いには向かないようです.

2年前に買ったxba-bt75をうっかり断線させてしまったため、本製品を購入。mdr-as800btと悩みましたが、大して音質に差はなさそう&稼働時間が断然長いので、こちらの製品を選びました。bluetoothでもそれなりの音を聴きたい(音質重視)→xba-bt75こまめに充電するのが嫌で長時間使いたい(利便性重視)→本製品邪魔にならないスタイリッシュなデザインが欲しい(デザイン性重視)→mdr-as800bt/bだと思います。(2015年秋時点)【xba-bt75よりも優れている点】1、ワンタッチ接続(nfc)nfc対応のスマホで「nfc簡単接続」というアプリをダウンロードしているスマホであれば、イヤホンとスマホを近づけるだけで接続が終わります。イヤホンの電源やスマホ側のbluetoothをonにする必要すらない。接続を切断する時も同じく簡単。地味に煩わしかった操作が全てスキップできるのは非常に嬉しい。スマホの画面が点灯している時しか反応しないので、鞄の中で勝手に接続してしまうといったこともないです。2、装着性xba-bt75は走ったりすると高確率でハズれてしまっていたが(普段の動きでは滅多に外れないのでご安心を)、こちらの製品はより安定していてズレにくいです。装着性についてはイヤーピースを変えるだけでもかなり改善できるので、使い始めの頃に色々なサイズ・素材のイヤーピースを試してみた方がいいです。特にウレタン素材のイヤーピースは装着性抜群でオススメ。私は付属のイヤーピースの内側(色付き部分)をカットしたものの上にjvc ep-fx3-b 交換用イヤーピース 低反発 4個入り ブラックを装着して使用しています。3、ボタンxba-bt75はボタンが2カ所に分かれていますが、こちらの製品は1つのボタンに集約されています。モールス信号のように、ボタンを押す長さと回数によって電源/再生および停止/音量/曲飛ばしの操作を行います。簡単なので、取り扱い説明書を一度読んで把握しておけばすぐ慣れます。4、点滅するライトの位置xba-bt75のライトは正面についているため、装着中は顔の横に青い光が点滅している状態。髪の毛が長い人は隠せるので問題ないけど、短い人はライトの点滅が気になるかもしれない。一方、こちらの製品はライトが裏側についているので装着中の点滅は一切気にならないです。5、充電の持ち連続で2〜3時間しか使わないのであればxba-bt75でも問題ないです。xba-bt75には専用の充電ケースがあるので、通勤で2時間使用→仕事中にケースでフル充電→帰りに使用 といったこともできる。しかし、3時間以上連続で使用したい・本体およびケースの充電をこまめにするのが面倒といった方はこちらの製品の方が向いていると思います。【xba-bt75よりも劣っている点】1、ホワイトノイズ少なくとも私が使っているxperia a2(so-04f)との接続においては、xba-bt75よりもホワイトノイズが目立ちます。bluetooth接続では少なからず発生するので仕方がないけど、静かな場所で聴いてると気になってしまいます。2、音質私個人としてはxba-bt75の方がバランスが良くて好きです。ただ、bluetooth対応のイヤホンは外出先でしか使わないものだし、騒音に囲まれた中で使用する&移動や作業などの”ながら聴き”が前提になることを考えると、そこまで音質に神経質になる必要はないとは思います。どうせ電車内では細部の音は聞こえなくなってしまいますからね。低音がもっと欲しいとか、そういう個人的な好みについてはイヤーピースのサイズ・素材を変えたり、スマホ側のサウンドエフェクトをいじったりすればある程度良くなると思います。3、色完全に個人の好みですが、ブルーとオレンジしかないのが残念。スポーツ向けを意識しているからこそのカラー展開だとは思いますが、xba-bt75の黒×赤のカッコ良さと比べると・・・。なお、サイズはxba-bt75と対して変わらないので、装着時の存在感はほぼ同じと考えて良いです。以上。この製品とxba-bt75で迷っている人がもしいれば、参考になればと思います。ちなみに、他のサイトのレビューで「音量が小さい」という方が何人か見られますが、おそらくイヤホン自体の音量設定が小さくなってしまっていると思われます。この製品に限らず、bluetooth対応のイヤホンにおいては、イヤホン自体の音量設定と接続先(スマホやウォークマン)の音量設定は別モノなので注意してください。.

これまで海外メーカー、国内メーカー合わせて5つのワイヤレスイヤホンを使ってきましたが、この商品が一番気に入っています。<気に入っている理由>・耳にフィットする。はずれない。 ※あたりまえだろと思われるかもしれないのですが、海外メーカーのものは意外にここでつまづきます。今検討中の方はご注意ください。・電池が約2倍、長持ちする。 よくあるのは4〜5時間持つというやつですが、これは8. 5時間持ちます。約2倍。・価格が安くなってきた。 sonyの旧モデル(mdr-as800bt)は11000円台でしたが、これは7000円台で買うことが出来ます。 ヘッドホンと違って、案外ワイヤレスイヤホンは失くしやすいので、失くしても精神的なダメージが高くなり過ぎないのは重要だと思います。・十分な音量 これもネットで商品を選んでいると気が付きにくいのですが、bluetoothイヤホンの中には最大音量が小さいものがあります。 まさにsonyの旧モデル(mdr-as800bt)は、そういう商品だったのですが、これは音量も十分です。・コントロールボックス(リモコンみたいなやつ)が無いので邪魔にならない、ケーブルが絡まらない。<人によっては気になるかもしれないポイント>・音の質のことは良く分かりませんが、こだわりが強い人には向いていないかもしれません。・商品写真の通りですが、耳に装着する部分が大きいです。アークサポーターというパーツによって耳にかなりフィットするので装着部分が大きいからといって、イヤホンが外れやすくなるといったことはないので実害はないと思いますが、人によっては気になるかもしれません。総合すると気になるポイントがないとは言いませんが、それ以上に多くの魅力が目立つ逸品だと思います。ようやく この商品に辿りつけて良かったです。.

幾つかマラソン用にイヤホンを購入しました。どれも数回で壊れますが、これは全く壊れることなく動いてくれています。また、音も高音や低音に偏る事も無く、スッと耳に入ってくるので気持ちいいです。後継機のmdr-xb50bsも購入してみましたが重低音ばかりで耳が疲れてきます。今は重低音を意識したイヤホンがはやっているのでしょうか?.

Iphone用に。写真の茶色っぽい色と違い、実物はポップなオレンジでした。耳音痴なので、音は6000円代のものと特に変わらず。付属のスピーカーのキャップが、l・m・s・ssと、耳の小さい自分には助かった。マイクも感度良し。発信がイヤフォンから出来ない仕様が非常にありがたい。bluetoothにありがちな、気づかない間に発信されているという心配が必要ない。.

トレーニングジムのみでの使用の感想です。まずは防水性能は不完全です。ジムでガッツリ汗をかきながら使っているのですぐ壊れました。以前denonの製品を使っていたのですがこちらも汗で3回故障。僕の様にジムで滝の様に汗をかきながら使うにはipx5以上は無いと駄目な様です。ちなみに本製品もdenonもipx4等級。ランニングに限って言えばやはり製品の大きさは少し気になります。外れはしませんがズレます。音質は個人的には全く問題ありませんでした。普段使い、軽めの運動には問題無いと思いますがタイトル通り、防水性能を求める人には向いていません。.

ジョギング用として初めてワイヤレスを買いました。ジョギング中にズレることも無く、快適です‼️汗だくになっても、今のところ故障はありません。サーっと雑音がすると言うスレがありましたが、iphone6の本体のボリュームを最大にして、イヤホンで音量を調節すると雑音は無くなりました。音質については詳しく無いですが、低音が弱いように思います。私はイコライザーで調節してます。.

特徴 SONY スポーツ向けワイヤレスイヤホン 防滴仕様 Bluetooth対応 マイク付 ブルー MDR-AS600BT/L

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • タイプ:カナル, ステレオ/モノラル:ステレオ, 構造:密閉型, ノイズキャンセリング:非対応
  • サラウンド:非対応, ワイヤレス:Bluetooth, インターフェース:Bluetooth
  • 周波数帯域(L):20Hz, 周波数帯域(H):20000Hz

ジムに通っていますが、種々の運動でも支障なく音楽を聴きながらすることができ重宝しております。まだ水の中では試していません。.

もともと充電接続部分の蓋がパカパカしてました半年くらいで耳につける部分の青いゴムがめくれてきて、一年目で灰色のsonyと書いてあるプラスチック部分がパカッと外れてしまいましたそして最近風呂で使い始めたら見事にダメになりました1年半断線せずに使えたイヤホンはこちらが初めてです。.

7月に購入してウォーキングやランニングに使用しています。nfcの使い勝手、バッテリーの性能などはとても気に入りました。音質はよくわかりませんが特に不満に思うことはありません。しかし、いろいろな部品の組み合わせを試しましたが耳に合わない。走り出してすぐに外れてきます。ケーブルもなぜかよく首に引っ掛かり、それで外れてしまうこともあります。また周囲の音は聞こえにくいが足音に合わせて本体が動く音が大きく聞こえる。個人的にはカナル式はランニングに合わないように思います。耳かけ式のmdr-as200は外れにくいし周囲の音もよく聞こえるので、これににbluetoothが付いてたらいいのに。sonyさんよろしくお願いします。.

通勤とランニングの両方に使用していたjvcのha-fbt60は、音質も使いやすさも申し分なかったが、夏場のランニングではtシャツ1枚で走るゆえに、レシーバーを掛ける場所が無いため、レシーバーとイヤホン部が一体となった本製品を購入した。スポーツ用だけあって、やはり音質は上記のjvc製品と比べるとだいぶ落ちる。また音が途切れることが頻繁にあった。信号待ちしている時でさえ何度もあったので、振動が原因ということでも無いようだ。正直値段に相応しい品質では無いと感じた。.

スポーツジムで使用していますが、運動の邪魔にならなくて使い勝手は良いです。ただ、もう一個予備のため購入したのですが、こちらはすぐに片方だけ音が出なくなりました。当たり外れがあるかもしれません。.

コントロールボックスをなくして耳元でスマホをタッチ!今までとは違う近未来的操作感で簡単接続。切る時もスマホも耳元にかざすだけ!私はこれを待っていました。音質はボーカルが聴きやすく私には馴染みました。深い重低音は得意ではないようですが・・・。色はオレンジにしました。pcで見るよりは明るいオレンジです。私には落ち着いたオレンジに見える、ちょうど良い感じでした。ただ1点だけ、イヤホンの胴体の長さがあと数ミリ短くなれば最高のものになる気がします。1年位待てば、そのくらいのサイズのものもできるでしょうか・・・。でも、今はこれで満足です。.

いろんなメーカー探しましたが、デザインと色で決めました。実使用上も問題なく、綺麗な音で聞こえます。.

機能は十分。もっと小さくできないかな。ずれなくてよい。バッテリーのモチは最高。.

最初は良かったですが、使わない時にズボンのポケットに入れて居たら耳に当てるところが取れてなくなってしまいました。.

購入は他店ですスイマセン。フィット感は以前購入したplantronicsのに比べたら抜群に良いのですが、やっぱり重みがあるせいで次第にズレてくるんですね。音もこだわりは無いのですが、同じsonyのmdr-ex31に比べると落ちるなあ…というのが感想です。ただ、荷物にはならないのでシーンにより使い分けていこうかな?と思っています。.

Xperaのスマホとタブレットで使っています。簡単接続、長時間再生、軽量コンパクト、防滴、音質良好と弱点らしきポイントが見当たりません。再生アプリにpowerampを使っていますが、アプリ設定のbluetooth接続時自動再生にチェックしておくと幸せになれます。接続の途切れは、駅のホームや電車の中でアナウンスが入る際に一瞬だけ途切れる事があります。よく分かりませんがスピーカーが発する磁界の影響とかでしょう。.

アンドロイドスマホに接続して使ってます。ジム、散歩、家事などでワイヤレスで便利です。特に気に入った点は、かなり動いてもずれないこと、デスメタル聞きながらモッシュ、ヘッドバンギングしても外れません。残念な点は、私はいい年のオッサンなので1曲モッシュすると息切れしてしまうことです。音量を程よく上げても音質には満足してます。ブラストビートも気持よく聞けます。.

心配していた音飛びは無し、音質も想定内で上の部類、ただ付けているのが目立つ点が気になりますコストを考えればなかなかのモノ.

何通りかの組み合わせでフィットさせようとチャレンジしたのですが、私の耳にはまったくフィットしませんでした。残念です。.

このヘッドセットはボタンが一個しかなくて、これだとかえって難しい操作になる予感がしていたのですが、ちゃんとボタン一個でも困らないように考えられています。nfc対応のスマートフォンに接触させると電源が入って再生開始、もう一度接触させると再生が停止して(ヘッドセットの)電源が切れます。この操作感がとても素晴らしく、ボタンなくてもいいんじゃないかと思うくらいです。ボリュームや進む/戻るを操作しようとするとモールス信号みたいな操作になってしまいますが、ぶっちゃけそんな操作スマホ側でやればいいので、使わなければ問題なしです。あと、以前使っていたsonyのヘッドセットが、クレードルがないと充電できない仕様で、出先で充電できない困った子だったのですが、この点も改善されています。一般的なヘッドセット同様、直接usbケーブルを接続して充電することができるようになったので、出先でも一般的なモバイルバッテリーやusb電源アダプタで充電することが出来ます。素晴らしいです。.

ペアリングも簡単だしさすがsony製、非常に音が良い。・・・が、問題は「スポーツ向け」をうたっていることだ。ジョギングに使用するには不適であると思う。以下理由を述べる。①ヘッドフォンと違い、耳の穴に突っ込むタイプのイヤフォンである。耳栓状態になり、外部の音を遮断するため結構危ない。②またそういう機構であるため、遮音性が高い分タッチノイズがひどく、ケーブル部分が何かに接触するたび常にゴボゴボと言う音が聞こえることになる。つまり走っていると必ずゴボゴボ言う。③外耳の大きさに合わせたアークサポーターが3種類の中から選べるが、走ってて耳から外れないことはない。イヤホン自体がそれなりの重さがあるので走っているとどんどん外れてくる。たまに突っ込み直してやらなくてはならない。機構上耳かけが必要と感じた。④ロードバイクなどのサイクリングには耳を塞ぐイヤフォンを使うと道路交通法違反となる。スポーツ向けワイヤレスイヤホンを歌うには無理がある製品だと思う。じっくり腰を据えて音楽を楽しむにはとてもすぐれたイヤフォンだと思う。その後、耳掛け式のsony mdr-as700btを購入。そっちは打って変わって音像がもこもこ。低音を重視しすぎなのだろう。音質的にバランスが悪い。またイヤーパッドの部分が巨大だし何より重い。結局初期の目的であるジョギングユースにはモトローラ社のs305というヘッドフォンを愛用することとなった。国産を使いたかったが致し方ない。さんざん散財したのだ!!.

ランニング用にtoronicsのカナル型使ってましたが、紛失してしまったのでこちらを買ってみました。この手のにしては素晴らしい解像度ではないかと思います。ちょっとシャリシャリ感あって、高域が歪むかな?と思いましたが、これは音声圧縮のシャリシャリですね。逆にそれが目立つほど解像度高いドライバーなのではないかと思います。低域もボンボンではなく非常にタイトにしっかり鳴るタイプです。あとランニング用に使ってますが、私は外れませんね、かなりしっかりと固定されている感じです。接続途切れはまあ普通レベルだと思います。不満としてはマルチファンクションボタンですかね、しばらく使わなかったら操作方法忘れそうで・・・。普通にapple純正リモコンように3ボタンがいいかなやっぱり。.

Bluetoothで電話も可能なイヤホンとして期待していましたが、電話としての品質が最低。イヤホン利用者は相手の声が良く聞こえるのですが、通話先の方は、かなり聞き取りにくいらしい。①イヤホン利用者の声が割れるほど大きく聞こえる。②周りの音がイヤホン利用者が話す声をかき消すくらいに、拾うらしく、周囲がうるさければ全く通話できない。ということが判明。なんのための、マイク機能なのか。。ジョギング用に音楽を聴くのみで利用するなら★4つだった。.

期待以上で非常に満足しています。アークサポートのおかげで重量感を感じさせないです。使用時間を気にせず充電も3〜4日に1回な感じで電池切れを気にせず使えるのが、good です。音は、bluetoothでは、充分満足しています。.

Iphone6plusに繋いで都内通勤に使ってます。音質はまあまあですが最近(2016/11)のワイヤレスと比べるとサーというホワイトノイズが大きいように思います。使ってる途中で外れたことはなく歩いてる分には問題はありません。それとapx接続でないので音ズレも発生します。.

これはかなり良いです。私はbluetoothイヤホンを外でしか使わないのですが、その状況であればほぼ不満のない音。装着感がイマイチかと思いましたがすぐ慣れましたし、バッテリーもかなり持ちます。現段階ではかなりオススメできるイヤホンと思います。.

スポーツジム用に使っています。汗を掻くとコードが首にひっ付いてくること以外とても便利に使えます。.

軽くて、ランニングに使っても外れないし、耳が痛くなることもない。ネックは柔らかいコードで飛び跳ねも少ない。難を言えば音が悪い。AMラジオの様なこもった音で低音、高音が弱い。依然に持っていたbluetooth sony製mdr-ex31bnの方が値段も安く、音も良い。ただし防滴でないところが弱点だった。.

ベスト SONY スポーツ向けワイヤレスイヤホン 防滴仕様 Bluetooth対応 マイク付 ブルー MDR-AS600BT/L 買い取り

This entry was posted in イヤホン and tagged . Bookmark the permalink.