ソニー(SONY) Sony カナル型イヤホン リモコン・マイク付 Xba-H2 – 弦楽四重奏がよい

以前までsonyのmdr-xb90exを使用していましたが、重低音はそれと同じくらい鳴ってくれます。逆に中高音は、xb90exにないくらいの綺麗な音を出してくれています。自分は重低音が好みなので、個人的にはとてもいい商品でした。.

Iphone5sにポータブルアンプ(sony. Pha-1)とXBA-h2の組み合わせ使用中。専用のミュージックプレイヤーを買うか、イヤホンをグレードアップするか悩んだのですが、中途半端にやってしまいました。H2を購入したときは、正直失敗したと思いました。低音が欲しかったので、そこは満足なんですが、ボーカルが籠ってるというのが厳しい。イヤーピースを変えると音も変わると聞いたので、色々試したら確かに変わりました。少し大きめのシリコンフォームの方が、良い感じがします。その後、ポータブルアンプが安売りしてたので購入。デジタル接続すると、結構スゴいのね!全体的に音が引き締まるっていうんですか?解像度は、元から高いと思うので、表現が難しいのですが…音が繊細に表現されるようになります。特に低音が引き締まると中高音が引き出されます。ベースの弾く音とか、ピアノの叩くような音…スゴいです。ただ、h3のような奥行きみたいなのは皆無です。高音の余韻みたいなのは無いです。逆にシャープなところがこの機種の魅力だと思います。アコースティックな音源とか、ベースが効いている音源が得意。デジタル打ち込み音源は苦手という印象です。感じ方は人それぞれだと思いますが。ただし、ポータブルアンプは、携帯するのが面倒だし、操作性も悪いのでお薦めはしません。ただ、h2の魅力を生かすには、ポータブルアンプは必要かな?と思います。と、いうよりH2そのものが、どちらかというとマニアックな1品なので…イマイチ一般の評価が悪いので、次出ないんじゃないか?と心配になります。とにかく、ポテンシャルは物凄く高いということで。.

さすがに値段が高いだけのことはあります。amazonで音がいいというレビューの他社のヘッドホン(大きい上からかぶるタイプ)で音楽を聞いた後、これに切り替えたら、世界が変わりました。次元がひとつ違うと思いました。私は、ウォークマンnw-f887に付けて電車に乗っています。最高です。.

Nice~~very fit for a iphone~~~~~~~~~~~~.

本日到着で、さっそく聴いてみました。したがってエイジングほとんどなし。51歳の耳です。音源はsony walkman f887 ですがハイレゾなどではなく、pcに継代培養していたような昔のatrac3 132kbsの録音を転送したファイルです。dsee hx、クリアステレオ、clear phase 全部on 節操なく。イコライザでやや高音絞りきみ、中低音上げきみ。ショスタコービチの弦楽四重奏曲 (第二番) エマーソンカルテット、2006年録音のddd遍歴としてはカナル型はほぼsonyのみで経験値は高くありません。歴代walkmanの付属イヤホン→ex90sl→ex500sl(3台くらい)→xba3→xba30、ときて今回xba-h2です。 ex500slの「ドンシャリ」に飽きた気がしてba系にいったのですが、中音域の柔らかさにしばらく浮気していました。 今回店頭で視聴、同じ自分のwalkmanをxba-30→h2と聴き比べ、高低音域の、単なる強調でない(イコライザ・・・walkman作り付けのものくらいの・・・では加工しきれない)、艶を感じて、ドライバユニット付きに戻ってまいりました。 逆にイコライザで高音を少し絞っても、弦、とくにビオラ、ヴァイオリン域の音が艶っぽく、脳内に響くように感じます。ロックとかpopの曲でも、中音域のvocalにしっかりと響く(ちょっと硬いかなあ)し、自分がよく聴く弦楽系の室内楽には、こちらのほうが良いかなあ、と今は聴いております。またしばらくしたら、違った音にもなるのでしょう。こういったものは主観ですので、「今の自分の耳の性能に適合した」というべきでしょう。他の方への参考にはあまりなりませんね。 いまは聞き惚れて満足しております。.

Xba-1とか、shureの1万未満とか、オーテクcks99とか普通よりちょい良い程度のを使用してきました。bose qc3を除けば、自分が音を聞くための音声出力機器としては最も高価。h3買うほど耳も良くないしモスキート音聞こえないw ので、これを購入。iphone5s,ipod classicで聞くレベルなので、こんなに高級でなくても良いのですが2013年がんばった自分にご褒美的に購入(笑)。聞くジャンルはjazz,fusion,jpop,rock,pop女性ボーカル等なんでもあり。ポリマーフィルムのダイナミックとbaのハイブリッドってことでbaだけのxbaより低音がしっかりしていて(xba-1と比較すんなって話ですがw)そのくせオーテクほど低音増強がなく、中高音域も分離が良く各楽器やコーラスを聞き分けられる気がします。モニターよりも味付けがあるけれど、分離が良くてすべての音域が不自然な強調が無いからか気持ちよく、とても好感が持てました。しかしシリコンフォームイヤーピースは全サイズ自分にはあいませんでしたね。普通の中くらいがちょうど良いし、低音も良く出ました。iphone5sで使用できるコードが付属しますが、音量調節ができないのが不便です。デザイン、ケースともそれなりの高級感ありますが、2万円以上の価値があるかどうかは微妙。5000円程度でh3が買えるため微妙なポジションですな。でも耳に引っ掛けるのあんまり好きじゃないので良いかな と。所有する満足感はそれなりにあるので星4つってことで。.

この製品が気になり購入し聞いてみましたが、低音が強調されすぎて、せっかくのba部分がなにか物足りない感じがしました。好みが別れるタイプのイヤホンですので、実際に実機の視聴をしたほうがお勧めです。.

Xbaイヤホンの中ではあまり好かれていないみたいですが、低音がよく出ておりさすがsonyだと思いました。ウォークマン(zx1・a867)でしか聞いていませんがとても満足しています。聞き込むほど付属イヤホンとの差が感じられます。.

利点と欠点

メリット

  • 普段はXBA-40使いですが・・・
  • donald
  • SONY 密閉型インナーイヤーレシーバー XBA-H2

デメリット

これまで様々なヘッドフォン・イヤフォンを試してみるも、結局のところはソニー製品に行き着いてきた。・・・で、そのソニーがハイブリッドタイプを出すという事で興味が沸いてきたところに、この商品を格安で入手する機会があったので購入。XBA−1〜4及び10〜40のシリーズでは2と20が好きだった事や、ex1000も好きだがex800も好きだったりしたので、最上位機種じゃなくても気に入りそうな自分の傾向もあったが・・・。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・うん。中音域が弱い・・・というかややぼやけた感じ。それでいて、低音はすごく強い。「ズンズン」でも「ドンドン」でもなく、「ボンッボンッ」といった太くて強い、それでいて鋭くはない音がする。「h1とh3はともかく、H2はバランスが正直悪い」といった評価の人もいたりしたので気にはなっていたが、明らかに低音に寄ったセッティングになっている。好みはすごく分かれそう。・・・・・・・うん。何か聴き覚えのある鳴り方だなぁ・・・と思ったら・・・。コレ(XBA−H2)、すごくEXTRA BASS(XB)シリーズに似た感じの鳴り方してる。xb90よりもイイ音には感じられたので、XBの更に上位機って感じの音。「XBA−H2」よりも「XB−H2」って名乗った方がいいような気がしてくる。良くも悪くもモニターとは程遠い、意図的にセッティングされた音。エレクトロニカ始めテクノ系の音楽をよく聴く人なので個人的に十分楽しんでいるが、ジャンルの得手不得手も結構ありそうな感じ。個人的には中古とはいえ相当安く入手できたので星4つ程度には満足しているものの、2万オーバーの現在の価格でこの音なら不満な人もいるのではないだろうか・・・という事で星3つ。試聴が出来るのなら、やってから入手を検討した方がいいかも。.

特徴 Sony カナル型イヤホン リモコン・マイク付 Xba-H2

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • メーカー型番 : XBA-H2

ベスト Sony カナル型イヤホン リモコン・マイク付 Xba-H2 レビュー

This entry was posted in イヤホン and tagged . Bookmark the permalink.