オンキヨー(Onkyo) Onkyo カナル型イヤホン セミオープン型 ブラック E200b – ボーカルも出るバランスのとれた音。

音質は良かったのですが、歩行時のノイズが割とうるさい気がしました。音質だけで言えば4. 5ぐらいはあったと思いますが、ノイズの事もあり3にしました。.

ここで購入したわけではないですが……(5段階評価)高音4・中音4・低音2くらいでしょうか。(コメント)ステンレス造りとあって音が少しかためです。ゲーブルは癖があります。低音重視ユーザーにはこのイヤホンは少々厳しいでしょう。スマホ専用のイヤホンですね。ストアで「オンキョー」のイコライザーアプリを使って音質を調節すればかなり聴きやすくなります。是非使ってみて下さい。.

とても使いやすく、音が良いです。今まで使っていたものより良い。.

★(音の好みがあるから、量販店で試聴してね)★ とにかくフラットな音が欲しかった。あまり音が修飾されずにスキッとした感じのもの。低音ガンガンとかドンシャリではなくて、出来れば高音がスッとしている感じの透明感。1万円以上する高額なものではなくリーズナブルなもので。→で、量販店にあるサンプル品をいろいろ聴きまくり、たまたま接近遭遇したのがこれ。普段はジャズとか聴いてますが(jpop、テクノ、クラッシック、ロック、アニソン、ボーカロイドも聴きますが)クラッシックのピアノソナタを聴いた時、その明瞭さにビックリ、なんと鍵盤への息づかいが聞こえてくるのです。高音の抜け率は良い、ちょっと硬いけど。全域でバランスがの良い感じがする。イヤホンどれにするか悩んでる人〜試してみてください。このメーカー上位機種とは全然違う音です気をつけて。製造メーカーやタイプ・値段でかなり音が異なるので好みの物を探すの大変ですね。私はアマゾンで購入しなかったけど、この製品の試聴を希望します。.

いい感じです。私の好みの音です。リピーターになりそうです。onkyoブランドの意地みたいな何かを感じました。音質的には全体的に良く出ておりかつ気持ちの良い低音といい感じの高音が出る感じです。sonyのextra bassヘッドホンのようにドンシャリでズドンズドンだったりするわけではなく,あくまでも”気持ちの良い低音”です。なんだろう,アニソンばかり聴いているのでアニソンでの表現になってしまいますが例えばaimerの「ninelie」や坂本真綾「million clouds」あたりがすごく気持ちよく聴けいい感じになります。はい。youtubeにも公式pvがあるので観ていただけるとどういった感じの曲に向いてるかわかるかなとおもいます。逆に明るい系なstylips「prism sympathy」あたりは全然駄目です。なんていうかうるさい以外の何物でもないです。まあそういった系が好きな人はそもそもこの商品は比較対象ではないのかもしれませんけど…これで伝わるとははなから思っていませんが少しでも参考にしてくれればと思います。.

メーカーのホームページを見て他のメーカーは、大容量のチャンバーが~、新開発のバスポートが~とかごちゃごちゃ迫るように説明してくるのですが、このシリーズは説明が簡潔で潔い感じがしたのも好印象でした、それにonkyoのイヤホンを使ってる人もなかなかいないでしょうし。とてもバランスの良い音を出します。届いてから軽く1~2時間ほど鳴らし運転してから(エージング効果には諸説ありますが、一応気持的な部分もあると思います)そして聴いてみると、おぉ、はいはい、あぁ~いいね!という感じでした。友人の家で同社製のスピーカーを聴いたのですが、低音はちょうどよく且つ、どこの音域も潰れずバランスよく出ています。それとイヤホンr側にはオレンジのリングが付いてるので見分けが簡単です。 オンキヨーからonkyo hf playerというアプリが配信されていて、設定からオンキヨーの各種ヘッドホン、イヤホンを選択して音響特性を最適化する機能もありますので、この商品も購入した方は試してみるのもよいですよ。.

カナル型で低音強調でないイヤホンを探してました。ONKYOのこの製品のシリーズはカナル型で、セミオープン型。E200は、低音はそこそこですが、セミオープンのおかげか圧迫感が少なく高音はすっきり。長時間聞き疲れることなく楽しめそうです。E300は全体的に低音の量感がアップする感じ。私はすっきりするE200が好みです。.

高音がかなりクリアです。聴いていてシャリシャリしておらず聴きやすいと思いました。低音はガンガン効いている訳でも全くない訳でもなく、ナチュラルな感じです。ボーカルや高音がお好きな方に向いていると思います。後、ケーブルが絡みにくい為カバンの中に適当に入れても解けやすいので助かってます笑。但し、コードの癖がなかなか抜けないので扱いづらい面もありますね。amazonからもう発売されてないので生産終了?したのか分かりませんが、約2800円で購入した品なので出品者から買うより1つ上のモデルの方が安いです。.

利点と欠点

メリット

  • この価格で
  • カナル型でセミオープン型
  • 満足してます

デメリット

低音と高音のバランスが良い。ロックを良く聞くのだがボーカル、ギター、ベース、ドラムスの音がそれぞれくっきりと聞こえる。とにかく音の締まりと伸びが素晴らしい。.

Xperiaでイヤホンの適正化をすると音が大きいですがそこは使用者の環境なので妥協してます。ハイレゾ聴く時はさすがと思わせる音質でした。コードも絡まりにくいしいい買い物をしたと思っています。.

いわゆる「フラットな特性」を基準に考えると、低域が膨らんだ音です。しかし、店頭で聴いた時は上位機種よりフラットに聴こえたんですよね。周囲の騒音の影響や、外では気分が大雑把になるなどがあると思いますが、それなら屋外用に使えばいいなと快適に使っています。そういう見方は珍しいかもしれませんが、自分的には部屋で聴くのと外で聴くのはキャラが違っていいのではないかと思います。もちろん、他の「重低音」を謳う製品とはちょっと違って、さすがに老舗オーディオメーカーさんのいい感じの低音と思います。また、この価格にしてしっかりとした金属製です。壊れにくいかもという期待もあります。.

音の良し悪しには鈍感な子どもの誕生日に買いました。初めはレビューの全てが満点評価のイヤホンにしたのですが、初期不良で返品になり、その代替品です。届いて直ぐに聴いたようで、「これ凄くいい。自分にもわかる」と、わざわざ部屋から降りて言いに来てくれたので余程なのかと思います。家のシステムステレオでオンキヨーの良さを知ってはいましたが、今は低音重視や中高音の伸びで原音に色を着けるイヤホンが主体になっていますから、それに慣れている年代?にはどうかと少し躊躇をしました。が、そこはオンキヨー。安価なモデルにもさすがに老舗のプライドが生きているのでしょうか、原音に忠実な良さが子どもにも伝わりました。今は欧米だけでなく、中国メーカーの台頭が目立ちます。が、やっぱり日本の老舗です。初めのイヤホンが返品になり、かえって良かったかもしれません。.

海外のイヤホンを使ってたが、やっぱり日本製の方が良い海外のは一番小さいパッドを使っても違和感があった。こっちはそれがなく、音も良く、ケーブルも柔らかく絡みづらい。満足してる。.

特徴 Onkyo カナル型イヤホン セミオープン型 ブラック E200b

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • コンパクトながら、クリアなボーカル再生とバランスのとれた低音再生を実現
  • ソリッドなアルミハウジングの採用により不要な振動を抑え、明瞭な音を再生
  • チューニングされた8.6mm強磁力希土類マグネット搭載ドライバーによる重低音再生
  • 人間工学に基づきデザインされたハウジングとオーバル型ノズルで快適に装着
  • フレキシブルで耐久性の高いブッシュを採用
  • 感度 107dB/mW

メーカーより

心地よく快適な装着感で、長時間どこででも リスニングができるコンパクトモデル

■コンパクトながら、クリアなボーカル再生とバランスのとれた低音再生を実現

■ソリッドなアルミハウジングの採用により不要な振動を抑え、明瞭な音を再生

■チューニングされた8.6mm強磁力希土類マグネット搭載ドライバーによる重低音再生

■人間工学に基づきデザインされたハウジングとオーバル型ノズルで快適に装着

■フレキシブルで耐久性の高いブッシュを採用

■音楽再生から音声通話に切り替えられるコントロールマイク付き(E200Mのみ)

ベスト Onkyo カナル型イヤホン セミオープン型 ブラック E200b 買い取り

This entry was posted in イヤホン and tagged . Bookmark the permalink.