ゼンハイザー(Sennheiser) Sennheiser MX365 インイヤー式ヘッドフォンダイナミックなサウンドで MX-365 [並行輸入品] – 好きな音!

Akgのヘッドホンを使用していましたが、眼鏡をしているため耳が痛く、眼鏡をはずすと良く見えないのでインイヤー式の本品を購入してみました。昔使っていたゼンハイザーのヘッドホンも見た目チープでしたが、本品もちょっとチープです。ただ、耳への負担もなく、音にも十分満足です。.

Mxは371⇒270⇒560⇒375⇒375(2個目)と使い続けている。めっきり減ったオープン型のイヤホンだが、自分としてはこの型、ゼンハイザー製を愛用している。理由は音がいいのはもちろん、クセがないこと。カナル型に抵抗があること。個人的には375が一番。この365は家族のためでみんなこのシリーズを使用している。375との比較は低音が365が少し強調気味。音域のフラット感はある。コードが375より硬いので曲げたクセが残る。イヤホン本体とケーブルの接続部は375ではイヤホンと一体になっている感じだが、365は本体の穴に入っている感じ。ケーブルの曲がりがちょっと不安かも。.

国内での販売がなくなり 困っていたので助かりました この値段でこの音質なかなか他にはないと思います!.

以前購入したのと同じものがなかったのでこちらを購入。それほどこだわりはないのですが、このイヤホンは特定の音が前に出すぎることなく、かといって音が薄いわけでもなく、バランスがいいと思います。家族のものと聞き比べましたが、息子の高級ワイヤレスタイプよりこちらの方がクセがなく普段聞くにはいいかも。ほぼ同じと思われるラインの日本製よりリーゾナブルでお得感があります。.

最近、この形のイヤホンが売ってないので助かりました。以前使っていた大手メーカーのイヤホンより音はいいと思いました。断線に気をつけて使いたいです。.

カナル型が苦手なので助かってます。この値段でこの音質はいいですねえ。.

Pcで2万円ほどのサウンドボードを介して使用しています。なお、1週間エージングした後で、iphone付属イヤホンとの比較になります。音域:中音>低音>高音音質:全体的に音の解像度が上がり、立体感が感じられる。   高音が出ないせいか、やや籠って聞こえるかもしれません。高音:刺さるような音は出ません。しかし、やや物足りなく感じます。低音:ぼんやりせず、締まった低音が出ます。とはいえ埋もれないだけで低音に強いわけではありません。付け心地:サイズがやや大きい。付属のイヤーパッドを付けた方がズレません。(個人差が大きいかと)     付け心地はiphone付属の方がいい。総評:同等品として買い換えたら上位品で満足。耐久性によりますが音質的にはリピートを考えるくらいにはいいです。   ただし値段相応。あくまでも付属品との比較です。過度な期待は禁物。.

カナル型だと耳が痛くなるのでこちらのタイプを購入。やはりゼンハイザーは音が良いですね。愛用しています。.

利点と欠点

メリット

  • MXマニア

  • 十分です

  • 音が良い

デメリット

ベスト Sennheiser MX365 Red インイヤー式ヘッドフォンダイナミックなサウンドで MX-365 [並行輸入品] レビュー

This entry was posted in イヤホン and tagged . Bookmark the permalink.