ソニー(SONY) Sony カナル型イヤホン ゴールド Mdr-Ex510sl/N – バランス重視

4年間聞き続けたex510slが断線してしまったので、修理をサービスセンターへ依頼するが、交換品の在庫が尽きたようでしかたなくxb90exを購入するも、違和感が大きく、再度ex510slをアマゾンで購入する。xb90exの低音重視で、詰まったような音に対して、ex510slのバランスのよさは長時間聞いていても疲れない。単純にプレイヤーとのインピーダンス比かもしれないが、少し前のipod/iphoneとは非常に相性がいいように思える。.

一言で言えば、優等生クリアで凄く心地いい音がします。手持ちの他のイヤホンとは、明らかな違いを感じます。自分よがりな、欲をいえば、低音がもう少し欲しい。.

なかなか自分のに会うイヤホンが見つからない中で、フィット感はまずまずです。.

Ipod再生時のメイン、外出時・室内ともに毎日使用。mdr-ex500slにも(主に価格面で)お世話になっていましたが。こちらの方が断然良いです。痒い所に手が届いた。デザインも個人的に満足。・音質は低音から高音まで解像度・バランスともに良くなっていると思います。500sl使っていて物足りなかったところが足りている。形状も大きく(分厚く)変わっている。密閉型バーティカル・イン・ザ・イヤーやフィッティングアシスト機構やというだけあり、ねじ込むようにしないと装着できず慣れるまでスムーズにいかなかったが装着感はかなりのもの(ぴちぴち)。500slの時はlサイズのイヤーピースを使用していたがmサイズに変えた。ノイズアイソレーションイヤーピースは、ウレタンやらがついただけ と思いきや、再生時の音量が変わるくらい遮音性が違う(ぴちぴち)。ただ、ウレタン部分は8ヶ月程でベロンベロンにとれてしまった。コードはy字型で太くなっていて500slより安心感がある。実際、断線により買い換えを余儀無くされた500slより長持ちしている。しかし、使い始めて9ヶ月程かフィッティングアシスト機構にあたる部分かゴムのところがめくれてきてしまった。弱点かな. 。・付属のケースは500slとは仕様が異なる。少し大きく、外での開閉するのに不安を感じたので、”中の型”を500slの”ケース”に入れて使っています。・パッケージ(箱)に関しては500slの方が良かったと思うけど、特に問題はない。.

初めて購入しました。最初は若干高音域が強いですがしっかりエージングするとバランスが良好になります。低音域ですがクセが無くスッキリとしたふくよかなでメリハリの有る低音が再生されています。この価格帯にしては珍しくバランスが良くモニターとして使用するにも最適だと思います。この様な製品がもっと多くリリースされると嬉しいですね。お勧めの一品です!.

Mdr-ex500slが外使いして二年半位で断線させてしまいました。なので代わりを探し電気屋で本機を視聴。店で視聴した感じ迫力がなくスカスカな音に聴こえ購入せず帰りました。その後も代わりになる物を探すが、ぱっとせず結局ハズレ覚悟でamazonで注文。家で聴くと店舗で聴いてたのとは全然イメージが違く、500slよりも綺麗な高音、質のいい低音がでてます。女性ボーカルなんかは特にいいです。フラットながら聴いてていい音だなって感心します。家では普段mdr-ex800stを使ってますが、さすがにそこまでの音質にはとどきませんが、この価格と耳掛けじゃない普段使いしやすいイヤホンでは優秀だと思います。低音でてないとよく見かけますが、そんなにでもなかったです。バランスよくなってます。ただ、ex500や同社のxbの低音好きな方には弱く迫力なく聴こえてしまうと思います。でも電気屋で聴いた時のように騒がしい場所では迫力ある音ではないので、あまり良い音には聴こえないかもしれませんね。自分は買って満足しました。.

毎日使っています。高音域が気に入っています。 おすすめです。 @.

以前ex90slを使っていてその後ex500slに替えたんですが耳へのフィットと高域の刺さり方が気になりあまり使用しないで別の機種に替えました。最近はビクターのha-fxc71がメインになっていました。その時av系のニュースサイトでソニーが新製品を出すとのこと。ちょうど発売直後だったので店頭では確認できませんでしたが細かいチューニングとデザインで購入しました。一番気になったのはドライバーの防振対策や上位機種にも搭載されているマルチレイヤー振動板と、今までのハイブリッドイヤーピース4サイズとピースの傘の中に低反発素材を充填したノイズアイソレーションイヤーピース3サイズが付属していること。通常のハイブリッドイヤーピースは傘の部分がフニャフニャしているため耳の中で隙間が出来たりフィット感が奪われていました。今回採用されたノイズアイソレーションイヤーピースは耳にフィットししっかりホールドもしてくれます。コンプライの低反発イヤーピースのようなものですが低硬度ウレタンでカバーされているので持ちもよくベタベタした感もしないし耳に入れるときに先をつぶす必要もないので挿入が楽です。音質に関しては某サイトでこの上位機種の600と1000では低域が強いとのことですがこの510ではほどほどの低域とこの価格帯では十分以上の高域のすっきり感もあります。特に全体のバランスが非常に良く、女性ボーカルやj-popが一番合うように思いますが他のソースでも期待を裏切らない音作りだと思います。デザインが面白くカッコよく思いますがこのデザインのおかげで耳からの脱落を防ぎ密閉度を増していると思いました。.

利点と欠点

メリット

  • モニターイヤフォンの優等生
  • 4年間聞き続けて、再購入
  • 自然で聴きやすい音

デメリット

実売価格で3000円〜5000円くらいのものは、低音を重視したものが多いが、これくらいの価格のものからは、音のバランスがフラットになってくる。この商品ももちろんその傾向にあり、他社の製品も含めていろいろと聴き比べてみて、非常に聴きやすい。すなわち、聴いていて疲れないという感想を持った。これまでこれよりも安い価格帯のインイヤーヘッドホンしか使ったことが無いので、低音があまり響かないのが意外であったが、なるほどこちらのほうが自然な音なのだと気づき、購入を決めた。前述のとおり、他社の同価格帯の物も同じような傾向なのだが、聞き比べて次点となったオーディオテクニカのものよりもこちらのほうが、やや低音がよくでていた。それまで使っていた実売価格3000円程度の物が、ややシャカシャカした厚みの無い音だったのが不満で買い替えを思い立ったので、低音を重視しこの商品を選んだ。耳に入れる部分のパッドもたくさん付属しており、自分の耳にあったものが選べるだろう。.

音は高音部の抜けがよい!!中域もすっきりとしたおとで大変気に入りました。やっぱりソニーのイヤホンは音がいい!!わたしは、ネックレス式が欲しかったのですが無かったのでこれにしました。これでも不満はないのですが、線が時々邪魔になる事があります。今後はもっとネックレス方式の製品を充実して欲しいです。.

愛用していた昔の(ポータブルmdレコーダー/プレイヤー付属の)ヘッドホンを水没させてしまったため、発売当時に7700円で他の出品者からこれのホワイトを購入したが、いつも聴こえていた楽器他それぞれの音をちゃんと再生してくれないので本当にがっかりし、そういう時代になっちゃったんだな・・・と思った。そしてまったく出番がないまま、いいかげんここらで捨てようと思っている。(似たような肥やしが30本近く溜まってドロドロである。)当時「水没させてしまったときの対処法」を知っていれば買う必要はなかったと思う。その後に楽器店のオンラインショップでの買い物ついでに買ってみた玩具みたいなデザインの2000円の安物のほうが全然良く音を出してくれた。.

アンチソニーの自分ですが、イヤホン・ヘッドホンは好きです。ipodで聴いているのですが、満足です。(ipodのあまりよくない音をさらに悪くするような質ではない、という意味です).

本当はこの前の型がすごく気に入ってて、なくしてしまったので欲しかったのですが、生産終了してしまいとてもじゃないけど買えないなと思ったのでこちらを購入しました。音の解像度が確かに高く、細かな音や響きまでちゃんと聞こえます。いい品だと思います。今度は無くさないよう大切に使っていきたいです…笑.

3000〜10000円のソニーのイヤホンばかりを、数種類使用したことがありますが、なかなか自分の好みに合うものに巡り会えずにいました。電気屋でたまたまこの機種を試聴したのがきっかけで、少々高価ながら思い切って購入しました。最近まで使っていたex300と比較して、特筆すべきは高音域、曇りのない透き通った音がして、とても気に入りました。かといって、キンキンと耳につく感じはなく、長く聴いていても疲れません。少し残念なのは、モニターという名のとおり原音に忠実を売りにしているためか、ex300に比べて低音域がさっぱりとしており、物足りなさを感じたため、イコライザで低音域を補って使っています。でも、低音域のデメリットを上回るだけのクリアな音質ということで、4つ星としました。低音域よりも高音域を重視する方に、お薦めします。.

このイヤホンを使うと今まで自分が使ってきたイヤホンたちがどれだけ原音を歪ませて再生していたかが丸分かりです!一つひとつの音が鮮明に聞こえ耳コピなどにも最適です。最初は低音がすこし控えめな感じに思えましたが慣れてくるととてもバランスがよく、むしろ他のイヤホンの低音が必要以上にうるさく感じられました。いかんせん、遮音性はあまりよくないので乗り物に乗っているときは低音などがかき消されてしまいますが家で聞く時などは全く問題ありません!とても気にいってます!.

色々レビューを読んで買ったつもりですが、私にはあまり納得のいくものではなかった。耳のホールドが悪く、ちょっとした引っ掛かりで落ちてしまう。音質も、そんなに感動するほどでもない。もっと、高額なのでは駄目なのかなあー。.

本体の性能がいいのはもちろん、収納ケースがよいです。耳でしっかり固定されるところも気に入っています。.

特徴 Sony カナル型イヤホン ゴールド Mdr-Ex510sl/N

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • ノイズキャンセリング:非対応
  • サラウンド:非対応
  • 最大入力:200 mW
  • 重量:7 g

わざわざ買いに行く必要がないのが、とてもよい。製品は、高品質でさらに良い。.

スマホでラジコを聴くため購入したが、聞き始めてしばらくすると、勝手に、変な洋楽が流れてきて、ストップすることができずフルコーラス流れてしまう。その後も40分位おきに同じ現象。最悪!どうやっても直らず、捨てた。お金持ちを返して欲しい!.

ネックチェーン型のイヤフォンがお気に入りで、メインで310slを使ってるがネックチェーン型が減る一方なので、310slがぽしゃった時の次期メイン機確保のため、この510slを購入。しかし…310slに比べて高音側にスコープをあてた音がする。明らかに傾向が違う。でも、(この後購入した同じネックチェーン型の)she9712に比べて透明感,音圧が低く感じるし、ウィンドチャイムの音の分解能が低めかなぁ………。悪くはないけど、この価格で510sl買うなら、she9712を3つ買った方が幸せと思う。***********************************比較機種;・sony ex310sl/b(これまでのメイン。現在はshe9712の予備)・sony ex510sl/b(ex310の予備として購入)・philips she9712(パソコン用に購入も、その音質の良さなどからメインに格上げ)・audio-technica ath-cks55(パソコン用に使用していた機種。被覆が破損し今回廃棄に…)・audio-technica ath-ck100pro (じっくりゆっくり聞く時のための機種)・panasonic rp-hjf3-k sweets jewel (今回新たにパソコン用として購入)使用プレイヤー;・iphone 5s使用音源;・fried pried / ”caesar’s dream”・indigo jam unit / ”Bounce”・soil & “pimp” sessions / “my foolish heart – crazy on earth x 椎名林檎”***********************************.

色々使って来て、現在は本機を多用している。耐久性良し。中高域は艶やかで非常にクリアー。音源にもよるが、さ行も殆ど刺さらない。低音が弱いと言われているが、基本的にモニターイヤフォンであり、脚色はない。ありのまま音源通りに出す。引き締まった低音はボヤけることなく気持ち良い。品のあるデザインと相まって、ソニーらしいスマートで素敵な仕上がりである。リスニングと言う観点からは先代のex500の方が迫力ある元気なサウンドが楽しめると思う。近い将来ex520が出るとしたら、両者の中間的な製品が出て来ると面白いのだが。でも最近のソニーさんbaばっかり(笑)。.

 皆さんほど音にこだわりがない私ですが、買い物の参考に・・・(2015年1月内容追加)[音: 臨場感があってまずます] 一つ一つの音がクリアーで臨場感があります、このイヤホンのおかげでウォークマンの性能がワンランクアップしたような感じです。この価格帯では、まずまずの性能かと思います。 低音の印象も強いですが、高音もよく出ていると思います。リアリティあふれる音が出ていると思います。単純比較で、よくウォークマン製品に付いているイヤホン「mdr-nwnc33」と比べると、nwnc33だと低音を底上げして迫力ある音を出そうとしているようである一方、やや音にざらつきがあります。このex510はそうした無理がなく、音がよりナチュラルな印象です。[その他] フィット感はナチュラル。つけていても耳は痛くなりません、万人向けだと思います。  ちなみに、ソニーのウォークマンにはノイズキャンセリング機能がついたものが多いと思いますが、このイヤホンは非対応です。 イヤーピースとして、ハイブリッドイヤーピースが4ペア(ss/s/m/l)と、ノイズアイソレーションイヤーピースが3ペア(s/m/l)が付属。他、革製のポーチが付いてきます。[u字型コードのイヤホン] 比較用に、同じU型コードの「パイオニア se-clx9」(メーカー希望小売価格22,628円?)を買ってみましたが、こっちのソニーex510slのほうが断然いいです。単純に値段ではないということが分かってきました(後述)。 いわゆるU字型コード(ネックチェーン型)のイヤホンが絶滅に瀕している昨今、この価格帯のものを探すのは難しくなってきました。2015年度現在、ソニーでは新製品でU字型のコードのイヤホンはないようです。★ 参考のため、U字型コード製品を追記しておきます(2015年1月調べ):その(1)・フィリップス カナル型イヤホン she9700シリーズ(旧型)〜she9710シリーズ(後継機) →u型コードイヤホンのベーシックな選択肢。・いわゆるフォスター電機のoem製品2種→ ゼンハイザー カナル型 cx300-2、pleiades sumajinオリジナルデザインイヤホン・audio-technica社の各種リーズナブルなイヤホン→メーカーさんのホームページで、u型かy型か分かりやすく確認出来ます。その(2)バランスド・アーマチュア・ドライバーのもの※・[中級機種/生産終了] ソニーxba-2sl、xba-3sl、xba-4sl。パイオニア se-clx9・[高級機種/生産終了] ソニーxba-nc85d※“バランスド・アーマチュア”型のドライバーは、割と高価な製品が多いですがドライバーの種類が違うだけで、広くイヤホン製品に採用されている「密閉ダイナミック型」よりも高性能とは、一口に言えないようです。聴く音楽の種類やファイル形式にもよると思いますし、使用する音楽プレイヤーなどにもよると思います。“バランスド・アーマチュア”型は店頭などで実際に聴き試してから購入することをお勧めします。でなければ、広く採用されている駆動方式「ダイナミック型」製品を選んだほうが無難です。 くらいかと思われます(2015年1月時点)。この製品ページにたどり着いた方には、「u型コード」の製品を探していらっしゃると感じたので、試したり調べたりしました。一助になれば幸いです。.

今まで使用していたものの上位機種でしたので、期待感がありましたが、その期待に応えてくれる商品を安価で購入することが出来ました。.

カラヤンなどのクラシックやクラシックギターの曲などを主に聞く僕には良いです。今まで使用していたvictor jvchp-fxc70-zも良かったが、それよりワンランク上のような気がします。当然2〜3千円程度の値段の差はあります。victor jvchp-fxc70-z はワイヤーは前からなので、外すのにスッキリしますが、電話などで一時的止めてぶら下げたい時は不便でした。今回のmdr-ex510slは耳からはずしても肩にかけれるネックチェーンタイプなのでその点は便利。やはり使い分けかも・・mdr-ex510sl:自然な音質で解像度の高い音を実現しています。音漏れに関してはメーカの資料にも書いていませんし、それなりのボリュームでは気にしないと思いますが、高い音や煩い曲を大ボリュームで聴く者には音漏れ周りを迷惑にならないようにマナーが必要かもれません。一つ感動したのが、値段の割りにコードの長さを調節アジャスターや延長コードなどの付属品はよかった。本皮のケースは要らなかったけど、と云うのも毎回毎回「ご丁寧に」しまう人どの位居るかって感じ。その分だけ安くしたらどうでしょう。兎に角この値段はreasonable priceで品質も良いので満足です。あえて言うのなら、大きい音で聴く人に音漏れを極力押さえる事ができればと思います。                以上.

気軽に付け外しできて、出来るだけ高音質なものを探していました。私の音に対する好みの傾向は、中、高音域重視です。低音がいらない訳ではありませんが、うるさいのは止めて欲しいです。ところが、調べて見ると、10000円以下の価格帯というのは、低音や高音を強調する設定で作られたものが多い事を知りました。実際、いくつか試してみたのですが、低音の音量がやたらと大きく、曇った音で、中高音を覆い隠してしまうものや、逆に低音があまりにも聞こえないものでした。「もっと丁度良いのはないのか」と沢山のレビューを読んで、[モニター型]と呼ばれるこのモデルに行き着きました。予算オーバーだったのですが、今までのものがどうしても納得できず、思い切って購入しました。【中高音域】非常にクリアで、低音に埋もれる事も無く、はっきり聞こえます。これ以下の低価格モデルでは聞こえなかった音も聞こえるようになり、音量を大きく上げても、ほとんど音が割れないのに感動しました。【低音域】使用当初は、音量がかなり小さく、低音重視ではない自分ですら「もう少しだけ大きくしてくれないかなあ」と思ってしまう程でした。ところが、半月程の使用で自然にエージングさせた結果、ある日突然、低音がしっかりと出るようになりました!(装着やソースの問題かもしれませんが)既に使用中の方で、低音が足りないという方は、更に鳴らしこめば、もしかしたら改善されるかもしれませんよ。ただ、低音がどれくらい出るかは、ソースによってある程度変わります。「何を聞いても丁度良く鳴る」という訳ではないので注意です。そこでイヤーピースが役に立ちます。【付属のイヤーピースについて】通常のものと、遮音性の高いものと2種類セットになっていて、遮音性の高い方は、結果的に低音が強く聞こえる様になるので、自分の聞きたい音に合わせて選ぶ事もできて便利です。【減点ポイント】ケースが付いているのですが、このケースの中に入っている型、これに巻きつけて収めようとしても、ケーブルの長さと合わず、きれいに収まりません。正しく入れる方法があるのかもしれませんが、説明書にも何も書いてないので、どうしようもありません。結局、型は捨ててしまいました。それ無しで収めようとすると、ぐちゃっと入れるしかないのですが、入れにくい。これならケースを無くして価格を下げて欲しかったです。ケーブルの構造は「ネックチェーン」という、左右の長さが違うタイプです。これは、首の後ろに掛けて、必要に応じて外しても垂れ下がらない様になっているのですが、左側に重さが偏ってしまうので、個人的にはY字型の方が良かったです。【まとめ】バランスよく高音質を実現した、モニター型イヤフォンです。余計な強調のない音が欲しい方に、特にお勧めです。これまでお金をケチって安物のイヤフォンばかり使っていたのですが、いかに自分が損をしていたのかを思い知らされました。今まで聞いていたソースを色々聞き直しては、「こんなに変わるのか!」と感動を繰り返しています(笑)予想外に嬉しかったのが、携帯ゲーム機です。音楽ゲームで試してみたところ、音質が激変して、更に楽しくなりました。やはり最低でも、「元のソースの良さを失わない」くらいの出力機器は必要なんですね。自分に合うイヤフォンを探している方の参考になれば幸いです。.

ウォークマン付属イヤホンからのグレードアップ用として購入。解像度がアップし、中低音の軽い綺麗な音になりました。イコライザーで色づけするのが惜しいような良い音です。残念ながら、耳へのフィット感の悪さは前と変わりません。ソニーのイヤホンとの相性がよくないようです。.

数種類のイヤホンを使用していますが、聞きやすく装着感が合っているようで出張時に長時間使用していて違和感が有りません。また、音も聞きやすく疲れません。出張用に「monster cable mh beats ie by dr. Dre」を使用していました。こちらも良いのですが、イヤーパッドが合わないのとケーブルのタッチノイズが気になっていました。ex510slの価格が下がっていたので購入しましたが、大正解です。.

インナー・イヤーレシーバーは消耗品なので、定期的にこちらのshopさんから購入しますが、いつも迅速、丁寧、的確に届くので頭の下がる思いです。この商品自体は初めて購入しましたが、廃盤になった前のモデルにあった欠点を上手にまとめてあり、音質もダイナミックでかつクリアーです。実に素晴らしい音質です。ただし、前のモデルとインピーダンスが異なるのか、mp3プレーヤーに依っては音が小さくてポータブルアンプを併用しないと迫力が足りないことも有りました。.

買ったことを物凄い後悔してます。中高音の伸びなんてないです。アピールポイントの中高音にモヤがかかって消えたに等しいので、もちろん低音がいい訳ないのでひどいです。クラシックは聞かないのでそっちの評価は出来ませんが、ポップス、ロックスを聞いて言えるのは中途半端な音のせいで歌手の声まで聞こえづらいです。もっとハイトーンボイスとかギターが伸びてくれると思ったのに…。ベースもドラムも聞こえないし…。個人的にはxb70とかxb50の方がいいです。低音重視ですが、こっちの方がよっぽど高音が綺麗です。ベースラインがよく聞こえるて、歌詞もしっかり聞こえてきますよ。.

 イヤーピース・本体・コード口が直列に並んでいるので、かなり横に突き出た感じになります。 寝入る前に podcast を聴くのが習慣だったんですけど、実際 これで横に寝ると 耳に突き刺さります。あと、冬場にイヤーマフなんかを被っていても 圧迫感が。(いっそイヤープラグの位置を 改造して変えてしまおうかと考え中;) ふつうに使う分には、全然問題無いんですけどネ。.

初めてイヤーフォーン使用しました。感動です。イヤフォンは昔ながらのものしか知らなく、音楽はヘッドフォンでした。イヤフォンタイプでここまで音質がいいとは聞いてはいましたが感動でした。技術の進歩はすばらしいです。小さなパーツでここまで深い低音が出ること自体が不思議です。.

高校生の子供に頼まれて買いました。ウオークマン用ですが最初についていた物が壊れa/t社の者を買ったそうですが彼的には音域が狭く不満だったので買い替えになりました。やはり同じメーカーの方が相性が良いそうです。.

Ex300からの乗り換えです。 また、40時間以上のエージング後の感想です。 ex300を使っているときは、 ex300は低音から高音まできれいに鳴らしてくれて、上位機種でもそんなかわりないだろうと思っていたのですが、 ex510に変えて 音楽ってこんなクリアな音だったんだと驚きました。 まず、高音は他のレビューにもあるようによく出ています。 中低音域はあとほんのちょっと欲しいなと思う時がありますが、まあイコライザで少しいじればカバー出来るかなと思います。 まぁ一言で言えば、フラットな感じですね。 またデザインですが 面白い形ですが、とても格好いいと思います。 あと装着感ですが、 個人的にはかなり気に入っています。 あのちょっと変わった形(フィッティングアシスト機構)のおかげでしょう。 でも少し残念なことがあります。 それは外で使う時、 歩いてて向かい風が吹くと ゴーという風な低い音がします。 結構大きいです。 まぁ構造上仕方のないことですが、ex300はそんなに気にならなかったのでちょっと残念です。 あと遮音性ですが、 穴が2つあるせいか、ノイズアイソレーションでも、少しex300より劣る感じがします。 また音漏れもex300より少し大きいと思います。 ですので、自分の部屋など、屋内の静かなところで使うのをお勧めします。 環境が良ければ素晴らしいイヤホンです。 ちょっと値が張るけど、買って良かったと思います。 つたない文章でしたが、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。.

音質は大変良く、付属のイヤーピースも「ノイズアイソレーションイヤーピース」でぴったりフィットします。これは凄い。値段が高いだけのことはありました。ところが、6箇月ほどつかったときに、耳に刺激が走り、「何なんだろう?」と調べてみると、サイド部分のゴムが破れ、基板がむき出しになっていました。保証期間内であったため、ソニーへ修理に出したところ、新品と交換になりましたが、保証期限が過ぎた6箇月後あたりに、また基板がむき出しになりました。特に乱暴な取扱はしておらず、普通に使っていてこういう症状になるとは思いもしませんでした。また、「ノイズアイソレーションイヤーピース」がくせ者で、これ自体は上述の通り良いのですが、何らかの拍子でウレタンが切れたり、外れたりします。これが今はsony ノイズアイソレーションイヤーピース sサイズ ep-exn50s・sony ノイズアイソレーションイヤーピース mサイズ ep-exn50m・sony ノイズアイソレーションイヤーピース lサイズ ep-exn50lの用に単体で購入可能ですが、これ以外のサイズや私が買ったときには「保守部品」として取り寄せしないと行けなかったなどの欠点もありました。それでも普通のイヤーピースより値が張ります。音が良くって耳にフィットするのに、「ゴム部分が破れ基板むき出しになる」「ウレタンが外れる」というマイナス面が私の場合有りましたので☆3です。耐久性だけで言えば☆1です。従来型の方が耐久性があったと思います。.

Cks90との比較になりますex510は透き通るような高域、淀みなく、変に刺さることもなく突き抜けます「空気感」これが一番の美点でしょう中域部も低域が誇張されてないので潰れやこもりもなく好印象ですが低域部が少々おとなしめなので、多少物足りないと思う人もいるかも知れません(cks90と比べた場合)しかし全体にキレイにバランスよく聴かせるので、ipodやiphone,ウォークマンの付属イヤホンからのステップアップなら間違いないです、評判の良いドイツ製なんか問題になりません。ただ、cks90が値段が安くなりお買い得感が増す中、どうしてもソニーの500や510との比較が多くなると思います僕もその一人で結局買ってしまいましたが(笑ex510はcks90を知らずに買えば間違いなく満足できる一品で、これひとつで大満足だと思いますただcks90を知ってしまってる人が買えば、付けたり外したりと聴き比べに忙しくなります。ex510は高域はさすがに一音一音が綺麗でバランスもイイ、しかし低域がcks90に比べるとやや物足りないcks90は芯が太く迫力があるが、低域が強すぎて中高域が潰れてこもってる、インナーイヤーが耳に合わなければさらにこもってモアモアして音楽が台無しになる。結局何の参考にもならないと思いますが(笑.

最近購入したスマートフォンに、bluetoothレシーバーを接続させて使うのに最適なヘッドホンを探していたところ、このタイプの在庫がまだあったことに気づき購入するに至った。(amazon内では9,000円前後であったため、最寄りの家電量販店にて在庫を物色、6000円弱で購入。)一時期廃れていた、この短いタイプのu字型コードを、(おそらく)元祖であったソニーがまた復活させていたのは知っていたのだけれど、買わずにいたところどんどん在庫がなくなり、主流の1. 2my字型コードタイプにとって代わられたため、いまさらながらに慌てて確保。外出時には、無理なくコードを首にかけたままにできるこの形状が有難い、ということを今になって実感する。時期を置いて、またこのショートタイプのu字型コードがリバイバルしてくれるとありがたいのだが。正直、いまこのヘッドホンで聴いている主な音源は、(aptx経由の)256kbps程度のmp3が多いので、音質がどうこうと語れる状況にはないのだけど、かなり満足度の高い鳴り方をしている。音質を何もいじらないと、既出のレビューにもある通り、バランスのよいモニター品質のヘッドホンなのだけど、手持ちのプレイヤー(ソニー・ウォークマンアプリ)のイコライザーで、低音をブーストさせるだけでもかなり「見栄えのいい」鳴り方に変化すると思う。それこそ、低音の利いた今時のポップスから、ライブ音源のクラシックまで、(ある程度の鑑賞に堪えうるという意味で)守備範囲の広い再生環境になる。.

とても 音質も良く 買って良かった商品です高校生の息子が毎日 通学に愛用しています.

この前に験しにxba-1slを買ってみたのですが自分の聴く曲の低音が出なかったのでこちらを買い直しました。新しいものもあったのですが、y字コードが主流のようで、u字コードのものが欲しかったので、あえてこちらを選びました。イヤフォンの中では高い部類には入りませんが、低音から高音まで一通り自然に出ている印象で、値段なりかそれ以上の音は出ていると感じます。欲を言えばもう少し明瞭感と高音が欲しいですがこれは好みの問題かもしれません。ちょっと装着感が大きくわずかに重いのが気になりますが、音も外形もおおよそ期待通りで満足です。.

使ってみた感想を書いてみたいと思います。●音に関してmdr-ex500sl同様すばらしい解像度の音がなります。が、高音(多分2khz付近)が強調されがちなのと低音(150hz付近)が鳴りにくいのも同じです。リスニング系では無くモニター系の音と書いた方がいいでしょうか。これに関してはやはり万人向けとは言いがたい仕様になってます。mdr-ex500slより優れている点としては、ユニットの大型化の恩恵か30hz以下の音がよく聞こえるようになったことです。音源によってかなり印象が変わります。これを使う時はいい音源を用意しないと意味が無いかもしれません。劣っている点は特にないと思います。正当な進化ですね。●筐体に関してユニットの大型化によって、耳に深く突っ込めなくなりました。カナル式のイヤホンには基本的に二種類あって、耳栓のように外耳道に突っ込んで安定させるタイプと、カナル式以外の従来のイヤホンのように耳にはめ込んで安定させるタイプとあります。今までのmdr-ex500slはこのちょうど中間にあって、ぐりぐりやれば深く突っ込めなくもない感じでしたが、今回からは完全に無理だと思います。耳全体で重さを支える様になり、装着の負担が軽減されると言う点ではいいのですが、イヤホンが耳の形を選ぶようになってしまいました。自分は幸いなことにぴったりフィットしていますが、全員がそうとは言い切れないので必ず販売店で実機の着け心地を確認して下さい。左右のコードの取り回しが首の前ではなく後ろになるように、コードの接続が変更になっています。(後ろ派の自分にとってはありがたいです)音抜きの穴から音が漏れる点はmdr-ex500slと同様です。(解像度upと籠り防止のトレードオフなのでしょうがないですが…)満員電車等には向いていません。部屋で使いましょう。<結論>普通のありふれたイヤホンから「ちょっといいのを」と思ってこれを買うと、音作りのコンセプトが違いすぎて愕然とすると言うのは前のmdr-ex500slと同じです。分かってる人にとっては、この価格で高水準にまとめられた納得の作りだと思います。ちゃんと進化も見られるのでmdr-ex500slのリプレースもオッケーですね。あと、イヤーピースがsml2セットずつ(ssは1セット)付属します。これはピースを無くしやすい自分にとっては非常にありがたいです。が、相変わらず付いてくるケースの方はいらないと思います。それならイヤーピースをもう1セット付けて欲しいとおもいます。.

 音質を評価できるほど音楽を嗜まないので、音質に関しては他の方のレビューを参考にしてもらえればと思います。個人的には、以前に使用していた4000円弱のイヤホンではあまり聞き取れていなかった音が聞こえるし、音楽の聞こえ方にも十分満足しています。 しかし、一点だけ大きな欠点があります。ケーブルが服などとこすれた際のノイズが非常にはっきりと耳に伝わることです。歩きながら使用するような用途にはお薦めできないと思います。落ち着いて音楽を聴くには非常に良いイヤホンと思います。.

ベスト Sony カナル型イヤホン ゴールド Mdr-Ex510sl/N 買い取り

This entry was posted in イヤホン and tagged . Bookmark the permalink.