ソニー(SONY) ソニー SONY 完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-SP700N BM : Bluetooth対応 左右分離型 防滴仕様 2018年モデル ブラック – 音はいいけど充電は。。。

2018年4月に購入し、9月に右イヤホンの充電が不安定になりました。ソニー銀座ショウルーム経由で修理依頼したところ、充電端子の一つが腐食しているとのこと。購入して半年、保証期間内ですが、スポーツタイプのイヤーフォンでも、使用者の責任だそうです。修理代金は、なんと2万2千円強。新しく購入した方が安いのに、平気でそう連絡して来ます。取りに行ないと郵送もしてくれず、間違いなくひどい商品です。先月、水泳中でも使える新商品を出していますが、購入は止めた方が良いでしょう。半年で充電端子が腐食するスポーツタイプの防水タイプ、しかも海水でも使えるなんて物が信用できるはずがありません。製造者保証は無いと思って、購入を。.

Great as expected but need better battery life.

音を追求したらキリがありませんが音質重視にすればまぁそこそこの音です。軽さ・快適さ☆5音質 ☆3.5ノイズキャンセリング ☆3ぐらいな感じです。あと充電ケースが小さい作りのせいか充電するときの入れ方のこつがいります。.

音質やノイズキャンセル機能、バッテリーの持ち以前の問題で音の遅延が驚くほどひどいので買ったその日に捨てました。最低最悪。.

ソニーの有線mdr-nwnc33とパソノミのワイヤレスイヤホンx9を使用している者の感想です。上の2つの音はそれなりに満足している身ですが、nwnc33については不満はありませんが、昨今のスマホにイヤホンジャックやxperiaすらnc機能が非搭載になり問題が生じました。x9については電車や道を歩いているだけで音切れが多発しイヤホンとして機能しませんでした(入浴時などには気軽に使えて愛用しています)。そこでこの製品を試しに購入しましたが、手軽に持ち歩けるワイヤレスncイヤホンとしては良いと思います。今の所音切れは然程なく、nc性能は強くはないですが実感出来ましたし、音も上の2つと同等と思えます。ただし、動画鑑賞用やゲーム用としては音ズレが明らかにあるのでお勧めできません。あくまでも私レベルの耳でワイヤレスでnc機能が欲しい方の音楽用としてはお勧め出来ます。.

イヤホンマニアではない事を前提で個人の感想です。音:重低音重視でかつクリアでいいと思います。中学から社会人までこれまで10個程度使ってきた中ですが。特にベース重低音グルーブが。強すぎると思う方は調整できますし。フィット感:全く問題ありません。通勤中はもちろん走っててもとれたことないです。私は右耳穴が左耳より少し小さいのですが4種類大きさを選べるので問題ないです。異常な使い方をしない限り落ちることはないかと思います。充電ケース:好きです。片手でシャッと開閉出来るのが気持ちいい。使っててなんだか満足感高めてくれます。ノイキャン:ncヘッドフォンと比べると当然質は落ちますが、音に集中するには全く問題ないです。バッテリー:ここが少しだけ不満です。3時間程度なので映画2本続けて観れない。私はほとんどそんなシチュエーションないですが、一日中動画や映画ドラマを見る方には辛いかもしれません。充電ケースで2回充電できるので使わない時に充電していれば遠出の出張や旅行には問題なかったです。買って本当に良かったと思います。.

ケースに入れると充電されるはずデスが、中に入れてて、ケースを充電しました。それでいざ外で着けたら、充電が足りませんって💦ふざけんな💢接触悪いのか知らないけど最悪❗安い物はダメ…って程安くもないし‼️最低だよ💢.

「さすがsony」の音質です。すごく音がいいです。片耳ずつ使用できるということで1回の充電で3時間しか持たなくてもいいと思ったけど、左耳を充電している時は右耳のみで再生ができないので、左耳の充電がなくなったら聞けません。3時間だと、家から出かけて帰宅するまでもたないこと多いです。しっかりケースに入れないと充電できないです。.

利点と欠点

メリット

  • この値段でこの性能なら十分でしょう。

  • 二連続の不良品・何よりもSONYのカスタマーサポートが最低

  • 結局AirPodsが最強です。

デメリット

充電ケースから取り出してペアリングされ、使いやすく良い商品ですが、3時間しかバッテリーもたないのが、もったいない….

 長く愛用していたwm600の電源がついに入らなくなった。イヤホンにはまったく詳しくないけれど、尖りきっていない柔らかくて心地よくも明瞭な音が好きで、他社のいくつかのイヤホンを間で試してみたけれど、納得できなくて戻っていた。 疲れないイヤホンが好きな私にとって、やっと新しいイヤホンに出会えたと感じた。 あまり評判は高くないけれど、sonyにしてよかった。  ノイズキャンセリングが目当てで買ったけれど、花粉症の季節の空気清浄機の音は、音楽とノイキャンの組み合わせでほとんど気にならなくなる。食器洗い機の音もノイキャンだけでもずいぶんましになった。そして、ノイキャンがもっとも役に立ったのは、体調を崩したときの病院の待合室でのざわめきを軽減してくれたときだ。  考えてみれば、私は片道2時間もかけて通勤しない。 肌も弱いから、4時間もぶっ通しで音楽を聴けば耳がかぶれて赤くなってしまう。だからそんなに長くつけることはない。 スポーツもしない。防水は夏場にならないと真価は分からないけれど、今のところは問題なし。 耳は下手なピアスをつけるよりよほど軽い。ケースもすごく軽い。首周りのわずらわしさから解放され、肩こりの心配も無用だ。 ケースに収納しておけば、帰りには充電できている。赤ランプが点灯していることを確認してから閉じれば充電ミスは防げる。  接続優先モード にすると、iphoneのスピーカーと同等の音質。音はそんなに綺麗じゃない。デフォルトでは接続優先モードだから、すぐに音質優先モードにした。 音質優先モードにすると、とても綺麗な音。耳に楽で心地よくてでも明瞭な綺麗な音になる。最初はスマホとほんの少し離れただけで音が切れていたけれど、どうしてかしばらく使っているうちになくなった。音質優先モードでもwm600と同じくらいの距離まで離れても大丈夫みたい。もう接続優先モードにはしたくない。 専用アプリを入れれば、体調に合わせてイラコライザーの調整もできる。  ただし、色の話。ピンクはなかった……ひどい色だ。 これはピンクではなくて鈍い赤紫色と呼ぶべきだろう。全体的にまるでおいしくないお店のこし餡みたいな色をしている。肌をきれいに見せる色でもなく、少なくとも黄色人種の肌をくすませて見せる色だと思う。どうして合わせやすいピンクじゃないのかな、iphoneみたいな色だと勝手に思い込んでピンクに決めてしまったことを反省している。 デザインは好きなのに、そのピンク色を見るたびにかなりテンションも下がる。実物を見られないような場に住んでいるから仕方がないことだけれど、色は本当に残念だった。 とはいえ色は別の色を選べばよかっただけのこと。ほかの色を見たわけではないから、評価の点数には色のことは加味しないことにした。.

充電がミスが多い。ケースが悪くて、いざ使おうと思った時に、使えないことがしばしばあります。ケース内部できちんと収まっていないことが原因です。スイッチを切ったつもりでも、ミスでケース内部で放電している。ケースに入れても、移動中外れていて使えない。m(_ _)m.

・音はいい(bose>sony>jabra>airpods)・接続も早い・操作性が悪い(iphone使用者故もあるが、airpods>>jabra>sony>bose)・フィット感は普通(airpods>>sony>jabra>>bose)カッコ書きは全て最新の完全ワイヤレスイヤホンの比較。iphone使用者なら絶対にairpodsが最高。音質も特別悪いわけでもないし。.

完全ワイヤレスイヤホンを求めて、高評価レビューを参考に安価の物から試させて頂きましたが、安価なものは初期不良だったり、wihiを謳っていても、やはりそれなりに音質が希薄な上、こもっていたり音切れがひどかったりでストレスが溜まっていまして、今回のこのソニー製品も低評価レビューを見る限り安価物同様の評価がされていて、「完全ワイヤレスイヤホンでは無理なのか。」と思ったものの、これまで何かとソニー製品を購入してきたので、「これでダメならワイヤレスは諦めよう」と。最後の頼みの綱のつもりで購入を決意。開封後まずはアップデート。結果、walkmanの有線と変わらないくらいの音質でびっくりしました「これだよ~」。いわゆるソニー特有のドンシャリと言うのでしょうか…これは好き嫌いがあると思いますが、決して希薄ではないこの高・中・低。私はこれを求めていたので大満足です。レビューにもあるような、いろいろな場面での試しはまだしていませんが、接続も今のところ全く途切れることなくアマゾン動画の遅延も感じる事なく(youtubeはまだ試していません)、ストレス0です。スマホアプリでのイコライザー調整、充電残量確認も出来てとても良かった。あえて言うのであればbluetooth切り替え時とかに発生するブツブツ音、しかしこれはごく小音のため、気にするかしないかは人によるものでしょう。私の場合これ位は全然許容範囲。只、難点はやはりレビューでもあるように稼働時間約3時間、とケース側の充電残量目視ができない事でしょうか…。なので本当は星4. 5なのですが、全体的には大満足なので星の選択上5です。暫くお付き合いさせて頂きます。.

同社の有線のものと比べてノイズキャンセル機能はイマイチです。ノイズキャンセルされた感じがあまりしません。外部音の取り込み機能は、イヤホンを耳に差したままで会話ができるので便利ですが、こちらも取り込み力がイマイチです。音飛びが激しいのと、短い音源は再生されませんでした。airpods の代わりに使おうと思いましたが、airpods のほうが音もいい気がします。ただ、こちらは耳にさせば落ちる心配があまりないので、その辺はairpodsより優れてます。.

いろんな人の商品レビューをみていて買って良いものかやめておいたほうがいいのか迷ったあげく思いきって買いました。伝えたいのは多くの人が動画を観ると音声がズレると言ってましたが、私はxperia so-02jを使ってますが音声のズレはほんの僅かで違和感なく動画を観れています。ここんとこが心配だったんですが良かった。てことはsony同士なら大丈夫!音質やノイキャンは人によると思いますが私はvery goodではなくgoodです。密閉式のヘッドホンと比べてしまったからです。最終日には良いものを手に入れたと満足しています。大切に使いたいと思っています。.

トゥルーワイヤレスは色々試したが、これ程ガッカリしたのは無いです。遅延と切断が酷すぎる。ソニー製でソコソコ期待していたのですが、余りのガッカリ具合でレビュー書きました。.

ノイズキャンセリングはさすがsonyだなと思います。ただ神戸から大阪まで通勤していると充電が最後までもたないです。しかしこの小ささで2時間持ってるのは凄い事なのかなとも思います!.

特徴 ソニー SONY 完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-SP700N BM : Bluetooth対応 左右分離型 防滴仕様 2018年モデル ブラック

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • IPX4相当の防滴対応 汗や水しぶきに強いスポーツモデル
  • ケーブルから解き放たれる bluetooth対応左右完全独立型イヤホン
  • 雑音を気にせず運動に集中できる デジタルノイズキャンセリング対応/高音質フォーマット「AAC」対応
  • 本体を最大2回分充電可能 本体色に合わせたカラーの専用ケース付
  • 運動中の使用を想定しサポーターを新開発 高い装着性を実現
  • アプリ「Sony | Headphones Connect」に対応 アプリを使ったサウンド設定が可能
  • ノイズキャンセリング機能有
  • 付属品:充電ケース ハイブリッドイヤーピースロング(SS、S、M、L 各2個) アークサポーター(M、L 各2個) マイクロUSBケーブル
  • 連続音楽再生時間:最大約3時間
  • 重量:左右各7.6g

メーカーより

左右独立型の形状により、ストレスフリーで快適な音楽体験を実現します。スポーツやフィットネス時にもケーブルが気になりません。

電車内や航空機内などのリスニング時に、走行音やエンジンノイズなどさまざまな騒音を低減します。ノイズをカットすることで、ワークアウトにも没頭できます。

JIS防水保護等級IPX4相当の防滴対応、突然の雨や汗、水しぶきからヘッドホンを守り、運動中でも快適に使用可能です。

本体左側ボタン二度押しであらかじめ設定しておいた「外音コントロール」と「イコライザー」に瞬時に切り替えることが可能です。

2回分の充電が可能な、専用ケースを付属。さらに、ケースから取り外すだけで、自動で電源ONになるので、一度ペアリングを完了させた端末であれば、ケースから取り出すだけでBluetooth接続がスムーズに行えます。

NFC搭載のスマートフォンや、おサイフケータイ(R)対応Android(TM)搭載スマートフォンなら、ケースに搭載のNFCとワンタッチでBluetooth接続が可能です。

付属品一覧

4サイズのイヤーピース

2回分の充電が可能な、専用ケース

専用ケース使用例

音質に影響するダクト部分と、ノイズキャンセリング性能を左右するマイク部分、それぞれに最適なメッシュ素材を採用。左右独立型スポーツモデルとして初めて、汗や水しぶきに耐えられるIPX4の防滴性能と、静けさ

Presented by PHILE WEB

AV/オーディオ/ガジェット情報サイト『PHILE WEB(ファイルウェブ)』(http://www.phileweb.com)による商品レビュー。

PHILE WEB(ファイルウェブ) プロによる商品レビュー

“シーンを選ばず使える”新完全ワイヤレスイヤホン

ソニーから新世代の左右独立型ワイヤレス「WF-SP700N」が発売された。テーマに掲げるのは“スポーツ”、そして重低音シリーズ“EXTRABASS”との融合だ。

さらにスポーツモデルの左右独立型イヤホンとしては世界初、デジタルノイズキャンセリングに対応する。外見は丸みを帯びたフォルムで男女問わず使えて、かつスポーツウェアだけでなく、アウトドアテイストのファッションにも似合いそうだ。

ノイズを軽減し運動に集中できるのも、本機ならではの魅力だ。さらに防滴仕様「IPX4」相当までカバー(※イヤホン本体のみ。ケースは非防滴仕様)しているのもポイントだ。

実際に「WF-SP700N」を装着してみよう。なるほど、たしかに全身を動かす運動や複雑な体勢でも外れにくくなっている。アークサポーターのお陰もありフィット感は抜群。従来の“ワイヤレスイヤホン”で常に存在を感じていたケーブルから解放される心地よさと、身体を動かすことへの抵抗感がなくなるメリットを改めて実感できた。

実際に本機のサウンドを確認してみると、沈み込む低音の強烈なボリューム感、メリハリの効いたキレある高域と、よい意味で「WF-1000X」と全く異なるチューンに驚かされた。

抜群に相性よく聴けたのが、ブルーノ・マーズの「24K Magic」。ビートの厚みと心地よく響き渡るビート感、サウンドに包み込まれる音の空間再現とともに、ボーカルの歌声が予想以上にクリアで、音楽への没入感は最高潮に達する。

またテストしていて感心したのが、屋外で音楽を聴いた際のバランスのよさ。ノイズキャンセリングをオンにすると、安全性に配慮してか、車の加速音などは聞こえてくるものの、音楽の大敵である響くような低域の騒音は程よくカット。小音量で音楽を流してみても低音のビートはズンズンと気持ちよく響かせる。

ソニー「WF-SP700N」は、「WF-1000X」よりリーズナブルな価格で登場したこともあり、入門機と捉えられがちだが、全くキャラクターの異なるニューコンセプトモデルであることを強調しておきたい。

左右独立型ワイヤレスとしての作り込みのすべてが、日常使いはもちろん、“スポーツ”にも気持ちよく使える仕様で貫徹されている。音楽を聴くだけでなく、普段から運動も適度に行うアクティブなユーザーにフィットするモデルといえるだろう。

  • このレビューは PHILE WEB 所収記事を短くまとめたものです。記事全文や写真は以下の元記事でご覧いただけます。
  • 元記事URL:https://www.phileweb.com/review/article/201805/11/3017.html
  • 文:山本 敦
  • 執筆日:2018年5月11日

普段はbeats x とiphone付属イヤフォンを使っていました。イヤフォンに関しての知識はあまりありません。検索程度です。イヤフォンマニアでもありません。低音がドスドス響くものが欲しくなって、こちらの商品の購入に至りました。語彙力ないですか、レビューします。良い点ドスドス感は希望通り。低音がいい感じに響きます。ノイズキャンセリングモードがすごい。通勤時使用中、雑音が一切しません。集中できます。アンビエントサウンドモードがすごい。ランニングに使用中、車の近づいてくる音、鳥の鳴き声、音楽を邪魔しない程度に聞こえます。悪い点bluetooth接続が良くない。同じbluetooth接続のイヤフォンでbeats xを使っていますが、音飛びを経験した事がほとんどなかったので、とても目立ちます。音遅れもすごい。動画視聴にはこのイヤフォンは使用できません。ズレすぎて話が入ってきません。笑あとはイヤフォン装着時の見た目。そら豆が耳にくっついているような感じ。かっこよくはない笑もうすこしコンパクトならいいなと思いました。総合すると、音質、低音の響きは希望通りで音楽を聴く時は満足。動画視聴は全く適さないので、イヤフォンの使い分けが必要でした。bluetooth接続がもうすこししっかりしてたら、満足なのになあ。.

飛行機での移動が多いので、ノイキャンの機能を重視して本製品を選びました。同時期に購入した、boseのsoundsports freeとの比較です。低音:sony > bose中域:bose > sony高音:bose > sony装着感:sony > bose外音遮断:sony > boseあくまで個人的な感想ですが、一長一短な2機種です。何を重視するかで、選択するのが良いでしょう。.

機中泊対策で購入。quietcontrol 30と迷いましたが価格の安いこちらにしました。イヤーパッドが良いのか装着した時点で騒音が半分位になり、ノイズキャンセリングonでプラス10~20%くらい静かになる感じです。なのでエンジン音が聞こえなくなることはありませんが、ストレスは大幅に軽減します。音楽再生せずノイズキャンセリングだけ使用したので電池の持ちは大丈夫でしたが、耳栓としては随分高いですね。bluetoothトランスミッターがあれば機内エンターテイメントをこれで楽しめるので次回の旅行/出張までに買っておこうと思います。.

追記:充電器の反応が悪すぎます。せっかくつけてもbattery level lowと言われ激萎え。音質は申し分なし。機能も文句はない。ですが大幅な遅延が少し残念です。そして、ノイズキャンセリング機能は無いに等しいのではと思います。ただ音楽でかき消しているだけな気がします。バスの車内アナウンスがモロに聞こえてきてビックリしました。今後の技術に期待します。.

最悪の商品です。音質が良いかどうかを判断する前に、安い中国商品でも切れない所でアイフォンとの繋がりが切れてしまうのがものすごく頻繁です。それにアイフォンの画面と音のインターバル?が長いので、映像は全然見れません。曲を聴くのも画面と1秒以上差が出てしまい、人をムカつく商品でした。実はこれ、返品するつもりでしたが、返品可能時期に稼働時間が280時間ほど出るぐらい超超忙しい時期だったので、返品も諦めて家のどこかで捨てられてます。我慢して3日ほど使ってみましたが、人が使うものではありません。.

Iphoneに接続できない!ノイズ除去と言う機能が全く効かない上、イヤホンの電源が入れると、ノイズが発生する。持ち込み修理もできない!.

レビューにはいろいろな評価があったので冒険半分買ってみたが2か月使ってみて買って良かったと思う。1.付け心地最初はなかなか耳に安定して装着できなかったが、イヤーピースが4種類付属しているので付け替えてみたらぴったりのがあり安定した。アークサポーターは有効でぶつけたりしない限りまず落ちることはない。(ランニングや犬の散歩、電車内での使用)2.サウンドアンビエントサウンド(外音取り込み機能)とノイズキャンセリング機能は有効ではっきりと違いが感じられる。スマホアプリ(sony | headphones connect)を使用すれば重低音が響くイコライザーモードも選べとても良い音。完全ワイヤレスでここまで良い音が出せることに驚く。レビューに多く書かれていた、混雑した駅などで音が途切れる現象も全く起きていない。3.ノイズキャンセリング機能ノイズキャンセリングモードにすると殆ど外音が遮断できる。アンビエンスサウンドモードにすれば、電車のアナウンスなど適度に外音が聞こえる。4.連続使用時間と充電時間電車内での連続使用(英会話学習と音楽鑑賞)で約3時間もった。キャリングケースに収納して充電時間も30分ぐらいで満充電になり、確かに2回分充電できた。5.もうちょっとな点(大したことではないが)・スマホアプリで「クイックサウンドセッティング」をする時に左イヤホンのボタンを押すのだが、相当素早く2回押さないと切り替わらない ⇒慣れが必要。慣れればミスなくできるようにはなる。・ランニングで走り始めの時に足が着地するたびにザッ、ザッとイヤホンがずれるような雑音がするが、走っているうちに慣れる ⇒これはどの完全ワイヤレスイヤホンでも同じなのかもしれない。.

遅延が酷いです。映画等見る場合音声が遅れるのでおすすめしません。電池も思った以上に減りが早いです。やはり、開発が出遅れた分他より性能がわるいです。他メーカーのイヤフォンより性能が悪く値段が高いような気がします。.

音はまぁ良いでしょう、外で使うものなのでそれほどクリアなもの求めるものでもないでしょうししかしながら音が割とよく途切れる、音量操作が出来ないのでかなり不便、ボタンが安っぽくはじいた音がビョンビョン鳴ってウザイ、充電がはめ込み式なのでできているかどうかが分かり辛い上に保管時にずれたら当然充電はされていない、その上稼働時間は短い、ケースがバッテリーとなっているがアクティブに動くならケースの不格好さは場所をとると不満点は多いです同じ仕様でノイズキャンセルなどを省いた安いモデルがあれば買いだと思いますがこの価格でこの性能程度なら不満はありますネックコードタイプの方が操作も充電も良かったですがあっちは走る時にコードがズレてイヤホンを引っ張るのがうざかったのでその不満点が解消されている分こちらで満足してはいます.

音質とか装着感とかノイズ除去具合とかはいいんだけど、バッテリーの持ち時間だけは残念でした。カタログスペック上では「電池持続時間(連続音声再生時間):最大3時間(nc on)/最大3時間(nc off)」と記載はされているものの、1年弱の利用した段階で、ノイズキャンリングonの利用では2時間も持たなくなりました。ちょっとした出張でも使えるものと期待していただけに残念です。さらに残念なのは修理対応でした。チャットサポートでは、ファームウェアのバージョンアップや初期化を実施して様子を見てくれといわれ、それでも症状は改善しなかったので、lineで問い合わせを行うと、日本に4箇所しかないサービスステーションに持ち込むか送料を負担して送付するかの2択を迫られるも、近場に修理受付窓口(街の電器屋さん)があるのでそこに持ち込めば、事前に案内のなかった保証料1080円を請求される始末でした。そして修理は修理で「症状再現なしのためしばらく様子を見ろ」とのことで、なんら改善されることなく手元に戻ってきました。いったいどれだけ様子を見続ければいいのでしょう。修理内容というか検査内容に不信感があったので、ソニー修理窓口に電話をすれば、修理受付窓口(街の電器屋さん)経由で修理を依頼されたものだから、詳細については修理受付窓口(街の電器屋さん)に相談しろとのことで、修理を実施したソニー修理窓口とは会話すら出来ず、かといって修理受付窓口(街の電器屋さん)では「うちに聞かれてもねぇ」といった態度で、修理体制自体に問題があると思いました。今回は2万円程度の商品だったので、まぁ我慢しようとは思いますが、高額商品でこのようなお粗末な対応をされては困るので、以後ソニー商品には気をつけたいと思います。.

Amazonで購入し、一度左から変な音がするので交換いたしました。その後amazonからは「次はamazonじゃなくてsonyに言ってね」という連絡が来ました。まあ妥当かも知れません。そして不具合が発生。ケースから外しても自動で接続されません。lineで対応ができるというのがあったのでsonyに連絡したのですが、4回連続で日本語が不自由な方が出ました。受動態を使えていないのでいちいち「こういう意味ですか」と書き直して送り確認しなければならず、また返答もあまりにも遅くlineの意味がありません。結局「lineでは返品は対応できないのでメールで」と言われました。その結果来たメール(これは日本人の方です)はなぜか「ソニー使い方相談窓口」から。しかもかなり日が経っています。結局コピペの案内が来ました。そのあと上手くいかないの旨返信したのですが3日待たされてまた来たメールには「返品は受け付けていない」とか。それはそうでしょう。使い方窓口ですからね。「lineでは返品は対応できないのでメールで」というのは何だったんでしょうか。そうしているうちにもう2週間近くが経過しています。sonyってこんなダメな企業なんですね…。製品の仕様について気になるのは、他の方も書いている通り遅延がひどいことで、動画は見れません。カスタマーサポートも日本語不自由ともなればもう中国製の安いので良くないですか?〜追記(amazonも最低でした)〜amazonにもこういうことがあったと送ったのですが、なぜか何日も何日も返信がなく、何度か催促した末にやっと返金は無理とだけ返信が来ました。は?っていう感じですね。ここに他の件を書くとレビューとしてamazonが断ってくるので(そういうところも気持ち悪くて見るに耐えないですが)amazonのカスタマーサポートも大概です。日本語についてはsonyより上ですが。大体交換した品がまた不良品というのが本当に信じられないし、amazonはsonyから不良品を安く仕入れてそれを売っているのではないでしょうか。製品の到着から1ヶ月経ってしまったらもう後は返金はできないというのは(全く使えないのに)、他の家電量販店とかでは全くありえない対応ではないと思います。全く使えないゴミなのにです。一度考えてみて下さい。しかもこれだけの回答に何日も待たせて催促までさせてですよ?どうしてもsony製品が好きで(あるいは日本企業頑張れ的な気持ちで)この製品を買う方も、amazon以外での購入を検討してくださいね。.

音も接続も良いのですが、電池が最悪です。2時間持たないのは商品の引きの悪さでしょうか?.

今まで、両耳が線で接続されているタイプのワイヤレスを使っていましたが、どうしても線が引っ掛かって邪魔で、今回、完全なワイヤレスを購入しました。皆さんのレビューに書かれているような音の途切れはほとんどありません。私は購入後、すぐにheadphonesconnectをインストールし、すぐにヘッドセット側のファームウエアをアップデートしました。だいぶ時間がかかりますので覚悟のうえ実施してください。もし、音が途切れる方は試してみてはいかがでしょうか?改善されるかも。とにかく、完全なワイヤレスを体験したら元には戻れないほど快適です。音質も低音高音とも豊かで聞きやすいです。好みでアプリ内のイコライザーで調整できるところも良いですね。とにかく、今まで使った限りでは欠点はありません。購入して良かったです。.

スポーツ用として購入しましたが、予想以上に大きく、重いです。しかもこんなに大きいのにバッテリーも2時間程度です。現在は使用しておりません。こんな時代遅れのイヤフォンはソニーブランドじゃなければ売れないと思います。ケースも大きいのに2回ほど充電したら無くなります。2度とソニーのイヤフォンには手をだしません。.

先に結論から言います。この商品は通学通勤に一時間半以内の方、またはスポーツをする方にオススメしたいです。というのもこのイヤホン改善すべき点と良い点がはっきりしております。改善すべき点としては接続性と稼働時間です。接続性はやや弱く、混んでいない道でも携帯ショップの近くなどやや強い電波があるところだと音が飛びます。稼働時間は三時間あるとは書いてあるものの、acc非対応の機器の場合、稼働は最大二時間となっておりますので注意が必要です。しかし良い点も多々あります。音質はソニーらしさがあり、エクストラバスにより低音もしっかりサポートされます。ノイズキャンセリングもうまく機能し、地下鉄でも快適に過ごすことが可能です。これらの機能は二万円わかる商品だとこれ以外には見当たりません。こういった点から使用時間が短い方や、都市部に住まれていない方にオススメの商品だと思います。私は通学時間が長く、新宿などで多々音が切れるためこの星の数にさせていただきました。.

・音質は良いと思います。風切音を多少感じることがありますが、ある程度しょうがないと割り切れる。・装着感もとても良い。軽くてフィット性が高い。・バッテリーの持ちは、連続使用時間スペックの3時間に対して、2時間程度しか持たない。フル充電で使用しているものの最長2時間10分程度でパワーオフになる。※3時間に近づける改善方法があれば、教えてください。.

周りの音が本当に聞こえなさすぎて驚く電車などのブレーキ音なんかもかなり消せます装着時でだいぶ音遮断されるので人によってはノイズキャンセリングじゃなくても良きかも.

ジムで使う為、最低限の防滴性能とノイキャンの両立はこれしか無いので購入。電器屋で視聴してから購入。電器屋ではbluetoothが飛び交って混線してましたが街中で普通に使う分には全然問題なし。車にスマホ置いてコンビニ行っても余裕で再生出来てます。ワイヤレスで音ゲーやる人はいないので、動画、音楽を聴くにはタイムラグは許容範囲内。バッテリーライフ、最近は5時間以上の機種多いので比べたら短いです。使ったらケースに戻す習慣付ければ問題なし。操作感、タッチでは無く物理ボタンなのも便利です。遮音性、かなり良い方だと思います。とくにノイキャン、アンビエントの差がしっかりあるので実用的。ノイキャンオンだとアクセル全開にしても7割くらいエンジン音、ロードノイズ、パターンノイズ、風切り音、対向車の音、騒音カットされますので恐いくらい静かです。.

音質には不満はありません。色々なレビューで言われている通り低音の響きが非常に良いです。しかしこれもレビューにある通り接続切れ(ブツブツと音が切れる)や遅延は避けられないでしょう。.

近未来的なデザインで見た目も機能も良いと思います。ジョギングに使用していますが防水機能も有難い。ただ、電池の持ちは悪く実際に使用したところ2時間半ほどで切れました。電池の持ちが倍になれば申し分ないですね。.

初のソニーワイヤレス今までエラートなど使ってましたがバッテリーが片方時々充電されなく買い換えましたなかなか使い心地いいです 音質はソニーのアプリのイコライザは使い物にならない今自分が使ってるteacのミュージックアプリのイコライザの方が使える普通はaacで聞くのですが自分はsbcで繋げてます。重低音で聞くなら問題もないし音質も変わらない ノイズキャンセリング使ってもそんなにバッテリーが減らないので悪くない気になる音切れも全くないです.

アンビエントサウンド時・ノイズキャンセリング時の風きり音が気になる音質は重低音が効いて良い装着感も良い、軽いノイズキャンセリングは結構効き、さすがsonyだなと思うただ、装着しただけでもかなり音が遮断されるのでノイズキャンセリングは本当に必要かは使用者しだい長時間使う自分にとっては、やはりバッテリーの持ちが少ないのは気になるところ.

音は良かった。電池のもちが悪い。半年ほどで片一方が充電できなくなり修理を依頼。充電プレート部の腐蝕で、補償外のため有料だとのことです。ジムのみでの使用なので、汗が原因?でも、防滴仕様では?修理費は1万3千円だそうです。普通に使っていたのに!やり切れません。.

ベスト ソニー SONY 完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-SP700N BM : Bluetooth対応 左右分離型 防滴仕様 2018年モデル ブラック 買い取り

This entry was posted in イヤホン and tagged . Bookmark the permalink.