ソニー(SONY) Sony ステレオヘッドホン Xb1000 Mdr-Xb1000 – 音楽などではいい!

他店で購入しましたが、このレビューが皆様の参考になると幸いです。本品、mdr-xb1000は低音を強調せず高音域と中音域重視のヘッドホンに+αで低音をつけたしたものです。最近、mdr-xb400,mdr-xb600,mdr-xb900が発売しましたがそちらの方がフラットな音に超低音&超重低音をプラスし、とにかく低音が聴きたい人向けになります。(低音の量と豊かさと深さは400<600<900の順です。キレはmdr-xb1000です)中音と高音を耳に刺さらないでとにかく低音を求める人はmdr-xb900をお勧めします。なお、遮音性はxb900>xb600>xb400>xb1000になります。.

まず、これは屋内専用だと思ってください。背面が冗談じゃないくらい開放されているので、これだけでスピーカーにもなりそうです。そして、次にデザインは私好みでした。全体が黒であしらわれていて雰囲気も落ち着いているように感じます。ただしちょっとだけ重く感じるかな・・・。イヤーパッド、これは皆さん一番興味を惹かれたと思います、そしてその期待を一切裏切らない大きさと密閉感です。夏場はかなりむれると思いますがそこは我慢です。音に関しては商品の解説どおりです、重低音がクッキリ聞こえてきて尚且つ中高音が全く削られてない。むしろソニーにしては暖かい音のような気もします。イヤーパッドのサイズの関係からドライバと耳の距離が独特です、なれるうちは違和感があると思いますが、慣れてしまうとこれ無しではいられません。ぜひ購入をオススメします。コードが2mもありやはりポータブルには向かない気がします、ご自宅でゆったりと1000の織り成す音楽空間をお楽しみください。乱文&長文失礼しました。.

無事商品がとどきました とても状態が良くきれいな品物でした! ありがとうございました.

初めて買ったヘッドホンで、ほぼ初めて使用したヘッドホンに近いです。たまたま入ったソニーストアで視聴した所、とても気に入ったのですぐに買いました。***音質***公式サイトで重低音をやたらと強調してるだけあって、低音の迫力が素晴らしいです。ロックやポップを聴くことの多い自分にはとても合っています。他のイヤホン・ヘッドホンと聴き比べた限り、低音重視の味付けになってるのかな?そして、音の広がり方がとても綺麗で、聴き心地がいいです。音楽以外では、映画との相性も良いです。重低音の迫力・音の定位感ともに良くて、アクションの多いハリウッド映画とかにうってつけだと思います。一方で、fpsゲーマーとして、対人系fpsとの相性は良くないです。重低音に迫力がありすぎると足音がかき消されやすいからです。但し、本格的に対人戦をしないのであれば、この迫力はやみつきになります。***装着感***とにかく”デカい”です。sonyの商品情報では「アウトドア用ヘッドホン」の括りになっていますが、間違いなくインドア向けです。後ろ指をさされるかもしれないほどシルエットが崩れます。しかし、このデカさの原因となった”大きなイアーパッド”は、とても素晴らしいものです。クッションがとてもふわふわしてて表面の触り心地も良く、耳をすっぽり包み込んでくれて密着度も高いです。それでいて、意外と蒸れない!何時間でも付けていられます。(とはいえ、夏場にクーラー・扇風機なしだと辛いかも?)また、デカいだけに重たいので、長時間使用では首が疲れるかもしれません。***耐久性***ヘッドバンド部が細いので心配でしたが、意外と頑丈で、通常使用の範囲内ならまず壊れないでしょう。イヤーパッドも一切ほつれたり破れたりしていません。手癖が悪いのでいつもケーブルをグルグル巻いたりしていますが、平たいのが功を奏したのか全く壊れません。購入から1年以上経っても無劣化なのは嬉しいです。***総評***半開放型なだけあって一般的なイヤホン・ヘッドホンなどより音漏れは多く迷惑になりやすいですが、そもそも大きさが大きさなのでインドア用と割り切って使用するのが吉です。一般的な市場価格は約1. 8万円前後なのを考えると、音質は値段相応(ロック・ポップが好きなら値段以上)、装着感の良さや耐久性を考慮すると値段以上だと思います。.

1年程使用した感想です。当初pcでの音楽や映画の鑑賞用にこの商品を買いました。高音域や中音ではいい音をだしてくれますが、低音域では音がこもって聞こえます。また購入後にfps(ようは戦争ゲーム)をするようになってゲーミング用ではないためしかたありませんが、足音や銃声などがこもって聞こえ。前後どれほどなのかわかりませんでした。このような使用はまれでしょうが一応書かせていただきます。最後に音楽や映画鑑賞なら問題ない商品だと思います!.

価格が下がってきたので購入してみました。イヤパッドが大きく、耳をすっぽり覆うので快適です。(蒸し暑い日はさすがに厳しいですが)低音を強調したイメージがありましたが、鳴らしこんでいったらそんなことなかったです。エレクトロニカ系の音楽とはさすがに相性が良いですが、ボーカルものも大丈夫でした。(ボーカルはちょっと遠めの印象がありますが)サ行の痛さは無し。ヘッドホンのユニット口径が大きい(フルレンジスピーカーみたいな大きさ!)ですから、ipodやwalkmanに直接接続して聴いてももの足らないと思います。据置のヘッドフォンアンプに接続して本来の性能を発揮するようです。2万円以下でこの音だったら満足です。.

期待しながら試聴して5秒後には外していました。自分の環境はt51→bsp-phpa-03bなのですが、音に違和感がある。特に低音域。環境をかなりよくするとxb1000は化けるという意見も目にしますが、それだけの環境を作ったらこれより上のランクのヘッドホンに手を出したほうがいいのでは・・・少なくとも自分はまだxb700のほうがいいと思いました。.

見たまんまですが、耳をすっぽりと包み込みます。長時間ヘッドホンを付けてると耳が痛くなる体質で悩んでいましたが解消されました。ただ重量があるので、長時間掛けていると頭頂部が痛くなってきました・・ケーブルはフラットで軽いので殆ど邪魔になりません。音質云々は人によりけりだと思うのでレビューは控えさせて頂きます。.

利点と欠点

メリット

  • もったいない、、、
  • 素人指向
  • 迫力と値段のバランスが素晴らしい

デメリット

Mdr-xb700も所有していての評価です。xb700と比べて、高域のこもった感じはすっきり晴れやかになります。低音域の重圧感はそのままに、全体的に音が多くなった感じです。直径70mmのドライバは見たことなかった。イヤホンでは音域が頭の中心に集まる感じですが、xb1000は耳の外に一つ空間があるので自然に聴いてる感じで広く感じます。さすがに大きいので重く感じる事はあるかもしれませんが、装着感がすごく良いので疲れません。耳が蒸れる感じはありますので、夏はちょっと換気が必要です。.

定価が 3万円、実売価格が 2万円前弱と決して高額では無く、社会人であれば苦が無く手に入る価格は非常に魅力的です。また、私自身はオーディオマニアと言えるレベルの知識はありませんが、今まで使用してきたヘッドホンと比べて装着感や流れる音楽の迫力が段違いである事が分かります。得に j-pop を聞いた場合、耳元で演奏をされているかの様な感覚となり、今まで聞いてきた曲を自分専用のコンサートホールで聞いているかの様な錯覚に陥ります。オーディオ初心者に馴染みがあるであろう j-pop 等を聴くのに適している事、何よりオーディオ初心者の私でも解るレベルの高品質な音を低価格で提供してくれる事から非常に価値が分り易い製品と言えます。また、ケーブルもきしめんの様に平らな為ケーブルが絡まりにくく、大きめのサイズのイヤークッションにより疲労を感じにくい等、使用感も一定の水準を満たしています。音漏れは激しいですが、どうせ屋内で視聴する為問題ありません。まあ、常識的な社会人ならこの大きさのヘッドホンを装着しながら屋外で音楽を聞く事は無いかと思いますが. 私個人としては、オーディオに少し興味を抱いた方を対象として、よく出来ている製品だと思います。.

Good期待どおりで満足してます。ソニーもなかなか良いです。.

ついぞ愛用していたmdr-xd400が召されたので、次のヘッドホンをと思い、この外観に惹かれて購入。使用感・常時メガネだが、クッションがやわらかいおかげで気になることは無い。・ほかのヘッドホンに比べると重いという話だが、正直そこまで重いとは思えない。これは私がバイク乗りで、ヘルメットの重さに慣れているからかもしれない。音・低音重視ということだが、私の耳では高温も十分に出ていると感じる。・pcからusbオーディオ(3000円)に繋いで使用したが、その音の貧弱さが改めてわかった。(別でアンプを買ってしまった)・音の解像度正直わからない。ただ、7年越しの物よりは明らかに良い。他・pspのモンハンをこれでプレイしたら、モンスターの咆哮がすっごい深くなった。個人的にはとても満足。クセは強いと思うけど、決して貧弱ではないです。ノーマルユースとしては十分だと思います。.

Xb700のイヤーパッドのあまりの柔らかさに魅せられ、これまでずっと使用していましたが、なんともう一つ上のグレードが発売されている!ということで、遅ればせながら購入しました。更に超特大になったイヤーパッドが、低反発ウレタンの柔らかい感触で耳を包み込むので、装着感の素晴らしさは更にアップ。もちろん長時間付けていても耳が痛くなりません…が!特大ユニット採用で重量も重くなっている上に、ヘッドバンドが若干きつめで常に頭に押し付けられる感覚のため、耳は快適なのに頭がすぐに痛くなります。頭に当たる部分にも気休めの柔らかパッドが付いていますが効果はなく、xb700のように何時間付けていても快適というわけではないのが非常に残念です。音質は、購入直後は若干こもるような重い低音に感じますが、慣らしていくうちに気持ちの良い音を出してくれます。xb700やゼンハイザーhd650と聞き比べてみましたが、やはり音の奥深さ・美しさではhd650に負けるものの、アクションゲームの効果音やドラムの重低音など、迫力では勝っている位だと思います。長時間使用での頭が痛くなる度合いでは、ダントツの最下位です。xb700は何時間でも大丈夫、hd650は2時間くらい、xb1000は1時間くらいで外して休みたくなります。xbシリーズの重低音の大迫力に期待する方はこのxb1000はとてもお勧めですが、柔らかパッドの癒しと気持ち良さに期待する方はxb700をお勧めします。.

Audio-technica製のヘッドフォン(ath-w1000 ath-a700)などを使い分けていましたが、低音重視の曲を聴くのに探していたところ、この製品は低音に強そうだと思い購入しました。試聴せずに購入しましたが、イメージを深めすぎた為か初め鳴っていた音は低音こんな物かと思いましたが、三日間ぐらい聴き込んでから、かなり低域出るな、出ているなと感じてきました。クラブミュージックなどはやはりこれで聴くと気持ちがかなり良いです(耳には悪そうですが)今まででは味わえなかった重低音が味わえます。高音も特に篭ることなく以外にオールマイティに使えそうです。sony製ヘッドフォン初めてでしたが、装着間が想像以上に良いのが嬉しかったです。自分の使用目的の合っていれば満足度は十分だと思います!.

「クラブの重低音スピーカーを耳元に持ってきた!以上!!」・・・という、実にわかりやすい一品。でかいです。重いです。装着すると頭部が横長のシルエットと化し、自分が宇宙人かロボットにでもなった気がしてきます。ポータブルではありませんので、出先での非使用時は首元でもかばんの中でもとにかく邪魔になります。音についてもひたすらに低音偏重なので、繊細な味わい深い音楽等にはとても向きません。低音以外は実際のところ「そこそこレベル」です。(逆に「そこそこ」には出るが、費用対効果からすると、ね)脳を揺さぶる重低音を愛する人の為の、価格も大きさも重さも特性も、全てを度外視して作られたジャンキーなキワモノ。・・・そのキワモノのキワモノたるところを愛せるかどうか。この製品の評価は真っ二つに分かれても当然という気がします。ちなみに。私  は  大  好  き  で  す  が  。このお行儀の悪いキワモノ感がたまりません。・・・キングサイズクッションの為、夏は蒸れて着けられたものではないですが、冬場は防寒具の役目も果たして重宝します(笑)。.

久しくレビューみてなかったら、もう絶版なんですね。。。xb700も、持っていますが、700のプレミア価格の高騰すごいですね。しかし、こちらのxb1000、700よりもだんぜん音質、ヘルツ量が多く重厚な音色を発してくれます。xb700に3万円払うなら、xb1000は、それ以上です。700は、低温のみで、中高音は聞く価値もないくらいダメダメです。1000は、低温は素晴らしいのは当たり前、中高音が低温域を殺さない微妙なバランスをキープしながら、中高音の透明感を、主張します。んーー、廃版ですか、、、おしいですね。個性的な700を凌駕する名機なんですけどね。質感もデザインも700のおもちゃ感に比べ、さらに個性強調かつ高級感があるんです。とにかく、ドカドカとおもしろく、して、キラリーーンな透明感も持ち合わせている、良質、名機です!.

タイトルの通り、重いですwでも自分は逆にその重量感が好きだったりします。安っぽい感じではないので。でも人によっては長時間使用するのは辛いかも?あと、尋常じゃなく音漏れしますw人が大勢集まってる場所等ではボリュームを絞らざるを得ないと思います。悪いことばっかり書きましたが、音質の綺麗さはもちろん、デザイン、ずっしりとした安心感、ふっかふかの感触(眼鏡の方には超おススメ!!)、全てどストライクです。このシリーズ(XBシリーズ)のレビューを見ると、「高音が潰れる」「音がこもる」など、高音域に不満を漏らすものが目立ちますが、個人的には、高音までしっかりと出ていると感じました。専門的用途に使用するなどの特別な環境でない限り、十分すぎるスペックだと思います。付け足しですが、事前に視聴できる環境があれば一番良いと思います。そのような環境がない場合、このようなレビューを参考にすることになるかと思いますが、自分は専門的な知識等は一切持ち合わせていないので、すべて鵜呑みにすることは避けてほしいです。あくまで、個人的意見としてとらえてください。.

特徴 Sony ステレオヘッドホン Xb1000 Mdr-Xb1000

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • ノイズキャンセリング:非対応
  • サラウンド:非対応
  • 最大入力:3000 mW
  • 重量:375 g

Urei1620に接続。鳥肌が立つほどの、音質と音圧。これで20000円前後で買えるなんてスゴイの一言。買い得とは、この事を言うんですね。.

本商品を一回も視聴せず購入、なおかつ鳴らし途中(まだ20時間ほど)なので、レビュー変更すると思います。とりあえず率直な感想です。sonyのnw-x1060/b×sennheiserのhd25-1’u常用者です。hd25-1’uが音の「豊かさ」ならこいつは「迫力」の機種だなと思います。管楽器やギターなどは、sennheiserのhd25-1’uより、場の空気感が強調されて聴こえます。低音の重みのせいでしょうか。装着感はよいです。これだけ大きいにもかかわらず、重い感じは私には全くありませんでした。殆どの方でも長時間は、問題ないと思います。大きさが大きさなので、使用する場所は限定されると思いますが、ケーブルがフラットなので、sennheiserのhd25-1’uより扱いやすいかと。.

ベスト Sony ステレオヘッドホン Xb1000 Mdr-Xb1000 買い取り

This entry was posted in イヤホン・ヘッドホン本体 and tagged . Bookmark the permalink.