ソニー(SONY) ソニー SONY ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WI-C600N : Bluetooth対応 / 高音質モデル / apt-x対応 2019年モデル ブラック WI-C600N BM – 音が違う

まずは取扱説明書ですが、昨今の電子機器は小型化されているために、取扱説明書も小さく、老眼の私には読むのが一苦労しますが、この説明書はそれなりの大きさの説明書+字のために読みやすいです。bluetoothへの接続ですが、この手の機種は非常に簡単に出来ます。音質ですが、以前から併用しているコードがあるものと比較すると、高音質と書いてありますがやはり若干劣ってしまいます。ただしsony製品のせいか耳と隙間も出来ずらくて良いです。ワイヤレスなのでこの音質で私は十分合格点だと思います。あえて残念なところを書きますと、ここ最近はワイヤレスも左右独立型が流行り、しかもはずしている間に充電できるのが主流になっていますが、音楽連続再生時間最大7. 5時間(ノイズキャンセリングoff時)をもう少し伸びないものかと思います。飛行機で海外に行く時などは、どうしても道中で電池がなくなるので。また首元でスマホを操作できるようですが、もともとスマホは手に持っていることもあるし、ポケットに入っていてもすぐに取り出せるので、首元での操作は個人的にはすることがないため、この機能を外して軽量化に勤めて欲しいかなと思いました。あえて残念なところも記載しましたが、合格点のイヤホンだとは思います。.

<音質の印象はクリアサウンド>全体的に高音がしっかりしているので、低音が弱く感じます。圧縮されて消えた高音を補完しているらしくクリアなのでシャカシャカした音はしません。<ノイズキャンセリングは軽め>ノイズキャンセリングは、キャンセル力が弱めですが、キャンセリングに特有な耳に圧迫感もあまり感じません。<操作性普通>ボタンは少し押しにくいです。音量調節は出来ますが、曲の送り、戻しが端末やアプリによっては上手くできないようです。私の端末は、グーグルアシスタントが起動してしまい、曲の送りが出来ませんでした。<装着感>軽く首に乗るので装着感は快適です。イヤーチップは4種ついています。個人的にはもう一段階大きいのが欲しいです。<まとめ>低音がもう少し欲しいですが、クリアサウンドが好きな人は良いと思います。ファッショナブルでおしゃれでカッコイイです。.

良くも悪くもソニーらしい音ですね(メリハリのあるドンシャリ)mdr-ex500slからのソニーファンですが、bluetoothで、ここまで良い音(メリハリのある弱ドンシャリ)は驚きです。また、ネックバンド方式は負担も少なく、快適な付け心地です。電池の持ちも許容範囲ですし、デザインもソニーらしいシャープな形で好感が持てます。注意点としては、ノイズキャンセリング効果がイマイチで、こちらの機能重視の方には……。ただ、ソニーファンなら、買って損はないと思います→後は、断線の恐れがあるので携帯ケースは必須ですね。.

Bluetooth接続も難なくできました。電車内でのノイズキャンセラー機能はやはりソニーが抜群に良い。完全ワイヤレスに慣れているので、ネック部が邪魔に感じる。あと、会社について片付けるときに別売りのポーチなどあった方がいい。音質などはハイレゾ機能まで求めなくても、個人的には充分に思います。.

ワイヤレスはこれで4つめです。値段もピンキリを使っていました。それらと比べて、明らかに音質が違います。ノイズキャンセリングが効いているのかどうかわかりませんが、細かい音までしっかりと聴こえます。ノイズキャンセリングも、完全に音をシャットアウトするわけではありませんが、電源を入れた途端にノイキャンが始まり、ノイズをギュッと絞っていくのが分かります。高音域のノイズの遮音性は高い気がします。また外部の状況に合わせ、自動で3段階にノイキャン対応するものや、外の音を取り込む機能もあったりと楽しいですね。外の音を取り込む機能というのは、例えば電車で車内アナウンスが聞こえやすくなったり、店のレジで、ヘッドフォンを外さなくても声が聞こたりという感じです。携帯性もよく気に入りました。.

ネックバンドタイプのワイヤレスイヤホンは初めての使用ですが、思っていたより装着感が良く驚きました。もっと襟元で鬱陶しく感じるものかなと勝手なイメージを抱いていましたが自然にフィットし、軽い。何より落としてなくさない安心感がいいです!私はおっちょこちょいで、完全ワイヤレスのものも所有しているのですが移動中に落として紛失しました。目が悪いので雑踏の中で落とすともう絶望的なんです……これなら繋がっているので何かの拍子に外れてもなくしたりしない。操作ボタンがネックバンドにあるというのもとても操作しやすくストレスがありません。(完全ワイヤレスは誤爆することが多いんですよね…)音質は高音の抜けがいい感じ。でもキンキンしないので聴き疲れしにくいと思います。ノイズキャンセリング機能もあり、私の環境ではbluetoothが途切れたり干渉してノイズが入るということもなく快適でした。グレーという色もどんな洋服にも馴染みやすく使いやすく感じました。ネックバンドが柔らかく意外とかさばりませんので私はカバンの大きめの内ポケットを専用にして入れていますが、ケースがついていると尚よかったですね。.

Bluetoothでの接続になるので音ズレはどうしても気になります。音ゲー等はまず無理です。ですが一番大事な音質がすごくいいです。包み込まれるような音というか高音から低音までしっかりと聴かせてくれます。ノイズキャンセリングの効果もあるのか聴いていて気持ちがいいです。ネックバンドに操作用のボタンが配置されていて電源、音量調整や曲送り、ノイズキャンセリングのon-offが出来るようになっています。ネックバンドも硬いものではなくラバー製か割と柔らかいものでかけていて不快になる事はありません。ただネックバンドなので首にかけるのですがかけたままではボタンが見えずらくある程度配置を記憶していないと操作しづらいものはあります。ボタンも小さくラバー製なのでしっかりと押し込まないと反応してくれないのも気になる所ではあります。それでもワイヤレスでこれだけの音質は率直にすごいと思いますしできるだけ多くの方に体験してほしいです。.

さすがはsony、boxも高級感あり、最近、おざなりにされている説明書もきちんとしていて、プレゼントにもとても良さそうだなぁと思いました。デザイン的には、iphoneがとても意識されていると感じます。私はandroidユーザーですが、早速、アプリもdlして使ってみました。いろんな音に変えて楽しめます。全然こだわりのない私でもちょっとこだわってみたくなる商品ですね。グーグルアシスタントの利用法も簡単で楽しい。ノイズキャンセリングについては、家事をしながら快適に聞こえるので重宝しています。ネックバンドもとても軽くてコンパクトで掛けているのを忘れてしまうほどです。もう一つ、ネックバンドタイプを持っていますが、比較すると柔らかくてイヤホン迄の長さもちょうどいいのでとても快適です。ボタンは慣れれば指先の感覚だけでいけます。とても気に入りました。ひとつだけ、機能が多い分、手持ちのものより若干、充電の減りが早く感じます。.

利点と欠点

メリット

  • 自然な装着感で疲れナシ、音質も満足
  • 流石はソニーさん
  • 音が違う

デメリット

素肌にかけるとネックバンドが冷たいですが、装着感は良い感じです。ただネックバンドがコンパクトな分、操作がイマイチしづらい気がします。しかし流石はソニーさん、音質はかなり良いです。ノイズキャンセリング機能や外音取り込み機能も便利です。専用スマホアプリがあれば、さらに自分好みにカスタマイズできる…といいますか、専用アプリがあって初めて機能をフル活用できるので、ダウンロードは必須かもしれません(そのまま使用しても十分ですが)。ちなみに充電端子はusb type-cですのでご注意を。とにかくお値段以上のワイヤレスイヤホンなので、買って損は無いです。.

耳への装着感、音質はさすがsonyだなと感じました。比較的廉価な完全ワイヤレスを試した時、耳にフィットしないせいでの音漏れや耳の痛みを感じました。これは付けた瞬間から快適に音楽に浸れて音質もよく、長時間の使用も負担になりません。bluetooth接続だけ今回なぜか手間取ってしまい、googleアシスタントが真っ先に邪魔してうまく音楽が聴けませんでした。ペアリングは問題なく出来たのですが、肝心の接続がされず、headphonesアプリと連携させて正常接続できました。その後は電源onにすれば普通に接続できるようになりましたし、別のandroidスマホとはすぐに接続できたので、googleアシスタントの絡みのせいなのか、真相ははっきりしていません。headphoneアプリと連携させるとイコライザーやカスタム設定で音も遊べて楽しいです。ノイキャンも個人的には十分です。徒歩で移動中に逆に怖いので外音取り込みを試しましたが、車の音や雑踏が音を邪魔せず聞こえてきて感心しました。私は新幹線で移動中も乗り過ごしや異常時などのために片耳外して使用することも多いのですが、ネックタイプはそれが気軽に出来ていいです。首にかけてもかけていることを忘れる軽さ、好きな時に外して紛失もなくまたさっと付けれるのはこのタイプの一番の良さだと感じました。私にとって一つ難点だったのは、ロングヘアのため首に掛ける時に想像以上に手間取ることでした。あと、ネック部分の操作が覚えるまでは非常に不便。目視しようとすると短すぎてよく見えないので。完全ワイヤレスイヤホンがケースで充電できたりモバイルバッテリーになるという利点はこのタイプにはありません。附属品に関しては、イヤホンの替え(ハイブリッドイヤーピース)がs・m・lサイズ各種付いています。acアダプタは別売り、ケーブルは次世代で活躍するはずのusb type-cケーブルが附属。androidスマホで広く普及しているbタイプは使えないので、附属ケーブルを失くさないよう注意が必要です。有線の方が音質が良いのは今の時点では否めませんが、とにかくからまりまくるのが超ストレス!そしてヘッドホンはもちろん音楽を楽しむのに最高ですが、イヤホンタイプは携帯するには本当に気軽に使えることを痛感。そしてある程度品質が高くないと快適に使いこなせないため、このイヤホンはこれからかなり活躍すると思います。.

特徴 ソニー SONY ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WI-C600N : Bluetooth対応 / 高音質モデル / apt-x対応 2019年モデル ブラック WI-C600N BM

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • 長時間再生と高音質を両立したネックバンド式ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン
  • 圧縮音源の高音域をクリアに再現する「DSEE」搭載
  • ボタン1つで3モードから最適なノイキャンを自動選択 デジタルノイズキャンセリング機能搭載
  • 長時間視聴に適した最大6.5時間(ノイズキャンセリングON時)のバッテリー
  • 独自開発の高感度6mmダイナミックドライバーを採用
  • 専用スマートフォンアプリ「Headphones Connect」対応
  • 首まわりに柔らかくフィットするシリコン製フレキシブルネックバンドを採用
  • ハウジング外側にマグネットがついており、首かけ時でもコードが絡みにくく快適
  • 環境音や人の声を取り込む「アンビエントサウンドモード」搭載
  • リモコン有

メーカーより

 

 

 

 

 

乗り物や街中などの騒がしい場所でも周囲のノイズを打ち消し、音楽に集中させてくれるデジタルノイズキャンセリング機能搭載。日常のより多くの場面で音楽に没入できます

首まわりに柔らかくフィットするシリコン製フレキシブルネックバンドを採用。さらにバランスの良い形状でずれにくく、長時間のリスニングにも快適です。

専用スマートフォンアプリ「Headphones Connect」で低音域の上げ下げなどをし、自分好みのサウンドに変えられます。

 

 

 

 

音楽を聴かない時にはそのまま首からぶら下げておけるネックバンドスタイルを採用。さらにハウジング外側にマグネットをつけることでケーブルがまとまり、首かけ時でも快適です。

  • 音楽連続再生時間最大7.5時間(ノイズキャンセリングOFF時)の長時間バッテリーを実現。ノイズキャンセリングON時でも最大6.5時間の音楽連続再生が可能です。

柔軟なネックバンドは小さくまとめてコンパクトに持ち運ぶことが出来ます。

 

 

 

 

NFC搭載のスマートフォンや、おサイフケータイ(R)対応Android(TM)搭載スマートフォンなら、ワンタッチでBluetooth接続が可能です。

ネックバンドに搭載されている操作ボタンを使ってスマートフォンなどの音楽再生機の曲送り/戻し、再生/一時停止、音量調節、さらには電話の着信を受けたり終話させたりなどの操作も可能です。また、Siri(R)やGoogle(TM)アプリといったスマートフォンの音声アシスタント機能の起動にも対応。

ノイズキャンセリングのON/OFFに加え、環境音や人の声を取り込むアンビエントサウンド(外音取り込み)モードのON/OFFおよびボイスモード/ノーマルモードの切り替えが可能。

ベスト ソニー SONY ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WI-C600N : Bluetooth対応 / 高音質モデル / apt-x対応 2019年モデル ブラック WI-C600N BM 買い取り

This entry was posted in Uncategorized and tagged . Bookmark the permalink.