ゼンハイザー(Sennheiser) ゼンハイザー オープン型ヘッドホン Hd598【国内正規品】 – 色々な音が聞き取れるようになりました

音楽鑑賞目的にxb700とdj1proを使っていて、どうしてもジャンルを選ぶため、評判の良いこのヘッドフォンを購入しました。一言で言うと、値段以上の価値がある、とっても良いヘッドフォンだと思います。まず装着感が良く、長い間着けていても頭が痛くなりません。頭の大きい人でもok。エージング前は眠い感じの音で不安でしたが、使い続けることによって音のバランスが良くなってきたように思います。色々な音楽を聞いてみましたが、違和感を感じるジャンルはあまりなかったように思います。(メタル等はためしてません籠りもなく、かつ耳が痛くなるような高音の鳴り方もありません。バランスが良く、低音もしっかり鳴ってくれます。買って大満足、これからのメインになりそうです。.

音質については語れるほど違いは判りませんが、5000円台のものとくらべると大分色んな音が聞こえる印象はあります。この価格帯では非常に無難にお勧めできる商品ではないでしょうか.

電気店で試聴して、気に入ったので買いました。音は人の好みによって分かれますので、何とも言えませんが、バランスの取れた、聞き疲れのしない音を伝えてくれます。もちろん、使用している機器によっても音は違ってくると思いますし、聞く音楽のジャンルによっても、音の伝わり方は違ってくると思いますが、私にとっては、ナチュラルで、全域でバランスの良い音を伝えてくれるヘッドフォンです。あと、装着感が非常に良いです。耳をすっぽり包んでくれ、本体の重さを感じさせません。オープン型なので、公共の交通機関の環境で使用するには不向きです。家屋や部屋でスピーカーを鳴らしにくい環境にある人には、長時間の使用でも聞き疲れしない、良い製品だと思います。アンプは、onkyoのtx-8050、cdプレイヤーは、soul noteのsc1. 0を使っています。女性ボーカル(シーネ・エイ)を聴きながらこのレビューを書いていますが、ボーカルは、特にきれいに聴かせてくれるように思います。。.

今年の1月に購入しました。再生環境はpc直挿しです。他の皆さんが書いているとおり、柔らかい高音に前に出て聴きやすいボーカル、開放型なのに量が多目でかつズンズン来過ぎない低音で非常に聞き疲れしにくいです。音場も横に広くオーケストラを聴いても壮大感があります。ただ、オールマイティーな音なので他のジャンル特化のヘッドホンと比べると何を聴いても無難で感動が少ないかもしれません。様々なジャンルを聴くなら非常に使いやすい良い商品だとは思いますが、聴くジャンルが偏りがちな人はそのジャンル特化の他の商品を買ったほうがいいと思います。.

今まで、自分は密閉型のhp-rx900を使用していましたが、ふとオープンエアーのヘッドホンが気になり、購入しようと考えました。購入するにあたって、購入を迷っていた「k701」と「hd598」を店へ聞きに行き、最終的に付け心地と自分好みの音であるこちらの商品を購入しました。現在、d12 hjと接続して聴いています。音は密閉型に比べ、やはり広がりがあるので、爽やかにゆったりと聴けます。音漏れはしますが、家での使用なので気になりませんでした。本当に、買ってよかったと思える商品でした。ケーブルが交換できるので、少しでも長く使っていたいです。.

購入から少ししか経っていないので、参考になるか分かりませんが、自分はメガネをした状態で使用していますが、あまり違和感や痛みがなくとても良かったです。音楽鑑賞に関しては、非の打ち所がなかったです。fpsゲームなどでも使用してみましたが、ゲーミングヘッドホンやヘッドセットには劣るものの足音なども聞けて、個人的には問題なかったです。またtvの視聴に関しても、かなりのクオリティでした。.

初めてこのヘッドホンを聴いた時に感じたのは非常に聴きやすい中高域と邪魔しない程度の低音でした。お店でhd650と一緒に聴いた時軍配が上がったのがこのヘッドホンです。私自身オーディオは素人ですが聴きやすさにおいてはこちらの方が上でした。インピーダンスもそれほど高いわけではないので、アンプを通さないでノートpcなどにつないで手軽に聴けるというのも評価ポイントの一つと言えるのではないでしょうか?装着感は非常に軽くて優しく耳を包み込み、ヘッドホンその物の重みで聴き疲れを感じません。次に見た目についてですが実際手に取ってみると、全体はプリンをイメージさせる色ですが茶の部分をよく見るとさりげなく木目模様があるのでお洒落なヘッドホンだとも言えます。安価で手軽に良い音を聴いてみたい。そんな方に聴いてみてほしいヘッドホンです。.

頭に着けていてもあまり気にならずに耳にとてもフィットするのでとても楽に音楽が聞けます。.

利点と欠点

メリット

  • 長時間着けてもつかれません
  • 万能で、買って正解でした!
  • 他のレビューを参考に購入

デメリット

Fostev hp-a3と組み合わせています。音の広がり、艶感も申し分なしです。このプリン色も私には高級感がありますが、他の色を選べるようになってもよいのではないでしょうか。良い買い物でした。.

ずっと5000円前後のヘッドホンを使っていたのですが、臨時収入がはいったので、前から気になっていたこの商品を購入。結構変わるとのレビューが結構のっていたのですが、素人に違いがわかるものなのか疑問でしたが、つかってみて一目瞭然!もっと早めに買っておけばとちょっと後悔しています。ただこの商品を買ってしまうと、これだけ違うのならもっと上の商品ならもっと凄いのかな?と興味を持ってしまいました・・・PCのパーツなどもそうですが、上を見たらきりがないですね。現状この商品で大変満足しておりますので、壊れるまでは使って行きたいと思います。.

主にアニメ鑑賞や音楽鑑賞に使っていますが眼鏡をして使っていますが痛くありません、側圧もちょうどいいです、音質ですがhd598のプリン色みたいに非常に柔らかいです低音、中音、高音バランスよく出してくれます。夏になると蒸れるので置物化するでしょう非常にいいヘッドホンです.

今まで使ってたヘッドホンで一番高いのは一万円弱でした。最近hp-a3を買って合わせ買いにでてくるので非常に気になっていてこれは憧れだったんですが、自分がヘッドホンに出せるお金として許せるギリギリ20180 円で買えることになってましたし、生産終了ということで最後の在庫かな?とみるみるうちに減っていったし、新しいhd599は3万円するのでセールになっても2万円で買えるようになるにはまだまだだろうと。ということで、買ってよかったです。hp-a3で聞いて鳥肌立ちました。ふかふかだしプッチンプリンの色でお洒落だし、長く使っていきたいです。.

ヘッドホンでそんなに変わるのかなと思ってましたが、モニターのスピーカーで聞くのとは全然違いました。スピーカーで聞き取れなかった細かい音が聞き取れるようになり、こんなに色々な音が鳴っていたのかとちょっと感動しました。.

ゼンハイザーというメーカーは、他のメーカーに比べて、音作りに強いポリシーがあるように感じます。このメーカーのヘッドフォンを3点所持していますが、てずれも音の傾向は非常に似通っていると感じます。このヘッドフォンもゼンハイザーの音作りの特徴を見事に体現した素晴らしい商品です。当方おもにjazzを聞いていますが、柔らかな低温が心地よく、モニタ型のかっちりした音作りには無い、聞き疲れの無い優しい音で鳴ります。また、私は頭のサイズが大きく、オーテク以外のヘッドフォンはサイズが小さく、いまひとつフィッティングできなかったのですが、この商品は問題なく入りました。帽子はLサイズでも厳しいので、頭の大きい人には、この商品は使えると思います。(今まで頭のサイズでオーテクを選んでいた人には朗報です)ひとつだけ注意点があるとすれば、、、携帯音楽プレーヤーで聞くときは、インピーダンスがやや高めのため、音量が大きくなり、電池の消費量が高くなります。(オープン型のため激しく音漏れ?するので、携帯音楽プレーヤーで聞くという選択肢はあまり無いと思いますが。。。ウォークマンだと、ほぼボリュームいっぱいまで大きくして、ちょうど良い音量でした).

耳が痛くならないヘッドホンを探していてこのヘッドホンを購入しました。今では毎日寝る前に使用しています。やわらかい音でクセがなく満足しています。.

2011年の6月に購入して、時々使用していました音質については、ダイナミック型らしい力強い音と開放型らしい広がりが感じられますただ、スタンダードとミニの変換コネクタでミニ側のメッキが良くないせいか、接触不良を起こすようになりました幸いケーブルが変えられるので、これを機にオヤイデのケーブルに変えることにしましたメッキの分、星ひとつ落としておきました.

特徴 ゼンハイザー オープン型ヘッドホン Hd598【国内正規品】

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • 「音質、デザイン、装着感」3拍子が揃った実力モデル。軽やかな抜け感としなやかな重厚さを兼ね備えたサウンド。技術の積み重ねと新たな素材との融合、厚みを感じさせるサウンドとの調和が絶妙のバランスを持ったホームリスニングに最適な高音質オープン型ヘッドホン。
  • 型式 : ダイナミック・オープン型
  • 周波数特性 : 12~38,500Hz、インピーダンス : 50Ω、音圧レベル : 112dB
  • 接続ケーブル : ケーブル長3.0m(片だし)、ケーブル着脱可能、 6.3mmステレオ標準プラグ(ストレート型) 、付属品 : 3.5mm変換アダプター
  • 質量 : 約246g(ケーブル重量除く)

メーカーより

オープンエアの定番、HD500シリーズのトップエンドモデル

Advanced Duofolダイヤフラム採用により、より一層表現力の高い再生能力を発揮。「音質、デザイン、装着感」3拍子が揃った実力モデル。

伝統あるゼンハイザーのオープン型サウンドにさらに磨きをかけた、

軽やかな抜け感としなやかな重厚さを兼ね備えたサウンド。技術の積み重ねと新たな素材との融合、厚みを感じさせるサウンドとの調和が絶妙のバランスを持ったモデル。

HD500シリーズの完成形と呼ぶにふさわしい高音質サウンド

HD595の後継機に位置付けられ、音質重視のHD500シリーズの中でもゼンハイザーの音づくりを体感できる実力派。

耳にやさしく自然に近い高音域をもち、演奏のキレをビシッと引き出す。不必要に主張せず、輪郭がくっきりとシャープで制動力、反応も素早く、艶のある音質。

E.A.R機構搭載でより一層高い表現力豊かに再生

人間工学に基づいたエルゴノミックデザインを取り入れた独自技術『E.A.R.』(Eargonomic Acoustic Refinement)を採用。

より自然に振動板から発せられたサウンドを耳まで正確に届けるため、耳に対して平行となるよう僅かに角度を付けたバッフルにユニットが取り付けられている。

装着の心地良さも最上級クラス

イヤーパッドには耳に心地よいダークブラウンのベロア生地を使用。

やわらかな厚みのあるヘッドバンドを配置し、装着感は良好。側圧のバランスも良く、抜群の安定感を誇る。

HD598だけの引き立つアイボリー色のカラーリングデザイン

ラグジュアリーテイスト溢れる、高級車の内装のような優雅な外観。

アクセントにローズウッドのような木目調のパーツが組み込まれており、上品さと高級感を兼ね備える。ヘッドバンドには革製のものを使用。ゼンハイザーのロゴがエンボス加工で刻印されている。

個性的なデザインと他にはない色使いはHD598ならではの魅力。

一工夫されたケーブルとプラグ

着脱式ケーブルを採用、ひねって凹凸上のフックを固定する仕様となっており、リスニング中に容易に抜け落ちてしまわないよう工夫されている。

6.3mmステレオ標準プラグを採用し、3.5mm変換アダプターも付属している。

より一層使い勝手が良くなったと共に、永く使えるヘッドフォンへと進化した。

VGP 2015 SUMMER 金賞受賞

株式会社音元出版が主催の国内最高権威のオーディオ・ビジュアル・アワード「VGP」で金賞受賞

HD700 HD650 HD598 HD558 HD518
周波数特性 15 ~ 40,000Hz (-3dB) / 8 ~ 44,000Hz (-10dB) 10~39,500Hz 12~38,500Hz 15~28,000Hz 14~26,000Hz
インピーダンス 150Ω 300Ω 50Ω 50Ω 50Ω
本体重量 約292g(ケーブル重量除く) 約260g 約246g 約224g 約240g
感度 105dB 103dB 112dB 112dB 108dB
ケーブル形状 両だし、3m、着脱可能 両だし、3m、着脱可能 片だし、3m、着脱可能 片だし、3m、着脱可能 片だし、3m、着脱可能
プラグ形状 6.3mm、ストレート型 6.3mm、ストレート型 6.3mm、ストレート型 6.3mm、ストレート型 6.3mm、ストレート型

開放型でpcゲームに使ってますが、お気に入りです、音がいいです、参考にならないコメントですが色も形もフィット感も抜群です.

聞き疲れせず聞いていて楽しくなるヘッドホンです。音楽のすべてのパートが絶妙のバランスでとけあっているようなイメージです。各パートが際立つというよりとけあっているので耳コピーなどモニタリング用途には向かないと思います。大きく、音もれがでかいのでモバイル用途には向きません。据え置き向けです。わたしは佐藤藍子さんのように耳が起きているのですが何時間かけていても耳が痛くなることはありません。音楽を純粋に楽しむことに特化している印象を受けます。ストレス解消等、何も考えずに聞きたいときには最適のヘッドホンだと思います。.

高級ヘッドホンのエントリーモデル。音に関しては素人同然なので、他の方のレビューを頼りに購入しました。アンプはhp-a4を使用しての感想です。開放型の透き通る音にも感動しましたが、特筆すべきは装着感です。私はメガネをかけていますが、今までのヘッドホンでは、長時間付けてると耳の裏が痛くなることが度々ありました。このヘッドホンはそれがありません。程よい圧着で、耳全体を優しく包んでくれます。音の細かい良し悪しは、もっと詳しい方のレビューを見てください。私は、装着感だけでもオススメできるヘッドホンだと思います。あ、当然音もものすごくいいですよ。今まで聞いていた音源が、全く違う感じで聞くことができます。ヘッドホンひとつでここまで変わるんだなあと感心しました。次はステップアップして…と、あまり沼にハマらないよう気をつけますw.

すごく深みのある音が楽しめる。デザインもすごく、可愛いし、愛情がわく。やはり、値段が高いだけのことはあり素晴らしいヘッドホンです。ボーズも好きですが、こちらも負けてませんね。.

音も違和感無く自然な感じで大変リラックスして聴けました。耳への圧泊感も無く良い感じです。.

Hd598。ゼンハイザーの中でもメリハリのきいたビビッドな表現力をするヘッドフォンです。長時間使用しても、耳が痛くならない設計で使用感抜群です。.

音も良く、付けていて疲れないヘッドホンで大変満足です。不満な点は、ケーブルの位置が非常に気になりました。ケーブル自体の質が良いと言えず少し硬く癖があり邪魔な位置にケーブルが垂れてきます。.

近くで試聴できる店がなく、ネットでのレビューのみで購入。他の機種と聞き比べていないので、音質等の差はわからないが、個人的には満足です。掛けごごちは、店頭であった他の機種(ほぼ同価格の)に比べてとても良く、長時間掛けていても疲れませんでした。音質も大事だけど、掛け心地がいいのが気に入りました。そして、他の機種にはない「プリン色」がとても気に入ってます。.

私は耳たぶが硬く、モニタ用のcd900stなどを使っていると耳たぶが赤くなって痛くなるタイプです。hd598は装着感がよくまったく疲れない。耳周りの材質も滑らかでよいです。音は全体的に抜けがよく、高音域がやや目立ちます。帯域が広めで全体としてはマイルドな仕上がりになっていて、耳が疲れるということはありません。女性のジャズボーカルなどの音の抜けが今のところ一番いい感じです。90年代のj-popで声量があまりないような人の曲などを聞くとボーカルが少し遠く聞こえます。デザインはちょっと良い車の革シートみたいで高級感があります。写真はなんか金色っぽくみえますが、実物はもっと落ち着いた感じですよ。気になるなら一度見たほうがよいに越したことはないですが。.

開放型の特性で音の抜けが良く、何よりつけ心地が最高!ゲームや音楽鑑賞、様々な用途で長時間使用しても耳が痛くなりません。.

デザインは、高級車を想わせるようなクリーム色と木目調の部品がとても美しいです。付け心地は、硬い部分が触れないようにできていて長時間の使用でも疲れません。メガネをかけたままでもあまり気になりません。イヤーカップの外側のグリルは金属製で共振を抑えタフに音を逃がしてくれます。開放的な透き通ったサウンドを実現してくれます。インターフェースが30Ωなので小型mp3プレイヤーでも十分に出力します。私は、ロックをよく聴いているのですが驚いたのは圧倒的な音の解像度と大きなカップだからこそ表現できる奥行きと臨場感です。ドラムやギターの破裂音まで淀みなく正確に表現してくれます。まさに、ギターの弦をピックがはじく音まで聞こえてきそうです。また、ボリュームを上げた時の耳へのストレスがほとんどないので、抜群の臨場感での爆音プレイはとても気持ちがいいです。ただ、オープン型の特性なので仕方ないのですがかなり音漏れします。ですが、室内で使用する分には問題ありませんね。一つだけ、物足りない点を挙げればもう少しホールド性あったほうがいいということですね。前かがみになったりするとズレやすいです。.

3年つかく使ってますが不具合が特にございません。私はオーディオ関係に疎いので使用の感覚しか記せませんが、耳のフィットもよく、あまり疲れません。値段以上のパフォーマンスがあると思います.

音が抜け、とても聴きやすいので疲れません。つけ心地の良さと落ち着いた色も気に入っています。ヘッドフォンの宿命でしょうか?夏場、耳周りが暑い!!サッと拭ける素材でもないのがちょっと不安です。.

Hpa-8&hd650を使用しています。hd650に新たに買い増しで、着け心地はhd598のほうが上です軽く着け心地もいいのし、高音も音も聞きやすく穏やかでtvや映画視聴用に使用しています。音質は価格差もありhd650にはかないません。.

当方、senhhiser製品はhd25、ヘッドセットのpc350、g4me zero等を所持しておりますが、音の傾向はこの商品も同じです。基本的にフラットで、とても聴きやすい音がします。密閉型と違いこの商品は開放型になりますので、音のぬけがよくこもらないので、部屋でリラックスしたいときに仕様しています。インビーダンスも低いので直挿しでも全然使えますし、リケーブルも手軽に出来、コストパフォーマンスも良いと思いました。hd25も値上がりしていますし、家でしか使わないのであれば、hd598の方がいいと思います。欠点は音漏れが激しいところくらいでしょうか。改造をすればhd558でも似たような音が出せるようですが、色や材質が異なるので、一概に一緒にはならないと思います。デザインがいいので外にしていきたいけど、音漏れのせいで持っていけないのが残念ですね。.

ゼンハイザーはiphone対応カナル型イヤホンで気に入っていたメーカーですが、このhd598は音の美しさを余すところなく表現してくれる素晴らしい製品だと思います。ドンシャリ系を除けばどんなジャンルでも適しますが、特に弦楽器や少人数のコンボ演奏においてその真価が発揮されるようです。イヤーパッドが左右の縦軸を中心に動く(わかりにくいですか?)ので、どんな形の頭にもフィットします。それでいて圧迫感はありませんし、長時間聴いていても全く疲れません。korgのds-dac-10に直挿しで毎日楽しんでます。.

 まず初めに私はオーディオ初心者です。詳しい方の様なレビューは出来ませんのでご容赦ください。私は主にjpopを聞きますが今までのイヤホンでは聞き取りづらかった音、聞こえなかった音がしっかりと聞き取れるようになりました。例えばベースの音です。今までの安物では聴き取れなかったような音まで鮮明に表現してくれましたまた、音の臨場感、広がりなどがとても良く体感出来ます。そして何よりも素晴らしい装着感です。長時間着けていても全く締め付けの痛みを感じません。悪い点としましては開放型なので外で使えません。また良くも悪くも柔らかい優しい音という感じでヘッドホンを何台もお持ちの方や迫力のある音などを聴きたいという方には物足りないかもしれません。以上色々書きましたが私にとって最高のヘッドホンで、購入してよかったと思います.

豊かな再現力に感嘆しました。余裕がある音という感じで、繊細な音も良く表現されます。ダイナミズムも問題なし。色彩感があります。.

冬場は耳が冷えなくていいです。音質は素晴らしいけれども音漏れもかなりします。.

購入から3ヶ月が経ちまして、また変化がありましたのでレビューを少し編集しました。新品時は2. 3千円のヘッドホンに、少し毛が生えた程度の音質です。かなりエージングしないと本領が発揮されないので、ここは一つ辛抱強く。当初と比較すると、解像度が愕然と向上し、定位感も良くなり、輪郭がはっきりしてきました。良質な鳴りのいい、中型スピーカーで聴いてるようです。繊細なので細かい音まで、綺麗に見通し良く明確に表現します。シャープな音質なのにナチュラルで深みと温かみもあるので、自然に耳に溶け込み、聴き疲れしません。ボーカルなどの中音域は艶と張りがあり、積極性を感じます。低音はドッカーンパワーではなく、豊かさと厚みがあり量感としては十分で、不思議と軽快感も備わっており、オーディオ的と言うよりも、音楽を表現するための低音質で、聴いていてとてもバランスが心地良いです。ロック系は、凄まじい迫力ではなく、豊かさの表現力とボリューム感が余裕感を感じさせるので、中々の好印象です。hd650に比べて低音が弱いという評価もありますが、良質なパワーのあるアンプだと厚みが随分増します。録音状況によって少しだけクセを感じる事があるかも? 私は好きですが・・・(笑)そして一番の一押しなのが、聴き疲れをしないので、深夜お酒を飲みながらの音楽鑑賞は、最高です!ヘッドホン側のケーブル端子は回転させてロックするタイプなので、抜けの心配はありません。本体は頑丈そうには感じませんが、普通に聴いてるには問題無いかと。装着感は、圧迫感がなく、重みは全く感じません。装着している事が殆ど気になりません。デザインは画像を見て判断して下さい(笑)新品時とエージング後を別に例えると、学生時代クラスでは目立たなく、大人しかった娘が、久しぶりに同級会で再会したら、すげ〜いい女になってビックリした!ってところでしょうか。いい音よりも、いい音楽を楽しませてくれる高品質なヘッドホンと言っても過言ではありません。試聴無しで購入しましたが、大変気に入りました。でもドッカーン爆低音を求めるなら好みもあるので、購入前に試聴をおすすめします。.

初ヘッドホンはプリンにしました!皆さんのレビューと唯一無二の見た目に引かれて購入しましたが、音楽を聴く事がより楽しくなるヘッドホンですね!使用して半年経ちましたが、最初に感じた音がこもっているような部分は全く気にならなくなりました。音楽だけでなく、ゲームでも活躍してくれていますし、長時間使用しても耳や頭頂部が痛くなりづらいので(つるの部分での相性はありますが)メガネユーザーにもおすすめです。.

Sc8000というサウンドカードと一緒に購入しました。今まで使っていた1500円のヘッドホンでは2,3時間つけていると耳が痛くなって使用を断念していました。このヘッドホンは装着感が素晴らしく、長時間つけていても耳が痛くなりません。色は評価が別れそうですが、個人的には見ていて落ち着く色合いなので気に入っています。音に関しては詳しくはないのですが、前のヘッドホンでは篭っていた感じだったのですが、このヘッドホンは音が全体的に聞き取りやすいです。.

イヤホンはck-100を使用しています。高音に関してはck-100に劣るように感じますが、バランスは最高です。pc&tvでの使用ですが、音楽から映画、ドラマ、アニメ、どのジャンルでもポテンシャルを引き出してくれるヘッドフォンだと感じました。迷ったらとりあえず買っておけば間違いない逸品です。.

ベスト ゼンハイザー オープン型ヘッドホン Hd598【国内正規品】 買い取り

This entry was posted in オーバーイヤーヘッドホン and tagged . Bookmark the permalink.