ソニー(SONY) ソニー Sony ヘッドホン 密閉型 ケーブル着脱式 Mdr-Z1000 – 比較的狭いライブ会場の音場を忠実に再現

購入者です。音楽鑑賞用ではなくdtmモニター用として発売してすぐ買いました。そのとき他の高級モニターヘッドホンとも多少聴き比べしましたがそれほど比較に時間はかけず自分にとってこんな高い物買って良いものかなとか深く考えず今でも特に後悔もなく一応他の人のレビューを信用して使ってる者としてひとこと。サウンドハウスって楽器通販の所である人がレビューしてるように「エージングに相当な時間がかかる」ということらしいですよ。確信はないですがそれが全てですかね?ヘッドホンは購入して長いこと使い続けての評価こそ本当の評価ですから「私は長く使った」という言葉は評論に必要です。最高に良い音だと信じていますがまあまあ高いので星2つ。.

機械的な事はよく分からないし、作りがどうとか僕にはよく分からないただこのヘッドホンが家に届いた1年前からずっと深夜から朝方まで毎日音楽を聴く生活が続いています他に所持してるヘッドホンはオーディオテクニカのad1000どゼンハイザーのhd25-1-2とakgのk701ですが、ほとんど他のヘッドホンは使ってないですね、それくらいz1000の鳴らす音には満足してます音場は狭いです、イメージ的にはライブハウスの一番前のもうちょい前でめっちゃ上手い演奏を目の前で聴いてる感じです、洋邦ポップロック等には凄く相性が良いのではないでしょうか、特に録音の良い洋楽の音源になるとヤバイです、楽器が目の前に鳴ってる気分になります、ギターリストの指の動きが見えるんです、音しか聴いてないのに僕はあくまでも音楽好きでありオーディオマニアではないのですが、このヘッドホンは大好きな音楽をもっと好きにさせる力があります貴方がもし音楽が大好きな人間ならぜひおすすめしたいヘッドホンです.

Teac ud-301に繋いで使っています。モニター系のヘッドホンが好きでほかにはshure srh1840やjvc ha-mx10を持っています。ソニー特有のドンシャリのなごりがありつつも、モニターらしく細かい音まで再生できています。音が混ざってしまいダマになって聞こえてしまいがちな曲でも各楽器がきれいに分離された状態で聞くことができます。密閉型のため音に力強さがあるのですが、耳の近くで鳴っている感はあります。音場でいうと比較的狭いライブ会場で音楽を聴いている感じです。また、やや特殊な用途ですが、音の分離の良さを生かして英語などの外国語のリスニング学習にも役立ちます。はじめはデザインがあまり好みでなく購入を躊躇してましたがいまは買ってよかったと思います。.

1996年6月に購入したmdr-cd770(15年使用?)のイヤーパットがぼろぼろだしなっと買い換えを検討。mdr-ex1000の音が素晴らしかったので、ソニーから選択することに。まず、同クラスのmdr-zx700を検討したが、コード長が1. 2m固定でテレビを見るには別途延長ケーブルが必要と微妙。mdr-sa5000は、オープンエアダイナミック型で低域が弱く、音漏れがするとの事で、これも微妙。⇒家族にも気兼ねなく、音楽を楽しみたい。mdr-z1000は、mdr-ex1000と同じ液晶ポリマーフィルム振動板採用で、コードが3mと1. 2mの交換式で便利そうと、mdr-z1000に決定!流石ヘッドホン。余裕の鳴りっぷりです。ついつい時間を忘れて、聴き入ってしまいます。◎iphone4でも、(それなりに)良い音が堪能できる! ←重要◎中高域の解像度が高く、とてもリアル。 →比較するとmdr-ex1000は高域に彩があるみたいですね。◎革ケース付属。内側にコード収納ポケットがあり、とても便利。○低域がやや強め?(エージングがまだだから?)△家族の会話が聞こえない ←ニーズと矛盾してますw△ハウジングがタッチノイズを拾いやすい ←コードの揺れがハウジングを伝い・・・ →普通に聞いている分には気にならないので、実用上は大した問題じゃないかも。《補足》・ヘッドフォンは、長く使えるので、ケチらないことをお薦めします。・長く使うのであれば、イヤーパッドの予備を購入しておくことをお勧めします。そのうち、手に入らなくなるので・・・ 部品名:イヤーパッド 部品コード:4-198-568-01 価格:片側1枚 4,100円(税別).

ソニー渾身のモニターヘッドホンだそうです。モニター機というと、どうも一般リスニングには不向きという印象もあり、またmdr-cd900stを思い出すと、どうも興味を引かれる製品ではなかったのですが、量販店の展示品をおもしろ半分で聴いてみたら、とても音がよい、そして楽しい。モニター機らしく、様々な音がくっきりと主張しているのですが、何故か聴き疲れせず、ずっと音楽を聴いていたい気分になりました。個性がないのが個性…のような音造りです。この点は、音の個性を主張する輸入ヘッドホンとは違った意味でソニーの個性を感じる、とても素晴らしいチューニング。数日悩んだ上、結局購入してしまいました。音の素晴らしさもさることながら、装着感もかなり良好です。欠点と言えば価格でしょうか。高価なのもともかく、定価6万円を超える製品なのに、発売早々に4万円台前半と、この定価は一体何の意味があるのだろうか?と思ってしまいます。もう少し適正な定価設定をしてほしいと思いました。.

ソニー渾身のモニター用ヘッドホン。個々の楽器の音もはっきりと聞こえ、音域も広く、音質もよく、非常に良く出来た製品だと思います。ちょうど、目の前でミュージシャンが楽器を弾いているような感じを受けます。ヘッドホンは、欧米製品を中心に同等品6台持っていますが、これが一番原音に近く、最も迫力を感じる優れた製品だと思います。これからエージングを楽しみながら、変化を楽しみにしていきたいと思います。買ってよかった。.

お勧めは音源はロスレスで。dapを私はapple製品を愛用してますがi-phone4sだけでも充分使用に耐えられます。i-pod classicだけではロスレスでも物足りなさがある為phpaが必須です。私なりの解釈ではdacとアンプの優劣であると考えてます。disco系の曲ではライブ場に居る様な臨場感と疾走感、classicのライブ系の曲は空気感が。私がこの製品の購入を決めた背景は大手量販店での試聴。数時間多くのヘッドフォンを手持ちのi-phone4sで試した結果、他のhpと比べ際立っていたのは音の立体感でした。豊かな低音に潰されない高音。さらには密封型である本機の切れ味鋭い音質が相互作用でリスナーの脳内に迫るのでしょう。もちろん音の抜け、という表現の優はopen air型に上がります。しかし上記した様にポータブル機として屋内用として両得のある機種は本機です。もちろん曲の制作者が意図した音が作為的でない音が出るhpですので下手な制作者の音は味気は薄い、が廉価な製品より余程聴ける音楽に変えてくれます。ただ鳴らせばいい、というhpとは一線を画した製品。様々な音を活かした音楽を楽しむ事の出来る万華鏡の様なhp。性能を活かす為に劣化音源では駄目です。より欲求を満たしたい方はdacやアンプを変更を勧めます。私にはこんなにも臨場感と迫力、優しく繊細な音を紡ぎ出すhpとの出会いは「感動」でしかありません。音源や音を介する媒体に依って化けるモンスター機種だと思います。敢えて欠点を上げるなら切れ味するどく臨場感のある重厚で鋭い音が濃度高く迫ってくるので疲労している時にリスニングすると疲れるかもしれません。でもこれは高性能であるが故の贅沢な感想だと捉えてます。この欠点を補っているのが先ほど部分的軍配を上げた屋内用open air型ですね。ポータブル用としてのhpの長は本機である事は明白です。お勧めphpaibasso audio usb-dacポータブルヘッドホンアンプ d12 hjfostex ポータブルヘッドホンアンプdac hp-p1.

普段愛用しているstax(sr-404:仕様は下記*に変更した)をメンテに出している間寂しいので、ついz1000を購入してしまった。stax使ってるものがなぜz1000なのかと思われるかもしれないが、ある意味対極のモニターの音を聴いてみたかったからだ。本日届いて、普段よく聴くサントラを聴く。なんせモニターヘッドフォンなのだから、音楽性の豊かさなどは特に期待せず軽い気持ちで聴いていた。するととある曲で(その曲は最初ピアノソロのぽつりぽつりと弾くイントロから始まるのだが)、ピアノのハンマーが弦を叩いたあとハンマーが元の位置に戻る音や、ピアニストの椅子がギシッときしむ音、演奏者の服のこすれる音、その他レコーディング現場の環境音がいきなり耳に飛び込んできた。よーく耳を澄ませば聞こえるのではない。なんとなく聴いてる程度の聴き方でも、普段聞き逃していた音が飛び込んでくるのだ。正直驚いた。普段愛用しているヘッドフォンとこのz1000のどちらが音質が良いとか悪いとかを議論する気はない。z1000にはstaxにない素の音を細大漏らさずそのまま聴かせてくれる特長がある。これはこれで有りだと思う。他の方のレビューにあるように、音楽鑑賞にも十分な性能を持っている。きっと他のソースを聴いていくうちに、新たな発見があるに違いない。z1000を購入して、音楽鑑賞の楽しみ方の幅がグンと広がったような気がする。本当にいいヘッドフォンだ。最後に自画自賛を。上記の体験後、kiki-otoなる音楽中に含まれる環境音を聞き分けるサイト(ソニー)があることを思い出し、いきなりfinalに挑戦。z1000で一発横綱獲得した。たぶんz1000のおかげです、…はい。追記私はstaxと同様、ソニーmdr-cd3000も愛用してきました。cd3000はややドンシャリ傾向があるものの、発売当時の(事実上の)フラッグシップだけあって他のソニー製ヘッドフォンに比べればかなりチュラルフラットないいヘッドフォンです。最大の美点は広大な音場再生にあり、あの大きなハウジングのためか、密閉型ヘッドフォンのなかでも最大級の音場感を表現できるヘッドフォンです。まるでコンサートホールのs席で聴いているかのような、広さを感じます。音の繊細さや甘美さはstaxに譲りますが、cd3000を聴いた後ではstaxは耳元でこじんまりとした音に聞こえ、これだけはstaxはかなわなかった。ちなみにcd3000はややドンシャリと表現しましたが、このz1000はcd3000に比べれば高域の刺激もなく、さらにフラットな再生音だと思います。また低域は、この小さなハウジングから想像できないほど豊かに出ます。ソニートーンも変わってきたなぁという感想です。私はcd3000をずっと愛用したかったのですが、ご存知の通りこの機種はイヤーパッド等に使われている人工皮がとても弱く、数年ですぐボロボロになってしまいます。2、3回交換して使い続けましたが、とうとう部品切れとなり、メンテできなくなってしまいました。「良いものをメンテしながら長く愛用する…」これが本当に精神的に豊かな生活ではないのでしょうか。私がz1000を選んだ理由は、(1)音がよく、さらにstudio useを標榜するからには、メンテ部品も通常商品よりは長く供給され、長い間愛用できるのではないかという期待があり、また、(2)能率の良さゆえに、モバイルプレイヤー等にも気軽に利用できるフットワークの良さからです。さらに最近気付いたのですが、(3)中高域の解像度が高く豊かな低域再生が出来る故に、映画鑑賞時には台詞がはっきりと生々しく、seも迫力があります。映画鑑賞に思いのほか性能を発揮します。色々勝手なことを書きましたが、z1000購入時の参考になれば幸いです。★追記その2(2013/8)他に書き込むところもないので、こちらに情報追加します。すでにご存知の方も多いのかもしれませんが、上記mdr-cd3000の汎用イヤーパッドが非純正ながら販売されているようです。検索エンジンで「mdr-cd3000 イヤーパッド」で検索してみてください。(1)3,000円ちょっとで入手できるようです。ただ純正の様な柔かしっとりな高級素材ではなく、固めで少々ビニールっぽい質感のようです。(2)純正品のように左右固有の形状ではなく、同じ形状をしているため、取り付けに多少工夫がいるようです。私も実際に入手した訳ではないのでこれ以上詳しいことは解りませんが、イヤーパッドだけでも復活できればありがたいので、試してみようかと思っています。使用歴:*stax sr-404(発音体ユニットは最新型に交換、イヤーパッドはsr-507用羊皮製に交換済), sony mdr-cd3000(休眠中→復活), sennheiser hd540(休眠中), その他.

利点と欠点

メリット

  • 比較的狭いライブ会場の音場を忠実に再現
  • 問題ありません。
  • これ、モニターヘッドフォンなんだろうか?

デメリット

プロの現場にはよくある定番中の定番、sony mdr-cd900stモニターヘッドフォンを、修理や買い替えで、25年愛用してきた。特に不満もなかったのだが、ついに、新しいモニターヘッドフォンを出すというニュースを聞き、購入。全音域において、解像度、分解能がたいへん良いのは確か。mdr-cd900stの上を行く。ただ、低音が分厚すぎる。音楽を楽しんで聴く分には良いが、モニターとしては、低音が強すぎると感じた。原音が、こんなに低音が厚い訳がないと、率直に思った。音作りで、その点を差し引かなくてはならないのは、どうかとは思う。なお、買ったばかりの音は、とんでもなく酷い音なので、しばらく鳴らしっぱなしにしないといけない。(これは、音が鳴るものは、なんでもそうなのだが、mdr-cd900stよりは、時間がかかった).

ソニーの最高峰モニターと銘打つヘッドフォンです。しかし正直モニター用には音がよく聞こえすぎる欠点(?)があると思います。コンプが過剰気味に掛かった音でも伸びやかに表現してしまいます。解像度も含め再生能力は相当高く、少々録音の悪い音源でもこんな音が鳴っているんだなあと思わず感心します。一度この音を聞いてしまうと”どれだけでも聞いていたい”と思わせる音質です。音場も広めで中音域のクリアさはトップレベルだと思います。再生するデバイスの性能が低めでもある程度包容力を持っているヘッドフォンなので店頭で視聴できるなら是非一度聞いてみて欲しいと思います。録音やミックスには録音の欠点を隠してしまうので個人的には向かないと思いますがリスニング用途には大変満足できる機種です。.

私はSHUREのSRH840を持っているのですが前から気になっていたこのmzr-1000を買ってしまいました。再生機器はpcからデジタル出力してhpアンプに繋いで聴いています。音源はcdまたはmp3やmp4です。このヘッドホンは購入してまだ2週間ぐらいでしょうか毎日1時間は聴いています。そこでsrh840との比較ですが能率の違いでしょうか音場の広がりはmzr-1000が広く感じます。mzr-1000は音源に近づいて聞えます。どのくらい近づいているかと言えば、録音時のマイクの位置と言えば分かるでしょうかそのせいか色々な楽器と人の声がよく聞き取れます。昔のcdの音源のマスターテープのヒスノイズも聞き取れます。特に低域の音の違いがよく聞き取れ、こんな音だったのかと感心することがあります。最初はsrh840で十分満足していたのですがこのmzr-1000を聞いてからはこればっかりです。お気に入りとなってしまいました。やはり比較しないと分からないなあとつくづく思います。私はモニター系が好きなので音のなり方等が分析できるヘッドホンが好きです。それは製作者の音作りが分かるからです。これはその1つになるでしょう。買って良かったと満足しています。私のようにモニター系が好きな方にはお勧めできます。.

聞いた当初 中音域に集中した感じのボケた音でびっくりしましたが、イコライザーで高低音を上げた瞬間 その本領を発揮これぞ世界一って音質でした。再生器機にも左右され、音源のノイズも忠実に再生するため 本体の音質が悪いと誤解する人も多いようです。作りも確りしつつの、重くなく、いまでは毎日着用して作業してます。.

凄いヘッドフォンです。微細な音を通り越して空気感まで伝わってきます。これよりやや価格の安いakgの開放型ではとてもこの音質に太刀打ちできません。ただ、20時間ほどの慣らしが必要です。他にもstaxの3050を使っていますがこのヘッドフォンを使ったあとに聴き比べると鈍って聞こえる程です。モニターヘッドフォンの褒め言葉 に、悪い音源はわるく、良い音源はよく、という決まり文句がありますが、本機に関しては悪いと思っていた音源には新たな発見があり普通クラスに昇格、良い音源は更に良く、といった感じでレベルアップします。海外製の高額機を検討されている方は是非試聴をお薦めします。.

音はいいです装着感もまずまず唯一の欠点は、密閉性が高いため、夏場には蒸れることです.

Sonyのモニターヘッドホンです。つけ心地は長時間つけてても疲れないので良いと思います。音の全体的な聞こえ方は、極めて明瞭ですが、若干篭もりようなものがあります。解像度はオーテクのw5000よりも3段階ぐらい上です。一見矛盾する言い方にも聞こえますが、音自体は恐ろしい程全帯域が明瞭で解像度の高さを感じるのですが、描き出す音は比較的丸み帯びた音をくっきりと描くような音がします高音は耳に痛い感じではなくものすごく明瞭に先端が丸みがちな高音を伸ばす感じですので、w5000のようなスっとした高音ではないです。スースーした高音や柔らかい高音を望むなら合わないと思います。声がものすごく分厚く、また解像度が凄まじいので明瞭さが他のヘッドホンに抜きん出てます。大抵声はどこかぼやけがちになるものですが、まさに目の前人で喋ってるのと変わらない明瞭さで伝えてくれます現実世界の人間の声とほとんど音色が変わらないので気に入ってます定位感が揺るがないというか、無駄に声が広がらないので指向性がはっきり伝わるので、ものすごい目の前で声が喋ってる感じがします。5000の声に違和感が多少出ます。低音も解像度が高いので輪郭がすごい出てます。ですが質そのものはやや柔らかめで、ベースラインとかもほんのり柔らかめの音を超解像度で寸分の狂い泣く輪郭を描く感じですので、聞きやすいけど歯切れの良さも持ってます。ドラムの叩く音もキレが凄まじいですが、なにぶんちょっと柔らかめなので、殴りつけるような硬いドラムの音は聞こえてきません。メタルとかの早弾きなんか聞いても、音が一切ぼやけないので聞いていて迫力がすごいです音場は狭いですわりと、ただ分離感がすごいので狭いんだけど、全部音が聞き分けられる感じです解像度が高すぎるので、音が他の領域を侵すということが全くないので音どうしは近くてもにごりません。このmdr-z1000は解像度はものすごく高いが、描く音がちょっと丸み帯びてるので聞いていて少し不思議さがあります。刺さりとは無縁のヘッドホンながら分離もキレも高いのに、ややもっさりしてるようにも聞こえるヘッドホン低音も量が不足してるとかはなく、多めなので何にでも合うと思います。特に声を聞きたいならz1000は相当優秀です。オーテクのw5000も愛用してますがこちらは音楽的です、音の重なり具合や、多少解像度が落ちるが適度な解像度で声の伸びる様子、楽器類の響きの気持ちよさを感じます、対してz1000は色々と全く違う個性でモニター用、解像度重視なのが見て取れます。ゲームであったり、声だけ聞きたいであったり、用途が合った場合w5000よりもはるかに素晴らしい音を奏でる名器です。最近mdr-z7等も出てきましたが、この超絶とも言える解像度に迫るヘッドホンは出てきておらずz1000は生産停止になる前に一本初めて欲しいと思ったヘッドホンです。このヘッドホンに慣れるとスピーカーでも同じぐらい解像度が欲しくなるので辛いです・・・w.

Mdr-1rncの発売を待ち量販店で聞き比べをして購入。用途は邪道かもしれませんが、mp3(320k)を屋外で使用するためでした。1rncもノイズキャンセルが効くうえに素敵な音質でしたが、やや合成的な色付けやドンシャリが感じられ、長時間聞き込んでいると結局のところz1000が好みでした。z1000も十分な遮音性があるので、ノイズキャンセルは無くとも十分に静かで集中できます。また、余計な電源やスイッチが無い分、長く使えると判断したのも決め手でした。プロユース想定ですから、部品も長く供給されることでしょう。1r系もそこそこの質感はありますが、z1000のマグネシウムのハウジング、ガッチリとしたコード取り付け部などを触れてからだとクラスの違いを感じさせます。1rncが発売になった現時点では価格がほぼ同じですので、やはり少しでも良いモノを、という基準でz1000に決めました。まだ慣らし途中ですが、音質は素晴らしいです。上品で量感のある低域、細部まで繊細に解像する高域は、フラッグシップの貫禄を感じさせます。カッチリと締まった定位も自分好みでした。余裕のある響きで耳も疲れません。私はボーカルの無いサウンドトラックを聞くことがほとんどですが、エンジニアや作曲者が曲に込めたメッセージを感じ取ることができます。クラシックやジャズなどこの手のヘッドホン評価によく使われる音源は聞かないのでわかりませんが、若手コンポーザーが制作する楽曲を楽しむには、最新のスタジオ用にチューニングされたこの機種が一番だと思います。側圧はありますが装着感は良く、半日くらい装着していても疲れません。今まで側圧のキツいゼンハイザーhd-25が自分の手持ちで一番好みの音質で、1時間もすれば耳が痛くなって苦労しましたが、これからはz1000で代用ができ、快適な音楽生活を送れそうです。実売3万円台は非常に安いと思います。また、表題に書いた通りs-master採用のウォークマンとの相性が素晴らしく、mp3でも圧縮を感じさせない音を楽しませてくれます。私の中では今までウォークマンの「高音質」に「?」が付いていたのですが、z1000をa840系と合わせて試聴したら聞き惚れてしまいました。ウォークマンをお持ちの方は、是非試聴してみてください。他社のヘッドホンではウォークマンの高音質は引き出せないのですね(笑)。(リンゴマークのオーディオ機器との相性は未検証です。)イヤフォンでもex1000など同等のクラスがありますが、耐久性、タッチノイズ、鼓膜への刺激の面で不安があるので、私はアウトドアでもヘッドホン派です。個人的にウォークマンは使い勝手の面でかなり不満があるのですが、s-masterとz1000のマッチングを知ってからは、多少無理をしてもこのセットを持ち歩こうと思いました。自宅ではpcからハイレゾ対応のdacアンプを通して聞いており、もちろん素晴らしい音を楽しめるのですが、イコライザーがフラットな状態で聞き比べると、実はs-masterウォークマンのほうが好印象だったりします。いずれハイレゾ音源が増えても、余裕で応えてくれることでしょう。ヘッドホンは人生のけっこうな時間を一緒に過ごすパートナーですので、「良いものを長く」使うのが正しい選択です。そう思って決めたz1000ですが、今のところは正解だと思っています。ほかの趣味の道具と比べれば、この値段で最上位機種が手にできるなんて安いものです。音楽の勉強用にも最適だと思いますので、若い人で音楽の道を志す方には、是非この機種を徹底的に使い倒してほしいですね。本当にいい音というのは、こういうものだと思います。難を言えばデザインが好き嫌い分かれるところで、自分はあまり好きなほうではありません。ソニーのロゴ周りのテカテカしたプラスチックはかなりマイナスポイントです。。。タイ製というのも、中国製よりはいいですが、少し不満です。(お陰で安く手に入るのでしょうけど)でも、手にするとひんやりしたマグネシウムの感触が心地良いのです。カメラの高級機などもマグボディが多いのですが、それと共通する安心感を与えてくれます。交換イヤーパッドが片方4000円以上と、やや高いのも難ですね。不満点はそれぐらいです。全体的には星5個半ぐらいあげたい。おおいに推奨します!海外品もいいですが、国内メーカー品を買って内需拡大に貢献しましょう!.

学生時代に買ったヘッドフォンが壊れてからはipod〜iphoneと外出時に聞く事が多くなりイヤフォンばかりで過ごしていました。今回ソニーから新製品のヘッドフォンが出るということで久しぶりに買ってみたい、それならより良いものが....と欲張ってこのsony ステレオヘッドホン z1000 mdr-z1000を買うことにしました。午前中の注文で当日の配送予定ようやく届き、30年ぶりのヘッドフォンで聞き慣れた曲を聴いています、イヤフォンと違って音に包み込まれる感覚を久しぶりに味わっています。頑張って配達してくれたドライバーさんにも感謝したいと思います。セレクトの最大の理由はデザイン 残念ながら音質等については申し上げる自信がありませんので控えます、皆さんの参考になるレビューでなくて、すみません!.

特徴 ソニー Sony ヘッドホン 密閉型 ケーブル着脱式 Mdr-Z1000

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • 型式:密閉ダイナミック型(耳覆い型)
  • ドライバーユニット:50mm、ドーム型(HD、OFCボイスコイル)
  • 感度: 108 dB/mW
  • マグネット:ネオジウム
  • 再生周波数帯域:5-80,000 Hz
  • インピーダンス: 24 Ω (1KHz)
  • 最大入力:4,000 mW
  • コード長:約3 m/1.2 m 7N-OFCリッツ線
  • コードタイプ:着脱式

このヘッドフォンの他にもソニーのmdr-1adac を使用しております。これにはアンプも入っており、ウヲークマンZX100から音楽を聴いたりするのはMDRの方が聞きやすいです。しかし、もっと程度の高いアンプから音であれば、このモニターヘッドフォンが出る番だとおもいます。しかし、外出にはやはり、コードレスのを買おうと思っております。.

Cd900st,その海外バージョン,これが発売される前の密閉型sonyヘッドホンの中では私が一番気に入っている音を出してくれます。低音が割と豊富に再生されますが中高音がマスクされることも無く、イアパッドも私の耳のサイズが大きい故にちょっと小さいことを除けば痛みにくい素材で出来ているようで、すぐにぼろぼろになったりすることはありません。売りの一つにロングケーブルとショートケーブルが付属していて、ヘッドホン本体のステレオミニジャックに差し込みケーブル側のねじで固定すればポータブル用のヘッドホンにも出来ます。ただ、このねじから下のケーブル部分の保護が弱いのか1年で2回断線させてしまいました。交換部品として購入するとロングケーブルで10,500円税込みかかるため注意が必要です。私はリワイアを兼ねてオヤイデのミニ−ミニケーブルにしました。ねじが無いのでちょっとした負荷がかかると抜けてしまいますが断線予防になると思います。本体側ジャックが壊れたらお安くなった新品を購入すれば良いと思います。また、ヘッドホンとバンドを結びつける部品がちゃちな作りなのかギシギシ音がします。sonyには以上の点を改善して頂ければと思います。.

まずはじめに言いたいことは、フラットな機種ではないと思います。若干低音寄りだと感じます。ですが、音の感じ方は人それぞれで、本当にフラットだと感じる機種も人それぞれだと思います。確かに他のsony製ヘッドホンorイヤホンと比べるとフラットに感じる人も多いと思います。なので自分の体感を元に、あくまで主観的なレビューになります。音質はとても満足です。モニターと銘打っている割には楽しく音楽を聴かせてくれます。cd900stと比較すると低音が多く感じますが、このくらい低音が出ている方が気持ちよく音楽が聴けます。正直、cd900stは耳周りのどこかに隙間ができてしまい、低域が少なく音が全体的に薄い、ポカシャカしていて乾いた音に感じました(常に手で押さえているわけにもいかないですよね…)。その反面z1000は音がなめらかで、潤いがあります。変なことを言ってしまいましたが、低域には芯と張りがあり、高域はよく伸び、刺さる一歩手前で留めている印象です。装着感は耳の周りに吸い付くようにフィットします。z1000は室内にて良い音で音楽を楽しみたい方にお勧めしたいです。大きく、畳めないため携帯する気にはなりません(笑。ちなみに自分が所持しているもので気に入っているイヤホン、ヘッドホンは…akg、k618djaudio-technica、ck90mk2、es88、esw9、es1bose、ie2denon、c350、d1000koss、portaprosennheiser、momentum on-earsony、ma900などです。参考になれば幸いです。長々と失礼いたしました。.

音楽制作側も生楽器など使わず、何を音源にし、どんなアンプを使って、どんなスピーカー・ヘッドフォンを使って聴いているかも知らないし、制作者によって環境がまちまちなだろうし、何が原音でこのヘッドフォンがどれだけ原音に近い音を出すかなんてバカバカしいことを書くつもりはない。ただ、言えることは、どんな曲を聴いても曲自体が残念なものはあったが「このヘッドフォンが残念な所為で曲が台無し」なんてことはなかった。.

個人的にはスッキリしない音でした。高音の刺々しい部分がカットされ、丸まったおとなしい音という印象です。ですが、このような音も時と場合によっては必要で、マスタリングなどで長時間音楽を聞く機会がある人には最適かと思います。耳が突かれるような高音の不快な成分がほどよく省かれており、耳に優しい点はよく考えられていると思います。音を点検&確認する作業が求められる環境にある方には、このヘッドホンはきっと良き相棒となってくれるはずです。もし視聴したことがない人が解像度という言葉から音抜けの良さをイメージすると期待はずれに終わるかもしれません。ソニー自体がこのヘッドホンを for studio use と称しているだけに拾える音も多いのですが音の先端がカットされている印象のため、聞きたい音が逆に聞き取りづらいケースもでてくるのも事実です。例えばヘッドホンの性能を確かめるソニーのキキオトでは z1000 よりも cd900st のほうが音を掴みやすかったです。リスニングよりかモニターよりかというのは個人の好みに左右されるので難しいところですがヘッドホンの立ち位置としては、やっぱり中途半端なところにいるのかなというのが実感でしょうか。やはり一般ユーザーよりも音楽の現場で長時間使う方にこそふさわしいモデルなのかなという気がしますね。z1000 を購入してから z7 が販売されていることに気づき、少しセンチメンタルな気分ですがどの音源を通しても z1000 の個性ってのがわかるので、これはこれで愛着をもって使っていこうと思います。※ 音がアウトフェーズっぽいのに、なぜか耳に迫ってくるような音に聞こえるヘッドホンというのも珍しいですねぇ.

5万円以内では、これが一番いい。バランスのいい音なので聞きやすい。この値段体でなになにに特化してしまうとバランスの悪さの方が目立ってしまう。.

音質はすごくいい。このクオリティは一度は体験すべきものだと思う。ちゃんと造ったヘッドフォンならここまで聴こえるんだと知っておくべきだと思う。ただし、装着快適性ははっきり言ってだめ。まあまあという言葉さえお世辞にしかならないだろう。でも、業務使用がメインだろうし、仕事なら音質のために多少の不快感を忍耐すべきだろう。ぼく自身、これを使っていると30分に一回は休憩したくなる。が、この音質のゆえに、使うべき時にはエイヤっとがんばって使っている。オープンエアタイプでは絶対得られないであろう音世界が体験できる。値段も高いが、密閉型の暑苦しさに耐えてでも使いたいと感じられるヘッドフォンを買うとなると、これくらいの投資が必要なのもかもと納得。資本と忍耐を投入するだけの価値は十二分にあると思う。でも、普段はやっぱりakgやゼンハイザーで楽しんで快適に聴きたい。.

今までまともに鳴るヘッドホンを持っていなかったので、探していました。この機種がとても気になっていたのですが、zx700が気になっていたので、視聴できるまで購入をためらっていました。やっとこのヘッドホンとzx700の視聴ができる店を見つけたので、その他2、30機種のヘッドホンと共に視聴しました。初めはzx700と聞き分けができないくらい、「どこが違うの?」という感想でした。最初にzx700を聞いたのですが、おお!さすが、評判どおりだと感激しました。そのあとz1000を聞くと、あれ?どこが違うの?と、期待していただけに少しがっかりしました。掛け心地は、zx700の方がパッド部分が少し大きくて楽でした。z1000は高級な素材(本皮?)ですが、その縫い目の分だけ耳の入る穴が小さいです。フレーム部分は一部材質が異なるだけで、ほぼ共通。z1000がケーブルの脱着が可能で、1. 2mと3mの2本のケーブルが付属。zx700はケーブル固定式で1. 8m。他のヘッドホンも視聴しましたが、どのヘッドホンも低音モリモリで、とても不自然な印象でした。唯一、audio-technicaのath-a2000xが気になりました。純粋に音だけで比べればath-a2000xの方が良いのかと思いましたが、あのキンキラシェルと、か細いフレーム、妙な当たり心地の頭のパッドが気に入らず、却下。もう一度zx700とz1000をじっくり聞き比べてみると、その違いは高音の伸びと、低音の響きがz1000は良い。と、気づくとz1000が良いなと思えてくる。あと、ボリュームを絞ったときに、zx700はその高音と低音の不足が顕著に現れてくる。z1000はボリュームを絞っても、驚くほどバランスが変わらない。結局、z1000を買いましたが、zx700でもz1000と聞き比べずに買えば、十分に満足できると思います。.

Mdr-z900(無印)を20年使って(1回オーバーホールあり)劣化が激しく引退させ、続く後継のものはこれなのだろうか?という状況で思い切って注文しました。¥37,985-は色々な意味で高かったです。モニターと謳っている割には低域がぼんぼん出てきます。高域もしゃんしゃんしています。z900と似ている感じがしたのですが、cd900stばりのボーカルの「サ行」のきつさに低域がプラスされた感じです。z900は繊細な高域でしたがz1000は若干きつめに出ます。主な再生装置:プリメインアンプdenon pma-390re(ヘッドホンアンプとして使用)CDプレーヤー denon dcd-755reネットワーク denon dnp-720se当方DTMをやりますのでなるべく癖のないモニターをと思っていましたが、申し訳ないですがこの製品をモニターとする訳にはいかないようです。低域が出すぎています。それとf特が随分暴れています。roland octa-capture(ua-1010)を使ってオーディオテストCD(denon audio technical cd)の5hz~22. 05khzのスイープ信号をwavに落としてsound engine freeにて再生、スペアナとにらめっこしながら試聴してみると、周波数特性が暴れます。ピーク(山):60~100hz, 7khz~8khzディップ(谷):3khz~4khz特に7khz~8khzは強烈なピークです。1khz以下は割と素直でしたが、実際に音楽を再生してみるとローがぼんぼん出るんです。他、ipod touch (5th)との相性は意外に良くてそれなりに良く鳴ります。イコライザをオフにしてもヘッドホン側で低域が良く出るようなっていることからバランス良く鳴ります。期待していたDTM用モニターというよりは一般音楽観賞用のメインヘッドホンとして使用するつもりです。(DTM用モニターとしてはオーディオテクニカの業務用ath-sx1aになりました)7khz~8khzの高域のピークのせいで少し「ツンツン」しますね女性ボーカルがきつい。音の解像度もcd900stの方が高い。(いさぎよい)それと3~4khzの谷は聴覚の一番敏感な領域であるために他のモニターヘッドホンと聴き比べると中抜けになって聞こえます。(結果どんしゃり気味)非常に値段が高い製品なんだからそれに見合ったパフォーマンスを見せて欲しかったです。ですが観賞用ヘッドホンとして素性自体は悪くないです(だから☆4つです)多少癖はあるものの音楽を聴くのは解像度が高いので今まで気にしていなかった音が聴こえてきたり色々発見はあるかと思います。多少高価ですが、まぁソニーさんが好きならおすすめです。.

無駄を排したシンプルで潔いデザイン。遮音性が高い密閉型、情報量が多く広帯域で、スピード感があり、音の切れが良い。スタジオユース、リファレンスモニターに相応しいヘッドフォンである。細部にも配慮が感じられて、好感が持てる。例えば、ケーブルは着脱式で2種類(1. 2mL型プラグ、3mストレートプラグ)とミニプラグから標準プラグに変換するアダプター(3mケーブル専用)が同梱されていて、付属のポーチのポケットに収納できる。ヘッドフォン本体のコネクターには、ネジ式ロック機構がある。変換アダプターにも同様のネジ式ロック機構が付いている。ケーブルは片側出し(L側)で、柔らかいが太め。(実測で、直径3. 7mm)ヘッドバンドやイヤパッドの皮の質感も良い。マグネシウム合金のハウジングは、艶消し黒の梨地仕上げ。プロフェッショナル向けに、「プロダクトインフォメーション」と題した技術解説冊子が同梱されている。繊細にして質実剛健、欠けているものがあるとしたら「色気」ぐらいだが、プロフェッショナルの制作現場には必要ないし、この製品では求めるべきでは無い。家庭用としては、これまで気が付かなかった音が発見できて面白い。.

とにかく勝って良かった。他の商品と迷っていたけど、こっちを買って正解だった。ここ最近まで音楽を楽しむことから離れていたけど、このヘッドホンに興味を抱いて購入。即、昔よく聞いた音楽を聴いてみた。とにかく感動した!あの頃に満足していた音はただ音が大きいだけで満足していたのだと、その瞬間に実感した。夜寝るときに付けていて、外し忘れてそのまま寝ちゃっても耳は痛くありません。(個人的感想)迷っている人は買って損はないと思います。.

   MDR−Z1000をまず最初に聴いた時の感想。  確かに楽器などの音一つ一つが印象が違う。  思っていたより低音がよく出ている。輪郭も比較的はっきりしている。  着け心地は、ぴったりとフィットしているが、あまりにぴったりで、 どうしても汗をかいてしまう。  今まで2万6千円ほどで購入したHPを使っていたので、コスパなど は、分からないが、少なくとも値段相応ではあると思う。  また、それ以上の機種も聴いた事があるのだが、残念ながら正確に比 較出来るほど覚えていない。たぶん上には上がまだあるのだろうと思 う。当然か。  何となくエージングをするのがもったいないような気がする。突き刺 さるような音、長く聴き続けるには辛くなるような音圧などが、今は 有るようだが、それもまた個性で、短時間好きな曲を聴いてすぐ止め るのなら、むしろ刺激的な方のままがいいような気もする。  いずれエージングされて、聴きやすい音になっていくのかもしれない がその時はその時。  最初から全体の音は比較的まとまっているようにも思われた。  ただ、やはりオープンエアータイプにはそれなりの良さがあり、密閉 型にも、違う良さがあるのだと思った。オープンエアーを超えるほど の解放感は今のところ得られていないと思う。  コードは良いものを使っているようだが、ちょっと頼りないような気 もする。ラフに扱って断線させてしまいそうで、怖い。  これはこれとして、贅沢を言うようだが、どうせなら、2倍も3倍も (そんなんじゃ無理か。10倍20倍か。) 高い値段でもいいから、本当に「最高」と言えるようなものを是非と も作って頂きたいものだと思ってしまう。そういうモノ作りはしない つもりなのだろうか。  それならそれでしょうがないが。  とにかく、予想に反したものではあった。ZX700とは間違いよう がないと思う。  しかし、これよりまだ上があると思うと、ヘッドフォン一つでも随分 バラエティが有るものだ。  是非とも本当の最高の方も目指してもらいたいものだ。  たぶん買えないだろうけど。    _/_/_/_/_/_/ +プラスその後数カ月経ってからの感想。_/_/_/_/_/_/数か月経って、エージングもされて来たようなので感想を追加します。やはり、良い点としては、音の輪郭、切れの良さ、密閉型ならではの、引き締まった感じなどにあるようです。突き刺さるような感じは無くなり、気持ち良く聴けています。 しかし、価格からすると、まだまだ上が有るのも事実。 たぶん、音場の広さ、定位の正確さ、などに違いがあるのでは。  最近何でか知らんが、ヘッドフォンは据え置き型スピーカーに比べて、定位の広がりに欠けていて、耳とスピーカーとの距離が近すぎるためどうしても定位が、頭の中にある(脳内定位とかいうらしい)感じは避けられないという意見が散見されるようです。(俺ってかなり洗脳されやすい?)  確かにこれは、高いヘッドフォンでもかなり苦労しているようで、ユニットの位置を少し前にして、斜め前から聴こえてくるように角度を付けたり、イヤーパッドを厚くして耳との距離を離してみたり、まだまだ、分からない苦労が有るんでしょうが、その辺が値段に影響しているか?  もうひとつ、これは推測の域を出ないので、参考までに聞いてもらえたらいいかと。こういう見方もあるか程度で。  最近の高額の据え置き型スピーカーの振動版の材質を見てみると、金属系が多くなってきているようです。  どこかで、振動板の材質として理想的なものは、今のところ、マグネシウムあたりが良いのだとか見た覚えがありまっす。オーディオ系雑誌の読みすぎかもしれませんが。  しかし、事実、御社のイヤフォンでさえ、値段の高いものの不要振動を抑えるためには、マグネシウムを使い、安いものには液晶ポリマーなんたらを使用している事を考えると、マグネシウムの方が、特性が良いらしいと、どうしても想像されてしまいます。  ただ、加工技術や、材料費その他で、採用しづらい部分があるのかといった感じでしょうか。  スピーカーユニットの製造で有名な、(勿論製品でも有名ですが)某社が、ウーファーに純マグネシウムを使ったものを最近出されたようです。  それまでは、アルミニウムなどとの合金製だったりしたようで。  でもまあそんなに物事単純ではないのでしょう。木や、皮、プラスチック系、或いは人間の声のような音を出すのに、金属を使うのが最適かどうかはど素人なのでわかりませんが。  金属でも、たたくと、コンコンとにぶいプラスチックのような音がするものも有ったりするので金属=キンキンという図式は必ずしも成り立たないようです。  しかし、この辺は趣味の問題ではなく、明らかにあらゆる面で材質の特性を検査すれば、有る程度までは善し悪しが決まってしまいそうな気がします。  たぶん分かっている人には分かっているんでしょうなー。  きっと何年か後にはその辺もはっきりしてくるでしょう。まだまだ先は長いという事で。  今のところは、音源の距離感や定位、音場の広さ以外の部分では充分満足しています。  _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ 更に更に2012年7月の感想。_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/月日の経つのは早いもので、この間に、HPもいろんな新製品が発売されました。 という事で、試聴コーナーをお借りして、散々(といっても、まだまだ屁みたいなもんですが)比較してみた挙句の、今の気持ちは。 各社特徴を持った面白いHPをどんどん出してきましたな。 この値段で、この音?と思えるようなものも結構あります。 しかし、これを言ってしまうと元も子も無いのですが、やはり一長一短。 でも、流石に偏ってるだけあって?一長の部分が、値段が3倍もするような高級品に、肉迫するか、或いは超えているのではと思わせるようなものも有ります。 Z1000も輪郭を伴った低域の再現などは、かなりの高級機にも負けないように思います。 結局違いは何だろうと思ってみると、やはり音源との距離感、空間的な広がり、そして、正確な定位、音の分離の良さ。 SHUREの開放型HPの新製品はこのあたりが強い。そしてなかなか両立しづらい低域も何とか出ているようです。 しかし、これも、これだけで聴いていると特に問題なさそうですが、オーバー十万と聴き比べて見ると、なんかちょっと軽いような。また、ジャンルもちょっと選ぶタイプのようです。 ちっとも褒めてないようですが、その通りです。良い事はいくらでも他の人が書いていると思うので。ワースト1狙いですか。 やはりあの、宇宙で使いたくなるようなデザインのHPからすればあらゆる面で、違いが有るのかなとも思われます。これは普通に聞いてしまうと、ホントに普通に聴こえるので、下手するとその良さが当たり前と思ってしまいそうです。でもこの、当たり前という奴が実は一番大変だったりして。その辺を、スピーカーで聴いているようだと表現しているのだろうと自分としては理解しています。 SONYの開放型の三万円位の奴も、聴かせて頂きました。 なかなかやるじゃん。という感じですか。解放感はZ1000では及ぶべくもなく、低域もそれなりに出てるじゃないか!。 これとZ1000を加えてしまって、更に、オーテクの定番品(二万円くらいの奴)もぶち込んでしまえば、完全に十六万円を超えるんじゃないか?  世の中そんな甘いもんやおまへんで〜〜〜〜〜。 という訳で、おいらにはチョー美人にいくら振られ続けてもアタックし続けるだけの根性も無く、これって結構いいよねなんて、あっち行ってはあれを褒め、そっち行ってはそれを褒め、挙句の果ては、自分で何一つ決める事も出来ず、結局何一つ、GETする事も出来ないまま、爺(耳年増)になっていく、でもやっぱり3次元が好きな、しょうもないオヤジ・・・。 変態的夢見心地な批評批判になってしまいました。こうして、途中でぶっ壊れてまた元に戻ってく ―――>。 MDR−SA5000が生産終了になってしまった今、やはりSONYには、やってくれたというより、やっちまったというぐらいの危ういくらいのインパクトのある製品を、やはり望んでしまうのは、無理な願望というものでしょうか。 (そういえば、カンケーねーけど、昔は、D.T.(おwぃ)が、聞いてる方が、冷や冷やしてしまいそうな危ない発言ばかりを繰り返していた時期が有りましたが、なつかしいなぁ。)  最後に、Z1000は誰もが一つは持ってて損の無いようなHPで、これと比べるといろんな事がわかってくるよ〜。 と言っておきます(最大限褒めてるつもり)。    ////////////////////////////////////////////////////////////////// そして2013年・・・//////////////////////////////////////////////////////////////////ところで、前々から気になっていたのですが、以下の警告文章の様なものこれは何なんでしょうか。自分のレビューに投票しようとした現場を押さえたとでもいう意味でしょうか?それとも、自分のレビューに投票しそうだから先手を打って警告したという事ですか?ヒジョーに不愉快ですが、知らない内に変なボタンでも押してしまったか文章中に、「自分に一票!」と書いた覚えも無いし。。。以前にも一度有ったような気がしますが、まさか誰かがあっしの名前で1票いれてくれちゃったりしたとか?とにかくこの件については、ちゃんとした説明をして頂きたいのですが、書く場所が間違ってたら、すみません。もう少し調べて見ますが兎に角、自分の投稿したレビューに投票したつもりは全くないので、あしからず。投稿者は、ご自身が投稿したレビューには投票できません。投稿者は、ご自身が投稿したレビューには投票できません。投稿者は、ご自身が投稿したレビューには投票できません。投稿者は、ご自身が投稿したレビューには投票できません。投稿者は、ご自身が投稿したレビューには投票できません。という訳で本題に入ります。2013年。買ってから丸2年経ちました。流石に、三万以上出すとというか、作りが良いとと言ったらいいか、しっかり長持ちします。今までの安いHPの場合、イヤーパッドがぼろぼろになって、交換する位なら買い換えた方が安かったりしたので、「なんでもっと丈夫に作ってくれんかな」と思っておりましたが、お金を出せば可能という事が分りました。そのほかの部分も、新品同様は言い過ぎかもしれないが、痛みの様なものも見られません。  という訳で最近、HPを良く鳴らす為に、HPAの重要性を感じる事が多くなり、HPA次第では、ワンランク上のHP並みの音にも聞こえてくる(逆に、HPAがダメだと、HPの音の出方のバランスも悪くなる)事も有り得るという気がしてきたので、少しHPAに気合を入れて見ました。 といってもびんボーレビューなので、雑誌付録の自作から入り、やすーい中華のミニアンプ?に手を出し、其のバージョンアップ品に手を出し、挙句は中華のコピー品と謳われているものをほぼ衝動買いしてしまいました。 このコピー品のうたい文句は、ハイインピーダンスのHPが十分鳴らせるドライブ能力を持っているというようなもので、Z1000とは、はっきり言ってあまり相性は良くないようでした。逆に(何が逆かわからんが)K701を繋いでみると、生き生きと、広がりを持った、元気な音がでてきて、びっくりしました。 そろそろ時間となりましたので、話を端折りますが、HPAの影響もかなり有るという事で、今度からは、HPだけでなく、どのHPAを繋いで、試聴したかも、レポートできたらと思います。Z1000にどんぴしゃなHPAなどを見つけられたら、レポートしてみたいと思います。 ついでに、中華HPAがZ1000と相性が悪いと書きましたが、相性と言うだけあって、Z1000でも聴き続けていると、別の意味で、新鮮な音が聴けるようになってきたと思っています。元々Z1000は耐入力も結構高いので、もしかしたらもう少し元気に鳴らしてやると、また違った面を見せてくれるかもしれません。 はっきりいって、20kHzの高域を聴き分けることの出来ない年になってしまいましたが、(年のせいだけとも限らんけど)ヘッドホンの世界はまだまだ衰える方には向かっていないように思います。 それと、以前にも書きましたが、金属系の振動板も最近ぼちぼち見かけるようになり、試してみたいが先立つものが。。。実は昔から、金属系はあったようですね。ある素材にメッキを施すという形で使われていたらしい、というか今でも有るらしい。 必ずしも、マニラ、じゃなくてマニアだけの関心事と放っておくには勿体無いと思います。 3980円のHPAが今、テレビ用に使っていたSONYの500円?ヘッドホンをしっかり魅力的なモノにしてくれています。テレビでもこんなに良い音がするんだなあ。因みにテレビもソニートリニトロン。.

クセがなく 透明感があるので モニター用。 音楽鑑賞とはいいにくい。.

満足です☆高音が特に良い感じです、低音も十分で密閉度も良好です。.

手持ちのイヤホン、ヘッドホンはmdr-ex600(ex1000のとリケーブル済)、ah-d5000、ath-a900、ah-d1000です。今回のヘッドホンは手持ちのヘッドホンではd5000が同クラスとなりますので、コチラとの比較を交えてのレビューとします。【外観】z1000はハウジングがマグネシウム合金ですが、思ったよりも軽く、安っぽさはありません。なお、sonyロゴの下に『for studio use』とありますが、これはシールです。私は剥がしました。綺麗に剥がれます。なお、d5000は外見に反して軽いヘッドホンで、z1000とd5000は同じくらいの重さです。【装着感】軽いので首や肩の疲れはないのですが、d5000より側圧が強め。そのため数時間もの長時間となると痛くなってきます。なお、眼鏡をかけていても、あまり変わりはありません。どちらのヘッドホンもイヤーパットが耳をすっぽりと入れる感じで、完全密閉なので蒸れやすいです。だだ音漏れに関してはz1000は殆ど無いのです。d5000は音漏れが少々ありました。【音質】○バランスz1000は低音から高音の全域において、解像度が圧倒的に高く、割とフラットなバランスと思いますが、僅かに低音寄りかとも思います(本当にフラットかなっと思ったのは以前聴いたd7000でした)。低音は厚みがあって強く締まった音を、高音は余韻までしっかり伸ばし鳴らしてくれます。音一つ一つの分離も輪郭もハッキリしていて、非常に聴きやすいです。d5000と比較すると、d5000の方が低音寄りに感じます。z1000の場合は『フラットかな…?僅かに低音寄り…かな?』と曖昧になりますが、d5000の場合は『低音に寄ってるな。』とハッキリ判断出来るくらい違います。解像度はd5000の方が劣りますが(というよりz1000が異常に高いかと)、自然な鳴り方をしているのはd5000かと思います。その理由については、定位にて。○定位z1000はボーカル、楽器全てが間近で鳴ってる印象。私が感動した点でもあるんですが、解像度が圧倒的に高いため、本当にすぐ目の前で、それこそ実際に演奏する人しかわからない距離感、かつ生でしか絶対聴こえない音が聴こえます。楽器をやっている人ならわかる音と言った方がいいかもしれません。アコースティックギターの弦だけではなく本体の木の鳴り、ピアノのハンマーが弦を叩いて戻る音、ボーカルの息が漏れる音等がこのヘッドホンなら聴き取れます。ここまで聴き取れるからこそ、よく『聴こえなかった音が聴こえる』と言われるのでしょう。ただ全ての楽器の音が間近で聴こえる特殊な定位のため、人によっては合わないかもしれませんので購入前に試聴はした方がいいです。イメージとしては全ての楽器が鳴っている狭い箱に頭を突っ込んだ印象でしょうか。しかし、一つ一つ、しっかり分離し聴き取れる。また空間・奥行は狭く感じるのですが、余韻が長い・よく響く音が鳴ると急にその音だけ空間が広くなる不思議なイメージです。こういったところがモニターヘッドホンらしく、音を楽しむというより分析するためなのかと思えます。d5000の方が一般的な定位となっており、全体な響き、音場はそれなりに広く、自然です。例えて言うなら、z1000は演奏者側の音、d5000は観客側の音と言った方が良いでしょうか。【総評】定位と音場が人を選ぶ感はありますので、決して全ての人に勧められるものではありません。本当の意味でオーディオらしいヘッドホンを求めるなら、他のヘッドホンを選んだ方が良いかもしれないと思います。ただ私にとってz1000は素晴らしいヘッドホンです。生々しい、その音に日々の音楽が彩られていて、本当に楽しいです。高解像度の音やフラットな音(若干低音寄りかと思いますが)、モニターライクな音を求める方にはうってつけでしょう。3万以上のヘッドホンを検討されるなら、是非とも一聴した上で検討の選択肢に加えて頂きたいです。.

アンプを使用してこのヘッドホンを使用しています。あまりゲーム目的の方はいないとは思いますが、自分のような人が、いればと思い書き込みしました。fpsゲーム r6s に使用してみましたが、ずば抜けて 定位 分解能 が優れています。akg k702 hyperxcloud alpha を持っていますが、だいぶ z1000のほうが はっきりしています。ビビりました。音楽を聴いてみましたが、こちらも 音の 分解能 が 素晴らしいです。 低音もしっかりしています。音楽に関してはakgの方が柔らかいので好みがわかれそうですが、いい音に間違いなさそうです。おススメです。若干値段は高いですが、いいものを一発買いできると思います。 .

37517円で購入して1年になります。お気に入りです。◎24Ωの低いインピーダンスのため、ポータブル機器でもvolumeを上げずに済みます。省エネ。◎パバロッティの歌う:清教徒 a te o cara.  クライマックスのhigh−c(ド#)が音割れしないで聴けました。音割れはdeccaの古い録音のせいとあきらめていただけに、感激です。◎耳の周囲にかかる側圧もちょうどいいです。重さもちょうどいいです。◎掃除機をかけながら比べてみても、遮音性はbose quietcomfort2 より優れています。電池を使わず、ノイズキャンセルシステムでの音の劣化がないことを考えると、お買い得です。◎2本コードが付いてきます。プラグアダプターat509cs(別売)で1本として使うと、テレビを見るときに十分な長さになりました。 短所といえば・・・夏に使うと暑いことぐらいです。あたりまえか。最近日経でsonyの不振を目にしますが、私はsonyを信じています。保険のコマーシャルなんかに力を入れていないで、原点に立ち返ってほしい。mdr-z1000のような魅力的な作品をこれからもお願いします。.

スタジオユース向けのモニターヘッドホンという位置づけで開発されてはいますが、ホーム・ポータブルユースでも楽しく聴かせてくれるヘッドホンです。試聴条件としてdapにウォークマンa867、音源ソースはatracロスレス、z1000は直挿し、イコライザーその他全てoffという条件です。音楽というものはあくまでも聴く手の主観で決まる部分があるので正解というものはありませんが、少なくとも個人的にs-mastermx搭載ウォークマンでの直挿しではそのパフォーマンスはいかんなく発揮されています。まず、モニターとして重要な音の分解能はさすがというべきでしょう。次に音質ですがボーカルから高域への伸びがクリアかつ艶やかで音が刺さることもなく絶妙なチューニング。低域もボワつくことなくしっかり鳴っていて中域へかけての音の厚みもあり重厚感があります。が、密閉型で上記のような音を鳴らす割には聴いていて非常に優しさも感じ取れます。やはりソニーのフラグシップですからs-mastermx搭載ウォークマンa860シリーズの開発時にはz1000やイヤホンのex1000あたりは参考にしてチューニングされていると思います。雑味が無く原音を楽しく聴かせてくれるあたり定番モニターのmdr-cd900stと棲み分けはしっかりできています。あとは個人の好みの問題になるかと思いますが味付けされた音が好きな方には向かないかもしれません。あくまでもストレートに音を楽しむのに向いたヘッドホンだと思います。.

期待通り、高〜低までの音をバランスよく鳴らしてくれています。いままで聞こえていなかった音も聞こえてきます。さらに、サーっというノイズも聞こえません。遮音性も高いし、音漏れもせず驚くほどです。外見は派手ではないですが、シンプルイズベストな感じで高級感があります。(写真は白っぽいですがもっと黒い部分はもっと黒、アームはつや消しシルバー色)イヤーパッドはソフトでかつ、耳がすっぽり入る大きさと形状なので着け心地が最高で、アームの長さを適切に調整すればまったく耳が痛くなりません!付けているのが気にならないくらい軽いので一日中付けていられます!!よく、「面白みがない」なんて表現がされますが、そもそもクリエイター達はフラットなバランスからチューニングしているはずだと思うので、そのクリエイターが調整したバランスを尊重して聞くべかなと持論ですが思っています。低音は弱いのかと思ってましたが意外と強め(適正な強さでクリアな低音)でとても気持ちよく聴けます。追記>いろいろ比べましたがやはりこれは最高の音質、装着感です。音楽を聴くのが本当に気持ちいいです。音楽の中に浸れます。これは手放したくありません!pcとそこそこのオーディオインターフェースとこのヘッドホンでもう満足なオーディオシステムです。もう3万4千円で買えるんですね。お買い得としか言いようがありません。。。.

2011年春くらいからずっと使ってます未だ何も問題は起きてません他にもヘッドホンをいくつか持っていますがこれじゃなきゃ嫌ですsony信者でも無ければ、音キチ達でも無いので音の事は詳しく分かりませんが着けた感じはそこまでキツくなくふんわり耳触りもっちり着けて 聴いて、心地良いですこれに満足しています、依存してます.

この商品にして問題なく使用出来てよかったです。重宝しています。.

何気なく試聴して「おっ!」っと思いました。あるべき音がちゃんとそこにあるっていうように整然と聴こえます。歪みまくったj-popを何とか誤魔化して聴くためにモコモコと篭った音にチューニングされた他のヘッドホンとははっきりと一線を画した音楽の真髄を提示するまさにエレキ→ミュージック変換器のようです。音が近いというだけではなくなんの躊躇も感じさせずにすぅーと耳の奥まで音波が浸透します、そして何よりも力強く音楽のエネルギーが満ち満ちている感じをこうやって楽しめるのは素晴らしいです。使用していて注意点はイヤーパッドのへたりはたいへんに敏感に再生音に現れます。パッドが薄くつぶれてくるととたんにキンキンとハイ上がりの神経質な音になるので自分はパッドの内側に化粧用コットンをリング状に形を整えて入れています。この分量によって微妙なチューニングが可能ですのでいまひとつ神経質な音に感じられてる方は一度是非試していただきたいですね。この昨今のヘッドホンインフレ時代で価格が上昇し続ける中でこの価格でこれだけの素晴らしい音楽を再生する本機を大事にしていきたいなと思っています。.

ヘッドホンではz1000以外にsennheiser hd650, akg k702, sony mdr-cd900st, sony mdr-v6, shure srh840, shure srh940等を所有しておりますので、それらとの比較を中心に書かせて頂きます。他の所有するヘッドホンと比較して、聴こえてくる音の数と質には驚かされました。ジャズ演奏中の奏者の息遣いや鼻歌まで聴くことができ、こんな音まで入っていたのかという感動を体験できます。それは個人的には好きな感覚なのですが、純粋に音楽をキレイに聴きたい人にはhd650やk702の方が良いかもしれません。hd650,k702,srh940等はヘッドホンアンプを通さないと本当の実力は発揮できませんが、z1000はiphone等に直接つないでもキレイな音を出してくれます。音場はの広さはcd900stよりはだいぶ広く、聴き疲れはしにくいように思います。外音の遮断性は所有するヘッドホンでは最も高く、かつ音漏れレベルは最も低いので通勤でも使用しております。エージングの効果はあまり信じていないのですが、z1000に関しては絶対必要です。新品の状態ではボワボワな低音とシャリシャリの高音にスカスカな中域が出迎えてくれます。2日くらい鳴らしっぱなしで放置しましょう。個人的には一番お気に入りのヘッドホンです。.

ベスト ソニー Sony ヘッドホン 密閉型 ケーブル着脱式 Mdr-Z1000 レビュー

This entry was posted in オーバーイヤーヘッドホン and tagged . Bookmark the permalink.