サウンドウォーリア(SOUND WARRIOR) サウンドウォーリア モニターユース・ヘッドホン SW-HP10s – 良い商品です。

スイープ音源を聞いてみたが、周波数特性は平坦で癖が無くバランスが良い。低音域も出過ぎることなく、中興音域の邪魔をしないで重低音までしっかり出ている。高音域は、ヘッドホンの中で珍しくシャリシャリ感が少ないのは非常に良く聞き疲れしない。しかしながら、全体的にスモッグが掛かったようで明瞭な音とは言い難く、隣の部屋で聞いているような感じ。バイオリンやピアノの音色ってこんな音じゃないよね、と言いたいがこれはほとんど全てのヘッドホンでこうだから良しとしよう。こうなるのは恐らく反響音等が重なって起きる現象で、遠近を聞き分けられる真の前方定位ヘッドホンでなければ解決できないようだ。.

低域不足とヘッドバンドの短さからくる装着感の悪さで返品しました sw-hp20bを聞いたらベストバランスでした.

購入から1年が経つのでレビューする。音は平坦で低音から高音までしっかり出る。モニターなので特に変わった脚色も無い。やや変わった音の出し方をするが、音が悪いとは全く感じない。むしろ良い。耳触りの良い音で聴き疲れもほとんど無い。分解能はかなり良い。一つ一つ注意して聴かずとも繊細な部分まで聴こえてくる。これはさすがモニターといったところ。デザイン、携帯性などは評価する必要が無いだろう。モニターだし。人のいる外で使う訳でもないので。装着感は良い。イヤーパッドは見た目が変だがフィットするとなかなか心地よい。ハウジングもほぼプラスチックで出来ており軽量なので長時間の使用にも向いている。総評としてはこの価格帯では最も良いヘッドホンなのではないか。純国産ヘッドホンということで日本のものづくりの良さを感じさせてくれるヘッドホンである。ただ難点としては試聴できる場所がほとんど無いということだ。これはかなり惜しいところ。しかし買って損することはないと思うので、検討して然るべきヘッドホンあることには間違いない。こういったヘッドホンが増えてほしいと切に願うばかりだ。.

定位よし解像度よし減衰速度よしこの価格で悪いところはないです。mdr900stほど距離が近くなく、mdr7506より中音域が豊かです。mdr900stだけだと全てこなすのは難しく、レコーディングなどのモニターには最適だと思いますがミックスダウン、マスタリングまでの職人的作業はかなり慣れてる方じゃないと厳しいと思います。mdr7506も解像度は高く良いモニターですが少しドンシャリなので音作りはモニタースピーカーなど併用しないと結構ハズれてくるかもしれません。サウンドウォーリアは定位、広さ、解像度、非常にフラットです。やろうと思えばこれ1本でやりきれます。ハンドメイド、日本製なのも嬉しいポイントです。少し前はよくtutayaなどでも見かけました。信頼のおけるヘッドホンです。主観ですので参考程度にお願いします。.

開放型しか持っていなかったので密閉型が欲しくいろいろ探してましたが雑誌等でもなかなか評価が高かったこちらの商品を買いました。最初はオーテクやソニー、JVCなどのモニター用のヘッドホンも考えましたが国内生産の聞いたこともない(失礼)メーカーのこれが無性に気になってしまいました。結果としては正解でした。なおリスニング用の密閉型も買ってみましたが(オーテクA700X)swhp10の後では粗ばかり目立って聞いてられませんでした。a700xと比べると見た目意外はすべてこちらのほうが良かったです。実売価格も近いのでa700xと比べます。・デザインa700xのほうがいかにもヘッドホンらしく豪華にも見えます。正直swhp10は貧弱に見えるでしょう。・剛性全体が小さめで軽いswhp10は手にとっても弱弱しさはありませんが若干しょぼく見えます。a700xはオーテクらしい耐久性を備えているかと思います。モニター用ということもあってswhp10は基本的飾り気がありません。・装着感一見a700xのほうがよさそうに見えます。私もそう思いましたがa700xの装着感はswhp10と比べる以前に普通に悪いです。同じオーテクのad900と比べても勝負にならない感じ。いかにも密閉型といわんばかりの側圧で疲れます。自慢の3dウイングも役に立ってない感じ?swhp10は軽さもありますが不思議な密着感があります。オンイヤーとオーバーイヤーの中間的な大きさですが私の耳にはちゃんと覆ってくれるサイズです。ベストな位置につけると1ミリも動かしたくないようなフィット感が病み付きです。側圧もやさしくて長時間着けていられます。ただしパッドの部分が合皮だと思いますが暑いときは蒸れるかも。ヘッドホンカバーをつけるとかなり軽減されます。・音質初めてのモニター用ということであまりえらそうなことはいえませんが良いです。a700xに比べてずっと解像度が高いです・・・がこれはモニター用とリスニング用との違いなのかどうかはわかりません。ただ聴いたままを書けばa700xは満遍なく曇ってます。低、中、高音と良くないです。しいて言うならば低音は出ているほうかな?swhp10はとにかく聴きやすいです。聴き疲れしません。開放型のad900と比べて高音の広がりももまったくそん色ないです。(タイプの違いはありますが)・価格安い。コスパは相当高いと思います。それぞれヘッドホンの価格はピンキリですが2万、3万のヘッドホンと比べてもむしろ上なんじゃないですかね?個人の感覚によりかなり感想に差が出るのが音ですがわたしは実売1万とは思えない音だと思います。なおa700xは5千円でも失敗したと感じるくらいです。欠点見た目でしょう。この無骨さが良いともいえますが遊び心はないかな?パッドの形状は面白くて好きですが。耳の大きい人はちょっと違和感が出るかもしれませんね。ちなみに眼鏡を着用してますが側圧が弱めなため問題ありません。a700xは痛くてだめだった。.

これを買う前に、開放型で評判の良いゼンハイザーのhp598 を購入。評判通りの良い音であるが、いわゆるホールトーンの効いた音で、どこかうまく創っている音であるとの印象が、聴けば聴くほど強くなり、一月余りで処分してしまった。もう一つの候補であったこのサウンドウォーリアをすぐ購入。ゼンハイザーに比べると、低音は控えめ、新しく良い録音は非常にリアルであり、古い録音は、それなりのこじんまりした音で鳴る。非常に安心して聴けるモニタータイプのヘッドホンであり、昔愛用していたヤマハのそれに似ている。値段はそれなりの値段であるから、低音も高音も、リアルといっても安心して聴ける範囲に収まっている。実際の楽器は、バイオリンにしろピアノにしろ、もっときつい嫌な高音が出るし、低音はゴム鞠のように弾んだりしもするが、このヘッドフォンは不愉快になる手前でリミッターがかけられた様なモニタータイプの音だと思う。ともかくも、上手に聴かせようと下手に創られた音でないので、とても安心して聴けるヘッドホンだ。クラッシクに限れば、もちろん近年のデジタル録音で、編成の小さい室内楽やバロックが、とてもリアルで、ハイレゾの必要を感じないほど面白く聴けると思う。非常に気に入った。.

あえて厳しく判断すると音デザインとも中の下です。常時充電してあるので電源を入れたらすぐに使えます。充電電池は専用のようなので互換性はありません。.

楽器の分離、音場の広さは値段相応、解像感はまあ十分なレベル。音のバランスは良い。とにかく個性がないので聴いた瞬間「おっ?」というものはありませんが、水準以上の音質ではあります。個性がないゆえに耳触りが良くて疲れないヘッドホンだと思います。装着感も快適です。.

利点と欠点

メリット

  • 耳が疲れない
  • 評価が上がっているヘッドホン
  • 音質がとてもクリア。

デメリット

他店で購入しました。今までは3千円程度の廉価機しか使ってなかったので、皆さんのような耳は持ち合わせていません。ジャンル的にはjazz・フュージョンやヘビーメタルを聴きます。元々ドラムをやっていたので、各楽器がきちんと聴こえるものが欲しくてこの機種にしました。店頭で1〜2万のヘッドフォンをいくつか視聴した中でこれが一番バランスよくきちんと聴こえました。メタル系ではベースの音とか、ハイハット・トップシンバルとキックの音。jazzやフュージョンではギターのカッティングなどが以前よりもくっきり聴こえて気持ちいいです。.

まずフィット感ですが、今迄で最も良い(確信)。本当に日本人の頭(少し横長)を考えて優しくフィットします♪ 音の解像度ですが、モニターヘッドフォンとしては申し分ないかと、特に中音域がくっきりしています。オーテクのath-m40xと比較しますが、解像度(特に高音域)ではオーテク製品が勝ると感じたのですが、自分はこれが耳に刺さるようで苦手でした。一方サウンドウォーリア製品では嫌なところを滑らかに下げてくれていると感じました。長時間の使用でも耳に優しいと思います。 普通ヘッドフォンをオニューにしたら慣らしが必要ですが、この点サウンドウォーリア製品は初めから気持ちいいです♪(≧▽≦) 日本人には日本製が合うという、考えてみれば当然のことを気付かせてくれたヘッドフォンでした。開発者(同じ日本人)に感謝です。.

今まで2万円以上のものは使ったことがない者の感想です。5時間ほど通常音量で鳴らして、明らかに音が変わりました。クラシックやジャズの生楽器から、ボストンのように作り込まれたものまで聴きましたが、非常に素直に聴こえます。でも聴き疲れはしません。たぶんこの辺りで、モニター系とリスニング系の良いところを突いているのでしょう。分析的にも鑑賞的にも使えると思います。録音状態の良し悪しが良くわかります。極一部のプロユーザーならともかく、殆どの場合選択基準になるのは、最終的には好みでしょう。僕は大好きですね。.

Sw-hp10sが付いた!一生このヘッドホンでいいですわ!まだ、楽器モニターしてませんが.

Ohm電機のポータブルcdプレーヤーの音が凄く良くなりました。とくにヴォーカルの艶めかしさに感動しました。最強コンビです。m50xよりもいいです。900stは持ってないのでわからないです。モニターとリスニングの良いところを持っていて素晴らしいです。他店購入です。アマゾンさんごめんね。.

購入前に調べた各レビューほどの評価はできなかった。全ての点で「そこそこ」の出来、1万円という価格相応か。.

以前はカールケーブルのoem品?を使用していましたが、故障したのでsw-hp10sを購入しました。パソコンで音楽を聴いたり、録画した番組を見るのに使用しています。価格も比較的安いので、もし故障したら、また同じ物を購入する可能性大です。.

ロジクールのg433を使用してました。ヘッドセットのマイクが先に壊れマイクの別途購入したためヘッドセットは必要なく、こちらを購入。ゲーミングヘッドセットじゃないと定位性に不安はありましたが、色々検索するとモニターヘッドホンはゲーミングヘッドホンに近く使用可能と分かりました。また5. 1chの記載はこのヘッドホンには見つかりませんでしたが、定位性に問題なく、むしろg433より音がクリアで定位性も上です。音楽を楽しむのは断然こちらが良いです。ただ低音を重視したような作りでは無いと思うので低音重視の方にはおすすめはしません。耳のフィット感は個人差があるとは思いますが自分には長時間使用でもまったく問題ありません。ゲーミングヘッドでマイクは別途購入する方にはおすすめできます。.

見た目はシンプルで普通のヘッドフォンなのですが、くっきりとしたクリアな音を楽しめて気に入っています。欲を言えば、メガネを掛けているため、もう少し耳にかかる圧を調節しやすければ星5つでした。.

特徴 サウンドウォーリア モニターユース・ヘッドホン SW-HP10s

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • 録音スタジオなどで使われているモニターヘッドホンの音づくりをそのまま皆様に。
  • 楽器演奏、録音現場や屋外でのハードな使用にも十分耐え得るプロフェッショナルなかたち
  • 長時間の使用に欠かせない、包み込むような快適な装着感を実現。

気に入ったのは、とにかく音がナチュラルなこと、聞き疲れしないこと。使用者は、音大生のためにうるさい。気になったのは特にないが、若干大振りかな?位。とにかくいい製品で気に入っています。お勧めです。.

ヘッドフォン3個を自宅pc用に使っているオーディオ初心者のレビューです。耳のフィット感がよく(顔ちいさめです)重さも気にならない程度な為一日中耳に掛けていても疲れません。音質も耳や頭が痛くなるような感じはしないです。音漏れは多少しますし音量次第で外の音も聞こえる方ではないでしょうか。他に2個ヘッドフォンを持っていますが重かったり耳が痛かったり音に疲れたりするので比べてしまうとサウンドウォーリアさんのヘッドフォンは体に優しく感じます。自分用にも欲しくなったので上位のヘッドフォンを購入しようと思います。.

すでに、オーディオファンの間では評価が高いヘッドホンですが、ヨドバシカメラなども、値引率が下がってきており、一般的にも評価が上がっているヘッドホンのようです。音の定位が良くわかるという評価がありましたが、まったくその通りでした。低音好きな方には物足りないかもしれませんが、全体のバランスが良いので、音楽以外に、映画やドラマやアニメを見ると、音場に気を使った作品かどうかがすぐわかります。.

ベスト サウンドウォーリア モニターユース・ヘッドホン SW-HP10s 買い取り

This entry was posted in オーバーイヤーヘッドホン and tagged . Bookmark the permalink.