ゼロオーディオ(ZERO AUDIO) Zero Audio カナル型イヤホン Carbo Mezzo Zh-Dx220-Cm – デザイン良し、音も良し

なんかハイレゾでいい音が出るイヤホンをさがしてて、これを見つけました。xba-n3ていうイヤホンも考えたけどレビュー見てるとこっちのほうがいいということで買いました。値段が高いから良いってわけじゃないってことがわかりました、これが届いた後に、xba-n3をコジマで視聴したら、xba-n3は音の空間が広がったが、低音がそれほど出てない感じでした。メッツォは、音のバランスがいいので、買ってよかったって思えるイヤホンですな、どうしてもsonyの高いイヤホンがいいと思うときは、低音がでるxba-n1を検討した方がいいと思います。.

まず、デザインが良い。肝心の音はロスレスでもかなり良いのですが、ハイレゾの曲になるとさらにすごく、今まで聞こえていなかったチェロやコントラバスの音が良く響いてきます。今まで安いイヤホンしか使用していませんので(この製品もマニアの方からみれば安物ですが)この評価は少し割り引いてください。.

コードは使いづらい、平型でも、もっと良いものがあるのじゃないのかな。音は十分満足いくもです。イヤホンを触る度に、ジャラジャラとノイズが発生しやすい のは どうした物でしょうか。.

家電量販店で店中のイヤホンを視聴しました。実売価格5,000円クラスではやはりzeroは良い音を出しています。低音の充実が気持ちよいです。しかし、もうひとつのお気に入りである1万円クラスのjvc fxt200ltdと比べると低音だけが強調されて全体の一体感に欠ける印象があります。価格帯が違うので仕方ないと思いますがもうひとつ気になる点はイヤホンのフィット感です。耳から外れてしまうことはないのでそこまで気にならないくらいです。細かな点で気になるところもありますが、やはりこの価格帯ではライバルなしの良いイヤホンと思います。コードが平べったくパスタのフィトチーネみたいなのがお洒落です。.

赴任先でイヤホンを無くしてしまったので、急いでこちらのイヤホンを購入しました。値段重視で買ったので音質は二の次かと思いましたがそんな事はなく、無くしたイヤホン(7000円)よりも良いものに感じました。音質に関しては他の皆様の方が詳しいと思いますので省略しますが、高級感のある黒色の炭素繊維模様が物欲を満たしてくれます。5,000円以下でこのクオリティはお買い得な商品だと思います!.

1年ほど使ってみました。様々なプレイヤーで聴き込んでみたところ、悪くはないが、個人的にはもう少し解像度が欲しい。しかし5000円にしてはコスパはいいと思います。タッチノイズが気になります。私はfinalのイヤーピースが低音が良くなると思うので試してみてください。.

少し限定的な話題ですが、タイトルの通りです。他のイヤホンでは今一つ籠ってしまう印象のclearaudio+ですがこのイヤホンで使用すると一変、文字通りクリアな音が楽しめます。ただ聴き疲れしてしまうほど楽器の音がそれぞれ分離して聞こえるので、気分転換程度にいかがでしょう?同社製品に例えると、「サ行が刺さりがちなduoza」のような具合です。オーテクのcks77xにclearphase(mdr-nc31/nwnc33)を使っても似たような感覚が楽しめますよ。.

Zeroaudioのイヤフォンはこのメッツォと同時にbassも購入しました。購入してからしばらく経つのでレビューしたいと思います。こちらのメッツォは当初はそれほどではありませんでしたが日時が経つにつれ低音がどんどん出るようになり、今では少々出過ぎの感があります。名前と裏腹にbassは低音が減っていき、今では気にしないと低音に気づかないほどです。それでも高音の繊細さから私はbassの音が好みで、epicの映画音楽やcountrymusicをよく聴きますが、このメッツォは低音が出過ぎて女性コーラスの美しいハモり等に中低音が被ってしまいます。しかし久しぶりにjazzをこのメッツォで聴いたところjazzにはピッタリである事に気付きました。普通ウッドベース(クラシックではコントラバスと呼ぶが)はピアノやサックスの後ろに隠れてこっそりと鳴っていますが、なんと堂々と前に出てきます。おそらくpopsやロック、メタルなどにも合いそうです。余談ですが参考までにyoutubeは音が悪いと思われていらっしやる方が多いようですが、実は音楽データーに関しては容量制限などが全く無く、audlophile で検索して出てくる音楽を聴いてみると、その音の良さに驚かれると思います。私がよく聴くepicやaudlomachineはaudlophileで検索しても出てきませんが、オーケストラにシンセやドラムなども入った音楽ですのでオーディオのサウンドチェック用にも使っています。.

利点と欠点

メリット

  • 意外にJazzに合う
  • NW-30シリーズのClearAudio+と相性抜群
  • 爽やか系イヤホン

デメリット

以前使用していたイヤホンが壊れてしまった為、各レビュー等で評判の良かったこちらの品を購入しました。評判通り良い音で満足していたのですが、使い方が悪かったのか3ヶ月で上手く聞こえなくなってしまいました。しかし、修理を問い合わせた処、新しいものを無償で送って頂きました。メーカーさんの誠意を感じました。感謝です!.

音はクリアな感じで、耳通りがよくかなり良いです!コードは絡まりにくく、寝ながらでも聞くことが出来ます。使って2~3ヵ月経ちますが、不具合はありません。結構長く使えそうです。いい買い物ができました。.

特徴 Zero Audio カナル型イヤホン Carbo Mezzo Zh-Dx220-Cm

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • 型式:ダイナミック・スピーカー
  • プラグ:3.5mm金メッキ・ステレオ・ミニプラグ「L型」
  • コード:OFCコード1.2m「Y型」 (ワイヤレス非対応)
  • 質量: 4.2g(コード除く)
  • 出力音圧レベル: 101dB / 1mW
  • 再生周波数帯域:6Hz~40,000Hz
  • 最大入力: 150mW
  • インピーダンス:16Ω
  • 付属品1:シリコンイヤピース(S・M・Lサイズ各2個、Mサイズは出荷時本体に装着済)/付属品2:キャリングバッグ

ベスト Zero Audio カナル型イヤホン Carbo Mezzo Zh-Dx220-Cm レビュー

This entry was posted in イヤホン and tagged . Bookmark the permalink.