ゼンハイザー(Sennheiser) 【Amazon – aptX LLとAAC等マルチポイント接続可能!

Nintendo switchと低遅延で繋げられてiphoneとも同時に繋がると他の方のレビューを見て教えてもらったので検討して買ってみました!(他製品も必要)ーーー[いろいろ説明の前に音質の話]ーーーワイヤレスなのにかなり音質良いですね!少しだけ高音がシャリついて軽い感じもしますがあまり気にならない程度ですし中高域はナチュラルで透明な感じで低音も主張し過ぎず効いてます!流石ゼンハイザーのイヤホン!イヤピースはコンプライに変えましたいい感じの装着感と遮音性!ーーー[switch接続方法と技術的な話]ーーーこのイヤホン「momentum free」はsbc/apt-x/apt-x ll/aacのbluetoothコーデックに対応していますapt-x hdやldacには対応していないので無線でもハイレゾ(相当)が聴きたい場合には向いてません私はapt-x ll(低遅延)とaac(apple用)に両対応かつ同時接続可能な点に惹かれました!結果から言うと今現在iphone xr(aac接続)とnintendo switch(apt-x ll接続)と2台同時ペアリングして使えています!そのためにはswitch側にusbワイヤレスオーディオアダプタとusb-c変換コネクタが必要です(switchがusbオーディオに対応したため可能になったそうです)apt-x llに対応してるアダプタ(creativeの「bt-w2」等)にotg対応のusb-c変換コネクタを装着してswitchのusbに差し込めばokswitchが無線で遅延ほぼ無しで楽しめるのに感動しました!!めちゃ快適!音ゲーも軽くタイミング補正すれば全然いける!しかし格闘ゲームには不向きかも(1フレームレートの差でもハンデになるため)iphoneと同時接続は便利ですがswitch使用中はiphoneの音は聴こえなくなります(音を出していなくても)bt-w2が待機状態にならないからだと思います(switchをスリープさせれば普通にiphoneに切り替わります)iphoneの電話の通知音は重要性が高いせいか割り込んでしっかり聴こえてそのままハンズフリーで通話も可能ですiphone側は音を出してるアプリをバックグラウンドから終了すればすぐswitch側に切り替わりますスマホとスマホスマホとプレイヤー等の組み合わせは問題なくスムーズに同時接続出来ると思いますーーーー[まとめ]ーーーー音質の良いワイヤレスイヤホンが欲しい方!対応コーデックの製品を持っている方!マルチポイントで同時接続して使いたい方!等などにオススメの製品です!個人的にnintendo switchユーザーかつiphoneユーザーの私にどストライクな製品で大満足でした!大切に使い続けます!長文乱文失礼しました!最後まで読んでくださりありがとうございました!参考になれば幸いです!.

中低音域は良いです。ただ高音部がチャカチャカと軽い音であまり好みではなかったです。ゼンハイザーイヤホンは初なため、お試しで中古購入をしましたがbluetooth接続に不具合があり更に付属品が足りなかったなどのため返品。新品イヤホンを購入しますが音質の点から他の商品で検討すると思います。.

ゼンハイザーらしい音ですが、割と高音もしっかりしている印象。家で聴くのであれば、有線の方がもちろんおすすめです。輪郭がしっかりした音なので、外で聴くのに適しています。他の方のレビューで耳にフィットしづらいというのがありましたが、ケーブルの長さが調節できるので、首にフィットさせればマシになります。ケーブルがブレて当たるガサつき音も軽減されます。普段使いでは満足ですが、複数機器をペアリングしている場合、家から出た後くらいに他のペアリングしている機器に接続されたり切れたりが連続する場合があります。接続確認の音声が連続して邪魔になりますので、普段使わない機器はペアリングを外した方がいいと思います。.

・充電時間も短い割に作動時間は長い・コントローラーの重さ?で少しバランス悪く耳から外れやすいかも・お値段相当の音質が楽しめる.

以前からmomentum in-ear iを愛用していましたが断線で3本潰していたので、ワイヤレスにしました。momentum in-ear iと同様、非常に音質はいいです。低音に迫力がありますがまったく聞き疲れせず、高音も非常にクリアに聞こえます。個人的にはmomentum in-ear iの断線が気になっていたので、断線の可能性が少ないワイヤレス式で音質も再現されていた為、星5つです。.

流石ゼンハイザー!安物ヘッドフォンとは違い低域から高域までバランス良く気に入りました♡音漏れもなく、エンジン音の煩い飛行機のなかでも、遮音性が高く音楽を気持ち良く再生出来て大満足です!バッテリーの持ちも良く長時間再生も大丈夫です。.

Bt-w2でゲーム機にaptx ll接続、スマホはiphoneなのでaac対応の製品を求めており、こちらに行き着きました。bt-w2にlightningやusb-cの変換をかますことでイヤホンジャックのないiphoneやipadでもaptx-llが利用できます。赤黒の主張が激しくデザインは若者、男性向きに見えます。イヤホン部のデザインは素晴らしいのですが、バッテリーとコントローラー部の大きさが異なりアシンメトリーとなっているのが個人的に微妙。充電に関して充電中赤→完了時青とランプが変化するようです。2機同時接続という機能がなにげに良いです。どちらも音が出ていない場合、音の出ている方に自動接続切り替えするようです。ただそこまで問題でもありませんが、3台以上ペアリングするとどれに繋がったかわかりにくいという点もありました。2機しか接続しないという方ならきわめて便利だと思います。ワイヤレスイヤホンの中では極めて音が広く明瞭に出ており、低音が出ているだけではなく、低音の響きが美しいです。ボワボワ感がなく、中高音域の粒が潰れていません。これほど解像度が高いワイヤレスが存在するとなると個人的には有線イヤホンは不要になりました。.

長年ゼンハイザーのmm200を使っていましたがイヤーピースがしっくりこなくなったので買い換えました。bose等の同様の製品と聞き比べて音質がとてもよかったのが決め手となりました。しかし使ってみてちょっと気になるのが未使用時、首に掛けて胸元で磁石をクロスさせているのですがちょっとしたはずみで落としてしまいそうです。mm200は輪状でその先にバッテリがぶら下がっているので全く心配はなかったのですが。仕方なく未使用時はカバンやポケットに入れていたのですが出すときに片方のイヤーピースを飛ばしてしまいました。mサイズのイヤーピースはなんと5セットで売っていました(笑)あわせてコンプライのイヤーピースに変えてみたところ遮音性が高くなったせいかさらによくなりました。.

利点と欠点

メリット

  • 高音質と高い遮音性

  • AAC、AptX LL両対応、BT-W2とセットでiPadなどにも活用

  • MM200からの買い替え

デメリット

首からぶら下げてもマグネットが弱いためくっつきません。音量はいきなりmaxで、本体とイヤホン両方毎回音量を下げないと使えません。また、端々にノリ?のようなベタベタしたものがついていて、とても2万のイヤホンとは思えません。接続も悪いです。.

ワイヤレスイヤホンをairpodsから乗り換えたかったので探していたところ、こちらの商品がいいという口コミがあったので多少高かったですが購入してみました。届くまではもう少し安い1万円台で良かったのかなと思っていましたが、実際に商品を試すと価格に見合う音質でビックリしてしまいました。これから壊れるまでガシガシ使っていこうと思います。.

ワイヤレスイヤホンとして購入。今までゼンハイザーの製品をいくつか買っていたがこの製品はらしく無い製品です。これほど低音が強調されるとは思っていませんでした。別に嫌では無いが、少しbossに近くなった様な気がします。.

音については、クッキリ、ハッキリと言う感じで、外で聴くのに向いていると思います。低音から高音までしっかり出ますが、高音が若干シャリシャリしている感じです。強めに音は出ますが、聴き疲れはしません。ただし、視聴は必須です。再生機によって音が全然変わるし、音が強いというのはかなり好みが分かれると思います。また、aptx hdにもldacにも対応していないので、この辺を重視する人には向いていません。.

今まではbluetoothイヤホンはjblのe25btを使っていました。動画視聴か家事をやりながら、なんとなく音楽聴くことができれば良いのと、bluetoothでは有線イヤホンのような音質は望めないと思い高価なbluetoothイヤホンはスルーしてました。この商品はそんなイメージを覆すほど、解像度高く音楽視聴が楽しくなっています。e25btでは平面的でのっぺりした音楽だったのが、空気感ある音楽を聴かせてくれます。有線イヤホンはakgのn25を使っていますが、このイヤホンの方が解像度高くより自然な音楽を鳴らしてくれています。個人的には低域が強調され過ぎていると感じます。音の広がりもそこまで高いとは感じませんが、高域の音の伸びは心地よくなっています。音質へのこだわりが高い方でも、このbluetoothイヤホンなら、かなり満足できるのではないかと思います。.

以前,ゼンハイザーのmomentum in-ear wireless を使っていましたが,こちらを店頭で試してみて買ってしまいました.momentum in-ear wirelessの音もかなり良いですが,さらに上という感じです.好みが分かれるところですが,高温も低温もやや乾いた感じの音で,長時間きいていても飽きません.これはゼンハイザー全体がそうなのだと思います(表現がかなり個人的です). ただ,momentum in-ear wireless は電話発信しやすかった…それだけが残念なところ.充電もmomentum in-ear wireless は10時間で,こちらは6時間ですが,今のとろこ困ったことはないです.結果,音が良いのでこちらを愛用しています..

自分は長年ハイレゾ対応の有線イヤホンを愛用してきた。xperiaがそれ対応、というのも大きいが、これ以上の音質は無いと思う。が、時代はワイヤレスなので、いくつか試してみたが、どれも音が軽いのが欠点であり、まあここが限界かと思いながら使用していた。その点で本品は革命的であった。ハナからこのレベルのものを使えば良いのかもしれないが、抜ける音感が秀逸なのだ。籠る感じが一切なく、スカッとする音質である。低音が厳しいのはハイレゾと比較するからで、通常のイヤホンで比較すれば必要十分なレベル。星は5つです。.

Iphoneとゲーム・テレビで使いたいと思い、aacとapt-x llに対応しているマグネット搭載左右一体型を探してみるとこれを発見。視聴してみたところ低音強めで気持ちいいキックが聴けたので購入しました。一万円以下からの買い替えでしたが買ってよかったです。.

主に電車通勤時用に購入しました。高い遮音性で外音をかなり遮り電車内で使ってもきちんと音楽を楽しむことができます。音についてはワイヤレスイヤホンの中ではとても高い音質で下手な有線よりもよっぽど良いものだと思います。二台のデバイスと同時に接続できることはとても便利で通話やゲームなどマルチタスクが可能です。ラグも全くなく動画も臨場感ある音で楽しむことができます。マイク機能についても通話などは野外でも問題なく使用できています。☆4については私はxperiaxzを使用していますが一瞬接続が途切れることが数回ありました。.

特徴 【Amazon.co.jp限定】ゼンハイザー MOMENTUM Free ワイヤレスカナル型イヤホン apt-X/apt-X LL/AAC対応 M2 IEBT SW SE【国内正規品】

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • MOMENTUMシリーズの左右一体型BluetoothイヤフォンのAmazon限定モデル。
  • Amazon専用モデル限定パッケージ
  • 対応Bleutoothバージョン:Bluetooth 4.2
  • 対応コーデック:SBC, AAC, apt-X, apt-X LL
  • 1.5時間の充電で6時間の音楽再生
  • マグネット式ハウジングで落下を防止
  • 付属品:キャリングケース、USBチャージングケーブル、イヤーピース(XS,S,M,L)
  • 国内正規品保証2年間

メーカーより

M2 IEBT SW SE

INTRO

image 1

image2

image6

MOMENTUM Freeのアマゾン限定モデル

プレミアムシリーズ「MOMENTUM」らしいスタイリッシュなデザインに、

音響のスペシャリスト ゼンハイザーが追求した歴史と哲学が凝縮されたBluetoothイヤフォン。

果てしなくクリアに透き通る、繊細かつダイナミックな音であなたの音楽ライフをより豊かなものに。お友達との通話もノーストレス。

MOMENTUMシリーズらしいスタイリッシュで快適な付け心地は、長時間のリスニングでも疲れ知らず。

こだわりの素材は、付け心地や耐久性だけでなく、トータルコーデのアクセントとしても流行を選びません。

こだわりのゼンハイザーサウンド

高品質のダイナミックスピーカーシステムと、特殊加工を施したステンレススティール製サウンドトンネルは、驚異的に鮮明なサウンドを実現。

ダイナミックに低音を響かせ、ヴォーカルの歌声も細かく伝わってきます 。

これぞまさしく「MOMENTUM 」の神髄とも言えるサウンドです。

革新的なワイヤレス技術

Bluetooth 4.2との互換性が高いAAC、低遅延のQualcomm apt-Xは、クリスタルのように繊細なハイファイサウンドをお届けします。

apt-X Low Latencyはさらに遅延を最小限に抑えることで、目で見る映像と音を完璧にシンクロさせることができ、ゲームや動画の視聴も今まで以上に快適に楽しむことができます。

もちろん、ケーブルに煩わされることなく、思う存分音楽を楽しむことができます。

スタイリッシュなデザイン

人間工学に基づいて設計されたハウジングは、

精密なステンレススチール製。

クロム金属のキラめくアクセントがスタイリッシュ。

耳から外す時は左右のハウジング同士が磁石で留められ、首にかける姿も洗練された印象に。

専用の高級皮革製収納ケースも付属しています。

image3

image4

image5

装着感をパーソナライズ

イヤーアダプターは、4種類のサイズをご用意。

貴方の耳の大きさに合わせて調節し、外の雑音を軽減することができます。

ハンズフリーの解放感

3つのボタンが付いた高品質のリモート式インラインマイクを搭載。

スマホを持たずに、ハンズフリー通話ができるだけでなく、これまでのスマホ通話では経験できなかった通話サウンドを提供します。

音楽を聴く時も、片手のリモコン操作で再生停止、早送り、曲戻しが自在にできます。

モバイルデバイスを最大2機まで同時接続することが可能です。

6時間のバッテリー寿命

バッテリーは6時間使用可能で、付属のUSBケーブルを使って充電することができます。

音質は文句無し!だが、マグネットが弱いので減点。イヤホンが思ってたよりも重かった。.

着用感は非常に軽くて良好です。ブルートゥースは馬鹿にしていましたが、音質にも満足できました。ただ、あんまり軽くて(多分)タクシーから降りる際に肩から落としても全然気が付きませんでした。こうした私のような「うつけもの」以外の方にはオススメです。2週間しか使用しなかったので、耐久性はわかりません。今は首掛けのm2 iebt blackを使ってます。半年ほど使用していますが、性能も満足ですし、落とせば気が付く点が何よりです。.

※コンプライ装着の上でのレビュー、因みにこれに適合するのはts167よ※某イヤホンサイトへのレビューと同内容自分の環境→ipod touch6に繋げてapple music利用、電子音楽(特にedm、hardcore)を好みで聴いている使い勝手プレイヤーとの接続→通話とかその辺は使ったことがないが、遅延もなく音楽再生関連の機能は問題なく動作している。マグネット→殆ど機能せずケーブル→柔らかめで首の後ろで長さの調整も可能、使いやすい、タッチノイズは多少あるが自分はそこまで気にしない音漏れ→知人10人程度に「漏れてない?」って聞いたが割と大音量にしても漏れてないとのこと、通勤通学で使うには問題無いだろう、遮音性も高いし音質この辺あまり詳しくないので感覚的に、ノイズはまず無い高音→上述の電子音楽もしっかり鳴らしてくれるが、ちょいちょい刺さる、ハイハットの音とかシャキシャキしてるものだと。エージングとコンプライである程度はおさまったが、音ゲー曲によくあるシャカシャカ系はキツイかも中音→あまり期待してなかったがこれ凄い、男声はもちろんきっちり届くし、なんなら平気で女性ボーカルの歌も聴けちゃう、某林檎さんの声はたまに刺さったもののだいぶ良い音低音→全く心配いらない、ワイヤレスになってもゼンハイザーは死なない。多少量が減った気がしなくもないが気にならない、これがヒモ要らずなんだから凄いわ〜〜って感じデザイン本体→リモコンは問題ない、バッテリーボックスはもう少しスマートにして欲しかった、付属ケース→これがまた良し、ゼンハイザーはケースの期待はするもんじゃ無いと思ってたけどこれは良し、赤×黒はカッチョいい〜〜ちょっとチャックが固めだけどとりあえずハイクオリティですわ〜〜これは買い!.

通常はほぼ無名のイヤフォンを使用しているが そこはさすがゼンハイザー音の質が違うメリハリはあるがきつくなく 音量を上げてもうるさくない低音も高音もほどよく どんな音楽を聴いても得手不得手が感じられない強いて言えば 小編成オケとか不得手かな?一つ気付いたのは マグネットでイヤフォンを留める理由って何?.

Amazon限定モデルを購入しました。低遅延と書いてある割に、動画を見ている時にだいぶ気になるくらい音声が遅れて聴こえます。返品したいレベルです。通話時も全く接続できないしさいあくです。.

音質と操作感は◎電源onとoffで「power on」「power off」、電池残量低下で「recharge headset」が流れるボタンのクリック感もわかりやすく、操作はしやすいとり回しは△写真をよく見ないとわからないが、バッテリー部(写真右側)がでかい。キー部分(左側)の1. 5倍はある。おもりの部分が耳に近い分、動きにつられるので運動向けには厳しいかと音質はノリを重視する人向けといった感じで、とにかく低音重視。質は良いので音量を上げても気にならない。唯一の欠点は中高音と思われる。サ行は刺さるし、艶があるとは言えないので静かな曲やボーカルメインには向かない気がする。一番残念だったのはキャリングケース。思っていたよりも高級感もあったし、イヤホン以外も入れられそうな大きさで嬉しかったんですが、ファスナー部分に塗装がしてあるらしく何度も開閉しているとこの塗装がポロポロとはがれてきます。。ファスナーの真鍮色がデザインとして合わないから塗装したんでしょうが、使っているうちにはがれるのであれば意味がないです。。キャリングケースがとにかく残念だったので三ツ星にしておきます.

今までは数千円のbluetoothイヤホンを何個か使っており、特に問題は感じていないところにこの商品に出会いました。ペアリンクや使い方は全く問題なく、いざ聞いてみると・・・ひとつひとつの音がクリアに聞くことが出来、これが高級ヘッドホンの品質なのかと唸ってしまいました。とはいえ、目隠しをしてどちらがどちらでしょうと言われても気づけ無いくらいの私の耳ですので、あまり信用しない方がいいかもしれません(笑)イヤーパッドによっては、すぐに落ちたりと不満があるのですが、私は一番大きいものを使って押し込むと、全く落ちること無く使えるのが嬉しいです。耳穴にシリコンがはまり込んで落下を防止しているので、4種類のパッドはありがたいです。.

音質は、申し分なし。bluetooth接続が少々飛びます。.

音質はワイヤレスのイヤホンとしては良い方で、中低音も豊かなのでポップスや映画を楽しむのに良いでしょう。しかし、せっかくマグネットが搭載されているのに、びっくりするほど磁力が弱くほとんど役に立たなかったり、今どきこの値段でaptx hdにもldacにも対応していなかったり、ゼンハイザーほどのメーカーの製品としては非常にお粗末と感じます。もっと業界をリードする製品を作っていってもらいたいので星3つ。.

使用感について、「 momentum m2 iebt」との違いを中心に書きました。イヤホン部分(ハウジング)は、ネックバンドタイプの「m2 iebt」と同じに見えます。普段、高品質な音を聴いていないので、専門的な音質の違いは、私にはよくわかりません。どちらも、1万円以下のエントリークラスとは別次元の素晴らしい音がすることは確か!ただ何となく違う感じは、イヤーピースの装着感だけかもしれません。製造ロットの違いなのか、形状や大きさは同じなのですが柔らかさが明らかに違います。装着されていたものは、少し硬かったです。このクラスの高品質な音を聴く場合、耳の装着状態が重要だと認識しました。同梱でサイズや形の違うサンプルが付いてましたが、1個ずつなので試してから購入の必要があります。(写真参照)掲載写真とはネックバンドタイプの「m2 iebt」と異なる点は、左右のイヤホン下のケーブル途中にそれぞれ操作部分やバッテリー(?)があるため重量が増して、私の耳では落ちてしまうことが多い。歩いていても緩んできて装着し直しが必要です。イヤーピースが固めだからかもしれません。これは耳の形によって、千差万別でしょうね。操作は3つのボタン。電源オンオフと停止が真ん中のボタンで兼用、両側の2つで音量調節。電源をオンにすると青色の点滅、オフにするときは赤色の点滅になります。同時に英語音声でも教えてくれます。「m2 iet」では同時にバイブレーションがあるのですが、このモデルにはありません。装着していない時は、視覚での確認が必要。イヤホン部分を磁力でくっつけてネックレス状にできるのですが、磁力は弱めで大きく体を振ったりすると外れます。耳の中に入れるものなので強力だと磁力が体に及ぼす影響を考えているのかもしれません。ケーブルの表面がシリコンのような摩擦力がある材質で、服を滑り落ちにくいので落下の心配は少ないです。ケーブルもイヤホン部分から操作部までは「m2 iebt」と同じ、そこからもう片方の部分までは少し太目のケーブルとなってます。写真でケーブルの途中に輪っかが見えますが、この部分で全長の調節が可能。好きな長さに合わせたり、輪っかを利用して落下防止策を考えることもできますね。満充電で6時間使えるとのことですが、毎日充電しているわけでないので、思わぬところで「充電してください!(英語)」と言われます。(笑)充電しながら聴くことができますが、耳からは外れやすくなります。充電用のusbポート、これの蓋はヒンジ式ではないので、長持ちしそう。このあたりは、よく考えられていて、さすがと思いました。自宅使用、又はネックバンドを首に掛けたままでの外出が気にならないなら、「m2 iebt」をお勧め。(おしゃれ感もあります)外出して小さく収納したいなら、この製品の選択かも。聴くことだけに限れば、私は装着感の軽い「m2 iebt」のほうが気に入っています。.

深夜のテレビ視聴専用に、aptx ll対応と、低音が出るとのレビューを参考に、トランスミッターと共に購入。タイミング調整のできるテレビとの組合せで、目論見通り、遅延ゼロで使えています。今時、この価格でaptx hdやldacにも対応せず、ノイキャンも有線端子もありませんが、そんな欠点を忘れさせてくれるほど優秀だったのは、機能的なデザインと、腰高にならない低音の音質でした。登場した際ネットには、ワイヤレスなのにコードが長すぎると、写真を見た方のコメントが数多く投稿されていたことを覚えています。ですが、使ってみるとよく計算された長さだなと認識が変わりました。前後の長さは調節できる仕組みなので、試しに短くしてみるとわかるのですが、これ以上短いと、操作ボタンをさわる際手が耳の後ろに行ってしまい、なんとも使いづらい上に、シャツの襟にコードを乗せることもできなくなります。磁石でまとめることも難しく、首に圧迫感さえ感じてしまいました。つまりよく考えられた、ベストの長さだったんですね(^^)。音質については、ll対応の同社下位機種に価格的魅力を感じ悩みました。ただそちらは低音が出ないとのレビューでしたので、諦めてこちらにしたところ、低音の出がよく、番組の途中でサブウーハーのあるサラウンドシステムから当機に切り替えても軽く聞こえず、好印象を持ちました。テレビの光出力からだとイコライザーが使えないため、イヤホンの持つ素の特性が重要となります。ただ高音は、やや倍音に癖があり金属的な響きも感じるため、好みが分かれるかもしれません。気持ちの良い音と感じるか、余計な癖と感じるかは人それぞれだと思います。私自身は、もう少し自然なほうが好みで、これが唯一気になったところでした。用途的に、寝転がって使うことが多いのですが、首の後ろのコードは気にならず、タッチ音はあるものの大きくは伝わってきません。またオンオフや接続完了などを、英語音声で伝えてくれるので、状態がわかりやすいところも魅力に感じました。耳への装着感は音質と同じく感じ方に個人差があると思いますので、断言はできませんが、自分にはぴったりで、文句のつけようがありませんでした。感度ですが、手がアンテナの近くに来るとノイズや途切れが出る場合がまれにありました。通常の姿勢では感度も悪くありません。なお、アンテナは操作ボタンのある右側にあります。日本語の保証書は付きますが、取説は英語を含む各国語のものだけでした。このため、ゼンハイザージャパンのウェブから、日本語の取説が落とせるようになっています。保証期間は2年なものの、電池劣化は有償となります。電池性能がどれだけ維持できるか、使い続けないとわからない点はあるものの、全般的には印象がよく、おすすめできる機種だと感じました。画像左)操作部(左)とバッテリー部(右)電池へは反対側から充電する形になります。また充電中も使用できる仕様でした。画像右)磁石使用・充電完了時。.

静かな場所で使う分には、さすがsennheiserという音質だと思います。ただ、駅や雑踏では思った音質は期待しにくいですね。この点だけはノイズリダクション付きにかないませんが、音のバランス自体は圧倒的にこちらが勝っています。使うシチュエーション次第ですね。.

使用環境はiphonexでaac、ビットレート128で普段聴いていますが…正直他のレビューにもあるように、今までのイヤホンは何だったのかというレベルです。そもそも最近の主流は各メーカーとも「高音質化」を狙って来ておりイヤホン単体で音質を上げるアンプなり、音質up効果を謳う技術を投入している傾向にあります。しかし、よく言われている通りイヤホンの音と言うのはイヤホンのチューニングで決まります。このイヤホンはそれを突き詰めているとしか思えない、音の鳴りです。iphoneでは若干タイムラグを感じられますがそこまで気になるタイムラグではありませんですし、ワイヤレスイヤホンとしてこの音質は信じられません。しかしながら、なぜアプリの出来が残念な造りなのか疑問です。sennheiserが提供する、イヤホン全般向けのアプリでイコライザーの設定ができ便利なのですが、使い勝手が悪い上に、勝手に落ちたり、再生が止まったりもするためおすすめできるレベルではありませんでした。.

2なのでとても安定している。バッテリーの持ちも6時間と長く音質もairpodよりクリアかつ低音が良く鳴る。専用のアプリケーションでイコライザを弄れるので好きに音作りが出来るがそのアプリで再生する音楽しか適応されないのとapplemusicなどの月額系はdrmの関係でアプリからは再生できない事に注意が必要。価格は中々に高いが買う価値は十分にあった。.

ゼンハイザーブランドは、前から気になっており、所有のイヤホンが壊れ、ちょうどワイヤレスを探していたタイミングで購入。ワイヤレスはブランド関係なく全般的にあまり音質が良くないと聴いていたが、全く違和感なく、有線から移行できた。iphoneでの利用がメインだが、音質は、音の分離も、高音低音のバランスも非常に良い。迫力はあるが、最近のブランドにありがちな、違和感のある誇張もないので聴きやすい。bluetoothの接続も早く、音飛びも殆どないが、たまに曲選択をした時に音が出ない時がある。不満点は、充電がもう少し持てばと言う点と、電源offがボタン長押しではなく、別のボタンで瞬時に切れたら良かったかなと言う点くらい。.

電源が勝手に落ちる初期不良がありましたが、迅速に対応してもらい満足です。音質は言うまでもなくbluetoothながら相当いいです。上品な低音で今まで聞こえずらかった余韻や様々な種類の低音が聞こえて楽しいです。中音域ではボーカルとの距離も近すぎず遠すぎず。高音は刺さるようなことも無く心地の良い高音です。今のところbluetoothの接続は良好で滅多に切断などはありません。高価なものですが買って後悔はしないと思います.

当製品の購入前は屋外ではmdr-ex750btを使っていました。mdr-ex750btがもこもこした音であるのに対し、当製品は臨場感があります。mdr-ex750btの遅延が気になり、低遅延を期待して購入したのですが、予想以上の音でした。そして期待通り遅延もなくアマゾンプライム動画も見ることができました。ただ、一点不満があるとするなら最低音量が大きいことです、ここだけはmdr-ex750btの方が純粋に優っていると思います。屋外使用なので多少音量が大きくても問題ないので星5とします。.

音質比我看評價之後的預期好。穿載的舒適度也沒多差,可能會覺得左邊重一點點,但是不至於不舒服,這是我聽半小時的感想。因為年紀漸長,不敢長期載耳機,所以對我來說是合格了。充一次電就可以用不少次,以每次用不超過半小時來說,算是很好了。不過很擔心充電插槽的蓋子多播開幾次就會斷掉…開關電源有點不方便,但還可接受。.

Galaxy note8でもっぱらjazzを地下鉄通勤で聴いています。galaxyf付属の有線のakgイヤホンの音質もなかなかですが、こちらはbluetooth接続ながらdolby atmosも有効になることもあり有線に負けない音質の良さです。過去にbluetooth接続のイヤホンを使いましたが、音質の点では有線にはかないませんでしたが、これにはなかなか感動しました。もっとイヤホンに詳しい方ならいろいろあるかもしれませんが、私には充分です。イヤホンパッドの遮音性もなかなかです。地下鉄通勤なので、遮音性を求めていたところですが音楽に没頭できる感覚です。ただ、ゼンハイザーアプリでは接続が安定せず途切れることもしばしば。galaxyの音楽アプリでは途切れることはありませんでした。.

コードは思っていたより邪魔だが、コードなしのより、紛失のリスクは大分減ると思うし コードで繋ぐ古いタイプよりは、引っ掛ける可能性がお幅に減る。音も非常に良い見た目も良い.

長年愛用していたsonyのnw600とueの1万円程度のイヤホンを失くしてしまい、急遽イヤホンの購入を検討していた所、各所でbtイヤホンの大本命等と紹介されていたので某大型量販店で視聴し購入しました。視聴した結果、想像を遥かに超える高音質で「今までのはなんだったんだ?」と思うような感動を覚えました。前のイヤホンを購入した時も、3千円クラスのイヤホンからの買い替えだったので感動しましたが、今回の衝撃はそれ以上で、流石sennheiser!と思える逸品だと思います。デザインもアルミを使用しており高級感が有り、それでいて軽いので以前のnw600+イヤホンのようにかさ張らず持ち運びも便利で気に入っています。edmを聴くと迫力の重低音を感じ大変心地よいですし、女性ボーカルの高音もしっかり出ていますが刺さるような感じではなく疲れにくいと感じました。今までと同じ曲を聞いてもドラムやベースの音が明確に聴こえ「この曲こんな音鳴ってたんだ」と驚く事が多いです。当初なんの知識も無く、cmや店頭でよく紹介されているbeatsxの購入を考えていましたが、実際に視聴してこっちを選択して大正解でした。やはり名門sennheiserが本気で作ったbtイヤホンという事だけは有りますね。3万円以上の有線イヤホンで音楽を楽しんでいる方には物足りないかも知れませんが、付属のイヤホンや低価格帯のbtイヤホンをお使いの方は思いっきって買い換えると驚くほどの感動を感じると思います。.

 bluetoothのカナル型のイヤホンでは、低音にどうしても不満が出てきます。shureのSE215は、カナル型の中でも野太い中低音で音圧的には満足できるレベルです。ただし、このSE215では緩い中高音が不満につながりました。カナル型で、中高音でよいのはB&Oのbeoplayh5ですが、低音の圧力に不満が残ります。Bluetoothのイヤホンでは、カナル型ではありませんがゼンハイザーのmm100が理想的でした。ただし、mm100は耳当て式なので、冬場の帽子着用の場合は、耳当てが使えませんでした。というわけで、このゼンハイザーのmomentum-freeは、カナル型でありながら中低音と高音のバランスが良く、shure程ではないにせよ、低音の押し出しはまずまずということで、shureのse215と共にtpoで使い分けています。装着感は、shureのse215の方が良いので-1点の4点としました。.

ベスト 【Amazon.co.jp限定】ゼンハイザー MOMENTUM Free ワイヤレスカナル型イヤホン apt-X/apt-X LL/AAC対応 M2 IEBT SW SE【国内正規品】 買い取り

This entry was posted in イヤホン and tagged . Bookmark the permalink.