アユート(アイリバー) アユート Astell&Kern IEM-JH Audio THE SIREN SERIES-Rosie ROSIE – 価格以上の製品

音は良い。耳に入れる部分が大きくてスグに落ちる。コンプライのsサイズに変更、グイッと奥まで入れても時間がたてば落ちる、落ちなくても非常に耳が痛い、辛いです。.

これまで中華の安価なイヤホン沼にハマり、最近では2~3万円の多ドラなんかも購入して、有名メーカーのハイエンドなんか不要と思いこんでいました。このイヤホンは見た目が一番好きで前から気にはなっていたのですが、中華で十分と言い聞かせてスルーしてきました。eイヤさんのセールで中古価格がだいぶんこなれてきたので(それでも4万越え)思いきって購入に踏み切りました。届いて早速試聴、ため息が出ました・・・中華baにはない(qdc neptuneは除く)クリアさ、刺さらないウォームな音質。そして優しく包み込まれるような広大な音天国がそこにはあります。ミシェルは店舗で試聴して、中華も負けてないわ!なんて思っていましたが、このロージーお嬢はもう別格の異次元ぶりに驚愕です。これまで中華イヤホン・ケーブルにどれだけ散財してきたことか・・・この音を聴いてしまうともう中華の6baイヤホンにでさえ戻る気がしなくなってきました。ロージーとneptuneでイヤホン沼を脱出できそうです。あ~、この2年間で買い集めた中華イヤホンどうしよう・・・ありがとう、eイヤ様、ありがとう、イヤモニの神・ジェリー・ハービー様。.

元々6baが音質調整のため8baとの事で、8baの機種としてはかなりのコスパになります。私は7万円台で購入出来ましたが、10万前後の機種の中でも上位を争えます。xelentoが話題ですが、d型はヘッドホンで更に上の音質を楽しめます。イヤホンは、イヤホンでしか楽しめないba型の音が好きです。上位機種と比べてもjhの音作りを十分に堪能できる音質です。濃すぎない程よい濃密さで、高域の解像度は高く、低域の量と沈み込みもしっかり出ています。中音は少し遠く、ややドンシャリ系になります。主にedmが多いのですが、ノリよく、しかも心地よく音塊が押し寄せてきます。w60を持っていますが、w60の音では物足りなくなりました。se846とは使い分けが出来そうです。michelleやperformance seriesは私の耳にはフィットしませんでしたが、rosieは装着感が良好でデザインも気に入っています。イヤホン好きであればイヤホン界の神と言われるjerry harvey氏の作品を1つ持っておくことをお勧めします。ガレージメーカーであるが故に可能な品質を高い次元で体感できる秀作です。メーカー(それとも代理店?)への要望。純正のケーブルを単品販売して欲しいです。断線時が修理対応では面倒です。サードパーティーのケーブルはあまりにも高価なので、単品販売があるとユーザーの安心感も高くなります。断線時の純正ケーブルの販売がないことで買い控えてる方も多いと思います。付属品販売の充実を切に願います。追記予備のケーブルをmoon audioのサイトから購入しました。付属品と同じであれば100ドルで販売されています。色やサイズ、dap側コネクタ部分も選べます。paypalが使えますし、送料等を入れても安く済ませることができます。個人輸入は敬遠していましたが、思ったよりも敷居が低く良い買い物が出来ました。断線時のケーブル購入に心配がなくなりましたので、星を5とします。.

まだレビューがないようでしたのでさせてもらいます。普段私はハイレゾ対応のダイナミック型のイヤフォンのみ使ってました。詳しく言うならイヤフォンはjvc ha-fw01、akg n40(ハイブリッド)、audiotechnica ckr100。他にもヘッドフォンは7種類。ポタアンはjvc su-ax01を使用してます。ポタアンはpcやipodで主に使用していて接続ケーブルはaudioquestなど結構こだわってます。全部視聴して買ってますので音はもちろん良いです。私が今までbaに手を出してない理由はただ単に冒険意欲がなかったこともありますが作りも大きいしめんどくさいことして値段だけ高いのは個人的にはアホだと思ってました。しかし最近購入した本、ヘッドフォンブック2017というのみ見てるやけにastell&kernが目立ってました。どのスペシャリストも素晴らしいとの絶賛。個人の好みだろうけどここまで推してるのならと思い、近くの家電量販店のガラスケースに入ってたastell&kernのイヤフォンを片っ端から視聴させてもらいました。一番価格の手頃なmichelleを視聴。あれ?これめちゃくちゃ解像度高いし臨場感ありえねぇ。ハイレゾで聴くとさらに臨場感とクリア感が増し、これ本当やばくねと思いました。ここまで想像を覆されるとは思ってませんでした。そしてrosie、angie ll、layla llと視聴。やはりすごい。多ドライバー採用でここまでクリアなのが奇跡ってくらい。しかも臨場感すごい。一般的なダイナミックとは比べ物にならない。視聴したものの中で一番しっくりきて個人的に好みの音だったのがrosieでした。低音、中音、高音それぞれのドライバーを2つずつ搭載(計6つ)していて全体のバランスと低音、中音、高音の温かみがあると感じましたが少しドンシャリです(聴くジャンルにもよる)。展示品はかなりのエイジングがなされてるのでとても温かい音だったのですが購入してすぐの音はは硬くてどんよりしてました。1週間くらい通学時や休みの日にしっかりと聴き込んでるうちにだんだん温かみのある音、解像度が高い音質になってきました。そして現在なんの不具合もなく使えて一番のお気に入りイヤフォンです。付属で付いてくる2. 5mm4極バランス接続がものすごく気になったので最近ak320を購入しました。また一段と音がシャープで一音一音の独立性が増してこれは癖になりました。サイズはでかいですが見た目がとても高級ですし、装着感が意外といい。左右独立低音調整も自分好みにして(製作者ハービー氏は10時位置がオススメだそうです)色々楽しませてくれるイヤフォンです。世の中試して見ないとわからないことが多いですね。.

利点と欠点

メリット

  • 価格以上の製品
  • 耳が可哀想
  • 言葉にできない感動

デメリット

特徴 アユート Astell&Kern IEM-JH Audio THE SIREN SERIES-Rosie ROSIE

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • Astell&KernとJH Audioのコラボレーションによって生まれたリファレンスイヤホン
  • JH13を連想させるTHE SIRENシリーズのエントリーモデル
  • ユニット: カスタムメイド・バランスドアーマチュアドライバー(L/R 各8個)
  • 周波数特性: 10Hz~23kHz

メーカーより

JH独自のリケーブル端子。第二世代では耐久性が更に増して、付け外しもしやすくなった印象。

Presented by Phile-web

AV/オーディオ/ガジェット情報サイト『Phile-web(ファイル・ウェブ)』(http://www.phileweb.com)による商品レビュー。

Phile-web(ファイル・ウェブ) プロによる商品レビュー

JH Audio×Astell&Kernコラボイヤホン「ROSIE」

JH Audio「ROSIE」はAstell&Kernとコラボレーションしたイヤホンで、「THE SIREN」シリーズ第二世代におけるエントリー機だ。

アルミ製のハウジングに、新設計カスタムBAドライバーを低/中/高域に各2基ずつ搭載する。ステンレススチールチューブ・ウェーブガイドによる「FreqPhase」技術を採用し、各帯域の位相を正確に制御するという。

ケーブルは独自のロック式4pinでリケーブル対応。MOON AUDIO製の3.5mmとバランス駆動対応2.5mmが付属し、いずれも低域調整機能「Variable BASS」を備える。

装着感や遮音性は良好だが、大柄で重みもあり、耳に合わない場合はズレやすいかもしれない。できれば購入前に実機での確認を強くお勧めする。

さて、本機発売と同時期にaikoさん全アルバムがリマスタリング&ハイレゾで配信開始した。これは「aiko『ロージー』のハイレゾ音源を出すからJH Audio『ROSIE』で聴いてね」というメッセージだ!と感じ、早速「ROSIE」で「ロージー」を試聴した。

このシリーズは低域調整ダイヤル全開で気持ちよく鳴る印象で、本機もその状態で試したがやはり間違いなかった。低音が他のパートを邪魔せず、ミドルテンポのポップスでもドラムスやベースの響きが豊かだ。

全帯域は、アタック感やシャープさの先の領域に到達したかのような印象で、ほぐれやしなやかさが際立つ。これはマルチドライバー構成で各ドライバーの負担を減らしつつ、位相の不揃いは「FreqPhase」で低減させるという、JHのアプローチの成熟を感じる。歌の表現も見事で「ほぐれているがぼやけもない高域」と女性ボーカルは相性抜群だ。

本機は、開発者であるジェリー・ハービー氏自らが示したBAマルチの基本的な考え方を継承し、「FreqPhase」に象徴されるように、その精度や完成度を磨き上げ、高みに到達しているように感じた。

  • 元記事URL:http://www.phileweb.com/review/article/201608/19/2193.html
  • 文:高橋 敦
  • 執筆日:2016年8月19日

ベスト アユート Astell&Kern IEM-JH Audio THE SIREN SERIES-Rosie ROSIE レビュー

This entry was posted in イヤホン and tagged . Bookmark the permalink.