ソニー(SONY) ソニー SONY ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン MDR-EX31BN : カナル型 Bluetooth対応 ホワイト MDR-EX31BN W – ワイヤレスノイズキャンセリング入門

まず最初に、この手の製品は全部そうですが、人の話し声は消えません。ソニーストアでスタッフの方にも確認しましたが、1000xm3のようなフラッグシップモデルでも人の声を消す技術はまだないそうです。騒音と比べて周波数が複雑だから。との説明でした。自分でも試してみましたが、ノイズは消えて、周りの人の話し声が際立って聞こえてしまいます。ですので、カフェ等で勉強をする時に、近くの席で大声でしゃべる人がいると逆にその声が気になるような仕様です。さて、こちらの製品ですが、1000xm3と比べてはるかに安いにも関わらず、まぁまぁノイズを消してくれます。私は地下鉄で通勤しているのですが、時々耳を塞ぎたくなるような騒音が起きます。これまで、airpodsでpodcastや英語学習アプリを使用していたのですが、その騒音が起きるとボリュームを最大にしても聞こえにくいほどでした。ところが、この製品を使うと、ボリュームを8割程度にしていてもハッキリと聞き取ることができ、かなり快適に過ごせるようになりました。ただ、ケーブルが短い、専用5極のイヤホンでないと使用できない。など制限もあり、airpodsと使い分けていますが、今のところ大変満足しています。.

ワイシャツの襟に挟んで使用しています。朝から晩までの出張では、5,6時間時間程度の電池持ちでは不足ですので、アクティブノイキャンオフなら丸一日稼働してくれる本商品は重宝しています。他のノイキャン品は使ったことがないので、アクティブノイキャンの効き具合は比較できませんが、うるさいゲームセンターでも、私は音楽を楽しめました。アクティブノイキャンを設定しても、聴きたくもない井戸端会議はシャットアウトできませんが、仕様でしょう。.

購入して2ヶ月で使えなくなりました。そのほか、充電には物凄く時間かかるし、充電も数時間しか持たない。(1日中充電しても充電終わらないです)こんなの二度と買いません。sony気に入っていたのに残念です。.

通勤時、電車やバスで使用しています。aptxに対応していてノイズキャンセリングがあってこの価格帯で買えるのはこれしかないと思います。上位機種のwi1000xは首掛け式で、荷物になる、夏は汗がつくというデメリットがあります。しまうときは無造作に鞄のポケットに丸めて突っ込んでいます。ノイズキャンセリングの効きは話し声とかアナウンスはあまり遮断しませんが、ゴォーッという低音の騒音が大きくなればなるほど、ノイズリダクションが効くようになります。なので地下鉄内や高架下などでは如何に良く効いているのかわかります。また地下鉄駅構内のようなうるさい環境で電話をするときも、スマホを耳に当てて通話するより相手の声が聞きやすくなります。コードが短いのを欠点と捉える事もありますが、通勤時の服装は胸ポケットがあるので問題はなく、コードが短い分絡みにくいし、鞄の出し入れがとても楽です。充電も9時間くらい持つので、往復2時間以上の通勤でも3日以上持ちます。音楽をかけずにノイズキャンセリングのみ作動させて電車に乗ったら騒音による疲れが大幅に軽減される実感がありますので、私にとってはデジタル耳栓としての使い道もあります。願わくば、首掛け式ではないwi1000xと同等のノイキャン無線イヤホンを待ち望んでいる次第です。.

最新モデルの多くはイヤホン部も完全にコードレスになっていて扱いも楽そうですが、それでも、あえて2018年の このモデルにして本当に正解だったな~と実感しています。これはスマホ(またはタブレット)からコントローラ部分まではbluetoothで、コントローラ部分からイヤホン本体までの間はケーブル接続になります。こういった形状であるために、バッテリ容積を大きくとることが出来る。すなわちバッテリの持ちが良いのがメリットだと思います。そして独立タイプよりは紛失リスクも少ないかと。(笑)コントローラも軽量なので、胸ポケットに入れても何ら違和感ありません。肝心の音質&ノイズキャンセル効果も上々で、それは通勤時の電車内で大きく実感することが出来ました。私は音楽に加えて英語学習でこの機器を利用しておりますが、音量を上げずとも聞き取りやすいので「周囲に配慮する」という意味でも、使う意味とメリットがあるイヤホンだと思いました。.

普通のイヤホンユーザーですが、移動時に自分の脚やカバンと引っかかりブチっと抜けるのが不快で初めてのbluetoothイヤホンとして購入しました。好評なようですが期待したほどではなかったというのが率直な思いです。理由はだらしないからです。様々な点で見栄えにだらしなさがあります。bluetoothの強みの1つは見栄えのスタイリッシュさだと思いますが、本商品はそんなことはないのです。まずイヤホンケーブル。左右で長さが違うタイプですので、片側は首後ろに回して使用します。イヤホンの二股の部分は下側向きでわかれているので片側を首後ろに回すと、下に一度下がった部分が上がってからぐるっと首を一周します。そこがだらしない。イヤホンケーブルの短さ、オシャレな本体で洗練された見栄えになるはずが、詰めが甘い印象。首後ろに回さず使うとなると、首前でブラブラしてだらしない。又、本商品に限らずですが、首に回したケーブルが首に直に触れるので非常に不快です。くすぐったいし、今の時期ですと汗が付くので衛生的にも良くない。洗練されたデザインを求めたいのか、ダサいイヤホンを作りたいのか。ブレているという感じ。デザイナーは何を考えていたのか。本体にも難ありです。クリップが弱いです。本体が横向きになるように噛むと、噛みが弱いので本体が斜めに傾きます。見栄えが良くない。クタッとだらしない感じ。横向きだとだらしないので縦に付けるわけですが、そうなると首元か胸ポケットになります。首は時期によっては汗が付いて不衛生ですし、胸ポケは衣類を選びますので不便です。又、クリップの開く部分と電源ボタンの位置関係も悪い。クリップを開くのに最適なのは親指で押すことですが、指をあてがうと丁度反対側の電源ボタンに指が当たるので、電源が落ちたり、再生停止したりします。なんでこんな構造にしたのかと呆れてしまいます。通常のイヤホンはケーブルの長さが問題です。一方本商品はケーブルの長さに問題はないものの、ケーブルの構造(左右の長さ違い)がよくないし、本体の装着にも問題を抱えています。なので、ケーブルは長いけど耳からポケットまで一直線でシンプルさはある通常のイヤホンを使えばいいので、本商品を使う意味がよくわからないという感じです。因みに音質は普通でした。1500円くらいのクリエイティブ社のep630をいつも使っていますが、それと違いがよくわからない。そんなレベルです。ノイズキャンセリングは効きますが、私にはそもそも要らない機能でした。今は付属のイヤホンケーブルは使わずに、普通のイヤホンを指してズボンのポケットに本体を縦に付けて使っています。付属以外のケーブルを使えるのはいい仕様だと思います。使ってはいますが、期待したほどではないというのが私の率直な思いです。.

もうかれこれ3年このイヤフォンを使っています。最近になって色違いの機種を買い足すほど気に入っています。電車の中や道を歩くときに片方を着けたりはずしたりすることが多いのでケーブル付きのほうが安心です。わたしにとっては聴き疲れしない音質なので長年使い続けられるのだと思います。iphoneで使用する場合は、ぜひ音質モードを標準モード(sbcコーデック)から高音質モード(aacコーデック)に切り換えて使用しましょう。vol+ボタンを押しながらpowerボタンを2秒以上押して電源を入れると音質優先にモードが切り換わります。iphoneからaacコーデックで効率よくデータ圧縮されて伝送されます。.

Boseのノイズ除去よりは効果が低い感じがします。そのかわり鼓膜を圧迫するような違和感を感じることが少なく快適です。また一回充電すると使用時間が長いので、毎日充電する必要がない点もとても便利です。ただし、操作ボタンは使いづらいです。なぜ広い面に操作ボタンをつけてくれなかったのか不思議です。.

利点と欠点

メリット

  • 少なくとも2018年10月時点では唯一無二の製品

  • iPhoneで聞くときは高音質モードに切り換えよう

  • ノイズキャンセリング機能と音質が気に入ってます。

デメリット

電車で普通のイヤホンを使うのは 耳に悪いと思います。最初からそう思って、電車で聞くのは止めてましたが、ノイズリダクションがこの程度で買えることをしり、使いはじめました。充電は面倒ですが、これからも使い続けるしかないと思っています。.

毎日通勤時に本を読んだりコーディングしたりするので、集中したくて買いました。ヘッドホンタイプも考えたのですが、汗かきなので夏場を考えて却下。ノイズキャンセリングの性能は劣るのかも知れませんが、個人的には十分以上の仕事をしてくれてます。以下感じたことを適当に箇条書きします。・諦めていたが、想像していたよりも話し声が気にならなくなったのは嬉しかった(無いよりは圧倒的にマシ、遠くで話している感じになって音楽で消える。さよなら井戸端会議。)・tシャツだと止める場所がなくてちょっと困る・地下鉄や人ゴミの雑音がかなり軽減されてストレスレベルが非常に下がる・コーワーキングスペースで隣でミーティング始まった時とかすごい便利・アナウンスは聞こえるけど、アナウンスに含まれるノイズ部分が軽減されるのか耳に優しくなる。雑音がストレスになる人には救い・安いという感じで必需品になってます。買ってみようか悩んでて効果を確かめたい人とかは、取り敢えずこの商品からスタートしても十分にノイズキャンセリングの恩恵を受けられると思います。コスパすごい。.

Bluetoothでノイズキャンセラーでこの価格帯(実勢売価)はコストパフォーマンス高いと思います。音質…音の分離がいいです。一つ一つの音が混濁する事なく、クラシックオーケストラを聴いても楽しめます。ロックも好録音のものはここまで再現してくれるかと思うほど。低音は若干物足りなさを感じますが、良く言えば自然の低音です。ノイズキャンセラー…電車で聴くことが多いのでどうしても欲しかった機能。この機能がないとクラシックなんか聞けませんというか聴こえません。この価格帯で十分に楽しめました。ついついあれもこれもクラシックを選択しちゃいます。もちろんロックは言うまでもありません。不満…特に大きな不満はありません。tシャツだとクリップするとこがないです。着る服を選ぶ事があるかもしれません。シールドが短いので、余裕があれば別途高機能のイヤフォンがあれば色々と楽しめるかもしれません。残量表示がないので、どのくらい余ってるか分かりません。せめて目安ぐらいわかる表示をしてくれると安心です。不安なのでついつい充電しちゃいます。補足…エージングは必要かと思います。低音が出ません。聞かない時でも家で音楽を流していればエージング出来ます。評価悪い方の「充電出来ない」「bluetoothが途切れる」「片方からしか音が出ない」などの症状は出ません。使用期間1ヶ月の感想です。.

明らかにノイズを消しているのが判ります。電車や自動車などの激しいショック的な音には限界がありますがかなり有効で、エアコン系の音はほぼ消し去ります。飛行機のエンジン音も、これをしていないよりはしたほうが全然静かなので、手放せないかも。星が五個でないのは、イヤホンケーブルが短すぎなのと、やはりコントローラーが別という点。胸ポケットがなかったり、服がボタン止めでないtシャツなどでは、コントローラーをどうするか悩む。自分はネックストラップを別途用意していつも首からぶら下げるようにして解決ですが、これでは運動時は…。あくまで通勤通学時や乗り物に乗っているときに使う感じかな?.

安くなっていたので購入しましたが、思っていたよりもコードがまとわりついてイライラしました。イヤホンのコードが左右対称のやつではなく、片側が長くなっているタイプなのですが、長い方がやたらとまとわりつきますねよく見ないで買ったのが悪いのですが使いにくいので星1にしました。.

気に入ってる点は軽くてサイズも適当。音もそれほどこだわりが無い私には十分。普段これと同価格以下のイヤホン使ってる方なら、だいたいそんなくらいでしょう。ブルートゥースのつながりもこんなもんでしょう、これは出す側の問題もあるのかな?携帯をお尻ポケットに入れて歩いていると、気になるくらい途切れることがあります。ただ、いまいちな点も多いです。やっぱりコードの長さと形が、かなりいまいち。右耳へのコードを首の後ろに通すタイプで、長さが少し短い。なんか左へずれていって落ち着きが悪い。私は結構古いウォークマンを持っていて、そのコードが使えましたので交換してしまいました。ノイズリダクションも期待ほどではなく、数年前に買ったウォークマンと同程度か、ちょっと悪い? くらいです。無音になるというわけではないけど、音楽聞く上では周りの音が気にならなくなる程度。地下鉄乗っちゃうと、もうちょっと頑張ってほしい気もしますが、まあ役には立ってます。本体にホールドスイッチが無く、ついいろんなボタンを押しちゃいます。これは結構めんどくさいです。総じての感想として、すでにノイズキャンセルのウォークマンを持っていると、音楽の保存先が変わったのみで、あまりこっちを持ち出す意味がない。操作も電池持ちもあっちが上で、重さも大差ない。ウォークマンに音楽入れるひと手間があるけど、通話に使わないなら、このタイプを買う意味があまり感じられない。左右独立のワイヤレスか、せめて首回りで配線が完結する物の方が使い勝手がいい。.

電車の中で音楽を聴く際にノイズキャンセリング機能が大変便利です。もっと値が張るイヤホンも持っていますが、電車では周りの音にかき消されて音量を上げざるを得ないので、結局外出時は持ち歩いていません。音もいい音ので、通勤での必須アイテムです。ベビーに使い続けて3年目で壊れてしまったので、また買おうと思います。2018年6月6日追記壊れてたと思っていたのですが、充電がちゃんとされていないだけでした。新しいほうを今は使っており、古いほうは母に譲りました。.

P屋によく行くのですが、店内ではスマホの着信音が全く聞こえないため仕事の電話に出られないことがあったため購入してみました。結果は大成功。着信音も音楽も快適とは言いづらいですが、ちゃんと聞こえました。普段は完全なワイヤレスイヤフォンを使っているので、大きなレシーバーやコードが少し邪魔ではあるのですがまぁ利便性のほうが自分には優先ですのでokです。バッテリーもまだ現段階では9時から23時のノイズキャンセリングのみ使用ならもちました。.

予想を超える大満足でした!気に入った点・本体が軽い。一時的であれば、イヤホンのみでぶら下げられる程度。・ストラップホールが便利!別途購入したカラビナ付きストラップで、肩掛けカバンの持ち手や、ネックストラップに引っ掛けるのオススメ。・肉厚なクリップは、挟む強さが強過ぎず弱過ぎない絶妙さ。結構広く開いてくれるので、薄手から厚手まで幅広く対応可能。・u字イヤホンが超便利!コンビニのレジなどでごく短時間外したいとき、そのまま耳から外すだけで首にかけておけるので、いちいちしまう必要がなく、行動を邪魔されず本当に楽です。最近は探しても売り場に殆どなくて不便をしており、半分はこのイヤホンコードを目当てで買いました。上記の通りネックストラップや襟元につけているため、個人的には最適な長さでした。男性なら、シャツの胸ポケットかジャケットの内ポケットに留めるのに丁度いいと思います。・自分には要らないと思い込んでいたノイズキャンセリング機能が最高に気に入りました。電車の騒音を消してくれるので、今までの3分の2程度の音量で満足できるように。ほかのレビューにもあるとおり、中音帯を通してくれるようで車内アナウンスはちゃんと聞こえるから乗り過ごしの心配がない。なにこれ凄いよマジで。唯一の不満点は、bluetooth3ってところ。せめて4. 1に対応した後継機種が発売されますように(-人-)ナムナム….

特徴 ソニー SONY ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン MDR-EX31BN : カナル型 Bluetooth対応 ホワイト MDR-EX31BN W

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • 型式:密閉ダイナミック型
  • ドライバーユニット:約13.5mm
  • 質量:約34g
  • 電源:リチウムイオン充電池(内蔵)
  • 充電時間:約2.5時間
  • 型式:エレクトレットコンデンサー型
  • 指向特性: 全指向性

メーカーより

騒音を約98%カットするデジタルノイズキャンセリング。ワンタッチ接続機能を搭載したワイヤレスステレオヘッドセット

拡大表示

拡大表示

拡大表示

スマートフォンやiPhone、ウォークマンなどの音楽をワイヤレスリスニング

スマートフォンやiPhone、ウォークマンなどの音楽をワイヤレスで楽しめる。

タッチでかんたん接続

NFC搭載スマートフォンやおサイフケータイ対応Android搭載スマートフォンなどをヘッドホンにタッチすると電源がONになり、Bluetooth接続が完了。

快適な装着感の密閉型バーティカル・イン・ザ・イヤー

ドライバーユニットを外耳道に対して垂直に配置する装着方式を採用。優れた装着性を維持しながら、直径13.5mmの大口径ドライバーユニットが生み出すクリアな音質を余すところなく耳に届ける。

ノイズキャンセリング効果は素晴らしく、あらゆる雑音をシャットアウトしてくれます。私はよく海外出張するのですが、飛行中の機内の音は結構体に負荷がかかるものです。本製品を装着し、ノイズキャンセリングをonにすると、音量のギャップにびっくりしまう。あんなに大きな騒音の中で過ごしていたのか、と。睡眠も読書もかなり快適になりますし、着陸時の疲労度合いが全く違います。電車の騒音も同様です。他方で、継続的に発生する環境音は打ち消してくれますが、会話やクラクションの音など、継続的ではない音は打ち消してくれません。ですが、完全に音を消されてしまうと色々と支障が生じるため、これはデメリットたり得ないでしょう。また、bluetooth接続も極めて安定しており、端末と受信機が近くにある限り、接続が不安定になったり切れたりしたことがありません。イヤホンは耳にフィットし、耳が痛くなることもない上に、遮音性も高いです。これで一万円を切るのであれば、コストパフォーマンスは最高であると言わざるを得ないですね。ちなみに、購入から2年3ヶ月が経過しましたが、今のところは有名なソニータイマーは発動していません。.

ノイズキャンセリングもしっかり効き、boseかsonyの二択というのも頷けます。こちらは大変リーズナブル。今回は2機目のリピートです。2年と少しで突然壊れたので耐久性は星4つ。しかしながらヘビーユーズに耐えてくれました。前よりも値段が少し上がってしまっているのは少し残念ですが、コスパの高い商品です。今回は僅かでも安いレッドを購入しました。飛行機に乗る際に使用することが多いと思いますが、パスポートの色によくマッチしていい感じです。.

音質・ノイズキャンセリングの効果は、値段の割には、頑張ってるって感じです。(私が数週間前に購入した時は、7,147円だったのに、今見るとかなり値上がりしてる…)値段が倍ぐらいする上位機種のヘッドホンや独立型のワイヤレスイヤホンに比べるともちろん劣りますが、最近 amazonを賑わしている やたらとレビューの評価が高い低~中価格帯のよく分からない中華メーカーのワイヤレスイヤホンよりは断然良い音質・ノイズキャンセリング効果だと思います。音は(好き嫌いが分かれるかもしれませんが)いかにもソニー製品って感じの音です。バッテリーの持ちも良いです。一つだけ欠点を挙げるとするとイヤホンのケーブル(コード)の長さが かなり短いです。本体部分を ジーンズのポケットや上着の(へそと同じ高さの位置にある 寒い日に手を突っ込む)ポケットに入れるとイヤホンが耳まで届きません。つまり、みぞおち より上の位置に本体を持ってこないといけません。(出来れば、25㎝ぐらいの延長ケーブルを付属で付けて欲しかった。)夏場に tシャツ1枚の場合だと、首周りに本体クリップを差すしか方法がありません。自分はそれが嫌なのでスマホやid証などを首からぶら下げるネックストラップを買ってそれに本体を繋いで使用してます。.

あれだけデカい再生、停止ボタンを付けてホールド機能がない。バカが作ったとしか考えられない。基本的に完璧ですが、誤作動起こしてストレスになります。ちなみに1回洗濯してしまったのですが、問題なく動作しました。耐久性は申し分ないのですがねぇ。.

結論から言うと、音声ガイドが無く、付属のイヤホンのコードが短いですが、不満なのはその2点だけです。ノイキャン(ノイズキャンセリング)機能は、高音にはあまり効き目がありませんが、中低音の除去には効果があります。自分の部屋で試した限りでは、onにすると扇風機の作動音、パソコンのファンの音はほぼ聞こえなくなりました。不満は先に述べたとおり、今何のモードなのかを音声でガイドしてくれない事です。例えばノイキャンでは「飛行機モード」、「雑踏モード」、「オフィスモード」のように周囲の雑音状況に合わせてノイキャンのモードを設定できますが、今どのモードに設定されているのかを音声で知らせてくれないので、マニュアルを見ながら「この操作をしたから、今は○○のモードだろうな」と信じるしか無い(耳だけでは完全に判断できないから)。たまたまこの製品を買う前に買ったdenonのヘッドフォン(ahgc30bkem)では、上記のモード設定状況を日本語や英語で教えてくれるので、余計に不満に思うのかも知れませんが。音声ガイドなんて要らないと言う人もいるでしょうから、一概にそれが無いからダメと言う事にはなりませんが、個人的には欲しかった機能なので、設定でそれをon/offできるようにして欲しかったかなぁと思いました。.

同社mw1,sbh-50、sbh-56を使っています。前者は充電中でも使用可能ですが本機は使用出来ませんでした。バッテリー容量は大きい方ですが充電中使用出来ないのは予備を持ち歩く必要があり不便と感じました。また使用中バッテリー残量の確認が出来ません。一度電源を落として再度onにしたときに残量確認が出来ます。この辺は使い勝手が良いとは思いません。普段はpcで音楽を聴いたり動画を観たりしてマルチポイントで電話が来ても対応出来るようような使い方をしています。当機はプロファイルの振り分けというか設定方法が前者と比べ変です。具体的にはpcで音楽を聴く場合は携帯の方の設定でメディアの音声をoffにする必要があります。この状態でpcのgoogle音声検索やskypeの通話は当機を通して行えません。前者ではマルチポイント接続でも面倒な設定無しで使えますので当機だけがプロファイルの切り替えが変な感じです。音質には拘りがありませんがノイズキャンセル機能は良く働いてると思います。発売当時は1万円を超える高級機でしたが中身がイマイチと感じました。.

過去3個購入しましたが、安定した動作をする安心感が好みです。他にも10個以上買っていますが、不安定やノイズやらで、通話の声が鮮明でないため、今はこれしか使用していません。電話を受ける時のスイッチの判りやすさと、音楽を聴くときには、やはりこのイヤホンが合っていると思います。別に1万円ほどのイヤホンを買ったことがありますが残念な結果で、ずっと付属のを使用しています。まだ良い新型を出して欲しいです。.

2016年4月に購入、週3日のペースで出勤時に使用していましたが、2018年11月頃に、充電しても電源を入れることができなくなり、ネットで調べてたどり着いた結論は「充電池切れ」でした。充電池の交換は素人が簡単にできるわけでもなく、修理交換依頼をするとほぼ購入金額と同じくらいになるため、諦める方が多い印象でした。音楽が聴けないのも寂しいけど、買い換えて捨ててしまう、をこのまま繰り返すのも嫌だったので、新品を買うのに近い金額でも充電池交換をしてみようと考えました。ソニーサポートセンターのlineチャットを利用して、充電池交換の受付窓口を聞こうと思い、オペレーターの方に症状を伝えたら、「機器に内蔵されたシステムに一時的に負荷がかかって起きた症状の可能性があります。リセットボタンを押すことで改善される事がありますのでお試しください。」と案内され、それまでに何度かリセットボタンを試した後だったのですが、指示してもらった手順通りにやってみたらなんと復活!!去年の11月からイヤホンを諦めていたのが嘘のように戻りました(笑)素人判断で寿命と思い捨てなくて良かったです。ソニーのサポートさんに感謝です!☆-1は、ボタンのロック機能が無いこと。たまにバッグの中で間違って触れて作動する事があります。これが解決したら☆5つです。.

環境は電車の車内です、ノイズキャンセリングは良く効いています。ただ音圧かなんかを鼓膜に感じるので慣れないと違和感があるでしょう。音質は聴き心地良い音質になっていて、良い音に感じます。高級なハイクオリティの音質とは違いますので、そこを期待しないでください。モノは期待していませんでしたが、質感が良く所有感の満足度はあります。sonyのお家芸である操作性も良いので、概ね満足しています。追伸イヤフォンの予備でmdr-nwnc33を買い、使ったところ音が良くなるし、ノイズキャンセリングも向上しました。これを標準にしてくれれば文句なしです。それでも値段的にはあまり高くないので、5星としました。.

昭和時代の家電には「あたり」と「はずれ」がありました。前者は丈夫で長持ち、後者はすぐに故障する――。本製品で、このことを思い出しました。正しく充電できない、そのため突如電源が落ちるという「はずれ」を引いたのです。購入から1カ月を経過していたため、メーカーのユーザー窓口に問い合わせました。製品の返送~検査の結果「異常」と確認され、新品と交換していただきました。「さすが、こまやかな対応」と安心したのもつかの間、再度同じ症状が出現。「はずれ」→新品交換→「はずれ」という残念な結果でした。すっかり “おなじみ” となったユーザー窓口の担当の方に相談した結果、もう一度返送~調べてもらうことになったのですが、やはり「異常」が確認され、ついには返金という結末を迎えることになりました。コスパ的には十分に満足していただけに、こんな「お別れ」の仕方はとても残念……。同じ製品を問題なく使用されている皆さんが、うらやましいくらいです。.

音質は良いかは分からないですがノイズ消えて助かります。曲流さなかったら消音耳栓になるかも…高速バスで利用しています。.

3ヶ月ほど使用して、以下印象です。・軽い・まぁまぁ妥協できる音質・電池が長持ち・カナル型じゃないバージョンも欲しい・サイドスイッチが手探りだと分かりにくい・電源のオンオフと再生停止ボタンが一緒なのはng・電源が入らなくなった(後述)で、タイトルの症状と対処法です。電源を入れたままで過放電をしてしまったのか、ある日突然電源が入らなくなりました。usbを挿すと充電ledがついたので、そのまま放置(充電)して、ledが消えたのを見て再度電源投入しても起動せず。リセットボタンや電源15秒長押しなど、対処法をいろいろ試してみても起動せず。改めてusbを挿すとまた点灯するled…結局、ledが消える度にusbを指し直す(充電を繰り返す)ことで3日目に復活しました。他のレビューアさんも同様なことを書かれてましたが、電源が入らない、サポセンに連絡するのが面倒な方はお試しください。.

初めてのワイヤレスノイズキャンセリングにおすすめだと思います2年ほど使用していますがバッテリー持ちもよく、断線したことはありませんノイズキャンセリング能力はそこそこです、値段相応と言ったところでしょうか、しかし、あるのとないのとでは大違いもうノイズキャンセリング無しには戻れません遅延はほぼ感じたことはありません動画鑑賞にも使えるレベルです一つ言いたいのは、クリップの押さえる側にボタンがあるので間違って押してしまいますなぜこのようなボタン配置なのか、、、早送りができない点も物足りなさを感じますしかしながら、アクティブノイズキャンセリング(デジタルノイズキャンセリング)の入門として良い商品だと思います.

ラジオやポッドキャストを聞くのに利用。聴覚への負荷を減らすべく2000円台のイヤフォンから買い替え。そこまで音質にこだわりがなければ全く満足に使える。耳への収まりもいい。操作性も特に不自由なく、悪くない。ノイズキャンセリングについては、他の機種と比べていないのでなんとも言えないが、ノイズキャンセリングの機能がない安いイヤフォンに比べたら、密閉性も高く効果があるように感じる。電車内でも他のイヤフォンより小さい音量設定にすることができた。この商品単体ではコンパクトにまとまらず、例えばカバンやポケットに入れておいたりすると、もちろんコードや本体にダメージがあるだろうし、単純にコードが絡まったりして不便。そのため収納ケースなどは購入の際に検討しておいた方がいい。本体は服に留めておいたり胸ポケットに入れておいたりして、イヤフォン部分は首にかけたら耳にかけたりして、使わないときに収納せずに持ち歩くことは可能だが、それ向けには作られていない感じのデザイン。.

Xperia xz3 ではヘッドフォン・ジャックが設けられてないので、mdr-ex31bnを買いました。ノイズキャンセリングは必要十分ですが、付属のヘッドフォン部の音質は並な感じです。そこで xperia xzs で使っていた “ノイズキャンセリング機能搭載ハイレゾ・オーディオ対応ヘッドセット”が売り文句の mdr-nc750 を試してみたところ問題なく使えて私には音質もフィット感も向上しました。高音質(音質優先)モードで使うには vol+ボタンを押しながら、電源を入れると音質優先モードになります。デザインも瀟洒だし、電池の持ちも良くて bluetooth の接続も切れにくくて満足しています。.

2年前に購入した黒を紛失してしまい、音質・nc性能共に気に入っていたので白を再購入。黒はクリップのバネが弱くすぐ外れてしまい不満があったが、新しく購入したものではバネが強化されており満足。新幹線や飛行機に乗っていて疲れる原因が超低域の機体ノイズであるため出張には欠かせない。.

Sonyのwm600から買い換えから1年と2週間で電源が入らなくなりましたsonyタイマーなんてものは信じていませんでしたが、そういうがレビューがちょこちょこあるという事は、そういうことなのでしょうまさか、自分も同じ目に合うとは思いませんでした商品のレビューとしては、音楽を聴いてて首を左右に振ると音が途切れますsonyのwm600がとても良い商品だっただけにとても残念ですデザインも大きさも音の質もバッテリーも全て劣化する珍しい商品だと思いますこれが日本製でsonyの商品だとは信じられません応援する気持ちでもう一度sonyの商品を購入予定ですが、次トラブルがあれば二度とsonyは購入しません.

本日届きました。線が短いとか、音質やノイキャン機能は「そこそこ」とか「まあまあ」という書き込みがありますが、その通りでした。で、手持ちの「bose quietcomfort 20 ノイズキャンセリングイヤホン」を繋げてみたら、繋がりました!「ボーズの高音質+ハイレベルのノイキャン+耳へのフィット感+bluetooth」のセットが完成! boseの耳へのフィット感を経験したら、耳の中に押し込むタイプで長時間聴くのはシンドイです。boseイヤホンからi-phone xrのライトニングへの変換コネクタ部分でブチブチ雑音が入って困っていたのですが、これでストレスから解放されます。sonyの本品からbluetooth機能だけ頂き、boseの高機能のいいとこ取りのセット。こういう使い方もありかと。唯一のマイナス点は、boseを繋げるとmax音量は下がりました。しかしノイキャン機能があるので、音量を上げる必要もなく、私のように電車の中でも静かにbgmとして音楽を聴きたい人には十分な音量です。ガンガンの音量で聴きたい人は同梱のsonyのイヤホンを使ってください。.

私はairpodsと使い分けていて、普段はairpodsを使ってます。mdr-ex31bnを使う時の用途は、電車の中近くで子供がゲームの音を消さないで遊んでいる、イヤフォンから音漏れしている人の近くにいる、深夜高速バスなどの寝ることが大前提の時に限定されています。私は子供や赤ちゃんの騒ぐまたは泣く声には寛容になれるのですが、ゲームの音を消さずにプレイしてる子供が近くにいるとストレスがたまり注意するにしてもストレス0にはならないので、遭遇するとすぐにこちらを使うようにしています。また他人のいびきで眠れないような高速バスなどの車内にいるときなどでも、こちらとホットアイマスクを使用することで寝られるようになりました。関東~関西距離程度で乗車時間が10時間くらいなら音楽再生なしで一晩持ちます。sony製で8000円以下で雑音のない快適に過ごせるならリーズナブルだと思います。その中で不満点を上げると・充電が完了したかどうかわかりにくい・時々ペアリングリセットして再設定しないといけないと繋がらない。・iphone等とペアリングオンにしていないと一定時間経過するとノイズキャンセルが切れる(電源自動オフになる)※ペアリングなしでもノイズキャンセルを使いたいのでキャンセルオンの時は電源自動オフにならないでほしい。こちらを購入する人は他のイヤフォンとの使い分けを推薦します。やはりコードがあると絡みますしairpods程に革新的な快適さは味わえません。ただ周りが煩いとストレスがたまる人で、静寂をそこそこリーズナブルで手に入れたい人が、携帯性と耐久性、信頼性を加味したノイズキャンセルイヤフォンを求めるならコレで幸せになります。.

音はとてもいい。音ゲーしてても遅延はほぼない。びっくりするぐらい周りの音が聞こえなくなるからしっかり聴きたい人はおすすめ。本体とイヤホンは別個です。イヤホンジャックを本体にさして使うタイプ。ただしイヤホンのコードが短いし使いづらい。本体にクリップはあるものの、ズボンのポケットとか引っ掛けたい場所まで届かない。付けてる見た目はスマートじゃないですね。イヤホンだけ買い換えるのも視野に入るかも。ただ、イヤホン買い換えるとなると、ノイズキャンセリングの意味がなくなると思うので、惜しいなーと言った感じ。機能以外の使い勝手だけで大きく減点。それでも使っていこうとは思えるクオリティではある。.

Iphoneを使っている人には使いづらいだけなので、絶対買うのはお勧めしません。iphoneはアップル製品で全て揃えろということのようです。音はきれいに聴こえるのに残念です。.

ワイヤレス初めてでしたが使い勝手の良さがとても良い欲しい機能が全部入ってますし、クリップが肉厚で大きいのも良い感じです最近見なくなった首の後ろを通すコードも煩わしさが無く、変な所にひっかけないのでストレスがありませんマイナスポイントは充電しながら使用できない。音量等のボタンが小さく同位置並んで配置されているので押し間違える。電源offのled色は赤でも良かったんじゃないかな?消えたかどうかイヤホンしてないと分かりづらいってくらい.

性能面では他の方が沢山レビューされているので、故障時の対応について書きます。※購入から1年以上、かつソニーストアの延長保証に加入していない場合の話です。3年程使ったタイミングで充電が出来なくなってしまい、ソニーサポートのチャットで相談しました。簡単な操作で製品のリセットをする方法を提示されましたが解決できず、修理の案内をして貰いました。今回は保証期間外のため有償対応となり、交換修理(製品ごと交換することをもって修理を行うこと)の対象製品であることから修理代金の概算は7,560円+消費税とのことでした。すぐに交換ではなく正式な修理金額を確認した後で判断する見積もりも出来るとのことでした。自分で故障状態の切り分けをしたので、恐らくハード部分の故障だと推測し交換修理の可能性が高いと思い見送りました。全ての故障に当てはまるとは限らないですが、交換修理の金額よりも新品を購入した方が安くつくこともあるので参考までに共有しました。.

ベスト ソニー SONY ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン MDR-EX31BN : カナル型 Bluetooth対応 ホワイト MDR-EX31BN W レビュー

This entry was posted in イヤホン and tagged . Bookmark the permalink.