ゼンハイザー(Sennheiser) ゼンハイザー ヘッドホン オープン型 Hd 579【国内正規品】 – このヘッドホンで、ちょっと大きめの音を聴いてみてほしい

初めてのゼンハイザーのヘッドホーン。まず、驚いたのが商品を納めている箱。値段相当の良い箱でしっかり作られてます。梱包後、目についたのが耳に当てる部分。すっぽり耳を覆ってくれそうな大きな作り。そしてコードは3mありますからtv用としても使用できます。僕が使用した環境はpcにてスピーカーonkyoに繋げて使用しました。pcで聞くのは音楽及びユーチューブなど。さっそく聞きました。①耳の部分の圧迫感が少ない。ここは重要で、我が家には合計5個ヘッドホーンありますが、この商品が一番耳への負担が少ないです。結構締め付けが多いヘッドホン多いので金額が変わるとここまで違うか?という感じです。②音の奥行。普通の耳では聞き取りにくい低温までしっかりとした音が出ています。聞いていて感動しました。③聞き取りやすさ。この部分は文句なしで素晴らしい。今まで聞いてきた音がなんだったの?と思うくらい綺麗に聞こえます。④装着時の軽さ。長時間していても楽です。⑤音漏れ。これは結構もれますね。ただし、音量を大きくした場合ですがね。通常で使用するには音はもれませんから大丈夫です。総合評価で☆5です。お勧めです。.

ハイレゾ、iphone普通音源、の二種類で試しました。めちゃくちゃ音いいです。ハイレゾでもすごく音がいいですが、ハイレゾじゃなくても音の立体感がすごいです。聴くジャンルにもよると思いますが、ジャズやロックはとても良かったです。どの音もくっきりして音が立ってます。ヘッドフォンでこんなに音が違うんだと思いました。頭や耳に当たる部分は柔らかくて装着感は良いです。圧迫感が全くありません。重さは2時間くらいかけてるとちょっとだけ気になりましたが、軽い方だと思います。デザインも好きです。色はメタリックグレイでどんな服装にも合うと思います。ただ、たぶんですが、外で使うとかなり音漏れするので、実際には室内で使うことを推奨しているモデルなのかな?と思います。.

初めてのオープンエアでしたが十分良かったです。。映画用に買ったので598よりは低音強くて正解でした。。このシリーズ廃盤とは…….

某家電量販系通販で購入しました。amazonでの購入でない点はご容赦下さい。少し価格が落ち着いた時に購入し2カ月程度の使用になります。デザインや装着感についてはほぼ同じで、色にこだわりがなければ「音」以外に差異は無いように思えます。ゼンハイザーらしく重心低めで柔らかく暖かみのある音は共通です。音域については意見が割れると思うので今回はヴァイオリンが基準です。使用機器 da-300usb→at-ha22tubehd599「中音域から高音域かけてのノビの良さ」ハイハットやトライアングルといった煌びやかさが求められる音が綺麗に抜けていくため音楽が華やかになります。オーケストラでは数々の楽器群の中から突き抜けてくる鋭さを持ち合わせるピッコロがとても印象的です。この高域に引っ張られるようにして女性ボーカルの艶や生々しさというものが存分に発揮されるのがhd599の特性になると思います。先代にあたるhd598も含めて「高音がキツイ」という評を見かけますが、この高域の特性が要因ではないでしょうか。hd579「中音域から低音域にかけての音の分厚さ」hd599から高域はやや引っ込む形になり代わりに中低域が重厚な空間を作り上げます。重厚さがありながらも暗くなることもなく、柔らかさを保ちながらも楽器群の輪郭がはっきりとした音楽を楽しめます。オーケストラではヴィオラやチェロ、クラリネットやファゴットの分離が的確で、その厚さの上に主旋律であるヴァイオリンが軽やかに奏でられます。味のある男性ボーカルの渋さの表現もhd579の持ち味です。欠点を挙げればこの特性故に音源や上流次第で暑苦しい音楽になりやすいように思えます。hd579はhd599の下位機種と受け取られがちですが、決してそうではないと両機種を所有して感じました。ゼンハイザーの音作りを基準とし、高域を煌びやかに聴かせるか中低域を濃厚に聴かせるかのアプローチの違いだと思います。解像感や音場はほぼ変わりなく聴こえるので性能差もないとも思います。何をどのように聴きたいのかが判断基準になりそうですね。今回はあくまでも聴き比べなので、もちろん両機種共に高域も中低域もしっかりと出ていますのでご安心下さい。個人的には「すっきりゼンハイザーのhd599」「濃厚ゼンハイザーのhd579」という印象でした。参考になれば幸いです。.

Hd-500 fusionからの更新1cm 弱、長短ともに直径が小さくなり耳への圧迫感大長時間使用するに堪えない.

私は色々なジャンルの音楽を聞きますが2万以下でこのヘッドホンはとてもいいです。私はゼンハイザーのヘッドホンを他に2種、他メーカーのは3種程持っています。このヘッドホンはバランスがよく高音しっかりしてるか気になっていましたが高音しっかりしていて低音もしっかりで色々ジャンルの音楽を聞く人にはオススメのヘッドホンです。若干低音よりです。ゲームではpu○gで試してみたらしっかりと敵の位置を把握出来ます。クローズ型よりオープン型のが敵の位置を把握しやすい感じがあります。遠い銃声の音もしっかり聞こえてオープン型なので場所が丸わかりです。買ってよかったです。.

人生で一度くらい良い音響機器を所持してみたいと思い購入。普段はノートpcやandroidやiphoneで1万もいかない激安イヤホンでストリーミングを使って音楽聴くだけです。自分の環境ではop過ぎたとも思うが、曲本来の良さを唯一体験できる手段だとも感じれた。外では防水bluetoothイヤホンで適当にガシガシ聴いて、お家でゆったり良い音質で聴くという使い分けが出来ただけでも最高の体験かなと思う。.

 まず、音質については問題なく、オールレンジクリアと言っていいかと思います。安価でよくある、低音をプッシュしたものとかでは無いので、ドンシャリがビート感をアップさせるといことはないです。端的に言うならば、そのままを再生する!なので、ビート系の曲であれば当然、心地よいビートを刻んでくれますが、過度にアレンジはしない分、逆に音源のアラがもろにでてします。ハイレゾ環境でもテストしましたが、問題なくクリアに聴けています。この価格としては、優秀かと思います。次にヘッドホン本体としてですが、これが何よりもいいです。テストで新幹線でお長距離移動、1日合計6時間の間、基本的にずっとつけっぱなしでいましたが、全くのストレスフリーでした。まず耳に乗せるタイプではなく覆うタイプであること、さらに少し大きめになっているので、耳にかかることがなく、肌に触れる部分である、パフも柔らかいです。また、本体自体が柔らかく、ヘッド部分にもしっかりと緩衝材がはいっているので、総合してかかる負荷を軽減しているため、とても快適に使用できています。また、細かい点ですが、ヘッドホンの稼働部の裏に緩衝材が入っているので、プラスチックが接触しないようになっているなど、うまく作りこまれている、高級ヘッドホンを出しているメーカーですので、上位機種からこういった着け心地なども下位モデルでもしっかり反映させている感じかと思います。本体からの知りえた情報本体重量:256gマニュアル:マルチ言語(日本語対応)ケーブル長:3m強(交換可能)※コネクタ6. 5mm変換付き※太いので、コネクタ周りにスペースが必須です。以上から、音のアレンジをするような面白みがないですが、その分、音源そのままを快適に長時間リスニングするにはアリかと思います。価格的相応以上で、評価としては星5つの大満足です。ざっくりですが、開封時の写真と音出しテストの動画を添付します。参考になれば幸いです。.

利点と欠点

メリット

  • 素晴らしいヘッドホンです。
  • そんなに良い耳も出力機器を持ってない自分にはOP
  • 次期型出てほしいなぁ~

デメリット

本ヘッドホンの第一印象は、”抜けがよく高解像度”です。普段私は趣味で音響(pa)やっており、ゼンハイザーというと最近なにかとよく使われるワイヤレスマイクというイメージがありました。また、音響現場で使わるヘッドホンはモニターヘッドホンであり、リスニング用ヘッドホンを使うのは久しぶりになります。そのためなのか、本機が非常に着け心地もよくオープン型ということもあり、抜けも良いなぁという印象でした。最初は、逆にハイ上がりで長時間聴くには向かないかなぁと思っていましたが、自身の慣れとエージングのおかげか、角が取れてちょうど良い音質に安定しました。もしも、本機のハイがきついな!と、思われる方は、1,2週間エージングされてみては、いかがでしょうか。そして、なんといっても、解像度が高いことには驚きました。はっきりとベースラインから細かな打楽器などの音もよく聴かせてくれます。個人的には、モニターヘッドホンにリスニング用に音質を整えたヘッドホンというイメージで、好印象を持ちました。そう考えると、値段からも納得できます。着け心地に関しても、オープン型ということもあり、眼鏡をかけている私でも長時間の試聴にストレスを感じません。家等で音楽を楽しみたいという方であれば、このヘッドホンはかなり推奨できます。購入しても後悔はほとんどないと思います。.

音響機器には詳しくはないですが、小学生の頃から防音室を勉強部屋にして育ち、高さ1. 2mのスピーカーで音楽をかけながら育ちました。結婚して関東の狭小住宅で過ごす今は、小さなスピーカーで小さな音で過ごす日々でした。このヘッドホン、私にはとても良かったです。あまりヘッドホンを使ったことはなかったのですが、ゆったり聴くのはもちろんですが、どこか動いたり作業したりしてても、自分が音の真ん中にいる感じになります。オープン型は「音がぬける」感じが良いそうですが、ああ、これがそうなのかなと感じました。また、家で作業するには、小さな子どもがいるので、子どもたちの様子が聞こえつつ音楽も楽しめるのが良かったです。ヘッドホン生活というのもありだなと思わせられる商品でした。何十万円もするものには手がでないけれど、多少は拘りたくて、ここまでなら出せるという方には選択肢になるのではないでしょうか。.

ヘッドホンを買うときはドイツ製のゼンハイザーと前から決めていました。だけどiMac27を出た時から使っていてこの前新型のiMac27に買い換えましたが純正スピーカーの音質に何の文句もなくそのまま満足して使っていました。夜比較的遅い時間まで音を出して聞いているのが気が引けて来てついにゼンハイザーを買いました。口コミの通りずっと長時間つけていても何の問題もありません。ヘッドホンアンプもついでに評価の高いFOSTEX HP-A3と合わせて買いました。この組み合わせは少し不満があります。iMac27の持っているビビット感が失われています。オーディオもそうですが日本製は前々から音楽の鳴らし方に几帳面なところがあり日本人の美点なのでしょうが音楽は面白味がかなり失われるように思います。アンプを介さずiMac27から直接ゼンハイザーにつないで聞くとビビット感が出るので生真面目な音楽はFOSTEXの問題と思っています。.

開放型なので屋外では使えません。ざっくりいうと、「部屋の中で、広がりのある音量大きめの音を楽しみたい!」という方にオススメのヘッドホンです。開放型は密閉型と比べると、「音の空間への広がりが感じられる」というメリットがある一方、どうしても音の立ち上がり等、音の詳細な再現性が犠牲となります。hd579はどうやって実現しているのか分かりませんが、ちゃんと「音の空間への広がり」を確保しつつ、「音の再現性」を向上させています。高音域、低音域の再現性もかなり良好で、良い意味でオールラウンダー、クラシック、ロック、ライブ音源と、どれもそつなくこなします。一般的に開放型はedmが苦手なのですが、このhd579でedmを聴くと、すごく不思議な感じがします。特に、これで聴くチルアウトは最高ですよ。結構いいお値段ですが、室内用ヘッドホンをどれか1つ選べと言われれば、密閉型、開放型を含めて、間違いなくこれは最有力候補になります。特定の楽器の音を拾うような作業目的でなければ超オススメです。ぜひこのヘッドホンで、ちょっと大きめの音を家で聴いてみてほしい。すごく幸せな気分になれます。.

個人的に、これまで使用した中で断トツの音の良さです、説明不要かもしれません。聴いてくれれば、納得すると思います。只、盛大に音漏れしますので、野外には不向きですね。個人で室内で楽しむ分には最高です。おすすめできます(^ ^).

ゼンハイザーや他社のヘッドホンを幾つか愛用しているのですがグレーのボディ色に魅かれ購入してみました。hd598との比較になりますが高音が落ち着き低音が若干増した重み深みのある音質でhd598では物足りなかった部分がhd579で補ってくれた感じがします。形状はほぼ同じで相変わらずの着け心地感が長時間の使用でも全く疲れを感じません。何気に購入したのですが大正解でした。hd598からの買い替えや買い足し、hd599との価格差で悩んでいる方でも十分満足出来るヘッドホンだと思います。.

いままでイヤホンぐらいしか使ってなかったのだがなんなんだこの差は!と思った。私からしたらこの販売価格でもスゲー高いのにまだ上位機種があるとは!けどそこまで差を求めないし気にも留めないなのでこの価格で素晴らしい音と、付け心地の良いヘッドホンが手に入るのならそう買い替えないので、長く使えば結果的に安い買い物になるのかなぁと思った。.

 オープン型ヘッドホンです。 耳の反対側は網状で解放されているので高いエネルギー感を体験できます。 特にドラムの立ち上がりと重さが両立した音が楽しめます。 ヴォーカルやギター、ヴァイオリンは近めに感じられます。 クラシックからポピュラーまでオールジャンルで楽しむことが出来ますが、録音状態が悪いと気になります。接続する機器の能力が低いとややだらけた音に感じられます。高い能力のヘッドホン端子が付いた機器におすすめです。ステレオミニジャックに対応した変換プラグが付いてきますが、端子が長くなり接続機器側の破損の可能性があります。 このため標準ジャックへの接続をおすすめします。(又はケーブル型の変換ケーブルbelden 8412 3. 5mmステレオミニフォン-6. 3mmステレオフォンメス延長ケーブル (15cm)の利用をお勧めします) ケーブルは長いです、テレビ、パソコン、据え置き機器におすすめです。 ポータブル機器では邪魔です。オープン型の仕様として音が外に漏れます。 このため、交通機関の中での利用には向きません。 図書室やコワーキングスペースなど共同の作業場での利用にも向きません。 音が漏れてマイクに入るので、モニター用ヘッドホンとしても向きません。  自宅、自室での利用に最適です。.

特徴 ゼンハイザー ヘッドホン オープン型 Hd 579【国内正規品】

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • 型式:ダイナミック・開放型
  • 周波数特性:15 ~ 28,000 Hz
  • インピーダンス:50Ω
  • 感度:106dB
  • ケーブル:3.0m(左側片出し)、6.3mmステレオ標準プラグ(ストレート型)
  • 付属品:3.5mm変換アダプター
  • 国内正規品保証2年間

メーカーより

時代へ「革新」を与え続ける

Sennheiserは、完璧なサウンドを追求しています。

完璧なサウンドの追求は、世界中のお客様の夢とニーズに焦点を当てています。

私たちの製品とアイデアを通して、素晴らしい音楽を体験する事ができたり、音楽を創造する事を助けたりすることができます。

私たちはこれを70年以上にわたり行っており、これからも続けていきます。

私たちのビジョンは私たちの歴史、イノベーションの文化、そして卓越したものに対する情熱に基づいて、オーディオの未来を形作ることです。

さらなる進化を遂げた新しいHD500シリーズ

ゼンハイザーで人気のHD500シリーズにNewモデルが登場。

HD579は、ゼンハイザーが得意とするオープン型の音づくりを体感できる、優れた原音再生能力で上位機種にも劣らない高音質を実現したHD500シリーズミドルクラスモデル

人間工学に基づいたエルゴノミックデザインを取り入れた独自技術『E.A.R.』(Eargonomic Acoustic Refinement)を採用。耳を完全に覆うサーカムオーラル設計を採用し、自然で広い音場と快適な装着感を実現。

マットメタリックなディテールとクールグレーの配色が特徴のスタイリッシュな外観。イヤーパッドにはヘッドバンドと同色のグレーが配色され、全体はクールグレー色で統一。

HD579は上位機種に迫る高音質を実現した、価格を超えたパフォーマンスのミドルクラスモデルです。

プレミアム品質

ゼンハイザー独自のリングトランスデューサは、高効率、優れたダイナミクス、極めて低い歪みを実現するアルミボイスコイルを使用しています。

オープン型デザイン

ゼンハイザーが得意とするオープン型デザイン。抜けのある広い音場と透明感のあるナチュラルなサウンドでどんな音楽ジャンルでも見事に表現

E.A.R機構搭載

人間工学に基づいたエルゴノミックデザインを取り入れた独自技術『E.A.R.』(Eargonomic Acoustic Refinement)を採用

より自然に振動板から発せられたサウンドを耳まで正確に届けるため、耳に対して平行となるよう僅かに角度を付けたバッフルにユニットが取り付けられています。

快適な装着感

軽量なヘッドバンドはやわらかい皮素材を使用、優しい掛け心地ながら安定感は抜群。

また、交換可能なイヤーパッドには耳に心地よいベロア生地を使用し、長時間のリスニングも可能にする。

HD 599 HD 579 HD 569 HD 559
ドライバー型式 オープン型 オープン型 密閉型 オープン型
ドライバー形状 アラウンドイヤー(耳覆い型) アラウンドイヤー(耳覆い型) アラウンドイヤー(耳覆い型) アラウンドイヤー(耳覆い型)
インピーダンス 50Ω 50Ω 23Ω 50Ω
再生周波数帯域 12 – 38,500 Hz 15 – 28,000 Hz 15 – 28,000 Hz 14 – 26,000 Hz
感度 106 dB (1 kHz / 1 Vrms) 106 dB (1 kHz / 1 Vrms) 115 dB (1 kHz / 1 Vrms) 108 dB (1 kHz / 1 Vrms)
全高調波歪率/THD <0.1% (1 kHz, 100 dB) <0.2% (1 kHz, 100 dB) <0.2% (1 kHz, 100 dB) <0.2% (1 kHz, 100 dB)
ケーブル長 ケーブル1/3.0m 脱着可能 ケーブル2/1.2m 脱着可能 3m 脱着可能 ケーブル1/3.0m 脱着可能 ケーブル2/1.2m マイク付リモコンケーブル 3m 脱着可能
プラグ形状 ケーブル1/6.3mmステレオ標準プラグ(ストレート型) ケーブル2/3.5 mm ステレオミニプラグ(ストレート型) 6.3mmステレオ標準プラグ(ストレート型) ケーブル1/6.3mmステレオ標準プラグ(ストレート型)ケーブル2/3.5 mm ステレオミニプラグ(ストレート型) 6.3mmステレオ標準プラグ(ストレート型)
付属品 3.5mm 変換アダプター、ケーブル2 3.5mm 変換アダプター ケーブル2 なし

ベスト ゼンハイザー ヘッドホン オープン型 Hd 579【国内正規品】 買い取り

This entry was posted in オーバーイヤーヘッドホン and tagged . Bookmark the permalink.