ゼンハイザー(Sennheiser) 【Amazon – So quiet in a loud office

意外と低音がすごい。どのくらいすごいかというと、kossのポタプロに負けないくらい低音が鳴ってるそれでいて中音高音も綺麗に鳴るし、解像感、音の広がりもいいイヤホンと比べるまでもないが、rhaのma750と比較すると音の広がりと低音に圧倒的な差がある。さすがヘッドホンしかし、低音の量感はすごいが、巷でも言われるようにボワボワした鳴り方をするモニター的聴き方をしようとするとこのボワボワが非常に邪魔に感じる(モニターヘッドホンを使ったことがないので、モニターヘッドホンがどういう感じかは知らないが)なので耳コピするために使うヘッドホンとしてはあまり向いてない。むしろその真逆で音楽そのものを楽しむ聴き方には最適なヘッドホン上のほうでポタプロの名前を挙げたが、個人的にポタプロに似ている気がする。ポタプロのドンシャリ感を上品にし、解像度や音の広がりをパワーアップさせた感じ。これでハウスミュージックを聴くと低音や破裂音、軽快なストリングスの音が非常に小気味良い当然ロックやジャズ、ピアノオンリーの曲でも楽しく聞けるともかく大事なのは、このヘッドホンはモニター用ではなくリスニング用ということと、ポタプロに似ているということだ.

この価格帯でこの使用感は満足です。使用している限りの感じでは耳などが痛くなることもなく快適に使えています。肝心の音ですが、ゼンハイザーということもあり悪いというところはない感じ。ヘッドフォンで音を楽しみたい人の入門とかで検討されている方は試す価値のある一品だと思います。.

返品させて頂きました。左右の音量が違うし、声は右側からしか聞こえない。メーカーホームページを参照し調整しても改善は出来ませんでした。こんなヘッドフォン初めてお目にかかりました。アマゾン特選商品なので期待していたのですが。結局、ヘッドフォンはやめて、アマゾンでスピーカーを買いました。.

自分は頭が非常に大きく、メーカーによってはイヤーパッドが耳を全て覆えない程です。そのサイズでもこのヘッドホンは調節幅を2コマ残した状態でイヤーパッドが耳を覆ってくれます。開放型なので装着感は良く、最初は若干横の締め付けがキツイ気がしてきましたがクセを付けて問題なくなりました。初めての開放型ですがクリアな音で驚いています。最初はちょっと高音が耳に刺さる感じかと思いましたが使用していくにつれ落ち着いた感じです。また今までは安いイヤホンやヘッドホンでイコライザをいじりまくって聴いていましたがこのヘッドホンで視聴する際はフラットが一番落ち着く気がします。雑多に色々なジャンルを聴きますが疲れない音を出してくれる感じで音楽を聴く時間が増えました。店頭で599を視聴した上で値段に釣られて598srを選びましたが自分は特別差を感じることはありませんでした。599のカラーは可愛くて魅力的ですがセール時の約1万円差には勝てませんでした……またゲームプレイもしますがfps等で足音や銃声などちゃんと聞き取れます。これの前はrazerのkraken pro v2を使っていましたがゲーム向けヘッドホンと比べても遜色ないと思います。イマイチな点としては1. 2mのケーブルがマイク付き4極プラグなので不便です。マイク部分で断線リスクが上がりますし、4極は使い勝手が悪いですね。別途ケーブルを買うのもコストが上がるので3mのケーブルを使っています。あと仕様上、仕方のないことですがイヤーパッドが布なのでホコリが付きます。100均で売っている小さい粘着テープのコロコロで手入れしています。通常時は16,900円ですが自分はサイバーマンデーで13,400円で購入しました。amazon専売商品だけあって大きめのセールのときは安くなることが多いみたいなのでその時を狙えばコスパはとても良い製品だと思います。.

598cs。タイトルどおりですね。ボーカルの高音がマスクされますから、聞き疲れしないといえばそれまで。もう少し高音を聞かせてくれてもいいんじゃないか。ちっとも楽しくない。再生される音域も狭い。ちょっとAMラジオっぽい非hi-fiぶり。そう、とくにボーカルが真ん中にくるといえばほめ言葉になるけれど、ステレオ的真ん中じゃない。単にモノラルな感じになく。やっぱりゼンハイザーはオープン作りのメーカーなんだなと思った。.

このヘッドホンの他にakg712を持っています。個人的には712よりもこちらの音のほうが好きですが、付属のスピーカー付きケーブルに不満を持っています。通常の使用時には問題ありませんが、スマホに接続して、ポケットの中でケーブルの根本が、少し曲がった状態で振動すると、曲が勝手に飛んだりします。おそらく、線の中にある線の絶縁がうまくいっておらず、根本を曲げると接触してしまい、ケーブルのボタンを押したのと同じ状態になるものと思われます。修理依頼したいところですが、その間通勤時に使用できなくなることを思うと、だましだまし使用している状態で、神経を使います。音がいいだけに残念です。.

I have hd518 which are great, but quality of plastic caused a lot of cranks. I bought hd598 which are amazing. The are more clear i mid and high range but has a little (just a little) less bass. Sound from hd598 are very natural and doesn’t make tired at all, even after very long using. I can highly recommend it for everyone. Also if your ear pads will get broken you can replace it. Other brands does not offer such a great option.

音が悪いわけではありません、低音が結構強調されていますので心地良いです。それ故にリスニング用です、レコーディングには使えません。これでモニタリングするとバランスが悪くなります。DTMをする人は使わないほうがいいかな。.

利点と欠点

メリット

  • ヘッドホン初心者ですが購入して良かったです。

  • 音がやわらかい

  • ケーブルに難あり

デメリット

レコーディングのヴォーカルさんへの返し用ヘッドホンを新調しようと思い、密閉型でフィット感が良く、かつ、遮音性の高い機種を求めて購入しました。着け心地重視で選びましたが、気持ち良い着け心地です。音漏れもsony mdr cd-9009stよりは少なく、期待通りでした。案外、移動中のリスニングにも良いかもですね^ ^.

オープン型のヘッドホンを初めて購入しましたが、密閉型と違い、音がこもらず、据え置きスピーカーで聞いているように感じます。音質は、中級スピーカーくらいのイメージですが、近所を気にして、据え置きスピーカーから小さい音で聞くよりも、このヘッドホンで大きな音で聞いたほうが、気持ちよいと思います。長時間装着していても、蒸れない所も良いです。.

かつてはプリンを持っていたが売っちゃいました。で、また欲しくなって買おうとしたら販売終了していたので似た感じのhd598srを購入しました。安かったし。感想としてはなんかイヤーパッドの質こんなだっけ?&ヘッドバンドのパットが昔より明らかに薄い…。後続品のhd599を買うべきだったかなー。と思いました。が、youtubeで海外のhd598,hd598sr,hd599の比較動画をみるとどうもこれはhd599も同じ様な感じでした。となるとゼンハがそう方向性を決めたんだろうと納得して、今日で使用3日目ですが、快適に使えています。ただヘッドバンドのパットはやっぱり薄い気がするのでヘッドバンドクッションを別途購入して装着し問題は解決しました。音は開放型hd598の仲間なのでもちろん好きです。やっぱり抜けが良いよね。密閉型のmomentumとか持っていたけど自分は開放型の方が音も気持ちも開放される様で好みでした。結果として当たりの買い物でした。.

購入一年経ってからのレビューです。このヘッドフォンでpcからの音すべてを鳴らしています。良く言えばまろやか、悪く言えばややこもり気味な音ですが、おかげで聞き疲れせず長時間使用できます。こもっていると言ってもボワボワと締りのない音ではなく、角が取れた優しい音で、その上で高音低音の芯もはっきりと鳴らしてくれます。特に低音はズンと深い音も鳴らしてくれるので、以前に使っていた数千円レベルのヘッドフォンと比べればゲームや映画の臨場感は格段にアップしました。つけ心地は他の方のレビューにもたくさんある通り素晴らしいの一言です。正直普段遣いではこれが一番重要で嬉しいポイントだと思います。総じてゲーム、動画、音楽鑑賞オールラウンドに使える万能ヘッドフォンではないでしょうか。上を見ればキリがない世界ではありますが、個人的にはこのヘッドフォンで満足です。.

ヘッドホンには全然詳しくないですが,音質ももちろんのこと,使い手に配慮した線やアタッチメントがあり良い商品だと思いました最初は,耳に合わずとても痒くなったのですが徐々に慣れていきました.

息子のヘッドフォンが音切れするようになったので、買い換えました。オーディオテクニカの低音を強調したタイプを使用していました。価格は同じくらいだったと記憶しています。低音好きなので低音よりのヘッドフォンをつかっていたのですが、中高音がこもるのが気になっていたので、フラットながら低音もしっかりしているという評価のこちらに決めました。低音は正直期待していなかったのですが、思っていた以上にしっかりしていて、息子も満足しているようです。中高音もこもらずクリアです。ですが、とても軟らかく深い音質なので、人によっては キレがない と感じるかもしれません。はじめ側圧強いかな~と思ったのですが、長く使用していると、不思議と気にならないそうです。.

しっかりとした装着感で痛くなく聞きやすいです。ゼンハイザーの開放型も使用していますが、比べると音の圧迫感はあるが外の音があまり入ってこないので没頭したいときに使ってます。.

購入当初はエージングされていない事もあり、中音域がぼわぼわしていて聞けたものではありませんでしたが100時間ほど使用したところぼわぼわ感もなくなり高音の抜けも非常に綺麗です。低音も悪くなりません音質も大事ですが、個人的には着用感を優先させる自分ですが着用感ははっきり言って最悪でした。ヘッドバンドのクッションは薄すぎて10分もたたず痛くなるしイヤーパッドはベロア生地で柔らかくていいのですがこちらも薄すぎるし側圧もかなり強い為こめかみや顎の付け根がすぐ痛くなります。pcに挟んで放置する等して側圧は緩ませましたがそれでも痛い、、、、以前にもsennheiserのヘッドホンを購入しましたがどうやら自分の頭にはsennheiserは合わなかったようです。.

Cdプレーヤーで聴いた時は一つ一つ綺麗な音でした。特にギターが他のヘッドフォンとくらべると綺麗でした(cd派なもので)ps4で使用時(アストロのミックスアンプ使用)ではゲーム用ではないなと思いました。音質はいいが特にマイクの音量が小さい感じ調整必要簡易的なマイクなのかな多分。まとめると、音質は良く、着け心地は良く、重たくない、悪い点、ドンシャリ向きではない、マイクは簡易的、密閉型みたいで密閉型ではない(音漏れる)狭い場所などで聴いた時など(ケーブル細い方を使用時).

特徴 【Amazon.co.jp限定】ゼンハイザー ヘッドホン 密閉型 HD 598 CS【国内正規品】

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • 型式 : ダイナミック・密閉型
  • 周波数特性 : 10~28,000Hz、インピーダンス : 23Ω、音圧レベル : 115dB
  • ケーブル長:1.2m 3.5mmプラグ/3m 6.3mmストレートプラグ
  • 重量 : 約334g(ケーブル含む)
  • 国内正規品保証2年間
  • ワイヤレス非対応

メーカーより

拡大表示

拡大表示

ゼンハイザー HD 598 CS 登場

HD 598 Csは、完璧な音質と音漏れのしない遮音性をもったプレミアムヘッドフォン。

厳密な音響工学を採用した密閉型デザインで、信じられないほど自然で詳細なバランスのとれたサウンドを提供。

密閉型の為、周囲を邪魔したり、邪魔されることなく、好きな音楽を楽しむことができます。

この軽量で丈夫なヘッドフォンは、高品質のレザーヘッドバンドとクッション付きのイヤーパッドを装備しており、長時間のリスニングでも快適な装着感を提供します。

ケーブル上にマイクが付属し、スマートフォン接続時にはワンボタンで通話に応答することができます。

拡大表示

拡大表示

拡大表示

プレミアム素材によるサウンド

ゼンハイザーの技術によって作られたトランスデューサーは高効率で、優れた再生能力、非常に低い歪みを実現するアルミボイスコイルを使用しています。

リスニングの為の遮音性

アラウンドイヤー、密閉型デザインは周囲の騒音を低減し、より良く音楽を楽しむことができます

便利な接続仕様

ホームリスニングとモバイル用途に合わせて開発されたHD598CSにはホームリスニング用の6.3mmジャック付き3mケーブルと、モバイル用のマイク付きワンボタン3.5mmジャック付き1.2mケーブルの2つの取り外し可能なケーブルが付属しています。

拡大表示

拡大表示

拡大表示

快適な装着性

軽量で丈夫なデザインで、豪華なレザーカバーのイヤークッションとパッド入りヘッドバンドを装備しているので、長時間のリスニングでも快適な装着感を実現します。

E.A.R機構搭載

人間工学に基づいたエルゴノミックデザインを取り入れた独自技術『E.A.R.』(Eargonomic Acoustic Refinement)を採用。

より自然に振動板から発せられたサウンドを耳まで正確に届けるため、耳に対して平行となるよう僅かに角度を付けたバッフルにユニットが取り付けられています。

音楽を楽しむ方へ

ゼンハイザーから長時間快適に音楽を楽しみ、音質に妥協なく情熱を持つオーディオファンの皆様にHD 598 CSをおすすめします

HD 598 CS HD 598 SE
ドライバー型式 密閉型 オープン型
再生周波数帯域 10 – 28,000 Hz 12 – 38,500 Hz
ケーブル仕様 リモコンボタン付 1.2m、3.5mmストレートプラグ / 3m、 6.3mmストレートプラグ 3m銅(OFC)、 6.3mmストレートプラグ / 1.2m、 3.5mmアダプタプラグ

高音、中音は十分。低音は音質、音圧共に高い品質だと思います。マイク付きケーブルが付属してますし、他メーカーがhd500シリーズの交換用ケーブルを出しているのでそれを購入すればいろんな機器と接続する事も可能です。イヤーパッドは布製のクッションなのですが自分は他メーカーの合成革のクッションに付け替えました。2万円前後で音質も高く、カスタム性が高い素晴らしい商品だと思います。.

もう、かれこれ購入してから日にちがたちますが、sonyのモニターmdr-cd900stが、ある意味あら探しの様にも感じられないとも言いがたいのとくらべて、この製品は音楽をきかせるものと感じられ、超低域も聞こえます。装着感がいいので蒸れたりすることもありません。音楽を聴くにはとてもいい製品だとおもいます。ヘッドホンが中心のゼンハイザーならではといえるでしょう。.

This product is worth every yen i paid. It is more affordable than noise canceling headphones, and does the job of quieting outside noises just as well. The sound quality is top notch. It is very comfortable to wear and easy to take off and put on. My only recommendation is to purchase a longer quality cord, as the cord it comes with is “ok”, but too short.

1年10ヶ月使用しました。イヤーパッドはボロボロですそれは仕方ないかと思いますが耳の外側のスウェードつぽいところもボロボロと剥がれてきます。ケーブルは未だに折り癖が直らず。耳をすっぽり覆い乗らないので耳が痛いとはありませんでした。外の音は結構聞こえます。音質は悪くないですが、良くもないです。軽い感じで低音響かず。高レビューが多いので買ってみましたが正直あまり感動することは無かったです。.

Jazzを主に聴いているのでベースの音がやや物足りない。むしろクラシック向けのヘッドホンと言えるのではないか。高音は綺麗に出ている。.

デザイン、使い勝手、音質とも満足しました。自宅で1日 4,5時間使用しますが耳の痛みなどなく長時間使用していてもつかれません。イヤーパッドの素材が細かいマイクロファイバーのような素材を使用していますが肌さわりや蒸れなどなくストレスがありません。上を見たらきりがないですがコストパフォーマンスとしては使い勝手など非常にいい商品だと思います。.

以前使用していたオープンエア仕様と比較すると低音の量感が勝り、音色も華やかさが抑えられナチュラルになっている印象です。同価格帯の国産ヘッドフォンのような解像度はありませんが、音楽を楽しく聴かせくれる点は国産品では得難い特徴ですね。.

人生初めてのヘッドホンということでこちらの商品を購入致しました。音楽鑑賞の他にゲームや映画の視聴に使用しております。 こちらの商品は開放型ということで、周囲の環境音が耳に入ってきやすく、またヘッドホン側からも多少の音漏れがありますので、室内で使用することをおすすめします。 使用感と致しましては、耳を直接押さえつけない構造になっているため圧迫感がなく、またサイズの調節も容易ですので長時間の使用にも向いていると思います。また、音質もとてもクリアでとても満足しています。 私は音質等にあまり詳しくないため他製品と比較することはできませんが、お値段もお手頃ですので、初めての1台、初心者と言う方に強くオススメしたいです。.

使用開始後、1年くらいでハウジングの塗装がボロボロと剥げ落ちてきました。同時にイヤーパッドの表面もボロボロになりました。イヤーパッドは消耗品として交換が可能ですが、ハウジングの塗装がもろいのは想定外です。音は良いだけに耐久性に関しては残念な品質でした。.

そこそこのヘッドフォンを買いたくて色々試聴した結果、ゼンハイザーのhd598オープン型にたどり着いた。しかし、外ではオープン型を使いにくいので、レビューも参考にしながら密閉型を購入した。たしかに抜けは悪くなっているように思うけれど、それでもゼンハイザーらしい音の広がりや繊細な感じがあって、十分満足できる音だった。.

完全ゲーム用途のためのレビューです。環境としてastro 新型mixampを用いたps4でのレビューです。今までヘッドセットはかなりの種類を試してきました。hyperxcloudの上位機種、razerの上位機種、ゼンハイザーのgameoneなど。それらに比べhd598は着け心地、音質ともに優れていると感じました。とくに開放型は長時間の使用でも疲れにくく、音質についてはオープンワールドrpgを好む私にとってはベストな音質でした。ゲーム特化のヘッドセットは足音を聞くためある一種の周波数を聞き取りやすく調整されているのに対して、こちらは低音から高音までバランスが取れています。現実のリアルさに近づいているゲームに対して、例えば小鳥のさえずりや、動物の足音、草が風で揺られる音など、目を閉じるとそこにいるようなリアルさで聞こえます。私はrdr2というゲームを好みますが、移動手段である馬の蹄の音が自然に聞こえるあまり心地よさを感じて眠くなってしまうほどリアルです。fpsはあまりしませんが、こちらを愛用しているプレイヤーも多いようです。注意点として、マイク付きのケーブルとマイク無しの長いケーブルがありますが、マイク付きのケーブルを使うと音質落ちます。ケーブルで音が全く違ってきますのでご注意下さい。.

プライムデーにて安く出ていたので購入しました。\1,5000くらい。高音低音がしっかりと出ておりクリアです。かけ心地もよいです。メガネ着用で使用していますが圧迫感や痛くなることもないです。少しコードが長いのでpcデスクで使用するとコードを持て余してしまいますが、そういう人はbluetooth版が良いのではないでしょうか。.

この価格帯ではかなり優秀なのではないでしょうか?。ビルドクオリティもしっかりしており、ケーブルやイヤーパッドのような劣化しやすいパーツも交換しやすいのポイントが高いです。肝心の音質ですが、オープン型のヘッドホンなので低音は少し散るかと思いましたが、思ったよりソリッド感があり、セミオープンな音でした。チューニングは長時間リスニングできるバランスで、低中高のバランスは655な感じで意外と低音が出ていますが、疲れる低音ではなく、また、高音の刺さりもなく、抜けの良い密閉型のヘッドホンを使ってる感じです。音場は特別広いわけではありませんが、抜けの良い自然な定位感が心地よくいつまでも聴いていられます。一つ欠点をあるとすれば、装着感です。ベロアのイヤーパッドはとても快適なのですが、側圧が強く、しばらく装着していると圧迫感を感じてきます。対処方としては、ヘッドバンドの伸縮部分が金属なので、少し曲げると解消されますが、自己責任でお願いします。オリジナルの598と本商品は、問い合わせたところ、特に変更点はないらしく、色とアーチのクッションの違いのようです。.

これまでの比較対象としてhd600,hd650, hd660s,hd800, k701, ath-2000シリーズ、se535,stax社、grado社あたりを参考にしている。PC用の一般用途として視聴せずに購入。分解能:値段を考えると信じられないレベルの高い分解能、分離性能を誇るがhd800などの最上位モデルはもとより、hd650やk701にやや劣る。それでも10万円前後のアンプを使用しないとそれほど気にならないレベルの性能ではある。se535と同じくらいだろうか。味付け:天下のゼンハイザーの技術をふんだんに使用した味付けであり、聞き心地の良さはk701を上回る。高音も刺さらず、低音もローエンドまで出る。hd650より少し低音は控えめ。かなりフラットな印象。調整の完成度などに関してはhd600や650レベルのものに一歩引けを取る印象。低中高音のつながりの良さなど細部に関してはやはりわずかではあるが差が出てしまっている。コスパなど:同価格帯ならライバルはk701のみだろうか。単純な解像度はk701の方が上。聞きやすさはこちらの方が上。これまで20を超える高級ヘッドホンを聞いてきたがコスパに関してならk701とhd 598の二択になると思う。オープン型は聞いていないのでなんとも言えない。何も言わずに渡されたら3. 5~4万円くらい?と思ってしまう音質。ゲーム性能:味付けが音楽用に特化しているので爆発音や銃声などのエッジが求められるものにはあまり向かない印象。悪くはないがベストでも無いと思う。人の声棟は非常に明瞭で聞きやすい。あくまで基本は音楽用。その他:アンプなどにこだわり出すと上位と比べて細部の違いがやっぱり気になってしまうのは間違いないが、一般用途では文句の付けようがない。他のレビューでは塗装面で難があるとの話しも見られるが、海外製あるあるの品質本位。それも考慮して検討していただきたい。.

Imac27inchで深夜に音楽を聴くのに使っています。購入に際しては先ず頭囲が63cmあるので頭が大きな人でも装着可能なものが絶対条件でした。いろいろ調べてみるとゼンハイザーはドイツ製であるので大きめに作られているとのことでした。自分は学生時代にドイツ語を学びましたがあるドイツ語の参考書にドイツ人は頭が大きいとありました。実際にドイツに行った所なるほどと頷いたものです。それを思い出しドイツ製であれば大きめに作られているに違いないと思いました。それでアマゾンでゼンハイザーのヘッドフォンを品定めし本製品に行き着きました。他にも頭が大きいと仰る方がいたのも心強かったですね。音に関しては詳しくありませんが概ね満足でしょうか。もう少し低音が効いている方が好みですがitunesのイコライザーを調整すれば好みの音に近づきます。総じて値段の割には納得の商品です。.

Hd598sr+pccityバランスケーブル+zx300(ハイゲイン・オフ、音量は45です。)で使っていますがまろやかな音になりました。今までイヤホン+バランスケーブルで聞いていましたが、ヘッドホンの音はなかなか良いです。長時間聞いても疲れません。購入して正解でした。室内でしか使っていませんが、開放型なので、呼ばれる声や宅急便のチャイムも聞こえて良いです。側圧がやや強めですが、ティッシュペーパーの箱で広げています。まだ若干強めですが、そのうちによいレベルに変わるのではないかと思っています。エージング中は、夜も普段の音量で鳴らしっぱなしにしていました。.

通称プリンと呼ばれるこのヘッドホンですが、今回購入したのは黒で高級感溢れる見た目になっています。開放型ヘッドホンなので、音漏れ的は、スピーカーで普通の音量で再生している程度にしますが、ヘッドホンなんて家で使うものだと思いますし、問題無いかと。オーオタみたいないかにも音場がどうこうといったことは言えませんが、音楽を再生すると、非常に繊細で、細かい所まで聞こえてきます。また装着感の良さを相まって聴き疲れもしにくいです。とてもコスパの良い商品と感じました.

届いて早速使ってみると、左耳からしか聞こえてこなかった。ケーブルは回転させながら抜き差しするのだが、何度かケーブルを抜き差しすると、左耳だけ、右耳だけ、左右両方から聞こえる位置があった。困る人がいるかもしれないので、参考までに。まだ殆ど使っていないが、音は綺麗で特に低音が良い。.

主にフォートナイトやシージなどのps4のゲームや音楽を聞くときに使っていますこのヘッドホを買ってよかったと思うところは解像度が高いためかボイスチャットとゲーム音が同時に鳴っている時にどちらもハッキリと聞こえることやイヤホンよりも定位が良い、開放型のため呼ばれた時に対応ができる、音のバランスがよく聞きやすいことなどです締め付けは気になりません 余裕があります気になるところは重低音が少し物足りないかも🤔総合的に見ても良いヘッドホンだと思いました😃.

普段はshure srh840でハードロック・ポップス系を聴いています。音質や音像はとても気に入っていましたが、装着感が自分の頭には合わないのかイマイチで密閉型のヘッドフォンでいいのはないかなと検討していたら、ゼンバイザーのhd 598csを見つけて購入してみました。ゼンバイザーのヘッドフォンは初めてで少し心配でしたが、買って大正解でした。装着感はかなりいいです。側圧もほどほどで2~3時間の使用後もつかれません。フィット感がかなり良い作りになっています。音質はshure srh840に比べると少しマイルド系ですが高・中・低音のバランスはハードロック系の音楽でも合っていると思います。17000円位の価値は十分にあります。.

私は頭が大きめなのでヘッドホンを買う時に一番気にするポイントがサイズです。今まで使ったヘッドホンは常に最大まで伸ばして使ってましたが、コレは初めて長さを縮めて使う事になるぐらい余裕があります。付け心地も軽く、長時間の使用でも疲れにくくていいです。長く使いたいのに断線トラブルでの買い替えが多かったためケーブル単品で交換のできるコレを購入しました。(当たり前ですが)今のところそっちのトラブルの兆候は無いので、もし断線したらレビューを更新しようと思います。.

密閉型でオーバーイヤー型というか耳を覆うようなタイプが欲しくて色々見てた中でこいつをセレクト。さすがのゼンハイザーで出来に不満は無し。低音がやや強めかなとは思うけど高音(ボーカルレベルですが)もよく伸びていると思います。クラシックからアニソンまで幅広く対応してくれるかなと。基本的な作りとしてヘッドホンはやはり開放型のほうが優れていると言うけど、密閉型でもなかなかいいのがあるなと。値段も安いし幅広い層にお勧めできる商品ではないかと。.

サイバーマンデーセールで13,400にて購入です。itunesでレンタルしたcdを落としてからiphone、ipodに曲を落として聴くようになって10数年。それでも普通に音楽聴けるのですが、ある日何気なしにヘッドホンを家電店で視聴してみてそれぞれの音の違いにハッとしました。今まで聞こえていない細かい音が聴こえる。そういえば今までipodで聴いていた音楽、普通に聴けていたけど音の質ってどうなってるんだろうと思いました。現在音楽を聴くのは台所仕事をしながらで、台所で流す場合はとりあえず音楽聴けたらokなので(というか換気扇でかき消されるのでとりあえず流れたらよい)、fire7タブレットやiphone、ipodからankerのsoundcoreにbluetoothに飛ばして聴く程度です。cdプレーヤーはなくpcでの取り込みのみ、まともなスピーカーも再生機器も持たない状況でそれでも空いた時間に音楽を家でちょっと楽しみたいと思うようになり手始めにヘッドホンを購入することにしました。家電店でいろいろ視聴してみたのですが、聞けば聞くほど耳や感覚が麻痺してきてだんだんわからなくなり、家電店にずっと居座るのもいたたまれなくなってどうしようか考えこんでいました。amazonで初心者に良さげなものを検索してみつけたのがこちらのヘッドホンです。素人なので、ゼンハイザーというメーカー名すら知らず、レビューは高評価なものの、実際に田舎住まいの近隣の店舗に行っても実機が置いてなくて試聴が出来ないため、購入まで考えこみました。ただセール中でお買い得、皆さんが高評価なので信じてポチりました。ケーブル2本付属で商品到着時は3mのケーブルが装着されています。3mのケーブルはプラグが大きいですが変換用のコネクタがついています。が、皆さん仰るように変換用のコネクタを3mケーブルに装着するとコネクタ部がめちゃでかくなります。スマホやipod等で使うなら1. 2mのケーブルがイヤホンジャックに普通にさせるしポケットに入れた状態でよい感じの長さなので到着してすぐ付け替えました。レビューを参考にヘッドホンからケーブルを外すときは半時計回りに回して引き抜くと外せて、はめる時はプラグを差し込んで時計回りに回すとしっかりとはまりました。届いてみて見てみると価格なりの作り、耳をすっかり覆う形、頭も痛くならないです。眼鏡を常用していますが、眼鏡をかけていても耳回りが痛くなりません。初めはちょっと横の圧が強い感じですがじきに馴染んできそうです。イヤーパッドはベロア生地なのでこの寒い時期にはイヤーマフの役割も果たしてくれてありがたいですが、夏は暑そうですね。ヘッドホンの開放型は知らなかったのですが(開放型と密閉型があることをこの商品をみて初めて知りました)耳の横から空気が抜けて外の音はきこえるものの音楽が素直に聞こえる感じがします。ヘッドホンをしていてもインターホンの音がちゃんと聞こえるので、日中聴く際にこれは良いと思います。あと音楽に乗りながらつい歌ってしまった時の自分の声もばっちり聞こえるので、ついつい声が大きくなることも抑えられそうです。そして自分が音を外してもすぐ分かってしまいます。そして密閉型より耳にかかる圧が抑えられているような気がします。聴いていて耳が楽です。音ですが、ipodでもこのヘッドホンで聴いてみるとクリアになって、今まで聴いていた中で埋もれていた細かい楽器の音にまで気づくようになり、バランスも良く聞こえるようになりました。私のような初心者の方が初めて購入するのには十分良いものではないかな、と思います。お得な期間に購入することが出来て良かったです。.

ベスト 【Amazon.co.jp限定】ゼンハイザー ヘッドホン 密閉型 HD 598 CS【国内正規品】 レビュー

This entry was posted in オーバーイヤーヘッドホン and tagged . Bookmark the permalink.