ソニー(SONY) ソニー SONY ステレオイヤホン USB Type-C接続専用/ハイレゾ対応/操作ボタン・マイク付 2019年モデル STH50C – 重低音重視

C-typeの接続部分に繋ぎ目がありドコモでは繋ぎ目がある商品は一切かんち感知してくれません。両面繋ぎ目がない物が欲しかったので、使い物にならず残念です。.

初めて聴いてみた感想はえ…コレ値段の価値ある…?だったけどその後重低音が素晴らしい事が発覚しそこは値段以上の性能だと思います.

日本メーカーらしい中高音寄りのきっちりとした音です。音質に関しては特に面白味はないですが、通話用に購入したものですし、価格帯や汎用性などを勘案してもいい製品だと感じています。ただ、操作ボタンのクリック感が分かりにくいという点は改善の余地ありかとおもいます。使用環境:sony xperia1 (so-03l docomo)再生、通話、操作ボタンいずれも問題なく動作します。.

Xperia1を購入してbluetoothイヤホンの他社の接続が出来ない為にこちらの商品を購入しました。さすがsonyのハイレゾスマートフォン専用イヤホンなので音がけっこう良いです。bluetoothが接続出来ない方はオススメです。.

この値段だったらまあまあって感じです。xperia 1で使用しています。良い点としてはやはり、変換せずにさせる所です。とても楽です。重低音重視な感じがします。人によってはこもって聞こえると感じる人もいるかもしれないです。音が流れる系のアプリだと、途中でプツプツ聞こえることがあります。音ゲーとyoutubeでたまにプツッと聞こえてきました。音量等のリモコンの押し心地は、カチカチッて感じだと思ってたらそこまでカチカチせず、フニャフニャな感じでした。.

手元で音量操作はいいな。ただ、差し込み部分がl型ならコード切断の可能性もなくなるのに。コード長さを慎重に選ぶこと。.

I don’t know what is the noise is, it appears every interval between each song. The noise really make me uncomfortable. Although the music quality is great but i cannot say this earphone is good due to the unknown noises.

接続機器はxz2compact。外出時など主にwi-1000xを使用し、充電切れの際に有線イヤホンが予備で有ったら良いなと思い購入しました。裏表間違うことの無いtype-cなので簡単かつ手軽で余計な設定もいらないのですぐ使うことができてgood。音質はソニーのd型らしいモニターライクな音で慣れ親しんだ方で有れば違和感なく聞けるかと思いますが、ハイレゾ対応を謳っていても同社のハイエンド帯に比べると月並み以下なので過度な期待はしない方が無難です。.

利点と欠点

メリット

  • 有線最高!

  • 思った以上に使い勝手が良い

  • 接続部に繋ぎ目があるから感知せず

デメリット

音を鳴らすとr側のみ高音ノイズがずっとしていたため一度返品し、買いなおしました。以下買いなおした後の評価です。使用媒体:xperiaソニー製品同士だからか、usb端子とプラグ端子の違いからかはわかりませんが、数日前に購入した日本メーカーのハイレゾ対応イヤホンでは聞き取れなかった高音域もよく伸びおり、また低音域も豊かに響いています。ノイズキャンセリング機能がないので外の音も少し聞こえますが、気になるほどでもないです。運悪く初期不良の商品に当たったら、迷わず買いなおすことをお勧めします。.

本来のミニジャック(故障しました)のある機種(s5-sh)だったので接続するまで、音が出るか不安でしたが問題ありませんでした。音質は上品で低音から高音までよく聴こえます。強烈な低音、高音を作って無いので、高価な割に物足りない、と感じる人もいるかもしれません。でもこれが本来の音でしょう、とにかく上品な音質です。.

5mmに、3000円位のイヤフォンを組み合わせた位の音質。胡散臭い中華製品を組み合わせより、音質的には下。typec→2. 5mmバランス接続が出てきてる現状だと、非常に中途半端な製品だと言わざるを得ない。そして耳に押し込む時に、ペコペコ音がするのが安っちい。まあ、構造的に後端部分をガチガチに出来ないのかも知らんけど…。イヤフォンの構造を中途半端にバランスモドキにする位なら、バランス接続にしとけよとしか言えん。イヤフォンの中途半端な音の分解能力のせいで、pixel3xlに付属の3. 5mmアダプターとハイレゾ音源の差が出てない。いや、悪くは無いよ悪くは。あくまでも普通。なので☆3個にしてます。.

素晴らしいですね、でも、ちょっと高いですよ.

私の耳にはイヤホンが小さすぎてすぐに耳から外れてしまいます.

 この金額でこの音なら、十分過ぎるほどかと。 素直な音質ですし、メリハリがよく効いている、優れた製品だと思います。 私は通勤中にxperia1+powerampで聞いていますが、かなりのボリュームで聞いても音漏れもなく、また耳にぴったりと収まりますので、とっても快適です。 画像は、小さいがま口をケースに使用しているところ。ご覧のようにジャストサイズです(笑).

高域と低域が低めに設定されています。iphone付属のイヤホンと比べてみたらやや音が軽く感じますが、恐らくイヤホンを長時間着用した時の疲労を考慮してなのでしょう。このような配慮があるのはやはり日本製ならではだと思います。何よりスマホに直接つなげる所がいいですね。.

Sony mdr-ex250の愛用者です。それに比べると、エイジングが済んでいないので音質はそれなりです。高音域は繊細だが、低音の迫力はない。あと、イヤーピース三種類入っていますが、どれもしっくりこない。イヤホンが抜けやすいので耳奥に無理やり突っ込んでる感じ。私の耳穴は大きいので一番大きいイヤーピースでもまだ足りない。使用デバイスはxperia5.リモコンは便利。フィット感なし、質感ゴム丸出し、で星2個マイナス。普段の通勤やいわゆる「寝ホン」にガシガシ使って、壊れても惜しくない価格が良い。.

ハイレゾ対応であったため購入してみたが、非対応のイヤホンと比較してそこまで違いがあるようには感じませんでした(私の感覚ですが)。装着感は悪くないですし、type-c規格のイヤホンはそんなにないので重宝はしています。.

特徴 ソニー SONY ステレオイヤホン USB Type-C接続専用/ハイレゾ対応/操作ボタン・マイク付 2019年モデル STH50C

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • USB Type-C(TM)プラグ採用 スマートフォンにダイレクトに接続できるハイレゾ対応ステレオイヤホン
  • USB Type-C端子での接続のみ対応。ステレオミニプラグ等での接続はできません。
  • 192kHz/24bitのUSBオーディオ再生に対応 高音質D/Aコンバーターを内蔵
  • 高感度9.7mmヘッドホンドライバーユニット採用
  • リモコン部に搭載されている操作ボタンを使ってスマートフォンの操作が可能
  • メリハリのある低域再生を可能にする、ビートレスポンスコントロール

メーカーより

スマートフォンとダイレクト接続*。ハイレゾの高音質を味わう

 

USB Type-Cプラグでのケーブル接続に対応したステレオヘッドセットです。Type-Cプラグ採用のスマートフォン等にダイレクトに接続でき、USBオーディオ出力ならではの高音質なハイレゾ再生(192

192kHz/24bitのUSBオーディオ再生に対応。ハイレゾで高音質に浸る。 USBオーディオ デジタル出力によるハイレゾ・オーディオ再生

広帯域再生が可能な新形状の振動板を採用し、振動板を駆動する磁気回路を内磁型で最適化することで、駆動力を向上しています。小型ながら高感度のドライバーユニットが色鮮やかな音楽を再生します。

 

USB Type-C(TM)プラグでのケーブル接続に対応したステレオヘッドセットです。Type-C(TM)プラグ採用のスマートフォン等にダイレクトに接続でき、USBオーディオ出力ならではの高音質なハイレゾ再生(192kHz/24bit対応)が可能。

 

USBオーディオ デジタル出力によるハイレゾ・オーディオ再生192kHz/24bitのUSBオーディオ再生に対応した、高音質D/Aコンバーターを内蔵

 

広帯域再生が可能な新形状の振動板を採用し、振動板を駆動する磁気回路を内磁型で最適化することで、駆動力を向上しています。

小型ながら高感度の 9.7mmヘッドホンドライバーユニットが色鮮やかな音楽を再生します。

 

2種類の硬度のシリコンを組み合わせたハイブリッドイヤーピースを採用。芯の部分は硬い素材を用いることで音の通路の形状を保持し、先端の潰れによる音質劣化を防止。外側の部分は柔らかい素材を用いることで耳への

USB Type-C(TM)接続であれば、画面と音のずれもないため、動画やゲームも安心して楽しめます。有線なのでイヤホンを充電する必要もありません。

リモコン部に搭載されている操作ボタンを使ってスマートフォンなどの音楽再生機の曲送り/戻し、再生/一時停止、音量調節、電話の着信を受けたり終話させたりなどの操作が可能です。さらに、Google アプリや

 

2種類の硬度のシリコンを組み合わせたハイブリッドイヤーピースを採用。芯の部分は硬い素材を用いることで音の通路の形状を保持し、先端の潰れによる音質劣化を防止。外側の部分は柔らかい素材を用いることで耳へのフィット感を向上。密閉度を高め、長時間でも快適な装着性を実現します。

 

USB Type-C(TM)接続であれば、画面と音のずれもないため、動画やゲームも安心して楽しめます。有線なのでイヤホンを充電する必要もありません。

 

リモコン部に搭載されている操作ボタンを使ってスマートフォンなどの音楽再生機の曲送り/戻し、再生/一時停止、音量調節、電話の着信を受けたり終話させたりなどの操作が可能です。さらに、Google (TM)アプリやSiri(R)といった、スマートフォンの音声検索を利用できます。

Pixel 3aで使用しました。音に関しては、価格に対して良いほうだと思いますが、散歩中至る所で、ジリジリジリとノイズが入りすごく気になります。三軍行き決定です。.

変換アダプタを使用せず、直接本体に接続出来るので、とても便利です。音質もこの値段帯にしては良く音量ボタンも付いているので操作性もいいです。.

ハイレゾ対応という事でxperia5用に購入。使ってみて感じたのは低音域が少々強調されているように感じたけど個人的にはちょうど良く他に気になる点は特にない。.

ワイヤレスイヤホンの充電が面倒で困っていたところ、ソニーからタイプcイヤホンが発売されると聞き、即購入。やはりソニーのものなので、音質は良いです。ちゃんとdacチップを内蔵しているのもgood。よってipad proでも使えます。.

W1000xm3は都内でbluetooth接続して、とてもじゃないけど使えないので、今回この商品を購入しましたが、室内でもかなり音がこもって聞こえ、音量もありえないくらい小さいです。max音量にしてやっと聞けるレベル、またsonyのやる気がみじんも感じられないイヤフォンでした、typec対応じゃなかったら絶対に買ってないレベル、お世辞にも良いとは言えない商品です、typec直差し出来て名の通ったメーカーのイヤフォンが無さすぎる、泣く泣く使いますが….

音漏れしないしなかなかいいかも、低温がしっかりしてます。これからが楽しみです.

ハイレゾ対応とあるがあまり変わらない。typecスマホ使いには便利。.

思ったとおり良い製品でした。.

総評するととても良いイヤホンです。このイヤホンを計2回購入しました。1回目はソニーストアで販売初日に7000円で購入、クリーニングで潰したのでこちらで購入しました。7000円の価値はあるイヤホンなのでそれ以下の値段で買えて良かったです。自分のスマホはxperia xzでイヤホンジャックがあるスマホですが、dac内蔵なので、そういうスマホでも使うことができます。type-cから3. 5mmの変換アダプタによくあるノイズがないのも魅力です。まず音質ですが、イヤホン自体は高音低音バランスよく、しかもハイレゾ対応なのでとても聴きやすいです。しかしスマホの設定から高音低音の調整が一切反映されない、つまりその曲「元々の音質」を聴くことになるのでダンスミュージックを聴くとき低音を強調したいとかの「音質の調整」が出来ないのが少し残念です。※あくまでxperia xzの場合なので注意※3. 5mmあり+type-c=曲再生可能 設定アプリからの調整不可※3. 5mmなし+type-c=曲再生可能 設定アプリからの調整可能?だと思います。※ちなみにゲームの中にはうまく聴くことが出来ない、音ズレが発生するものがいくつかあります。音ゲーだとlanotaが音ズレします。残念!.

ノイズ音がずっと入る。ハイレゾ?音が普通のイヤホンと変わらない気がする。.

やはりmadein japan。いろいろ中華のイヤホン買いましたが、安価格=それなりでした。欲言えばコードの細さがいまいち。.

音が小さく籠もった音質。安物のチャイナ製のほうがまだ音が良い。こりゃダメだ。.

ベスト ソニー SONY ステレオイヤホン USB Type-C接続専用/ハイレゾ対応/操作ボタン・マイク付 2019年モデル STH50C レビュー

This entry was posted in イヤホン and tagged . Bookmark the permalink.