ソニー(SONY) ソニー Sony イヤホン 重低音モデル Mdr-Xb510as : 防水/スポーツ向け リモコン・マイク付き ブラック Mdr-Xb510as B – バランスの良い性能、値段、デザイン

パットは色々あるのでいいのですが、イヤホンのデカさの割にはクリアではなく低音に強い(初期設定?)感じ値段と防水で.

ヘッドホン・イヤホンで一番気になるのが音質だと思いますがこの「音質」って人により好みが全然違うのでその点をまず考慮しておいて下さい。あくまでも1ユーザーの戯言程度で読んで頂ければ幸いです。実機を試聴した時はあまり気にならなかったのですが家でデスクワーク等をしている時は少し音がこもって聞こえる気がします。具体的には低音はただ低く響くだけで高音もあまり伸びが無くクリア感も無い。本当に「こもった音」のような感じです。まあ主要目的がジョギングでの使用なので走ってる時にはあまり気にならないですが。総じて思う事ですがsony製で満足できるヘッドホン・イヤホンを買おうと思うなら¥10,000円前後の物から上の商品を探さないと自分の気に入った音質のものはないような気がします。最低限納得できる音と価格のバランスで考えると某○○○○○テクニカ社製の方がコスパは良いと思います。.

初めは満足していたのですが、使い始めると早い段階でプツプツ鳴り出し、接続が切れたりします。コンビニ買ったものの方が長持ちしています、残念です。.

普段はsonyのノイキャンbluetoothヘッドホンやイヤホンを使用しています。充電している際や、家の中でイヤホンを使いたいときなどはこちらを使います。個人的に気に入っている点は、色やデザイン、フィット感です。音質も自分好みでお値段も手頃です。フィット感は驚くぐらい綺麗にフィットして衝撃的でした。所持してるイヤホンの中でもかなり不快感のない装着感です。上には上がありますが、この価格帯ではこの商品が最適解だと感じます。あと色が綺麗なメタリックブルーをしている為、音楽を聴かない時も眺めて楽しめます。これは自分だけかもしれませんが本当に綺麗な色をしているのが癒されますよ。.

アイフォン6の純正イヤホンマイクと比べ、密着度高く通勤電車内で快適に音楽を聴くことができるようになりました。音量調整ボタンがないのが残念ですが、低音もいい感じ。この値段でこの品質に満足!.

ランニング用として、色々探した結果この商品にたどり着きました。耳の装着感、音の響きはとても良いです。ただ、ワイヤレスでないのが残念なポイントでした。.

ジムで備え付けのtvを見ながら走る為だけの目的で購入。汗にも強く丈夫な作りで音も良い。.

3,4年くらい使ってきたイヤホン(mdr-xb70)をそろそろ買い替えようと思って購入した。音質についてだが、流石sonyだと思う。パンチのある強い重低音に、キレのある中高音域。extra bassシリーズ、つまりは重低音モデルなので、音のバランスとしては勿論バス寄りになっているのだが、だからといってミドルやトレブルを犠牲にしていない、厚みのある良い音を聴くことが出来た。物足りないと感じることは特になかった。仕様でいけばxb70よりもxb510asは最高再生周波数帯域が2000hz低い(xb70は26000hz)が、それを殆ど感じさせないほど、高音域もキレイに聞こえた。フィット感については、やはりスポーツ向けだなぁと思った。アークサポーター(ハウジングの上側のアーチ状のシリコン)が付いている、というのがこのイヤホンの大きな特徴であり、イヤーピースも長めに作られているので、耳の奥までしっかりはまり、ランニングしたとしてもズレない。ただし、この商品の特性上、耳にかなり密着するように作られているので、スポーツには良いが、逆にリラックスしたい時とかにはあまり向かなそう。それであればxb70の後継であるxb75apや、下位機種にあたるxb55、xb55apをオススメする。xb510asはアクティブな人や、フィットしすぎてても問題ないという方に向けた製品といえる。また、ハウジングがとにかくデカい。xb70も普通のイヤホンと比べるとハウジングが大きめだが、それと比較してみてもこのデカさである。「大きい」というより「デカい」。そのため、睡眠時に使いたいだとか、コンパクト性を重視する人にはあまり向かないと思う。そして家に商品が届いたその日に水没させるという割と勇気の要ることをしてみたのだが、全く問題はなかった。細かいゴミもしっかりと取れた。流石はip67。合う合わないは人それぞれだが、総合的に見て、この商品は値段以上の価値があると私は感じた。スポーツ向けだがそれでいて音質を犠牲にしていないので、日本を代表するオーディオメーカーsony、本当に大したものだなぁと思った。これを買って大正解だったと思っている。このmdr-xb510asはアクティブ派だけど重低音も好きだぜ、という方に是非オススメしたいモデル。そのほか重低音寄りの音が好きな方、このフィット感を試してみたい方はソニーストアに足を運び、体験してみるのもアリだと思う。.

利点と欠点

メリット

  • 【専門的レビュー】これにして良かった。大満足。

  • 音質で好みが別れそうです

  • バランスの良い性能、値段、デザイン

デメリット

 音楽を聴きながらランニングするのが私の日課ですが、以前使用していた耳フック型は、耳が痛くなる・眼鏡に干渉する・耳に汗が入ると詰まって音が聞こえなくなるの三重苦でした。 色々探した結果たどり着いた本品。現在愛用しているこれソニー sony イヤホン mdr-xb70 : カナル型 ブラック mdr-xb70 bのスポーツタイプということで購入しましたが、これがなかなかのアタリ商品でした。 音質はそのままに、防水化に成功したこちら。他のイヤホンと比べ、イヤーピースが耳に深く入るようになっており、一番気にしていた汗による詰まりがなくなりました。耳の内側につっかえ棒で安定させるタイプなので、眼鏡をしていても安心です。おかげで走るのがもっと楽しくなりました。私はウォークマンで音楽を再生しているのですが、やはり同じsony製品だけあって相性はバッチリに感じます。このシリーズには安定安心の品質がありますね。 スポーツだけでなく、普段使いにも十分通用する万能型。個人的には通話ボタンを排して値段を抑えたバージョンも出してほしいところですが、それだけ魅力的ということなので、ぜひメーカーさんには検討してほしいところです。.

期待していた以上の音質に驚き お薦めの一品です.

トレーニング用と通勤中. それに出張時のために買い求めました。以前にもソニー製を買い求め,二台目ですが低音域の性能は向上していて素敵です。.

買ってすぐにリモコンが反応しなくなり、数か月後には音飛びするようになった。その後しばらくして使い物にならなくなった。個体差もあると思うが、世界のソニー製品がこの有様…。正直言って非常にがっかりした。.

全モデル海外版半年で断線、btに変更し有名2社の製品を購入。両社やはり市街地で音飛びが多く電池切れ等を考慮し購入。音質、自身汗かき、家でも外でもとわがまま仕様に対応していて良いです。sonyだし。エクスぺ使用なので。.

サウンドピーツを使っていたのですが、どうしてもイヤーピースがフィットしなくて試しにこの商品を購入して見たところイヤーピースのフィット感が抜群でジョギング中でも外れません。もっと早く試してればよかった。。。有線で十分だった。。.

筋トレ中にもランニングにも雨にも使える。そして何よりホールド感、音どちらも文句無し。通話対応いいイヤホン.

しっかりと耳にフィットし、今までのイヤホンで気になっていた静電気も起こらず快適です。.

ジョギングする時に使います。耳から落ちなくて、音も良いので気に入ってます。色々色を揃えたいです。.

特徴 ソニー Sony イヤホン 重低音モデル Mdr-Xb510as : 防水/スポーツ向け リモコン・マイク付き ブラック Mdr-Xb510as B

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • アークサポーターとエルゴノミックな本体形状により圧倒的な装着安定性
  • 水洗いも可能な耐久性(IPX5/7相当)
  • スマートフォンでハンズフリー通話、リモコンでの音楽操作が可能
  • リモコン操作を好みの設定に変えられるXperia(TM)専用「SmartKeyアプリ」
  • 圧倒的な量感の低音を正確なリズムで再現。

メーカーより

スポーツシーンでも音楽を存分に楽しめる。こだわりの重低音と防水性能

拡大表示

拡大表示

拡大表示

拡大表示

EXTRA BASS(TM)sound

重低音のグルーブ感をダイレクトに伝達し、圧倒的な量感の低音を正確なリズムで再現。低音のビート感を捉えることで、スポーツやトレーニングのパフォーマンスをさらに高める。

水洗いも可能な耐水性

IPX5/7相当の防水仕様。汗や埃などをきれいに洗い流せるので、いつも清潔な状態で使用できる。

圧倒的な装着安定性

3サイズのアークサポーターとエルゴノミックな本体形状により、あらゆるスポーツシーンに寄り添う高い装着性を実現。さらに通常のイヤーピースより耳との接触面積が約30%広いハイブリッドイヤーピースロングの採用により、スポーツシーンでも安心して音楽を楽しめる。

拡大表示

拡大表示

スマートフォンでハンズフリー通話やリモコンでの音楽操作が可能

リモコンにマルチファンクションボタンとマイクを内蔵。スマートフォンでハンズフリー通話が可能。さらに、音楽再生/一時停止もできるので、スマートフォンで音楽を聴くときも便利。

リモコン操作を好みの設定に変えられるXperia(TM)専用「SmartKeyアプリ」

「SmartKeyアプリ」をGoogle Playストアからダウンロードすることで、マルチファンクションボタンによるリモコン操作をカスタマイズできる。ミュージック/通話/保留のカスタム画面から、ボタンを押す回数によってどの操作(再生/一時停止や応答/通話終了など)を行うかの設定が可能。

以前購入した中華製イヤホンの代用として購入しました。流石日本製頑丈だと思います。睡眠時に寝返りをうってよじれてもなんともありませんでした。ジョギングをした際も汗がかかってしまいましたが動作に異常なし。音質に関してはそこまで低音が強い感じはなかったです。バランスが取れてて良いのではないでしょうか。装着しても脱落することはなくとても良いです。ただ長時間付けると耳が痛くなります。.

音は良い、ホールド感も良い。ただ、ものすごく耳から左右にでっぱる形なので、存在感がすごいです。街でおしゃれに使うのは無理な感じです。.

ジム用に購入したのですがとてもいい感じです.

購入して11ヵ月で左から音が出なくなりました。保証期間内なのでsonyに依頼。異常が無い場合は引き取り料・点検料で3000円近く請求されます。私は諦めました。オペレーターとのやり取りした数時間が無駄に終わりました。請求される事を知ったのは、修理手続完了の間際でした。ホント、時間の無駄でした。.

耳にピッタリ合ってとても良いです。ちょっと色合いがダサいのが気になりますけどね。ケーブルも、もう少しツルツルしてくれたらとも。。まあ、この値段ですから合格でしょう!.

耳がカップにような形で耳穴だけのプラグじゃすぐ落ちちゃう父に購入。落ちない!と大喜びしています。.

正直、重低音に関しては以前使っていたテクニカのath-cks550と変わらないように感じますが、sonyの方は音圧をダイレクトに感じます。あと全体的にテクニカよりクリアに聞こえます。元の音質に関わらず割れません。音質以外ではコードに溝(?)が入っていて不思議なくらいに絡まりません.

ランニングにちょうどいいです!家の中でハンズフリーで電話するのにも使ってます( ‘∀`).

Ps4でのvc用に購入しました。問題なく通話でき、音質もよかったです。.

マニュアルでは禁止されていますが、マイク部を接着剤で塞ぎ、週3回プールで1時間ほど使っています。チップはソニーの防水用を装着しているせいか、正常に使えています。.

購入から3ヶ月で壊れ、保証品で新品が届きましたがまた壊れました。スマホもdvd もすぐ壊れました。(他のメーカーは壊れない)二度とソニー製品をを買いません。.

他の方も書いてますが耳から出っ張ってしまう感は、気にするたは気にするレベルですただ、個人的にはそれを考慮しても音のよさ、装着感の心地よさが値段のわりに素晴らしいと思ったのでレビュー。音のよさを削ってもう少し小さく作れたらきっとたくさんのかたが購入したくなる商品だと思います。今後の商品がさらによくなるときたいして☆5つ。いや、感動ですよ.

アークサポーターが装着されていたmサイズのものと、何故かlサイズの右のみ、sサイズの右のみしか同封されていませんでした。天下のソニー製品でこれか!星1個です。出品者に連絡するのも面倒くさく!.

ベスト ソニー Sony イヤホン 重低音モデル Mdr-Xb510as : 防水/スポーツ向け リモコン・マイク付き ブラック Mdr-Xb510as B 買い取り

This entry was posted in イヤホン and tagged . Bookmark the permalink.