ソニー(SONY) ソニー SONY ワイヤレスイヤホン WI-XB400 : 重低音モデル / bluetooth / AAC対応 / 最大15時間連続再生 2019年モデル ブラック WI-XB400 B – 価格、性能のバランスが良い。

完全ワイヤレスをよく失くすので、有線タイプにしました。重低音メイン…??か?結構音量あげないと、響く感じがないです。あとタッチノイズが結構気になります。左右逆でshure掛けしたら、軽減されたので当面はこれで行こうと思います。また、充電残量が電源オンの度、「バッテリーフォーリチャージ」としか言ってくれないので、充電タイミングがいまいちわかりません(^o^;).

音質がかなりいいです低音が少し軽い感じもするが全体的には満足サイズも持ち運びやすく良いと思います.

ペアリング済みなのに電源を入れても自動接続されないのはなぜなんでしょうね?調べてみても自動接続しない理由がわからず解決しませんいちいち、androidの設定画面から接続させないとイヤホンとスマホが繋がらないなんて不便で仕方ない買うんじゃなかったと後悔してます.

まず他の人がいるところでのトレーニング時にヘッドホンするのは危険なのでやめましょう。本製品の音質の方は、期待した低音がまずまずで満足しています。ピックカメラの視聴コーナーで1万円以下を30台ほど試しましたが、私には一番低音が強く感じました。ただしイヤホンは感じ方に個人差がかなり出るものだと思います。イヤーピースや装着角度、耳の形や硬さなど、様々な要因があるため、視聴してからの購入をお勧めします。わたしは、より密着感を感じるトリプルコンフォートを合わせていますが、付属のものでもそれほど不満はありません。ペロッと裏返りやすい点を除いては。.

すごい便利 これにつきます。音質も使い勝手も充電持ちも満足です。しかし一つ欠点を述べるならホワイトノイズが入ってくるところです。iphone,macで確認しましたが、はっきりとわかるぐらいに聞こえます。.

起動するとずっと砂嵐のようなノイズがする、まぁこれは慣れれば気にならないだろうがマイナスポイントである。さらにエキストラbassシリーズであるにも関わらず低音で普通に音割れする。妥協してこれを買った自分にも非があるが金を取る以上商品の改善に尽力して頂きたい。.

Sony特有?ドンシャリ系のサウンドです個人的には好みネガティブなレビューとして給電しながらの再生が出来ません.

Iphonexrやipadmini5で使用。音切れもれなく、bluetoothの接続も良好。流石、sonyです。これまでのワイヤレスで一番よい。金額からしてもリーズナブル。買ってよかった。.

利点と欠点

メリット

  • イヤーピースはオリジナルではなく他社のものを試した方が良い。格段に音質が向上する。

  • 価格、性能のバランスが良い。

  • 迷ったらコレ

デメリット

手持ちの1万代のヘッドフォンと比較しても謙遜ないほどに音質は良いが、問題点が多すぎる・コードノイズ完全独立型でない時点である程度想定はしていたが、それでも気になる。少しでも動くと雑音が混じり、集中出来ない。・ホワイトノイズかなり大きく、再生停止時には気になってしまう。・音飛びこちらも想定していたことではあったが、頻度が多い。体感1日使って3回は遭遇することになるだろう。この3点のうち、ホワイトノイズと音飛びは個体差ないし初期不良かと思い交換していただいたが、変化無しだったので恐らく製品の特性だろう。返品したのでお金は返ってきたが、時間を無駄にした。.

普通に流す程度の音楽鑑賞であれば申し分はないと思います。ボリュームを上げればその分低音もついてくるかんじで良い印象です。強いて言うならスイッチ(?)部分の操作性(片部分に来た時)は、慣れが必要だと思います。.

クリアーでメリハリのある音で満足してます。.

スタイル、音質は、満足してます!.

価格帯を考慮すれば最高の逸品!ただ再生の特性を重低音に合わせているため、中高音域を物足りなく感じる方もあるいは居るかも。しかし中高音域もかなりの再現力で、僕は満足しかない。多分ダンスミュージックには最適なんだと思う。(僕はロック好きですが!笑)これでも中高音域も欲張りたい方がいるなら、それはもっと上位機種を買うべきだけど、これを上回るには相当奮発しないと難しいんじゃないかな!?(笑)そもそもそんな事分かる人そんなに居ないと思う!(笑)僕らくらいの素人には大大満足の逸品!!アでもただ1つ難を言えば…もう少し小さくて軽いと嬉しかった…まぁ高音質のユニットはどうしても重くなる傾向は否めないし、電池も持つから文句は言いたく無いけど…それこそ「もっと遥かに高いの」でないと厳しいのでしょうね…とにかく僕としては、プラス分が遥かに勝る!!感動してます!(笑).

初めてのワイヤレスイヤホンなので他のと比べてないけど 音とかこれで充分です。むしろストレスもなく 今まで使ってた有線のイヤホンより音が良いかも。.

正直、10000円以上の高めの物は使った事がないので比較は出来ませんが、以前使っていた3000円代の物より確かにしっかりした低音が出ます。高音域についても割れずにハッキリした印象を受けます。再生時間も15hと長めなのが助かります。二泊三日の旅行で飛行機、列車の移動中に使っていましたが無充電で乗り切れました。平型のコードも確かに通常のものより、絡みにくいです。自分にはちょうど良い価格、性能と感じられます。.

思ったより音が良い!重低音も良い感じでした。コードがあるから引っかかって耳からイヤホンが抜けることがあり、たまにイラッとはする。.

音はクリア。重低音は、普通。.

特徴 ソニー SONY ワイヤレスイヤホン WI-XB400 : 重低音モデル / bluetooth / AAC対応 / 最大15時間連続再生 2019年モデル ブラック WI-XB400 B

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • 最大15時間再生可能 迫力の重低音を実現するbluetooth対応ワイヤレスヘッドホン
  • EXTRA BASSサウンドを実現 正確なリズムと圧倒的量感の低音域を再生可能
  • 最大15時間再生のスタミナ&クイック充電対応
  • 21gの軽量ボディと首まわりのバランスがいい形状で快適な装着感
  • ハウジング部にマグネットを装備 首にかけたまま移動する際に便利
  • 首元のボタンでiPhone/スマートフォンなどのプレーヤーをかんたん操作

メーカーより

迫力の重低音と、最大15時間再生のスタミナ・ワイヤレス

臨場感のある「EXTRA BASS」サウンド 正確なリズムで再現された圧倒的な量感の重低音とクリアな高音を両立。迫力や臨場感をダイレクトに届けます。

最大15時間再生可能で一日音楽が楽しめる。

10分の充電で60分の再生が可能なクイック充電にも対応。

臨場感のある「EXTRA BASS」サウンド 正確なリズムで再現された圧倒的な量感の重低音とクリアな高音を両立。迫力や臨場感をダイレクトに届ける。

最大15時間再生可能で一日音楽が楽しめる。

10分の充電で60分の再生が可能なクイック充電にも対応。

高い携帯性 マグネット搭載でイヤホンがまとまる。さらに丸めて持ち運んでも絡まりにくいフラットケーブル採用。携帯時に便利です。

スマートフォンやiPhone、携帯電話でのハンズフリー通話が可能。

iPhone/スマートフォンや音楽再生機をポケットから取り出すことなく曲送り/曲戻し、再生/一時停止、音量の調節、電話の受話や終話の操作が可能。

マグネット搭載でイヤホンがまとまる。さらに丸めて持ち運んでも絡まりにくいフラットケーブル採用。携帯時に便利。

スマートフォンやiPhone、携帯電話でのハンズフリー通話が可能。

iPhone/スマートフォンや音楽再生機をポケットから取り出すことなく曲送り/曲戻し、再生/一時停止、音量の調節、電話の受話や終話の操作が可能。

Sony 1000xm3ヘッドホンのサブとして購入しました。比較してはいけないのは分かってますが比較しちゃいます。音質はまずまずです。 6000円程度なら損した気分にはなりにくいと思います。とても軽くて無くなりにくいですし、磁石でひっつくのでブラブラしないのでそこは好きです。ただしホワイトノイズが聞こえるので好みは別れると思います。.

この製品はワイヤレスとはいっても左右をケーブルでつないで途中に各ユニットがぶら下がるタイプだ。この場合、完全ワイヤレスと違い少しだけケーブルノイズが発生する。ただ、気になるほどではない。メリットとしては比較的大きなバッテリーとアンプが積める。言い換えれば汎用パーツが使えるのでコストダウンが容易だ。また、ドライバーは性能と価格のバランスが優れたダイナミックタイプなので音質面で妥協は最小限となっている。実際に音楽を聴いてみると感じるのはその低音だ。ドラムやベース、あるいはギターの低音の弦がしっかりと聞こえる。それもブーミーさはなく、ドラムはアタック感がしっかりでているし弦は弾いて振動するさまが伝わってくる。反面、管楽器の表現は平板に感じる。悪くはないが特徴は感じられない。木管なら柔らかく滑らかさが欲しいと思うし金管なら華やかな輝きが欲しいがそれも感じられない。ただ、木管の音、金管の音が鳴っている。弦もさっき書いたとおり低い音は良いがそこから上に行くとただ、弦楽器が鳴っているという以上の物ではなくなる。低域が良いだけに余計にそう感じるが、たぶんメーカーの判断として、低音を聞かせたいから中域以上はおとなしい方が良いという判断かもしれない。一方で、少しだけだが中高域にアクセントがあってキラキラした響きを感じる。ただ、ボーカルにかかる音域らしく女性ボーカルで声の響きの少しクセが付く。ただし不快な感じではない。男性ボーカルへの影響は少ないが蒼井翔太さんのようにハイトーンボイスだと同じように感じる。三木眞一郎さんや安元洋貴さんなら相性良く感じる。ただし、ダイナミックタイプのドライバーでありエージング効果が大きいようで、一時間ほどの間にも急速に高域方向がクリアになっているのがわかる。基本的なクセは最初に聞いたときのままだが、バランスはどんどん良くなっていくのがわかる。恐らく、数時間で落ち着くと思うがsonyのダイナミックタイプドライバーは素性が良いので安心できる。音色から過去に使った有線タイプのものと同系統と推測される。ケーブル部分を首の後ろに回して左右のピースをセットすると重量バランスの良さを感じる。左右にユニットが振り分けられているのが功を奏している。また左右のユニットからケーブルが立ち上がって耳に至るのでケーブルノイズが出にくい。一つ、注意したいのはカナル型はイヤーピースの選択で音が大きく変わる。特に低音への影響は大きい。耳道にぴったりとはまるサイズのものを選択しないと本来の音色にはならない。特に小さ目のイヤーピースを使うと低音が一気に痩せてしまう。この製品はその傾向が強くしかも最低でも30分はエージングしないと本来の音にはならない。この製品は重低音モデルとうたう通り、低域の充実を楽しむイヤホンと言って間違いない。追記 音のバランスが気になってイヤーピースを取り換えてみた。低反発ウレタンのものだとバランスは変らないがやや声の帯域のクセがなくなる。sony製のep-ex11は附属の物より低音がやせてバランスが悪くなる。もっとも相性が良かったのはaet08というモデルで低域が締まり声のクセがなくなりバランスが非常に良くなり、低音の迫力というよりは音場の広さが印象的でモニタータイプの音に変る。その変化はむしろ付属のものなどは低域を強化するために味付けがされているのではと感じるほど大きい。ドライバーの素性が良いからこそチューニングの幅がとれるのかもしれないが、この製品の本来の音はaet08を装着したときの物ではないかと思う。間違いなく1万円以上の製品とそん色ない音質と言って間違いない。.

ブラックフライデーで中華製の分離型イヤホンを購入。使えないゴミだったので、返品しこちらを注文。ペアリングも音も満足です。本格的なものとは違うけど、通勤で音楽を聴くのには十分です。ブラックフライデーの失敗をサイバーマンデーで取り返した感じです。(耐久性はまだわかりません).

購入して良かったなって思ってます。安いのも色々有りますがやはりsony!^_^.

びっくりしました、3万円近くしたboseのイヤフォンの低音のレベル。amazonで買い物で歴代1位のコスパ。いー買い物しました!.

バッテリーは長持ちしますが、重い。.

低音が思っていたより良い音が出ている。.

流石sonyの一言beats xからの買い替えでしたが値段も手頃で音質も良く、満足のいく品質でした。ただコードがかなり長くなってしまう為そこが残念です。.

今まで、イヤホンなんてどれも同じと思っていたので、3000円以下の物ばかりでした。今回初めてこの価格レンジの物を買ってみましたが、さすがに音質については遥かに今までの物よりも優れていました。もっと高い価格帯のものは試したことが有りませんが、私はこれで十二分に満足です。しかし、設計に満足をしていません。ぺったんこのコードは絡まないので大変満足していますが、まず途中にぶら下がっている二つのさやえんどうの様なコントローラー等があっち行ったりこっち来たりします。電話がかかってきて出ようと思ったら、マイク部分が背中の方に行ってしまっていたり、またそれがぶらぶらするので引っ張られてイヤホンが耳から抜けてしまったりなかなか面倒です。また、耳から外した時に左右のイヤホン部分が磁石でくっつく様になっています。ちょっと外して首にかけたままにできるようになっていると思うのですが。その磁石が甘い。コンビニで会計をする時など、耳から外してくっつけた状態でいても、まったく激しい動きをしなくても磁石が外れてぽろっと地面に落ちてしまいます。今までの安い中華品だとそんなことは一度も無かったのですが。。。。という事で、音は満足ですが、使い勝手はいまいちという評価です。.

付属の充電コードの長さが短すぎて非常に使い勝手が悪く、困っている。開発段階で何故そこに気づかないか不思議。その点さえ改善されればコスパは十分。.

I was amazed with the bass though its kinda softer than other brands but the bass is really there.

Q35からの乗り換えで。重低音モデルというだけあって低音はなかなか響きますが、若干音がこもり気味?好みの範囲だと思います。高音は比較するとクリアで良いです。ただsony として期待していると少しカサカサというか、もう少し感動したかったですね。でも1万切ったワイヤレスということを考えれば十分に満足しています。コスパを考えれば文句なしに星5なのですが。。ケーブルのユニット部分があまりにもチープです。中身はスカスカっぽいんですが無駄にデカく、質感もただのプラスチックです。ロゴがついてなかったら正直どこの製品かわかりません。全盛期のようにアルミ仕様にするとか、所有欲も満たして欲しかったですね。.

Sony extra bassシリーズを気に入っていて、このシリーズ特有のドンシャリを期待して買ったら何か全然思っていた感じと違って、イコライザで調整しないとbassなんて全く聞こえてこない。イコライザを同じ設定にして、本機、有線のextra bass、2014年に買ったsony無線bt150ncで同じ曲を聴いてみたけど、明らかに本機はbassがきいてない。extra bassっていったい何?買わなきゃよかった。がっかり。.

ブラックを注文しました。wi-c310と200を一緒に購入したので、これから重宝すると思います。耐久性は分かりませんが、長く使える事を祈っております。.

ソニーのextra bassシリーズのイヤホンはこれまでmdr-xb41ex、mdr-xb90exと使ってきましたが、bluetoothイヤホンでは初めてです。<本体>コントロール部、カウンターウエイト(bluetoothユニット?)は一見して非extra bassタイプのwi-c310、wi-c200と同一の形状です。15時間再生、10分の充電で60分再生の特長は3製品とも共通なので多分同じ部品なのでしょう。本製品は上の二つと比べてイヤホン部分が大きいのでその分重くなっています。とはいってもたった2gですが。メーカーサイト、説明書にも防水、防滴に関する記述はありませんでした。スポーツ向けの製品では無いようです。<装着してみて>メカ部分が重い為、コードを垂らすかけ方だと下に引っ張られる感じが強いです。しかし、コードを首の後ろに回すかけ方ではコントロール部が肩にかかってボタンが使いづらい。サンプル画像の女性はけっこう首が細いらしく、成人男性だと大抵の人は画像の位置にメカ部分は来ないと思います。メカ部分がイヤホンの近い箇所だともっと引っ張られるような感じがするはずなのでこれより上には配置しづらかったのでしょうが、操作性が犠牲になっているのはマイナス。マイクが近いのが救いでしょうか?私は首筋にコードが当たる感覚が苦手なので垂らす方がメインになりそうです。購入の際にはご自分の耳に合い、かつ脱落しにくいイヤーピースと併用するのがいいかもしれません。またトリプルコンフォートイヤーピースを買わなければ…。<音質>さすがのextra bass。プレイヤー側で特にイコライザを調整しなくても低音部分、特にベースのラインが強調されて聴こえます。それにもかかわらずボーカルがひずまない。ですが、ボーカルよりも上の中~高音域はシャープさに欠ける印象です。そして、音の奥行きに乏しい。上手く表現しにくいのですが、バンドサウンドの楽曲を聴く場合、ステージに全員横一列に並んで演奏しているイメージでしょうか?音質向上の為の様々な工夫が施されているwf-1000xm3のようなハード面でのメカニズムを全てとは言いませんが搭載して欲しかった。違いはイヤホン部分だけなのに、wi-c200と販売価格ベースで2倍以上の差があるのですから。有線タイプのイヤホンに当てはめるなら低音を強調した4~5千円の価格帯の製品が相当でしょう。extra bass以外にも何か引き付ける要素を盛り込んで欲しかったです。.

Beatsxからの買い替えです。beatxは経年劣化もあり4時間程度しか持たなくなったため、長時間聴きたいと本製品を購入しました。フルマラソン6時間強のランナーです汗音質・低音についてはいい耳を持ってないので評価出来ません。低音が響くようになったかな?と思うぐらいです。それぞれの項目に星5つ付けてますが、参考にはならないかと思います…1番ダメな点は、ランニングには向いてないところです。コードがすぐに左右どちらかに落ちてきます。走っている時にこれはすごいストレス。beatxにはなかった短所であり、妥協し難いものです。そういった点で音はともかく製品の完成度としてbeatxの良さを再認識しました。.

Airpods を無くしたので乗換。音質。特に低音の響きはとても素晴らしかったです。フィット感もよし。ただ、走ったりしているとコードが引っかかったり、完全無線でないことのデメリットがありました。.

とても軽くて重さを感じさせない設計です。音質はとても上品な低音で聞き疲れしないうえ、音の解像度も高く音楽に入り込むことができるアルネ。買って後悔することはナイアルヨ。.

Iphone6sで使用。bluetoothの接続は問題なし。boseのノイズキャンセリングの有線イヤホンも持っているが、特段劣っているような感じはしない。この値段で音質としては十分良いのではないか。ジョギングには使いにくいので、それがメインであれば専用のイヤホンを勧めます。.

ベスト ソニー SONY ワイヤレスイヤホン WI-XB400 : 重低音モデル / bluetooth / AAC対応 / 最大15時間連続再生 2019年モデル ブラック WI-XB400 B レビュー

This entry was posted in イヤホン and tagged . Bookmark the permalink.